カテゴリー「修理(外車・逆輸入車)」の273件の記事

2017年12月 5日 (火)

ZZR1100 LEDヘッドランプRAYBRIG

20171205_01<ウミ坊主様>の「ZZR1100」が車検でした。

本当は1週間前の予定でしたが、納税証明書が有りませんでした。

電子納税をしたらしいのですが、クルマと一緒で車検時の提示が省略されたと勘違いして、納税証明書の請求をしなかったらしいです。

バイクは今まで通り車検時には納税証明書の提示が20171205_02必要となりますので、皆さんもお間違えの無いようにお願いします。

さて本題の車検の方ですが、去年の1年間<ウミ坊主様>は腰痛や膝痛などで殆どバイクに乗れなかったので、この2年で走った「ZZR1100」の距離は、たったの6百キロ程度でした。

そんな事もありバイクの方も調子を崩して今年は度々入院していましたが、今回はその不具合も解消され一通りの整備も済んでいたので、特に大掛かりな修理などはありませんでした。

なので「ブレーキ液」交換など車検毎に行っている通常の整備と、欠かさず4年毎に行ってる「冷却液」の交換に、同じく2年毎に行ってるフロントの「フォークオイル」交換をして終わりました。
20171205_03 20171205_04

20171205_05 20171205_06
それから最後に車検とは関係ありませんが、「ヘッドランプ」を以前からお勧めしていた「LED」に交換させて頂きました。
20171205_11_220171205_08_3
         「HID」   →   「LED」

今までもノーマルのバルブから6000Kの「HID」に換装しておりましたが、この「HID」も古く装着から9年近く経ちますし、今や時代は「LED」なのでお勧めしてみました。

お勧めした「LED」は、今年から当店でも取扱いを開始いたしたばかりの新製「RAYBRIG」の優れものです。
20171205_09 20171205_10
左「LED」 右「HID」

「HID」の取り外しは大変でしたが、「LED」の取り付けは「HID」のような煩雑な配線類の結線や取り回しが無いので楽でした。

バルブ後方スペースがノーマルと殆ど変わらなかったので、一切の加工なしで装着できました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

TUONO V4 1100 Factory カスタム!

20171101_01<親方様>の「TUONO V4 1100 Factory」も、納車から早や3ヶ月が経ちました。

今回は「スペアキー」の登録と、残っていたカスタムの続きを行いました。

当初より頼まれていた「スペアキー」は、既に「ブランクキー」までは届いており、「WaveKey」の溝加工までは終わっておりましたが、「イモビ」内臓なので車両に登録する作業が残っておりました。

お待たせでしたが無事に「スペアキー」の登録作業も終わり、8月に行ったカスタムで頓挫していた残りの作業を行いました。

20171101_02「クラッチ・レバー」と「ヘッドライトバルブ」の交換です。

既に20点近いカスタムを実施済みですが、今回も「クラッチ・レバー」だけが交換出来ないでおりました。

「ブレーキ・レバー」に関しては問題なく交換できましたが、「クラッチ・レバー」は<マコちゃん>の「RSV4 R RAPRC ABS」の時と同じで、ケーブルを引っ掛けるタイコの部分でサイズが合わず、レバー自体はホルダーに装着できてもケーブルを付ける事が出来ませんでした。

ケーブル先端に付けるタイコの付け方が一般的な国産バイクと異なり、タイコから10mmくらいまでが太くなっていて、レバーの溝にケーブルが通りませんでした。
20171101_0320171101_04
そんな事で頓挫していたのですが、今回もレバー側の溝をケーブルの太さに合わせて削る事にして、一旦レバーを分解バラバラにしてフライス盤で削りケーブルを通るようにしました。
20171101_05 20171101_06
換えたレバーはブレーキ側と同じ可倒式のレーシングレバーです。

20171101_07これもお待たせでしたが、無事に「クラッチ・レバー」の交換も終わり、次に「ヘッドライトバルブ」の交換を行いました。

左右ロービームのバルブは簡単に脱着できるのですが、交換を頼まれたのは中央のハイビームでした。

これは簡単に交換できそうに無く、前回のカスタム時にも間に合わずに先送りしていた部分です。

一見すると手を入れるスペースは全く無く、経験もマニュアルも無く取説にも記述が見当たらないので、どこから外したら良いやら取っ掛かりが全く見えませんでした。
20171101_0820171101_09
結果的に根元からメーター回りとヘッドライトごとフロントカウルを外して、その隙間から手お入れて、ようやく「ヘッドライトバルブ」を交換する事ができました。
20171101_10 20171101_11
バルブはハイワッテージのイエローになりました。

試行錯誤も入れると1時間以上の時間を要してしまいましたが、こちらも無事に交換を終えました。

これで細かいカスタムは一通り終わりましたが、既に「マフラー」や「ステップ」など大物の交換予定も決まりました。

早く入荷するとイイですね!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

ZZR1100燃料漏れ!

<ウミ坊主様>の「ZZR1100」です。

8月にも修理したばかりでしたが、今度は燃料漏れのようです。

自走は危険と判断し、「JAF」に運ばれお店に到着しました。

20171018_01ご本人からは「フューエルタンク」の下付近からの漏れと伺っており、実際にも「キャブレター」右側「ベントチューブ」出口の真下が濡れておりました。

以上の事から当初は余りにも乗らなさ過ぎのバイクなので、また「キャブレター」に水でも入ったかで、オーバーフローでもしているんだろうと思ってました。

「ベントチューブ」出口の真下の「フューエルポンプ」付近が濡れていて、現時点ではオーバーフローの兆候は無いようなので、先に「フューエルポンプ」周辺を調べてみました。

「フューエルチューブ」に穴が開いているとかの損傷も無く、連結部からの漏れなども無いようでした。

ここで一番怪しくなって来た「フューエルポンプ」自体を単体でテストして診ました。
20171018_02 20171018_03
「フューエルポンプ」に燃料の流れを作り、電磁ポンプなのでバッテリーを繋げて作動させて診たところ、「フューエルポンプ」本体の接合(カシメ)部から燃料漏れしてくる事が判明しました。
20171018_04 20171018_05
「フューエルポンプ」を新品に交換し修理は完了しましたが、エンジンのアイドリングが今一不安定で「点火プラグ」を掃除してもダメだったので、この序に「キャブレター」も軽く掃除して調子を取り戻しておきました。
20171018_06 20171018_07
それから序に頼まれていた「ドライブチェーン」の「チェーンガイド」を交換しました。

5万4千キロ以上走ってる「ZZR1100」ですが、長年の損耗劣化で「チェーンガイド」はボロボロでした。
20171018_08 20171018_10
リヤ「ホイール」と「スイングアーム」まで外しての交換となりましたが、どちらかと言うと今回はこの作業に一番時間が掛かりました。
20171018_09 20171018_11_2
新車から23年目にして初となった「チェーンガイド」交換を終え、最後に「エンジンオイル」も交換して全ての作業を終えました。
20171018_12
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年10月10日 (火)

RSV4 冷却液交換!

20171010_01先日の日曜日、<ヤス坊さん>達がライディングスクールで汗を流している頃、お店には<マコちゃん>が宇都宮から予定通りやってまいりました。

’13年に納車したこの「RSV4」も今月この日でちょうど4年が経ち、今回は新車から3回目になる12ヵ月点検になりました。

この点検に合わせて今回は「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換でした。

「点火プラグ」と「エアフィルター」は既に去年の車検時にはお勧めして、当初は半年後の6ヶ月点検で行う予定にしていました。

ところが直ぐに入荷すると思って発注したK&Nの「エアフィルター」が中々入荷せずに、3ヶ月ほど待ち先月になってやっと入荷して来ました。
20171010_02 20171010_03
「点火プラグ」も少し特殊なものでしたが、こちらは直ぐに入荷していたので、走行距離も2万2千キロを少し超えておりましたが、このタイミングでの交換となりました。

20171010_04今回は新車から4年なので「冷却液」の交換も行いました。

油脂類では「エンジンオイル」と「オイルフィルター」も交換して、全ての作業を終えました。

<マコちゃん>は、日が経つ毎に走る距離が伸びているようで、この1年では6千キロ以上も走っておりました。

ガンバっているナぁ~と少し嬉しかったです。

毎度有り難う御座いました

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

ZZR1100 灯火類作動不良!

<ウミ坊主様>から「ZZR1100」の修理を頼まれました。

1ヶ月ほど前に頼まれていた修理で、ヘッドライトとメーター以外は灯火が不能のようでした。
20170830_01
調査の結果、ウインカーは「リレー」がダメで、ブレーキ灯はフロント側の「スイッチ」がダメでした。

ETCの電源も入らないようなので、調査したところ「ヒューズ」が飛んでました。

去年の1年間は腰痛や膝痛なので殆ど乗らず、11月からはバッテリー上がりで放置していたバイクです。

その時に頼まれていた新品バッテリーも取に来たのが今年の5月でした。

20170830_02その後7月になり先月バイクに乗ろうとしたところ、こんな感じになっていたようです。

同時に「リレー」や「スイッチ」に「ヒューズ」が飛ぶなんて、あまりにも偶然過ぎて解せない気もしましたが、一先ず壊れた電装部品を交換する事になりました。

ウインカーはLEDに換装してあるので、社外の「ICリレー」に交換しました。

ブレーキはマスターシリンダーに社外の「brembo」を使っているので、こちらも社外の「油圧スイッチ」に交換しました。

最後にETCの「ヒューズ」を交換して修理を終えました。

| | コメント (0)

2017年8月20日 (日)

TUONO V4 1100 Factory エンジンオイル交換!

今日は朝から<親方様>が来店されました。

20170820_01予定通り3泊4日のツーリングも無事に終え、「エンジンオイル」の交換などでお越し頂きました。

ツーリング直前の380キロ時にも、「エンジンオイル」交換と「点検」を実施しておりますが、このツーリングでは予定通り1,500キロ近く走ったので、改めて「点検」と「エンジンオイル」交換を実施させて頂きました。

今回は「エンジンオイル」交換に合わせ「オイルフィルター」も交換しました。

「オイルフィルター」は<マコちゃん>の「RSV4 R RAPRC ABS」と同じ、カートリッジタイプです。
20170820_07 20170820_06
このエンジンはクランクケースの前側に「オイルフィルター」も「ドレンボルト」も付いていて、エキパイの内側にも十分スペースが有るので作業も楽です。
20170820_02 20170820_03
新規でスイングアームの「スタンドフック」をスライダータイプのものへ換え、ホイールの「エアバルブキャップ」もアルミのタイプへ換えました。

一応今回も一通り点検を実施しましたが、このバイクは若しかして?出荷前の段階で十分ならし運転されているような?クラッチケーブルやドライブチェーンの伸びも一切出ておりま20170820_04せんでした。

山形方面から回る東北ツーリングは最終日だけ雨に濡れたそうですが、東京で心配していたほど悪天候ではなかったようです。

バイクはコーナーリング性能も含めかなり高性能だったようで、天候にも恵まれた事もあり調子に乗ってガンガン峠を攻めたようです。

ならし運転ツーリングだったにも関わらず、タイヤは端まで使い切っておりました。

大変楽しめたようで良かったと思います。

荷物の載らないバイクにも関わらず、またお土産を頂いちゃいました。
20170820_05
毎度有り難う御座いました。

*********************************************

臨時休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記日程でお休みさせて頂きます。

8月23日(水)~24日(木)の2日間。

振替で8月21日(月)は営業いたします。

8月25日(金)より通常通り営業致します。

ご不便お掛けいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

*********************************************

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

TUONO V4 1100 Factory 初回点検&カスタム!

先月<親方様>へ納車した「TUONO V4 1100 Factory」も、あれから早や1ヶ月が経ちました。

20170811_01そしてこの夏休み期間を利用して、また旅立つようなので、その前に点検・整備をしておく事になりました。

目標は1ヶ月で500キロくらいは走って頂き、慣らし運転をするようお願いしておりました。

<親方様>は日々大変お忙しい方なので、無理かなと思っておりましたが、それでも気合を入れて首都高をグルグル回って380キロ走っておりました。

予定では千5百キロほど走るツーリングのようなので、本当は千キロくらいは走って頂き「初回点検」を実施したかったのですが、380キロでも何もやらずに行くのよりは安心なので、一先ず点検・整備と「エンジンオイル」の交換もやらせて頂きました。
20170811_02_220170811_03_2
それから納車に間に合わなかったカスタマイズで、やっと入荷してきた「GELシート」や可倒式の「レーシングブレーキレバー」など、細かいパーツの交換や取り付けを行いました。
20170811_04 20170811_05
当初は価格的に躊躇していた「ミラー」も形状や長さをオーダーできるカーボン「ミラー」になりました。
20170811_07 20170811_08
それからタンデムステップを取り外したスペースには、「DAYTONA675SE」の時にも付けていた「レーシングフック」を取り付け、「ドライブレコーダー」の時と同じ自在アームを介して「スマホホルダー」も設置し、「シートバック」も付いたので、これで旅の準備は整いました。
20170811_09 20170811_10
去年の北海道に続き今年は山形方面から回る東北ツーリングのようですが、くれぐれも安全運転には心掛け、旅を楽しんで来て頂ければと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年7月29日 (土)

Ninjaタイヤ交換

20170729_01<ケンちゃん>から900ニンジャの「タイヤ」交換を頼まれました。

頼まれたのは6月の半ば頃でしたが、この数ヶ月間は超忙しく中々車両を引き取りに行けませんでした。

この’94年式A10「GPZ900R」も20数年前の私が30代前半に手掛けたカスタム車なので、<ケンちゃん>とのお付き合いもかなり永いです。

20170729_02なので今回も交換する「タイヤ」の銘柄や交換時期も全てお任せで、梅雨明け頃の仕事の空いた時でOKでしたので、そのお言葉に甘えて待たせる事1ヶ月半、先日やっと車両を引き取って来ました。

この「GPZ900R」の「タイヤ」は前回の交換から、なんと9年と4ヶ月が経っておりす。

その間の走行距離も8百キロと、<ケンちゃん>も殆ど20170729_03バイクに乗ってないので、あえて強くお勧めしてなかったのですが、今年こそ本気モードで走る予定らしいので、久し振りに「タイヤ」交換をやらせて頂く事になりました。

まさに8耐で当時注目を集めた「月木」のパーツなど、随所に’90年代カスタムを施された「GPZ900R」で、ホイールも当時定番の「DYMAG」Hセクションに換装してあります。

20170729_04なのでリヤホイールはノーマル「3.50-18」から「5.50-17」へコンバートしてありますので、タイヤサイズもノーマル「150/70-ZR18」から「170/60-ZR17」へなっております。

交換「タイヤ」は今回も今までと同じ「MICHELIN」でしたが、もう少し見た目カッコよくハイグリップなものをご希望でしたので、今回は今までの「PILOT ROAD 2 」から「PILOT POWER 2CT 」へしてみました。

20170729_05今回も1年前の車検から26キロくらいしか走ってなかったので、やはりエンジンは掛かりませんでした。

そして今回もキャブレター「FCR」から燃料がオーバーフローして来ましたが、キャブレターのドレンを排出してあげて、点火プラグの掃除でエンジンは無事に掛かりました。

数年に1度はキャブレターもOHしておりますが、ここ数年はこの様な儀式で何とかエンジンは始動できております。

近々ツーリングに行く予定もあるようなので、他の部分も細かく点検してから試乗テストも行い全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

TUONO V4 1100 Factory 納車!

「TUONO V4 1100 Factory」 本日納車となりました。

オーナーは当店の上得意様で、長年の親友<親方様>です。

<親方様>には3年連続でバイクを買って頂いておりますが、この8年では今回の「トゥオーノ」で5台目のお買い上げでした。

20170716_24_2常に複数台バイクを所有されている<親方様>からは、10ヶ月前にも「Z125PRO」を増車してもらったばかりでしたが、今回の「トゥオーノ」は一昨年買ったばかりの「ムルティストラーダ」からの乗り換えでした。

具体的な乗り換え検討を打診されたのが1月の半ば過ぎだったと思います。

当初は「MV AGUSTA」の「ブルターレ」に乗り換えの予定でしたが、希望していた限定車が入手できなかった事もあり、数ヶ月のあいだ熟慮を重ねた結果、今回の「APRILIA」「トゥオーノ」になりました。

一通りカスタムも完成し、最後に細かい調整を行いました。

車検の時には「タンデムシート」と「タンデムステップ」を付けて、車検証上は2名乗車で通しておりますが、実質は一人乗りのスポーツ車なので、これらの部品は納車の前に取り外しました。

僅か200mm幅くらいのシートなので、タンデムするには難しい気もしますが、ちゃんとベルトも付いていて、これで車検は通りました。
20170716_06_220170716_07_2
それを外して同梱のカバーに付け替え「シングルシート」にしておきました。

「タンデムステップ」の脱着も容易で、外したあとの開口部に付けるカバーも同梱されてました。
20170716_0920170716_10
それから左側「エンジンカバー」には、もともと「チェンジインジケータ」のラベルが付いておりましが、カスタムして「プロテクションカバー」に交換しているので無くなっておりました。

このラベルが無いと車検に通りませんので、代わりのラベルを張っておきました。
20170716_0520170716_04
最後に洗車をして当店「FUN WHEELS」のステッカーを張らせて頂き完了です。
20170716_03 20170716_02
<親方様>は逸る気持ちを抑えきれず予定の2時間も前に来店されました。

大型車では「KAWASAKI」→「KTM」→「TRIUMPH」→「DUCATI」と乗り継いで頂きましたが、今回の「APRILIA」が間違いなく一番いいバイクと思いますので、大事に長く楽しんでください。
20170716_08 20170716_01
「むぎ茶」ワンケースの差し入れも頂きました。

毎度!毎度ご贔屓にして頂き、誠に有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

TUONO V4 1100 Factory カスタム!

20170714_01きのう車検場に行って来ました。

最後に書類で1回はねられましたが、無事に「車検」も通りナンバーも貰って来ました。

車検証が出たので「ETC」の再セットアップと、「任意保険」の車両入替も完了しております。

そして、いよいよカスタム開始です。

20170714_02先ずは「ドライブレコーダー」の取り付けからです。

既に「ETC」取り付けの際に予め準備しておいた配線から電源を取得し、取り付けはテーパーハンドルの端に22mmのクランプを立て、そこに自在アームを介して「ドライブレコーダー」を取り付けました。

電装回りでは前後の「ウインカー」と、「ライセンスプレート」をカスタムしました。

純正のままでも十分に小振りでカッコいい「ウインカー」でしたが、それでも更に小型になったLEDタイプの「ウインカー」に交換しました。
20170714_03 20170714_05
「ライセンスプレート」も同様にシンプルなものが付いておりましたが、更に短くコンパクトなものへ交換いたしました.
20170714_04 20170714_17
サーキット走行も前提の機能満載なマシンなので、「ウインカー」や「ライセンスプレート」もワンタッチで脱着可能で、この点はひじょうに作業が楽でした。

次にラジエーターとオイルクーラーにカバーを付けました。
20170714_06 20170714_07
この類のマシンはフィンが剥き出しなので、小石や虫などの衝突から守るため「ガード」を上から装着いたしました。
20170714_16 20170714_08_2
守ると云う意味では転倒時のダメージから車体を保護する「フレームスライダー」をエンジン左右に装着し、エンジンカバー左右にも「プロテクションカバー」を装着しました。
20170714_09 20170714_10

カバー関係では他にも「タンクパッド」を張ったり、フレームのステップ周辺に「ブーツガード」を張って保護しました。
20170714_12 20170714_13
20170714_14 20170714_15
一先ず納車までのカスタムはここまでですが、当然マフラーやハンドルのカスタムも今後実施の予定です。
20170714_11
もう少し各部の微調整などを行い、洗車をしたら完成です。

週末の納車までもう暫くお待ちください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧