カテゴリー「修理(外車・逆輸入車)」の260件の記事

2017年4月 6日 (木)

GPZ900R冷却液交換!

20170406_01「GPZ900R」の車検を頼まれました。

2~3年前に近所に引越して来た方で、それ以降は頻繁にお越しを頂いてる常連様です。

「GPZ900R」と云えども最終型の逆輸入車なので、そんなに年式(2003)も古くなく距離も2万8千キロを超えたくらいです。

20170406_02その上このお客様も愛車を大切にしている方なので、当店で受ける車検も2回目となりますが、今回もタイヤの交換と油脂類の交換程度で、特に問題となる不具合は見つかりませんでした。

強いて云えばリヤ側の「ブレーキ・キャリパー」で、点検と清掃をしている時に「キャリパー・ブーツ」が伸びてブーツの役目を果たしてなかったのと、同様にゴム部品の宿命なのですが、フロント側で「ブリーザー・キャップ」が切れかかっていたので、それらゴム部品の交換をさせて頂きました。

タイヤはホイールを換装してワイド化してありますので、選択肢が豊富で現行のラインナップから最新のものを選べますが、特に銘柄の指定はなく、最近は峠に走りに行く機会も減り、そんなにハイグリップは必要ないとの事だったので、今まで履いていた「PIRELLI」より幾分安価な「MICHELIN」をお勧めして、交換をさせて頂きました。
20170406_03 20170406_04

20170406_05 20170406_06
油脂類としては車検毎(2年毎)に実施している「前後ブレーキ液」と「クラッチ液」を交換し、「エンジン・オイル」に関しては前回の交換から2千キロも走ってませんでしたが、換えてから丁度1年は経つので交換するよう頼まれましたので、「オイル・フィルター」と共に交換させて頂きました。

20170406_07「冷却液」の交換も頼まれましが、これも4年以上は交換した事がないと云う事でしたので、「ラジエター」の点検や水路の洗浄を行いながら、新しい「LLC」へ交換させて頂きました。

最後にサスペンションのリンク周りなど、各部シャシーの可倒部や摺動部をグリスUPして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について
冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

ZX-10R 5回目の車検!

20170314_01昨日の定休日(月曜)も<カズちゃん>には仕事に出てもらい、<ヤス坊さん>の車検「ZX-10R」に行ってもらいました。

この車両は平成20年に買って頂いたもので、走行7千キロ弱の中古車で乗り出して頂きましたが、このバイクも早いもので、あれから10年目に入り、車検を受けるのも今回で5回目となりました。

<ヤス坊さん>も乗り始めた最初の3年くらいは年間5千キロくらいは乗っていたようですが、それ以降20170314_02は年々走る距離が短くなり、この1年では5百キロ程度しか乗っておりませんでした。

製造から12年ほど経つバイクでありますが、トータル距離も3万キロ程度なので、今回の車検もブレーキ液や冷却液、エンジンオイルなどの油脂類の交換程度で、他に損耗箇所もなく無事に車検も通りました。

<ヤス坊さん>毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

Z1000車検

古い知人からの紹介で、「Z1000」の車検を頼まれました。

20170303_01_22003年式の「ZR1000-A1」ですが、サーキット走行オンリーのようで、今まで公道での走行は殆ど無かったようです。

もちろん検切れでしたので、トランポに積んで運んで来てくれました。

なので先ずは公道で走れるレベルに付いてない部品を付けたり、ノーマルの部品に戻したりの作業を行いました。

なんとか車検の通せるレベルまで直せたので、ここからは通常の点検&整備として、24ヶ月点検の項目に則り作業を進めて行きました。

点検の結果いくつかの不具合が発見されました。

先ずはラジエターに「冷却液」が殆ど入ってないのと、それから「フロントフォーク」の左側に薄っすらオイルが滲んでおりました。

20170303_02ラジエターの方はキャップの加圧テストもOKだったので、当初は補水だけして終わりにしようと考えておりましたが、オーナー様から「冷却液」の交換を頼まれたので実施いたしました。

さっそく僅かに残っている「冷却液」をラジエターから抜いて診たところ、思っていたより綺麗で鮮やかな緑色をしていました。

この段階で、こんなに「冷却液」が綺麗なのに、こんなに減って少なくなっていた事に少し疑問も感じながら、ラジエターに新しい「冷却液」を補充しました。

そして十分エア抜きを行った後に冷却ファンが回るまでとエンジンを回していたところ、ファンが回る前にサーモスタットの下の方から「冷却液」が漏れ始めてきました。

原因はラジエター・ホース連結部のバンドが緩んでいただけで、、「冷却液」が減った理由も判り、あっさり問題解決となりました。

冷却ファンも正常に回る事を確認して作業を終えました。

20170303_03「フロントフォーク」の方もオーナー様からシール交換を頼まれたので実施いたしました。

この「フロントフォーク」は、このバイクの純正品ではなく、「ZX-6R」用が付いておりました。

滲みは左側だけでしたが劣化の条件は同じなので、左右両方の「フロントフォーク」をオーバーホールさせて頂きました。

フォークを分解して主原因のフォーク・シールなどゴム部品類の交換を行い、新しいフォーク・オイルを入れて、念入りにエア抜きして完了しました。
20170303_04   20170303_05
無事に車検も合格しました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

ZZR1100 フェンダーレスKIT

車検でお預かりの<セ○ワくん>「ZZR1100」の続きです。

今回は前回の車検から2年で2千4百キロも走っておりました。

20161209_01たったの2千キロ程度とお思いでしょうが、その前の2年が70キロ、更にその前の2年間では40キロ程度しか走ってなかったので、如何に最近バイクに乗るようになったのかお判りでしょう。

と云っても1年前の12ヶ月点検からは、千4百キロ程度しか走ってなかったので、今回の車検もエンジンのオイル漏れ以外は特に不具合なく、無事に通過いたしました。

あとは通常の整備と油脂類の交換だけで、油脂類としてはエンジン・オイルとブレーキ液に冷却液の交換も行いました。

前述の通り距離は走っておりませんが、エンジン・オイルは前回の交換から1年は経っているので交換するよう頼まれました。

今回はオイル交換2回に1回のペースでやってるフィルターも交換時期でしたので交換させて頂きました。

ブレーキ・フルード(液)は2年毎にやってますが、フロント側に関しては去年ブレーキ周りをカスタムした時にフルード(液)を入れ替えておりますので、今回はリヤ側とクラッチの2か所のフルード(液)だけ交換いたしました。
20161209_0220161209_03
20161209_04
20161209_05
冷却液は4年毎に行ってますが、今回は丁度前回の交換から4年が経っていたので交換させて頂きました。
20161209_06
最後に頼まれていたフェンダーレスKITを取り付けました。

これはシンプルな作りで、ノーマルのフェンダーを取り外し、ライセンスプレートのベースとなる板に換えるだけの簡単な構造で、リフレクター(反射板)も付いてくる車検対応のものでした。

先週の金曜日にお預かりして1週間。本日また新宿から電車に乗ってバイクを取りに来て頂きました。
20161209_0720161209_08
いつも遠くから来て頂き、毎度有り難う御座いました。
20161209_09

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

ZZR1100バルブクリアランス調整

20161208_01_2<セ○ワくん>「ZZR1100」15回目の車検でした。

今回の車検では1年前の12ヶ月点検の時にお勧めしておいた、バルブクリアランスの調整を行いました。

実は1年前の点検の時には既にシリンダーヘッドのプラグホールから少しオイルが滲み始めているのが確認されていました。
20161208_02_2
修理はヘッドカバー回りのガスケット類の交換になります。

この場合はヘッドカバーを外して行いますが、通常ヘッドカバーなど外す機会は中々ないので、このタイミングを利用してクリアランスの調整をやらせて頂きました。

あれから1年経ちオイル漏れは酷く悪化したようで、プラグホール内を覗いたところ、エンジン・オイルでビチャビチャでした。
20161208_03_2   20161208_04_2
漏れたオイルを洗浄してヘッドカバーを外し作業に掛かりました。
20161208_05_2
大体カム山の一箇所や二箇所が荒れているのも、このエンジンの宿命なのすが、<セ○ワくん>のバイクに限っては走行距離も短いからか?若干当たりのキツイところは有りましたが、然程荒れている感じでは有りませんでした。

ただし測定の結果は吸排気16ヵ所のクリアランス全てが狭く基準を逸れていました。
20161208_11
新車から16年で初めてのバルブクリアランス調整です。

このタイプのエンジンはカムシャフトを外さなくても、ロッカーアームを左右に動かしシムを交換出来るので作業は楽なのですが、それでも合計16ヵ所なので、クリアランスを測定しては基準値に納まるシムのサイズを選び出し、それを交換しては又測定を繰り返す作業に半日ほどの時間を費やしました。
20161208_06   20161208_07
バルブクリアランスの調整も終わりガスケット類も全て交換し、ヘッドカバーを組み付け、改めてエンジン圧縮を測って診たところ、全ての気筒で圧縮が上がっていました。
20161208_09_2   20161208_10
もともと全て基準値内に入っていたエンジン圧縮ですが、クリアランス調整した後では最大で3kg/cm2も上がっている気筒がありました。

この後エンジンにバキューム計を装着してキャブレターの調整を行いました。

計測器の文字盤の針を睨みながらパイロットスクリューやアイドリングスクリューを調整しつつ、各気筒間の同調をとりました。

キャブレターの同調もバッチリとれて完成です。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

ZZR1100 LEDヘッドライト

20161010_011ヶ月ほど前にオーバーヒートの修理をした、<お蕎麦屋さん>「ZZR1100」です。

その時ついでに色々やった中でヘッドライトの「LED」化を頼まれ、バルブを<お蕎麦屋さん>持ち込みの「LED」へ交換しましたが、そいつの性能が良くなかったようで、全く前を照らさず前照灯の役目を果たさなかったようです。

このメーカー不明の「LED」は、もともと作りも粗悪で取付寸20161010_02法が合わずに座金のバリを削って取り付けた経緯もあり、ちょっと怪しい感じで心配しておりましたが、性能もそんか感じだったようです。

と云うことで改めてちゃんとした「LED」への交換を頼まれましたが、今回は製品選びから当店に一任されたので、今まで当店の多くのお客様へ装着して高評価で信頼性のある、日本製「SPHERELIGHT」の最新モデル「RIZING」をお勧めしてみました。

このモデルではヒートシンクがバイク専用設計とされたので、従来品より小型化されているため、少なくともこの「ZZR1100」では無加工で装着できました。
20161010_0320161010_04
またアノダイジング加工が施されたことで、放熱性の向上と最高レベルの耐食性能も実現20161010_05しているようです。

何よりも世界トップクラスの明るさを実現しているようなので、その性能を堪能いただけたらと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年10月 8日 (土)

ZZR1100エンジン始動不能!

ついにエンジン(ZZR1100)が掛からなくなったと、<ウミ坊主様>から連絡が入りました。

この2年間でも千2百キロ程度しか走ってなかったのですが、今年は年明け早々に膝をやったり、8月には腰をやったりで、最後に動かした4月以降(約5ヶ月間)は、完全放置の状態だったらしいです。

体も良くなり久し振りに乗ろうとエンジン始動を試みましたが、なかなか掛からず、そのうちにバッテリーも上がってしまったようです。

なのでジャンプスタートをしようと、バッテリー端子を出すために燃料タンクを持ち上げたと20161008_01ころ、今度は燃料ホースがブチ切れてしまったようです。

JAFでバイク(ZZR1100)が運ばれてきました。

早速うちでも元気なバッテリーに繋げてエンジン始動を試みましたが、やはり火の入る兆候が全くありませんでした。

恐らくキャブレター(FCR)が詰まっているのだろうと、一先ずフロートチャンバー底のドレンキャップを緩めたところ、あの強烈な異臭(腐敗臭)と共に緑色した燃料が出てきました。
20161008_02
キャブレター(FCR)の中に残っている古い燃料が抜けたので、新しい燃料の入った点滴タンクを直接キャブレター(FCR)に繋げました。

エンジン内は吸い込んだガスで湿っちゃているのでしょうから、いったん湿った点火プラグを抜いてエンジンを空回してから、新しい点火プラグに交換して再始動を試みましたが、やはりエンジンは掛かりませんでした。

少なくともスロー系(キャブ)は詰まっている事が決定的になったので、キャブレターのオー20161008_03バーホール(分解清掃)をする事になりました。

早速エンジンからキャブレター(FCR)を取り外し分解作業を始めました。
   
先ずはジェット類の確認のためフロートチャンバーを外してみたところ、ちょっと予想を上回って凄い汚れ方をしておりました。
   
キャブレター内は長期間の放置で腐食し燃料は腐り変質しておりました。
20161008_04   20161008_05
真鍮製のジェット類にはカビのような緑青(ろくしょう)がふいて、このサビや燃料が揮発して残るワニスやガム質などがジェット類を詰まらせておりました。
20161008_06   20161008_07
キャブレターは精密で繊細な部品なので、少しでも汚れが残っていると性能が出ません。
20161008_08
特に「FCR」はノーマルのキャブレターよりも部品点数も多く構造が複雑で、しかも酷く汚れていたので隅々まで完璧にクリーニングするのに丸一日掛かる長丁場となりました。

オーバーホール(分解清掃)が終わったので、6年前にも一度一式交換しておりますが、今回のブチ切れた燃料ホース20161008_09の交換ついでに、この辺のホース類を全て交換いたしました。

無事にエンジンも掛かるようになり、元気を取り戻したようなので、最後にエンジンオイルとオイルフィルターも交換して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

ムルティストラーダ12ヶ月点検

早いもので<親方様>の「Multistrada1200S」も、去年新車でおろしてから1年が経ちまし20160920_01たので、この度1年目の12ヶ月点検を行いました。

本当は1週間前にやる予定でいましたが、先週は急遽「Z125PRO」の納車になったので、1週間先送りして昨日(9/18)の入庫となりました。

悪天候にも関わらず<親方様>にも予定通り来店頂き、お蔭さまで仕事がずれ込まずに助かりました。

納車して半年の時点で走行距離も3百キロ程度でしたが、20160920_03今回は先月の「北海道ツーリング」で2千キロくらい走って来たようで、トータル距離は2千4百キロくらいになっておりました。

「北海道ツーリング」の前にもやりましたが、今回もオイル交換を行い、そして今回は新車から初のオイルフィルターの交換も行いました。

オイルフィルターは事前に準備しておいたカートリッジタイプで、特別な事は無く一般国産車同様に交換して作業を終えました。

20160920_02<親方様>にとって今回の「北海道ツーリング」が、この「Multistrada1200S」の初飛行のようなものでした。

その「北海道ツーリング」では、ついついスピード感がマヒして速度を出し過ぎてしまうほどの高速性能と、雨天やダートでも安心して身を任せられる走破性に驚かされ、多岐多様の最先端技術に目から鱗で大変満足されたようです。

いいバイク買って良かったですネ!

「Z125PRO」でもツーリングに行きましょう!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

ZZR1100オーバーヒート!

高輪の<お蕎麦屋さん>から1年振りに連絡が有りました。

バイクの修理と点検の依頼でした。

20160914_01バイクはD5の「ZZR1100」でした。

暫く走って来て家に着いたら冷却液が噴き出したらしいです。

それの修理と12ヶ月点検に、エンジンオイル&フィルターの交換を頼まれました。

この時期も超忙しかったので、<お蕎麦屋さん>にも2週間もお待ちを頂いてから、高輪まで車両を引き取りに行ってきました。

ラジエターの方は本体もプレッシャーキャップの方も、加圧テストの結果は正常に圧力保持しておりました。

ですが、暫くエンジン掛けっ放しにしておいたら、やはり冷却ファンが回らずオーバーヒートで冷却液が噴き出しました。
20160914_0220160914_03
検査したところ冷却ファンのスイッチ(温度センサー)がダメだったので、ファンスイッチを新品に交換して、序に冷却液(LLC)も交換して、これの修理は難なく完了いたしました。

次にホーン(警笛)が鳴らないので調べたら、二つあるホーンのうち右側のホーンで配線がショートしてヒューズが飛んでおりました。
20160914_0420160914_05
こちらも配線を治して難なく修理を完了いたしました。

追加で幾つかのカスタムも頼まれました。

先ずはヘッドライトのLED化ですが、ほぼボルトオンで装着できると思っておりましたが、こいつは少し粗悪品で座金のバリが残ったままで引っ掛かっちゃって、ヘッドライト側にすんなり収まりませんでした。
20160914_0620160914_0720160914_08
仕方が無いのでヤスリで少々で削ってあげて、ちょっと手古摺りましたがなんとか交換を完了いたしました。
20160914_09_220160914_1020160914_11
それからUSBから電源を取れるようにも頼まれたので、「ZZR1100」の場合はタンク下にヒューズボックがあるので、そこから電源を引っ張り右ハンドル周辺でUSBが使えるように配線を通しました。
20160914_1220160914_13
最後に今回の序もあるので、燃料系統のゴム製ホース類を全部交換するよう頼まれました。
20160914_1420160914_15
「ZZR1100」の場合は、この辺のホース類一式がキット販売されているので、それを使ってフィルター含む全てのホース類を交換いたしました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

R1200GS ADVENTURE 車検

20160913_01<監督様>の「R1200GS」が、今年4回目の車検でした。

車検の満期が迫っていたので連絡したところ、一先ず仕事帰りにクルマで来店を頂きました。

何度か連絡していて、やっとお越し頂いたのですが、車検を忘れていた訳じゃなく仕事が忙しかったようで、毎晩遅い帰宅で休日も無く働いていたようです。

20160913_02また明日からは遠く「島根」の方まで出張らしく、早朝から出発て暫く帰って来れないらしいので、今回は当店でバイクのキーをお預かりして、後日<監督様>宅へ車両を引取りにあがり、車検をやっておく事になりました。

さすがに忙しかったらしく、この「R1200GS」にも乗ってなかったようで、この2年でも走行距離は千5百キロ程度しか走っておりませんでした。

なので特に不具合とかは無かったのですが、一応エンジンオイルとフィルターの交換を行い、前後のブレーキ液も交換しました。

車検の切れる1週間前ギリギリでしたが、昨日(9/12)無事に車検も通しました。

9/17無事に「島根」から帰って来たようで、「出雲大社」土産を頂きました。
20160913_03
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧