カテゴリー「修理(カスタム・加工・特殊)」の551件の記事

2020年8月26日 (水)

アドレス110キャブ&駆動系セッティング!

先日「マフラー」を換えた<キタさん>の「ADDRESS 110」です。
20200826_01
あの時は「マフラー」を換えただけだったので、それに合わせて今回は「キャブレター」と「駆動系」のセッティングを行う事になりました。

「キャブレター」の方は、「メインジェット」と「パイロットジェット」の交換で、「メインジェット」を純正の「#77.5」から「#82.5」へ、「パイロットジェット」を「#15.0」から「#17.5」にしてみました。
20200826_02
「駆動系」は「ウエイトローラー」を、純正の「20.0g」から「10.5g」へ変更いたしました。
20200826_03
また、これで様子をみてください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

ゼファーΧ エンジンガード取付!

ZEPHYRカイに「エンジンガード」の取り付けを頼まれました。

当店には初めて来店の若いお客様で、バイクは数ヶ月前に新車で購入したと言う’08年式「ZEPHYR X」でした。
20200821_01
生産終了から12年経ったバイクですが、まだ新車があったのには驚きでした。
20200821_02
作業は30分程度で終わり、何気に目線を上げたところ、エンジンのシリンダーヘッドカバー合せ面からオイルが滲んでいる事が分かりました。
20200821_03
やはり新車と言えども製造から12年なので、ゴム製パーツなどの経年劣化は仕方ないのでしょう。

購入店で保証修理を受けるようアドバイスして、お帰り頂きました。

近所にお住まいのようなので、また何かあればご相談ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

ズーマー4万キロ整備!

このお客様とも彼此13年近くのお付き合いになります。

この「ZOOMER」に関しては、それまでお乗りの同じ「ZOOMER」から、’14年に乗り換えを頂いたもので、今年で新車から7年目に入りました。
20200818_01
5月に「エンジンオイル」の交換で来店された際には、既に距離は4万キロ近く走っておりました。

なので次回の「エンジンオイル」交換時には、「点火プラグ」と「エアフィルター」などの消耗部品の交換をお勧めしておりました。

そして今回4万2千キロを超えたところで、「エンジンオイル」の交換で来店をされたので、予定通り消耗部品の交換をやらせて頂く事になりました。
20200818_0220200818_03
今回「点火プラグ」に関しては、お客様のご要望があったので、ノーマルの「CR8EH-9」からイリジウムの「CR8EHIX-9」へ変えて、交換させて頂きました。
20200818_0420200818_05
今回で「点火プラグ」も「エアフィルター」も新車から4回目の交換でした。

まだまだ長く走れるように、これからもメンテナンスさせて頂きますので、宜しくお願いいたします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

アドレス110マフラー交換!

久し振りに<キタさん>登場で、バイクのマフラー交換を頼まれました。

前のバイクを手放してから、珍しく半年以上もバイクの無い生活をされておりましたが、先月どこかでこの’03式「ADDRESS 110」を入手されたようです。
20200812_01
やはり昔と一緒でノーマルではバイクには乗れないようで、今回は「BURIAL」の「Grand Slam」と言うマフラーの注文を頂きました。
20200812_0220200812_03
予定より早くマフラーが入荷したので、休み前の本日交換に来て頂き、2~30分の作業で交換を終了いたしました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

モトクロッサー メンテナンス!

クラブメンバーも休みに入ったようで、夫々が店に来て各々のマシン整備をしていました。

上のクラスに昇格申請中の<#51 Shunくん>は、通ればゼッケンのバックグラウンドの色が変わるので、黄色のカッティングシートを切り出して、「KX85-Ⅱ」の「サイドカバー」へ貼り付けてました。
20200809_05
それから「ハンドガード」を昔「KX65」の時に付けていた白色のものへ交換しました。
20200809_0120200809_02
今までと同じ「UFO」製の「ハンドガード」の色違いですが、取り付けには加工が必要なので、当たる部分をリューターで削って取り付け作業を行いました。
20200809_0320200809_04
最後に走らせた時から気温は10度以上は上昇しているので、「キャブレター」の「メインジェット」の交換などセッティングをして、最後に次戦コース(モトクロスヴィレッジ)用に「フィルターカバー」も被せて終わりました。
20200809_19
毎週のように走りに行ってる<#14 Ryoくん>は、毎週のように店に来てマシン「CRF250R」メンテナンスをしています。
20200809_08
今回は久しくやってなかった「スロットルボディ」のクリーニングを行ってました。
20200809_0620200809_07
それから毎回外して掃除してる「ブレーキキャリパー」の「パッドピン」を社外製のものへ交換しました。
20200809_1020200809_11
20200809_1220200809_09
なめ易いマイナスのプラグを廃した6角ヘッドの「パッドピン」なので、8mmボックスで脱着可能になり作業効率が上がりました。

あとはエンジンやミッションのオイル交換をして作業を終えました。

<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」の方は、エンジンの内圧制御を見直して、ブローバホースの取り出し方や取り回しを変更してみました。
20200809_15
既存のブローバホースは全部撤去して、新規でホースを通し直し、最後に「内圧コントロールバルブ」を投入してみました。
20200809_1320200809_14
こちらも気温に合わせて「キャブレター」の「メインジェット」や「ジェットニードル」の交換をしました。
20200809_1620200809_18
最後にフレーム下が早くもサビ始めていたので、軽くタッチUPして作業を終えました。

とっ云う事で急ですが、明日(月)「モトクロスヴィレッジ」へテストに行ってきます。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

**********************************************
8月営業のご案内

夏季休暇に伴い、
下記の日程で休業とさせて頂きます。

8月13日(木)~17日(月) の5日間。

8月18日(日)より通常通り営業致します。
ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

メーカー及び問屋によっては、8/8~8/16の期間で長期休暇に入りますので、
車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。

注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、
予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

ライブDIOエンジン始動不能!

エンスト後再始動不能の訴えで修理の依頼でした。

走行中にエンジンが止まり、その直近のバイク屋さんに駆け込み修理依頼をされたそうですが、キックスターターが軽いのでエンジン圧縮が無いとの判断で、修理不能の告知を受けたようです。

直ぐ近所にお住まいの方でしたが、当店には初めてのお客様で、最近知人から譲り受けたと言う車両は、’97年式の「Live DIO ZX」でした。
20200804_01
20年以上も前の古い原チャリに、お金を掛けて直す価値が有るのかどうか?お客様とも協議を重ね予算を決めてから診断作業に入りました。

一先ず火が飛んでいるのかを調べながら、エンジン圧縮を調べてみました。

エンジン圧縮は、基準「10.5kg/cm2」に対しして「10.0kg/cm2」の測定結果で、「点火プラグ」も元気にスパークしておりました。

エンジンの動く3大要素のうち良い火花、良い圧縮の条件は整っているので、あとは良い混合気だけなので燃料系統を調べて行きました。

先ず「キャブレター」のドレンを排出して、燃料の出方や燃料中の異物などが無いかを見てみました。

「キャブレター」まで燃料は来ているようでしたが、排出された燃料にはゴミがたくさん混ざってました。

次に「エアークリーナーボックス」を開けて調べたところ、「エアーエレメント」の奥にある「エアーフィルター」が跡形も無く粉砕している事が分かりました。
20200804_03
粉々になった「エアーフィルター」のスポンジを「キャブレター」で吸い込んでいる事には間違いないので、「キャブレター」から「エアークリーナーボックス」を外してみました。
20200804_0220200804_04
すると「キャブレター」の吸い込み口には、想定以上に大量の粉が堆積している事が分かりました。
20200804_0520200804_06
一旦ハケで見えてる粉だけを注意深く取り除いてからエンジン始動を試みましたがダメでした。

結局「キャブレター」の分解清掃を行う事になりました。

分解した感じチャンバー底はけっこう汚れておりましたが、空気や燃料の通る通路には、それほど大きなゴミの詰まった形跡はありませんでした。
20200804_07
「キャブレター」の分解清掃を終えてから、今一度エンジン始動を試みましたが、これでも全然エンジンの始動する気配がありませんでした。

シリンダー燃焼室側の二次圧縮は十分有るようなので、もしかしてクランクケース側一次圧縮が抜けてるかも知れないと考え、エンジンカバーを外し左右のクランクシールの抜けを調べてみました。

クランクシールに問題は無さそうなので、最後に残る原因としてのは「リードバルブ」くらいしか無いので、「キャブレター」のクランクケース側に付いてる「リードバルブ」を外してみました。

すると案の定ですが、「リードバルブ」にスポンジのカスが噛み込み閉じないようになっておりました。
20200804_0820200804_09
クランクケース内や恐らくシリンダー内にもゴミが入り込んでいるようでしたが、ここは見える範囲内で掃除をして、肝心の「リードバルブ」だけは丁寧に掃除して組み戻し、見事にエンジン一発始動できるようになりました。
20200804_10
20200804_11
「点火プラグ」と「エアーエレメント」に「エアーフィルター」の3点の部品を交換して修理を終えました。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

GSX-R1000 7万キロ突破!

早いもので<マル2さん>の「GSX-R1000」も、’07年に乗り出して頂いてから13年、今回で6回目の車検となりました。
20200714_01
そして遂に走行7万キロを突破しておりましたが、今までもキチンとメンテナンスさせて頂いておりますので、今回の車検でも特に大きな不具合は見受けられませんでした。

ただ一点だけフロントの「ブレーキパッド」が片減りしている事が判りました。

今のところブレーキの作動に問題は無く、効きも良く引き摺りも無いのですが、左右で「ブレーキパッド」の減り方が違う事が判りました。
20200714_02
対向4ピストンの「ブレーキキャリパー」で、片側2Pのピストンの動きが悪く、左右のピストンが同時に押されてないようなので、こちらは日を改めて整備させて頂く事になりました。

あとは距離や時間で定期交換が必要な油脂類の交換として、「エンジンオイル」と「オイルフィルター」に、「ブレーキ液」、「クラッチ液」と「冷却液」の交換をして、今回は整備を終えました。
20200714_0320200714_04
20200714_0720200714_08
20200714_0520200714_06

20200714_12
最後に「ウインドシールド」を「PUIG」製の「RACING SCREENS」に換えて、全ての作業を終えました。
20200714_09
20200714_1020200714_11
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

TUONO V4 1100 Factory 車検!

アプリリア「トゥオーノ」の「車検」でした。
20200630_01
’17年に買ってもらった<親方様>のバイクです。

新車から3年が経ちました。

月日の経つのは早いもので、今年が始めての車検となりました。

この前に乗っていた「Multistrada1200S」は、2年以内に乗り換えておりますので、<親方様>のバイクでは、’14年に実施した「DAYTONA675 SE」の「車検」が最後でした。

久し振りの「車検」でしたが、相変らず距離は伸びてないようで、3年経っても積算系は2千7百キロ台でした。

まだ新車の臭いがする車両なので、当然不具合などは無い筈でしたが、1件「リコール」に該当する部分がありました。(これやってないと車検は通りませんからね!)
20200630_0220200630_03
「リコール」としては、’18年の「圧力制御伝達部」(マスターシリンダーピストン交換)に続いて2回目で、今回は「制動装置」(フロントブレーキパッド交換)の「リコール」を実施しました。
20200630_0420200630_05
あとは「エンジンオイル」と「オイルフィルター」に、前後の「ブレーキ液」と「冷却液」など油脂類の交換のみで、今回の整備を終えました。
20200630_0620200630_07
20200630_0820200630_09

「冷却液」に関しては、当店のレースマシンでも使用している「ELF」の「RACING COOLANT」で交換させて頂きました。
20200630_1020200630_11
最後に「ウインドシールド」を「PUIG」製の「RACING SCREENS」に換えて、全ての作業を終えました。
20200630_12
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

モトクロッサー最終整備!

いよいよ明日は4ヶ月振りのレースです。

最終テストからニ週間で十分とは言えませんが、時間の許す限りマシンや装備の準備をしました。

何時ものように洗車を終えてから、一台ずつ点検と整備を行いました。
20200627_01
こんな時期なのでマディコンデも想定してソフト「タイヤ」も用意しましたが、今回は「CRF250R」だけが新品ソフトに換えて、他の2台はミディアムのUSEDのままで行く事になりました。
20200627_15
なので4ヶ月しか履いてない「KX85-Ⅱ」のリヤ「タイヤ」は終わり掛けていましたが、もう少し粘って逆履きさせました。
20200627_0220200627_03
「CRF150R-Ⅱ」の方は走行回数も少ないので、まだ大丈夫な感じでした。
20200627_04
「CRF150R-Ⅱ」で、やった事としては「ブリーザーチューブ」の取り回しを変更したくらいでしたが、「CRF150R-Ⅱ」と「CRF250R」用には「TWIN AIR」の「エアフィルター」が入荷したので、今回からこれに換えました。
20200627_0520200627_06
20200627_27
「CRF250R」の<#14 Ryoくん>は、他のメンバーより走りに行ってるので、「タイヤ」の消耗が進んでおりました。
20200627_07
なので今回は前後共「DUNLOP」のソフト「タイヤ」へ交換しました。
20200627_1620200627_17
この際にビードの回り止め対策として、「ビードストッパー」を「MotionPro」の「Liteloc」なる製品に換えて試してみる事にしました。
20200627_1820200627_19
消耗と言う意味ではリヤの「ブレーキパッド」の残量も無くなってたので、こちらもこの作業ついでに新品交換いたしました。
20200627_2020200627_21
それからフロントの「スプロケット」周辺への泥詰まり対策として、「チェーンガイド」と「スプロケカバー」を排泥性の高い、「ZETA」製「ケースセーバー」に換えてみました。
20200627_1320200627_14
対策では「ハンドルグリップ」の衝撃吸収性の向上を求めて、これも「ZETA」製の「デュアルコンパウンド」タイプに換えてみました。
20200627_0820200627_09
同様に「グリップパッド」を2枚重ねにしました。

大きな修理箇所は有りませんでしたが、「クラッチホルダー」側「レバーアジャスト」の「ボルト」と「ナット」に、「レバーカバー」が吹っ飛んで無くなっていたので、こちらも新品を取り寄せして付けました。
20200627_1120200627_12
最後に前後サスの「スプリング」を「ソフトスプリング」に変更しました。
20200627_2220200627_23
20200627_2420200627_25
それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

6月28日(日)臨時休業のお知らせ
 
当店イベント(クラブマンモトクロス参戦)の為、6/28の日曜日は、営業をお休みさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

GPZ900R 車検13回目!

<ケンちゃん>の「ニンジャ」が「車検」でした。
20200617_01
この’94年式A10「GPZ900R」も、今年で13回目の車検となりました。

御商売の方が忙しいようで、また少し距離が伸びなくなってました。

前回の「車検」から4百キロ程度しか走っておりませんしたが、この2年間「オイル」交換してなかったので、一応「オイル」と「オイルフィルター」は交換するよう頼まれました。

あとは2年毎に実施している「ブレーキ」と「クラッチ」の「フルード(液)」を交換し、4年毎に実施の「冷却液」を交換するくらいで、他には定期交換が必要な部品油脂類は有りませんでした。
20200617_0220200617_03
20200617_0420200617_05
20200617_0620200617_07

一通りの点検整備を終え最後に「ガソリンフィルター」を増設いたしました。
20200617_0820200617_09
最近はエンジンだけは動かしているようなので、そうでもないのですが、2年くらい前までは度々「キャブレター」を詰まれせてる時期が有ったので、念のため増設する予定にしていたものです。

「ガソリンフィルター」は<ケンちゃん>の「FCRキャブ」に対応すべく、L型で流動抵抗の少ないマグネット式を選んで交換しました。
20200617_10
「フロントフォーク」の「オイルシール」や「キャブレター」回りの「チューブ類」など、ゴム部品の経年劣化が散見されましたので、おいおい修理する事をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧