カテゴリー「修理(ハンドル・シート・ステップ)」の171件の記事

シート加工レザー張替、バックステップ

2021年1月19日 (火)

ジャイロCANOPY シート交換!

当店で’11年に販売した「GYRO CANOPY」で、年に1回は必ずこの時期「オイル」交換をしに来るお客様です。
20210120_01
この序に今回は「シート」の交換も頼まれました。

走行距離は1万2千キロ程度しか走っておりませんが、このバイクも早いもので新車から9年5ヶ月経ちました。

なので「シート」も経年劣化により大きく破れて、中のスポンジが抉れてました。
20210120_02
屋根付バイクとは言え雨水が浸み込んだシートに座ると、お尻が濡れてしまいます。
20210120_03
10年近く経った「シート」は表面がパリパリに固くなってました。
20210120_04
もちろん交換した新品の「シート」は柔らかく、座り心地も抜群に良くなりました。

毎度有り難う御座いました。

今年も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

ディオCESTA始動不能!

また走行中にエンストして再始動不能の訴えでした。

バイクは、’14年式「DIO CESTA」です。
20210112_01
このお客様には、同じ「DIO CESTA」を12年で2台乗り継いで頂いておりますが、その2台とも納車してから半年後には、この症状が出ておりました。

バルブシート部のカーボン噛みによるエンストですが、色々と対策を講じて、この数年は症状が治まっていたのですが、また発症してしまったようです。

エンストした場合の再始動の仕方も教えておいたのですが、遂にはバッテリーも上がり困り果てていたところ、通り掛かった若者に何度もキックしてもらったそうですが、それでも再始動できなかったようです。

お客様は80才を超える高齢の方ですが、その現場から20分ほどバイクを押して来店されました。

バッテリーは完全に上がっているので、テスト用のバッテリーに付け替えて始動を試したところ、セルモーター自体が回らない事が分かりました。

ふと後ろを振り向くとブレーキランプが点いて無い事が分かりました。

左のブレーキスイッチがダメなようで、右のブレーキレバーを握れば、ランプは正常に点いてセルモーターも普通に回る事が分かりました。

直ぐに再始動できなかった原因が分かったので、今度は右のブレーキレバーを握りながら、再度エンジン始動を試みました。
20210112_02
エンストの原因はバルブシートのカーボン噛みに違いないので、スロットルを少し開け気味で、エンジンを連続してクランキングさせたところ、少しづつエンジンに火が入り再始動に成功いたしました。

エンジンが掛かったので、故障している左ブレーキスイッチの交換と、コンビブレーキのイコライザー(前後連動部)を調整して、無事に修理を終えました。
20210112_0320210112_04
毎度有り難う御座いました。

今年も宜しくお願いします。

エンジン燃焼室内には徐々にカーボンが堆積してゆきますので、当店では定期的に燃料添加剤「フューエルワン」を入れる事をお勧めしてます。
20160207_05
WAKO'Sの「フューエルワン」は、「清浄・防錆・水抜」の3大効能のある優れもので、ガソリンタンクに入れるだけで、タンク内やキャブレターなどの燃料中の水を除去します。

また揮発防錆剤がタンク内壁、キャブレター、FIなどの金属部品を錆から守ります。

更に燃料系統に溜まった汚れを強力に除去します。

特にタンク内やキャブレター、FI(インジェクター、スロットルボディ)、エンジン燃焼室、給排気バルブなどに付着するカーボンやワニス、ガム質を取除く効果に優れています。

原付スクーターから大型バイクまで、特にデリケートなFI装着車には欠かせない、日頃から定期使用して頂きたいケミカルです。

定期的な継続使用で、愛車のトラブルを未然に防ぎます。

是非お試しください。
WAKO'S「FUEL1+ANTIRUST」
¥1,600(税別)

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

ケーブル交換3連発!

「ケーブル」の交換ばかり3連ちゃんでした。

1台目の’07年式「AddressV125」は、4ヶ月くらい前から来るようになったお客様のバイクで、リヤの「ブレーキ・ケーブル」がレバー側で切れてしまい交換となりました。
20201226_01
因みに新車から13年経過するバイクで走行6万を走り、始めて「ブレーキ・ケーブル」が切れたようです。
20201226_0220201226_03
2台目のバイクも同じ’07年式の「AddressV125」で、8年ほど前から来て頂いてるお客様です。
20201226_04
こちらは5万7千キロほど走り、「メーター・ケーブル」が切れて交換となりました。
20201226_0520201226_06
3台目の’13年式「GSR750」は、半年くらい前から来るようになったお客様のバイクで、「クラッチ・ケーブル」の交換を頼まれました。
20201226_07
走行4万5千キロを超えて心配になり、切れる前の予防整備としての交換だったようです。
20201226_0820201226_09
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

CRFメンテナンス!

レースに向けて最終メンテナンスにかかりました。

今回<#14 Ryoくん>の「CRF250R」は、「タイヤ」交換や「フロントフォーク」のオーバーホールを行いました。
20201205_01
「タイヤ」は今までと同じDUNLOPのソフトタイヤ(MX33)で、リヤ側をワンサイズ太いスペアホイールを使用して、リムサイズを「19X1.85」から「19X2.15」とし、タイヤサイズも「100/90-19 57M」から「120/90-19 66M」へと太くしました。
20201205_0420201205_02
組み付けに際しては、タイヤの空転抑止にリヤ側で「リムロック」を一ヶ所追加し、リムの曲面に合わせたスペーサー「アルミロックスペーサー」を使用し確実に取り付けました。
20201205_0320201205_06
新品の「強化チューブ」に換えて、「リムバンド」の下に更に「リムテープ」を貼り付けチューブを保護して「タイヤ」を組み上げました。
20201205_3020201205_05
それから今回はコースが変わるので、リヤ「ホイール」を外す序にリヤの「スプロケット」も丁数変更して換えました。

今年に入り9か月間で3回目の「タイヤ」交換でした。
20201205_07
「フロントフォーク」はオイル交換を兼ねてのオーバーホールで、「オイルシール」や「スライドメタル」などの消耗部品の交換も行いました。
20201205_0820201205_09
今回から組み付け時の「オイルシール」損傷を防ぐため、「オイルシールインサート」と言う専用工具を使って、シール類の組み付けを行いました。
20201205_1020201205_11
20201205_12
最後にハンドル「グリップ」を交換しました。
20201205_1320201205_14
3月に換えたばかりの「グリップ」でしたが、既に損耗激しく握れる状態では無くなったので、今回は今までの「ZETA」製「デュアルコンパウンド」から「RENTHAL」製「デュアルテーパードケブラー」へ変えて試してみる事にしました。

<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」の方は、この2ヶ月間で開発も進み、「タイヤ」も2週間前に交換を終えているので、今回は通常の整備くらいで特に大きな事は行いませんでしたが、「ステップ」を変更したいとのリクエストが有ったので交換する事にしました。

既に純正の「ステップ」には難が有ったので、直ぐに「CRF250X」の純正ステップを流用で改善しておりましたが、これでは「ステップ」幅が狭く踏ん張りが効かないらしので、要望通りに幅広の社外「ステップ」に交換してみました。
20201205_1520201205_16
兼ねてから車体の軽量化は命題だったので、「ステップ」はZEAT製の「アルミフットペグ」にしてみました。
20201205_1720201205_18純正447gに対して335gと軽く約112gの軽量化になり、幅は純正145mmに対して155mmと長く約10mmほどワイド化されました。
20201205_1920201205_20
20201205_21
序にフォークガードのボルトもアルミ製に換えて、こちらは純正36.2gに対して15.7gと軽く約20.5gの軽量化。
20201205_2220201205_25
20201205_2320201205_24
更にリヤのアクスルナットもアルミ製に換えて、こちらも純正24gに対して14gと軽く約10の軽量化となり、合計142.5gの軽量化となりました。
20201205_2620201205_29
20201205_2720201205_28
泥付いたら一発で無意味なような軽量化ですが、こんな感じで今後も少しづつ軽くして行ければと思います。

それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

**********************************************
12月6日(日)から8日(火)の営業対応について
**********************************************
12月6日(日)から8日(火)までは、下記の営業対応となります。

12/6 MCFAJクラブマンモトクロス参戦
12/7 定休日
12/8 低圧電気取扱特別教育講習(臨時休業)

12月6日(日)は、当店イベント(モトクロス)の為、一部の営業内容をお休みさせて頂きます。

通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、
保険(自賠責・任意保険)の加入・継続手続き、
部品・用品・車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。

なお営業時間は、11:00~19:00
サービス受付は、18:00迄とさせていただきます。

ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合があります。

12月8日(火)は、低圧電気取扱講習会の参加の為、臨時休業させて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

TODAY シート交換!

約1年半振りに来店のお客様から、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。
20201107_01
当店では「エンジンオイル」の交換だけで来たお客様にも、時間の許す限りは「タイヤ」や「ブレーキ」などの軽点検をしてあげてます。

今回も軽くサービスで足回りを視てあげたところ、リヤ「タイヤ」がツルツルに減っている事が分かりました。
20201107_0320201107_02
追加で「タイヤ」交換もする事になりましたが、序に「シート」の交換もするよう頼まれました。

バイクは当店で販売した’09年式の「TODAY」で、走行距離は1万7千キロ程度と少ないのですが、新車から11年以上経つ車両です。
20201107_0620201107_04
流石に「シート」も劣化が進行してボロボロになっていました。

随分前から縫目が解れ始め、テープで補強しながら乗っていたようですが、雨が降るたびにレザー下のスポンジに水が染み込み、お尻を濡らして困っていたようです。
20201107_05
交換したリヤ「タイヤ」は駆動輪なので約7千4百キロでツルツルでしたが、フロント「タイヤ」も前回の交換から3年経過でヒビ割れだらけです。

早目の交換をお勧めします。

「エンジンオイル」が5千キロ近く交換してなかったので、レベルゲージにオイルが付かないほど減っておりました。

次回はもう少し早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

TODAY シート交換!

当店で、’08年に販売した「TODAY」のお客様で、今回は、なんと!3年5か月振りの来店でした。

オーナーの奥さんが乗らなくなり、’12年頃からは旦那さんが引き継いで乗っているようですが、それ以降は2~3年に一度の来店になっております。
20200904_01
この度は「エンジオイル」の交換で起こしでしたが、ついでに「シート」の交換をしたいと相談がありました。

この車両も新車から12年と5か月ほど経って、「シート」がビリビリに裂けておりました。
20200904_0220200904_03
当初は上のレザーだけを張り替えてあげようと思いましたが、中のスポンジも劣化が酷かったので、「シート」ごとの交換とさせて頂きました。
20200904_04
「バッテリー」も完全にダメなので、早めの交換をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

ホーネット チェンジペダル交換!

「HORNET」の「チェンジペダル」の交換でした。
20200703_01
横浜のかなり遠くの方にお住まいのようですが、2ヶ月ほど前から頻繁に来て頂くようになったお客様です。

今回は強風か何かでバイクが倒れてしまい、左側「チェンジペダル」が曲がってしまったようで交換を頼まれました。

部品は注文の翌日には入荷し、20分程度で作業を終えました。
20200703_0220200703_03
序に「エンジンオイル」の交換もやらせて頂き、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

モトクロッサー最終整備!

いよいよ明日は4ヶ月振りのレースです。

最終テストからニ週間で十分とは言えませんが、時間の許す限りマシンや装備の準備をしました。

何時ものように洗車を終えてから、一台ずつ点検と整備を行いました。
20200627_01
こんな時期なのでマディコンデも想定してソフト「タイヤ」も用意しましたが、今回は「CRF250R」だけが新品ソフトに換えて、他の2台はミディアムのUSEDのままで行く事になりました。
20200627_15
なので4ヶ月しか履いてない「KX85-Ⅱ」のリヤ「タイヤ」は終わり掛けていましたが、もう少し粘って逆履きさせました。
20200627_0220200627_03
「CRF150R-Ⅱ」の方は走行回数も少ないので、まだ大丈夫な感じでした。
20200627_04
「CRF150R-Ⅱ」で、やった事としては「ブリーザーチューブ」の取り回しを変更したくらいでしたが、「CRF150R-Ⅱ」と「CRF250R」用には「TWIN AIR」の「エアフィルター」が入荷したので、今回からこれに換えました。
20200627_0520200627_06
20200627_27
「CRF250R」の<#14 Ryoくん>は、他のメンバーより走りに行ってるので、「タイヤ」の消耗が進んでおりました。
20200627_07
なので今回は前後共「DUNLOP」のソフト「タイヤ」へ交換しました。
20200627_1620200627_17
この際にビードの回り止め対策として、「ビードストッパー」を「MotionPro」の「Liteloc」なる製品に換えて試してみる事にしました。
20200627_1820200627_19
消耗と言う意味ではリヤの「ブレーキパッド」の残量も無くなってたので、こちらもこの作業ついでに新品交換いたしました。
20200627_2020200627_21
それからフロントの「スプロケット」周辺への泥詰まり対策として、「チェーンガイド」と「スプロケカバー」を排泥性の高い、「ZETA」製「ケースセーバー」に換えてみました。
20200627_1320200627_14
対策では「ハンドルグリップ」の衝撃吸収性の向上を求めて、これも「ZETA」製の「デュアルコンパウンド」タイプに換えてみました。
20200627_0820200627_09
同様に「グリップパッド」を2枚重ねにしました。

大きな修理箇所は有りませんでしたが、「クラッチホルダー」側「レバーアジャスト」の「ボルト」と「ナット」に、「レバーカバー」が吹っ飛んで無くなっていたので、こちらも新品を取り寄せして付けました。
20200627_1120200627_12
最後に前後サスの「スプリング」を「ソフトスプリング」に変更しました。
20200627_2220200627_23
20200627_2420200627_25
それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

6月28日(日)臨時休業のお知らせ
 
当店イベント(クラブマンモトクロス参戦)の為、6/28の日曜日は、営業をお休みさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

CRF150R ハンドル交換!

前回までの走行会を終えて、<#8 yuuくん>からハンドルポジションと、少しファイナル(減速比)を換えてみたいとリクエストが有りました。
20200614_01
<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」は、初期の段階から既に「ハンドルバー」も「ドリブンスプロケット」も一回換えておりますが、リクエストに応じて変更してみる事にしました。
20200614_02
もう少しハンドルポジションを高くするために、<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」で採用したのと同じ、RENTHAL製の「コンペティションバー」へ交換してみました。
20200614_0320200614_04
「ハンドルバー」同様に「ドリブンスプロケット」も今までと同じメーカーで、「SUNSTAR」製の「超々ジュラルミン」を使用し、少しだけロングに振ってみました。
20200614_05
本当は土曜日に練習に行く予定でしたが、雨天中止でした。
20200614_0620200614_07
なので、あした天気が良ければリベンジして来る予定です。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

ZZR1100 スターターリレー交換!

<ウミ坊主様>から「ZZR1100」のエンジン始動不能の連絡がありました。

「TZR250SPR」の修理が終わり、入れ替わりで今度は「ZZR1100」の修理です。
20200519_01
カチカチ鳴るばかりで「セルモーター」が回りませんでした。

確かに「バッテリー」も弱いようでしたが「セルモーター」が回らない程じゃないので、カチカチ鳴ってる「スターターリレー」を調べたら、こいつが壊れておりました。

新品の「スターターリレー」をが取り寄せようとしたところ、OBのようで納期が2週間も掛かる事になりました。

GW中に頼まれた依頼でしたが、店の中は満車で長期間バイクを預かれる状況じゃ有りませんでした。

その時たまたま中古「スターターリレー」の在庫があったので、一先ず新品部品が入荷するまで中古の部品を付けて、帰って頂く事になりました。

2週間後「スターターリレー」が入荷したので改めて来店を頂き、部品の交換をやらせて頂きました。
20200519_0220200519_03
「バッテリー」も前回の交換から3年6ヶ月経っており、その間も5千キロ弱しか乗ってないので弱ってました。
20200519_04
なので「セルモーター」が回るようになってもエンジンの始動性が悪かったので、この機会に「バッテリー」も新品に交換させて頂きました。

「エンジンオイル」も前回の交換から千キロ程度しか乗っておりませんでしたが、交換後1年近く経つので、こちらも一緒に交換させて頂きました。

最後に「スロットルケーブル」の給油をしました。

もともとはスロットル側の「ハンドルグリップ」が緩んでいるので、接着し直して欲しいと頼まれた仕事でした。

作業を始めるに当たりスロットルの作動が非常に重い事が分かりました。

これが緩む原因とも思われたので、その作動を妨げる原因を調べたところ「スロットルケーブル」が油切れを起こしておりました。
20200519_0520200519_06
「スロットルケーブル」を給油し、スムーズに動く事を確認したあと、改めて「ハンドルグリップ」を接着し直し、更にワイヤーリングして完全固定を行いました。

「TZR250SPR」の方は、あれから約1ヶ月で千キロほど走っているようですが、今のところ絶好調?のようです。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧