カテゴリー「修理(リコール・保証修理)」の95件の記事

サービスキャンペーン、改善対策関連

2017年7月15日 (土)

YZF-R3 リコール2回目!

「YZF-R3」にお乗りのお客様が来店で、今回は「任意保険」の更新手続きでお越しでした。

20170715_01このお客様も欠かさず半年毎に来店き、「点検、整備」を受ける方で、2月にも「6ヶ月点検」と「エンジンオイル」の交換を実施しましたが、この半年はおめでた続きで頻繁にバイクに乗れてないようでした。

なので何時もはこのタイミングで「12ヶ月点検」を実施してましたが、あれから5百キロくらいしか距離が伸びてなかったので、今回はバイクの「点検、整備」は見送る事にしました。

ところが・・・また「リコール」が出ていました。

20170715_022年前に販売した「YZF-R3」ですが、去年に続き今回で2回目の「リコール」でした。

急遽、不具合部位を対策品へ交換する作業を実施する事になりました。

今回は「イグニッションスイッチ」と「燃料タンクブラケット」の交換で、約3時間程度の作業で全ての修理を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

トゥディRECALLいろいろ

20170527_01「TODAY」のスピードメーターが動かないらしく修理の依頼がありました。

原因は直ぐに判り、スピードメーターケーブルが切れていましたが、当店には始めてのお客様で2004年式の怪しい「TODAY」だったので、念のため調べたところ、やはり「リコール」に該当しておりました。

平成19年1月届出の「リコール」で、内容は「スピードメーターケーブルに塗布されたグリース成分が不適切だったため、被覆材(PVC)を硬化させることがあり、そのまま使用を続けると被覆材に亀裂が生じ、20170527_03水が浸入した場合はケーブルが錆びて固着しケーブルの折損又はメーターギヤが欠け、最悪の場合は速度計(スピードメーター)が作動しなくなる恐れがある」と云うものです。

対策品のスピードメーターケーブルに交換して改善措置を
実施しました。

ついでに平成17年2月届出の「改善対策」と、平成17年3月届出の「サービスキャンペーン」にも該当しておりましたので実施しました。
20170527_02
「改善対策」の方は「スロットルケーブルのアジャスター部に装着された防水ブーツの材料に異材が混入したため、使用過程でオゾン劣化により当該ブーツが損傷し雨水等がケーブル内部に浸入するものがあり、そのため浸入した水が低温時に凍結し最悪の場合アクセルが戻らなくなって、エンジンの回転が下がらなくなる恐れがある」と云うものです。

こちらはスロットルケーブル一式を良品と交換する改善対策を実施しました。

「サービスキャンペーン」の方は、「キャブレターに組付けている冷機時の始動・暖機装置20170527_04(オートバイスタータ)ボディの空気通路寸法が不適切なため、暖機中の空燃比が濃くなるものがあり、そのため、暖機終了直前にアイドリング不安定やエンストを起こすおそれがある。」と云うものです。

こちらもバイスタータボディを良品と交換する改善対策を実施しました。

何れもお客様には負担なし(無料)で修理できたので大変喜んで頂きましたが、10年も前に届出のあった「リコール」関連が未だ行われず、今までバイクを買った販売店やメーカーからも、なんら葉書ひとつ案内が無かったと云うのには驚きま20170527_05した。

今回の様にバイクを購入の際に保証登録すらされず、「リコール」などの案内も届いてないケースを多く見受けます。

保証登録されていないと、危険な状態でバイクに乗り続ける事になりますので、バイクを安く買うのも良いですが、後でもっと高い買い物にならない様に、この点(アフターサビス面)もよく考えてバイク店を選ぶ事をお勧めします。

当店(ファンホイールズ)は、アフターサービス万全ですヨ!

バイクの注文は「FUN WHEELS」で!

| | コメント (0)

2017年5月10日 (水)

フォルツァZ サービスキャンペーン

20170510_01当店には初めてお越しのお客様で、2005年式の「FORZA Z」(MF08)にお乗りの方からエンジン不調の訴えでした。

エンジンの掛かりが悪くエンストも多発するようで、一度エンストすると暫く再始動できなくなる事も有るそうです。

車両をお預かりして症状を確認したところ、どうも燃料ポンプが作動してないようなので、もしやと思い検索を掛けたと20170510_02ころ、やはり平成20年実施の「リコール」(サービスキャンペーン)に該当してました。

不具合の内容は、「燃料ポンプ内の樹脂製インペラの材質が不適切なため、インペラが燃料により膨潤し、燃料ポンプの内部で干渉するものがあるらしく、そのため、エンジン始動時にインペラ干渉部の抵抗が大きくなり燃料ポンプが作動せず、エンジンが始動できなくなるおそれがある。」と云うものです。
20170510_03
改善内容として「フューエルポンプ一式を対策品と交換する。」措置を実施しました。

サービスキャンペーンとは
リコールや改善対策に該当しない商品性向上や品質改善を行なう場合に、バイク製造メーカーが国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。

お客様は無料で修理できたので大変喜んでお帰りになりました。

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

ライブディオJサービスキャンペーン

当店には初めてお越しのお客様で、2000年式の「ライブディオJ」(AF34)にお乗りの方からエンジン不調の訴えです。

20170218_01特に数日間バイクに乗らないとエンジンの掛かりが悪く、走行中もエンストする時が有るそうです。

もしやと思い検索を掛けたところ、やはり平成13年実施の「リコール」(サービスキャンペーン)に該当してました。

これは低排出ガス規制対応の「ライブディオJ」において、始動時や発進時に燃料供給装置の混合気が適切とならないためらしく、対策としてキャブレターとスターターモーターにレジスターを改善品に交換すとともに、フューエルチューブにチェックバルブを追加する修理を行いました。

サービスキャンペーンとは
リコールや改善対策に該当しない商品性向上や品質改善を行なう場合に、バイク製造メーカーが国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。

お客様は無料で修理できたので大変喜んでお帰りになりました。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

レッツ4ホイールベアリング破損!

当店で2011年に販売した「LET’S4 PALLET」です。

20170125_011年8ヶ月振りに連絡があり1年点検を頼まれました。

走行1千キロくらの中古車で販売した車両ですが、あれから6年近く経ってやっと1万キロ近く走られたようです。

点検の結果は前後のタイヤがダメなのと、フロントのホイール・ベアリングも逝っちゃってるようでした。

タイヤは新車当時の古いまま一度も交換していなかったので、クラック(ヒビ割れ)だらけで後輪に至ってはツルツルに磨り減っておりました。
20170125_02   20170125_03
ホイール・ベアリングは、リテーナーがぶっ飛び球が抜け落ちておりましたので、タイヤを交換しながらベアリングも新品に打ち替えました。
20170125_04   20170125_05
 
20170125_06  20170125_07
1万キロなので劣化したエアフィルター類を交換し、最後にエンジン・オイルを交換して終わりの筈でしたが、このバイク「リコール」の対象でした。
20170125_08   20170125_11

20170125_0920170125_10
ドライブ・ベルトを耐熱性向上品に交換したり、エンジン燃焼室に発生するカーボンの堆積を抑える改善として、ファンカウリングにカバーを追加し、エンジン清浄剤を燃料タンクに注入して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

マジェスティS リコール

20161218_01今回の「MajestyS」は一昨年の夏に納車した分で、今回は例の「車速センサー」の交換以外にもう一つ、「シリンダヘッドガスケット」の交換にも対象となっておりました。

これは「エンジンのシリンダヘッドの締付けが不適切なために、シリンダヘッドガスケットの気密性が低いものがあり、高負荷時にシリンダヘッドガスケットが抜けて燃焼室内に冷却水が侵入し、最悪の場合アイドリング時にエンストした20161218_02り、始動できなくなる恐れがある。」と云うもので、改善措置として「シリンダヘッドガスケット」の交換を実施するものです。

先ずは何時もの「車速センサー」の方から交換ですが、この作業は流石に慣れてきて、今回は一時間少々で作業を終えました。

そして本日のメインイベント「シリンダヘッドガスケット」の交換を行いましたが、実際には「シリンダベースガスケット」まで交換する腰上全バラ作業なので、全ての作業が終わるのに丸一日掛かってしまいました。
20161218_04   20161218_05
一昨年の「リコール」に続き今回で2回目でしたが、このお客様も遠く江戸川区の方から
この度も1時間ほど掛けて態々お越し頂きました。
20161218_03_2
今回もご迷惑をお掛けした上にご足労を頂き、誠に有り難う御座いました。

今後とも宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

マジェスティS USB電源!

こちらの「MajestyS」も今年の夏に納車した車両で、今回の「リコール」対象となっておりました。

20161207_01例のごとく「車速センサー」の交換ですが、この作業の序に同時に行えるならと、カスタムも追加で頼まれました。

8月から新車で乗り出して頂いてるバイクですが、この車両も「マフラー」や「サスペンション」など、既に数度カスタムを重ね10月の終り頃には「ハザードスイッチ」などの取り付けも行っております。

今回は「車速センサー」の交換に伴いフロントのホイールを外すので、その際に外すアクスルシャフトに「スライダー」を付けてみる事になりました。
20161215_01   20161215_02
「スライダー」はアクスルシャフトに通すだけのもので、効果はともかく足元のドレスアップにはなりました。

また一連の作業に伴いフロント・カバーも外しますので、その序に電源を引き出して、スマフォなどの充電に使える「USBポート」の設置を頼まれました。

こちらは元々純正で出ているアクセサリー電源に、それに合う防水カプラーを用意して「USBポート」を接続しました。
20161215_03   20161215_04
この世代の方は本当にバイクいじりが好きで、このお客様も既に次のカスタムを計画中です。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

マジェスティS RECALL

20161207_01今年もたくさん売れた「MajestyS」ですが、先週「リコール」の連絡が入りました。

不具合の内容は、「車速センサーの電気配線をブレーキホースに固定するクランプの取付け方法が不適切なため、ハンドル操作を繰り返すとクランプが正規の取付け位置からずれることがある。」らしく、そのため、「車速センサーの電気配線の配索が変わり、そのままの状態で使用を続ける20161207_02と、当該電気配線が屈曲し、最悪の場合、断線して速度計が作動しなくなるおそれがある。」と云うものです。

改善措置として「対策品のクランプを組み込んだ車速センサーと交換する。」無償修理を実施する事になりました。

昨日納車した<サカちゃん>のバイクは最優先なので、いち早く納車前には部品交換をさせて頂きました。

次に連絡がとれて直ぐに来店してくれたのが、5月に納車した<主夫さん>でした。
20161207_03   20161207_04
「車速センサー」の交換には、フロント・カバー内で「電気配線」が繋がっているので、そのカバーの脱着とフロント・ホイールの脱着が伴いますので、作業には小一時間くらい要しました。

一先ず2台分完了いたしました。

まだ数件の車両は未実施ですが、部品が入荷次第ご連絡しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

ズーマーX 改善対策

今日も雨でした。

20160924_01先月も後半からずっと雨でしたが、今月もこの2週間ずっと雨です。

お蔭で忙しかった修理も殆ど捌けてきましたが、これだけ毎日降ると、流石にバイク屋も死にます。

辛うじて今日は雨で先延ばしになっていたお客さんが、小振りのうちに何人か来てくれましたので、仕事に有り付く事ができました。

20160924_03小雨の降る中、律儀に来店頂いたのが「ZOOMER-X」のお客様で、「 燃料ポンプユニット 」の交換でお越し頂きました。

これは1週間ほど前にも行った「SuperCUB50PRO」と同じ<改善対策>で、「リコール」のように保安基準に不適合な状態ではありませんが、安全上または公害防止上も放置できなくなる恐れがあると云うものです。

内容は「燃料ポンプ内の樹脂製インレットカバーの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されるとインレットカバーが膨張し、インペラと干渉することがあり、そのため干渉部の抵抗が大きくなり、干渉部から生じた磨耗粉がインレットカバーとインペラ間に噛み込むと、最悪の場合は燃料ポンプが停止してエンストし再始動できなくなる恐れがある。」らしいです。
20160924_02_3   20160924_04_2
この「ZOOMER-X」は2年ほど前に当店で販売したものですが、なんと!今回で3回目の「市場措置」でした。

作業は1時間くらいで完了し、バイクをお返しする事ができました。

この度もご迷惑をお掛け致しました。

また宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

スーパーカブ50プロ 改善対策

20160916_01先週の木曜日(9/8)に「市場措置」の速報が届きました。

当店で販売した車両の何台かが該当しておりました。

お客様に迷惑は掛けられないので至急連絡を取り、パーツ(対策品)の調達を行いました。
20160916_02
先ずは「SuperCUB50PRO」のお客様と連絡が取れたので、さっそく来店をお願いして昨日ご足労を頂きました。

<改善対策>は「リコール」のように保安基準不適合状態ではないが、安全上または公害防止上放置できなくなる恐れがあるものです。
20160916_03
今回の内容は「燃料ポンプ内の樹脂製インレットカバーの材質が不適切なため、製造時に使用した試験油に長時間浸漬されるとインレットカバーが膨張し、インペラと干渉することがあり、そのため干渉部の抵抗が大きくなり、干渉部から生じた磨耗粉がインレットカバーとインペラ間に噛み込むと、最悪の場合は燃料ポンプが停止してエンストし再始動できなくなる恐れがある。」と云うもので、今回は「 燃料ポンプユニット 」を対策品と20160916_04_2交換する作業となりました。

約1時間くらいの作業で完了し、即日バイクをお返しする事ができました。

ご迷惑をお掛け致しました。

また宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧