カテゴリー「修理(リコール・保証修理)」の112件の記事

サービスキャンペーン、改善対策関連

2018年12月 1日 (土)

スーパーCUBステム交換!

20181201_01カーブなどの旋回時にハンドルが外側に取られると言う訴えで相談がありました。

ちょうど1年前に当店で販売した’18年式「Super Cub 50」です。

1ヶ月前くらい前から酷くなって来たそうですが、その兆候は今年の4月くらいから出始めていたようです。

この様な操安系の不具合は、「タイヤ」の偏磨耗、空気20181201_02圧の問題、「ホイール・ベアリング」や「ステム・ベアリング」の損耗、締付の問題などが原因と考えられます。

さっそくフロントを浮かせて各部を点検しようとしたところ、原因は直ぐに判明いたしました。

軽くハンドル(ステム)を動か(回転)しただけで、あらゆる各角度でカクカク止まってしまう事が分かりました。

20181201_03まるで「ステム・ベアリング」が損耗して、その段付磨耗したレースの山谷をボールが乗り越える際に生じるガタの様でした。

新車から1年で7千キロ弱しか走ってない車両で、「ステム・ベアリング」の損耗も無いだろうと思い、もう少し慎重に点検してみました。

やはりステムが固いだけで、レース~ボール間のガタ(隙間)は出て無いので、恐らく当初からステムの組み付20181201_04けに問題があったような感じでした。

ステムナットの締め過ぎ又はグリス切れ?なのか・・・一先ずメーカーに相談してみたところ、このような症例は過去に一度も無いらしいのですが、ステム(三又)ごと「ステム・ベアリング」一式の交換指示があったので、さっそくお客様に状況説明をした上で、部品の手配をいたしました。

部品の入荷に合わせて数日後お客様にお越し頂き、ステム(三又)交換の作業にかかりました。

作業の際に分かったのですが、「ステム・ベアリング」を締め付けてるステムナットは固いどころか異常にユルユルで、その代わり、その一つ上のナットの締め付けが異常に固く締まっておりました。

単純にステムナットの調整不良が原因だった感じでしたが、指示通りにステム(三又)交換の作業を行いました。
20181201_0520181201_06
新品の「ステム・ベアリング」にグリスを封入したあと打ち換え作業を行い、ステム(三又)の組み付け時にはステムナットをベストな状態に調整しながら締め付け、一連の全ての作業を終えました。

お客様には大変危険な思いをさせてしまい、ご迷惑をお掛けいたしました。

これからも宜しくお願い致します。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

リード125 改善対策!

20181128_01先週「リコール」の案内が届きました。

今回は「LEAD125」が対象で、不具合とされる「スロットルケーブル」を良品に交換する作業(改善対策)です。

即日発注しておいた「スロットルケーブル」は、二日後の土曜日(11/24)には入荷しました。

部品の入荷に合わせ早速お客様へ連絡しました。

当店で販売した「LEAD125」のお客様全員に連絡しちゃうと、それなりの数があるので殺到しちゃうと裁けません。

なので近所にお住まいの方で、そろそろ「エンジンオイル」の交換など、来店して頂けそうな頃合いのお客様からピックアップして連絡させて頂きました。

土曜日と言う事もあり、連絡した当日に早くも最初の一台目が入庫しました。

第一号は’16年に納車した走行1万8千キロほど走る車両です。
20181128_02 20181128_03
やはり丁度良いタイミングで「エンジンオイル」の交換時期だったので、その序に「リコール」を実施させて頂きました。

メーカーの資料では約40~50分の作業時間となっておりましたが、実際には馴れない事もあり2時間くらいの時間がかかりました。

新車から2年8ヶ月ほど経って「ブレーキ液」も未だ交換してなかったので、それも追加で交換させて頂き、全ての作業を終えました。
20181128_0420181128_05
20181128_0620181128_07
このお客様と合せて今日までに既に2台の「リコール」を実施しましたが、まだまだ当分終わりそうにありません。
20181128_08 20181128_09
そろそろお客様の所にもメーカーからハガキが届く頃と思いますが、ご来店の前に来店の日時を調整させて頂けますと助かります。

宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

VTR リコール!

「VTR-F」の「12ヶ月点検」でした。

20181124_01<ヤス坊さん>の紹介で去年8月に納車したバイクです。

今回も遠く千葉の方から来て頂きました。

本当は納車から一年目の8月に予定していましたが、いろいろ忙しかったようで、3ヶ月遅れの本日となりました。

7月に保険の更新手続で来て頂いた時に、「エンジンオイル」の交換もしましたが、それから4ヶ月で2千7百キロほど走ってたので、今回も「エンジンオイル」は交換とさせて頂きました。

20181124_02_3今回で新車から3回目の「エンジンオイル」の交換を終え、最後に「リコール」を実施しました。

保険更新で来て頂いた直後の7月末に届出のあった「リコール」ですが、「リコール」と言っても大袈裟なものではなく、フレームに貼り付けの「騒音ラベル」に誤記があったようで、それを良品に貼り替え完了でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

シグナスX リコール&改善対策!

20181122_01’10年式「CYGNUS X」の修理を頼まれました。

2年くらい前から年1くらいで来るようになったお客です。

今回は「メインスイッチ」の不良のようで、キーをONにしても電源が入らず、タイミング良く入ったとしても、その状態を維持できず、また直ぐに落ちてしまうと言う症状でした。

修理は「メインスイッチ」の交換となりましたが、その部品を発注する際に別件で、「リコール」の対象車である事が発覚しました。
20181122_02 20181122_03
当店に来るようになる少し前の’16年頃に、何処かで中古で買ってきた車両のようですが、’14年開始の「リコール」と’15年の開始の「改善対策」が未実施でした。
20181122_04 20181122_05
個人売買だったのか?何処で買ってきたバイクかは分かりませんが、今まで「リコール」が未実施の危険な状態のまま乗り続けていたようです。
20181122_06 20181122_07
「メインスイッチ」の交換に追加で、「方向指示器」のリコールと「セカンダリシーブ」の改善対策を実施し、最後に「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

ベンリー110改善対策

20181115_01このお客様とも長く彼此8年以上のお付き合いになります。

この「BENLY110」に関しては、それまで乗って頂いてた「TODAY」からの乗り換えで、’16年に購入を頂いたものです。

本日は新車から2年目の一年点検として、「12ヶ月点検」の依頼でお越し頂きました。

走行距離が1万キロを超えた今年3月には、「点火プラグ」や「エアフィルター」に「ミッションオイル」など、定期交換を必要とする消耗部品は換えているので、今回は特に交換するものは有りませんでした。

20181115_02ただ一点だけ今回はリコール(改善対策)の対象通知が出ていたので、この序に無償修理を実施させて頂きました。

今回出ていた不具合内容は、「ウインカースイッチハーネスの固定クリップバンドの位置、配索が不適切なため、ハンドル転舵によりハーネスが屈曲することがあり、使用を続けると屈曲の繰返しによりハーネスが断線し、前照灯、方向指示器、制動灯、警音器の作動不良やスタータースイッチによるエンジン始動が出来なくなる恐れがある」と云うものです。

対策として「ハーネスを対策品と交換し、配索を変更して保護材を取付け、ハーネスバンドで固定する」改善を行いました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

ライブDIOエンジン不調!

20181114_01_3ディオにお乗りの方からエンジン不調の訴えでした。

当店には初めてのお客様で、バイクは2000年式AF34の「LiveDioJ」でした。

特に数日間バイクに乗らないとエンジンの掛かりが悪く、掛かっても暖まるまでエンストを繰り返すようでした。

なので若しやと思い検索を掛けたところ、やはり平成13年実施の「リコール」(サービスキャンペーン)に該当してました。
20181114_03 20181114_04
20181114_05 20181114_06
低排出ガス規制対応の「ライブディオJ」は、操作や取扱いによっては混合気が適切とならないらしく、その対策として「キャブレター」や「スターターモーター」、「レジスター」を改善品に交換すると共に、フューエルチューブに「チェックバルブ」を追加する「サービスキャンペーン」に該当していたので、その作業を実施いたしました。
20181114_09 20181114_10
改善品の「スターターモーター」が従来品より5mm長く、一時はクランクケースの出っ張りに当たって装着できずに慌てましたが、クランクケース側の干渉する部分を僅かに切削する事で何とか装着する事ができました。
20181114_07 20181114_08
それから「キャブレター」の交換過程で分かったのですが、「キャブレター」から「エアクリーナー」間に繋がる「エアーリードジヨイント」が外され、スクリューでメクラ蓋されている事が20181114_02_4分かったのと、エンジンの熱を導き「キャブレター」を温めているホットエアーダクトが外れているのが分かりました。

「エアーリードジヨイント」を正規に取り付けして、経年劣化の硬化により変形してしまった「コネクテイングラバー」も交換し、外れたホットエアーダクトも正規に取り付けしました。

最後に作動不良を起こしていた「キツクスターター」を分解して、清掃&給油を行い全ての作業を終えました。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

SR400リコール!

20181104_01当店で’14年に販売した「SR400」です。

新車から4年4ヶ月で走行距離は1万7千キロを超えましたが、その距離の殆どをキャンプツーリングで稼いで頂いております。

今年は今まで左側だけに付けていた「サイドバック」を右側にも増設し、更に荷物の積載能力を高めるために「リアキャリア」も増設して、北海道へは2回も行って来たようです。
20181104_02
一人キャンプいいですね!

20181104_03そんな矢先その「SR400」に「リコール」が出ました。

不具合内容は、「オイルホースの締付トルクが不足してエンジンオイルが漏れる恐れがある。」と云うものでした。

点検の結果はエンジンオイルの漏れは無かったので、新たに設定された締付けトルクで増し締めして、早々に改善措置を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年8月17日 (金)

TUONO V4 1100 Factory リコール&カスタム!

20180817_01<親方様>の「TUONO V4 1100 Factory」も、納車から早や1年が経ちました。

以前から依頼されてた作業などが残ってたので、この数ヶ月ご無沙汰の<親方様>へ連絡してみました。

今年の夏休みは何処にも行かないようですが、保険の更新や点検の時期でもあったので、このタイミングで来店いただく事になりました。

20180817_02はじめに今年2月届出の「リコール」の対象だったので、その修理を実施いたしました。

不具合の内容は、「フロントブレーキのマスターシリンダーが設計不適切なため、シリンダー内のピストン強度が不足しているものがあり、ブレーキ作動時のブレーキ液圧により当該ピストンに亀裂が生じ、そのままの状態で使用を続けると亀裂が進展してピストンが破損し、最悪の場合はフロントブレーキが効かなくなるおそれがある。」と云うものです。
20180817_03 20180817_06
改善として「マスターシリンダーのピストンを対策品に交換する。」作業を実施しました。
20180817_04 20180817_05
次に1年前から頼まれていた「ステップ」の交換をしました。
20180817_09_2
イタリア製「LIGHTECH」の「バックステップ」で、ペダルやステップの位置が多様に調整できる優れもので、ヒールガードはカーボン製でした。

それから1年で千8百キロほどしか走ってませんでしたが、新車から1年目の点検として「12ヶ月点検」を実施し、「エンジンオイル」も交換しました。

最後に任意の「バイク保険」の更新手続を行い、全ての作業を終えました。
20180817_07 20180817_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

ベンリー リコール!

20180805_01別件で入庫した「BENLY50PRO」がリコール・改善対策の対象だったので、無償修理を実施いたしました。

今回の不具合内容は、「ウインカースイッチハーネスの固定クリップバンドの位置、配索が不適切なため、ハンドル転舵によりハーネスが屈曲することがあり、使用を続けると屈曲の繰返しによりハーネスが断線し、前照灯、方向指示器、制動灯、警音器の作動不良やスタータースイッチによるエンジン始動が出来なくなる恐れがある」と云うものです。

対策として「ハーネスを対策品と交換し、配索を変更して保護材を取付け、ハーネスバンドで固定する」改善を行いました。
20180805_02 20180805_03
有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

スペイシー100エンスト多発!

「エンスト」多発の訴えで修理を頼まれました。

後輪の「タイヤ」もパンクしているようなので、ご自宅まで車両を引き取りに行って来ました。

当店には初めての方で、バイクは2万キロくらい走る’03年式「SPACY100」でした。

新車から15年は経つ「SPACY100」なので、このバイクで「エンスト」と言えば大体の予測は出来てたのですが、エンジンの空吹かしくらいでは「エンスト」の兆候は全く表れなかったので、先に「タイヤ」のパンク修理をしてから試乗して診る事にしました。

その結果やはり加減速時にエンストする事が分かり、エンジンがスイングした時のタイミングで多発するので、エンジン回りの「負圧チューブ」の損傷が原因と断定し、シートごとラギジボックスを取外しエンジン廻りを調べて診ました。
20180721_01 20180721_02
やはりキャブレターとフューエルオートコック間を連結している「負圧チューブ」が裂けておりました。
20180721_03 20180721_04
主原因はこの「負圧チューブ」の裂け目がエンジン・スイングする度に開いてしまい、そのタイミングでコックに負圧が掛からずオートコックが閉じて、結果的にキャブレターの燃料供給が止まって「エンスト」していたようです。

確かにこのバイクには多い不具合ですが、新車から15年も経てば大概のバイクで多かれ少なかれ同じような不具合は発生します。

いわゆるゴム部品は「熱・光・オゾン・油・薬品・負荷応力など」のストレスによって経年劣化します。

特にフューエル・ライン系のチューブやパッキン類に関しては、定期交換してない為にガソリン漏れで火災になった事例も発生しています。
20180721_05 20180721_06
今回の「SPACY100」も念のためヒューエル・チューブも含む合計8本のゴム製チューブを交換して修理を終えました。
20180721_07 20180721_08
この序にエンジン回りで定期交換を必要とする部位も点検して診たところ、エアークリーナーやエアーサンクションバルブの「エレメント」は汚れや劣化が酷く、「点火プラグ」も損耗激しく永い間交換されてなかったようでしたので交換させて頂きました。
20180721_09 20180721_10
最後に平成17年に対象となった「リコール」が未実施となっておりましたので、対策品の「スロットルケーブル」に交換して全ての作業を終えました。

ゴム部品(フューエル・チューブ、ガスケット、Oリング、インシュレーター、ホルダー、ショックダンパーなど)は、経年劣化により亀裂が生じますので、未然にトラブルを防ぐ為にも製造後4年を経過しているものは交換して下さいネ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧