カテゴリー「修理(車検・点検)」の432件の記事

ツーリング前点検、12/24ヶ月点検

2020年7月 7日 (火)

YZF-R3 車検!

「YZF-R3」の「車検」でした。

当店で’15年に販売した「YZF-R3」です。
20200707_01
早いもので、あれから5年が経ち、今回で新車から2回目の「車検」となりました。

このバイクを購入頂いた1年目には、年間4千キロ以上は走っていたようですが、その後お子様も生ま、更に第二子の誕生の後は増々バイクに乗る機会も減ったようで、この5年トータルでも走行7千キロ弱と伸びておりませんでした。

前回の「車検」からも千4百キロ程度しか走っておりませんしたが、この2年間やってなかった「エンジンオイル」だけは、お勧めして交換させて頂きました。

あとは2年毎に実施している「ブレーキ」を交換したくらいで、整備を終えました。
20200707_0220200707_03
20200707_0420200707_05

新車から5年経過の「タイヤ」や「冷却液」なども交換時期ですので、寒くなる前に交換する事をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

TUONO V4 1100 Factory 車検!

アプリリア「トゥオーノ」の「車検」でした。
20200630_01
’17年に買ってもらった<親方様>のバイクです。

新車から3年が経ちました。

月日の経つのは早いもので、今年が始めての車検となりました。

この前に乗っていた「Multistrada1200S」は、2年以内に乗り換えておりますので、<親方様>のバイクでは、’14年に実施した「DAYTONA675 SE」の「車検」が最後でした。

久し振りの「車検」でしたが、相変らず距離は伸びてないようで、3年経っても積算系は2千7百キロ台でした。

まだ新車の臭いがする車両なので、当然不具合などは無い筈でしたが、1件「リコール」に該当する部分がありました。(これやってないと車検は通りませんからね!)
20200630_0220200630_03
「リコール」としては、’18年の「圧力制御伝達部」(マスターシリンダーピストン交換)に続いて2回目で、今回は「制動装置」(フロントブレーキパッド交換)の「リコール」を実施しました。
20200630_0420200630_05
あとは「エンジンオイル」と「オイルフィルター」に、前後の「ブレーキ液」と「冷却液」など油脂類の交換のみで、今回の整備を終えました。
20200630_0620200630_07
20200630_0820200630_09

「冷却液」に関しては、当店のレースマシンでも使用している「ELF」の「RACING COOLANT」で交換させて頂きました。
20200630_1020200630_11
最後に「ウインドシールド」を「PUIG」製の「RACING SCREENS」に換えて、全ての作業を終えました。
20200630_12
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

ゼファー750 車検!

「ZEPHYR750」の「車検」を頼まれました。
20200623_01
かれこれ5年以上お付き合いを頂いてる方のバイクで、当店で行う車検は今回で3回目となりました。

遠くに引越しされましたが、今年もわざわざバイクを預けに来てくれました。

今回も2年で3千7百キロ程度しか走っておりませんでした。

なので大きな消耗部品の交換は有りませんでしたが、今回は前回の車検の時に勧めておいた「点火プラグ」の交換と、「インテークサイレンサ」の交換をやらせて頂きました。

「点火プラグ」は、この5年で7千キロ程度しか走っておりませんが、一度も換えた事がなかったので、交換させて頂きました。
20200623_02
「インテークサイレンサ」は、中身のスポンジ材が完全に吹き飛び無くなっていたので、交換させて頂きました。
20200623_0320200623_04
それからリヤの「ブレーキパッド」が交換時期だったので、こちらも換えさせて頂きました。
20200623_0520200623_06
あとは2年毎に実施の前後「ブレーキ液」を交換し、「エンジンオイル」も換えて全ての作業を終えました。
20200623_0720200623_08
20200623_0920200623_10

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

ZZR1400 車検!

「ZZR1400」の「車検」を頼まれました。
20200619_01
20年以上前から知ってるお客様ですが、なんと今回は約7年振りの来店でした。

「車検」の’06年式「ZZR1400」は、とうの昔に検切れしていて、その後8年くらい放置されていたようです。

もはやエンジンは始動不能となっており、お客様の方で「バッテリー」までは換えたようですが、始動までは至らなかったようです。

「車検」の前にエンジンが掛かるようにしないとダメなので、一先ず車両をお預かりして、診断して行く事にしました。

「バッテリー」は新品のようなので、「スターターモーター」までは勢い良く回りますが、全く火の入る気配は有りませんでした。

8年なので「フューエルタンク」の中を覗いて見ようとしたところ、この時点で「タンキキャップ」が固着し開きませんでした。

「浸透潤滑剤」などを使用して粘り強く作業を進めた結果、なんとか「タンキキャップ」を開ける事が出来ましたが、そのとたんに目の前に現れたのは、稀に見る凄い光景でした。

「タンキキャップ」の裏側には8年掛けて育った?柱状の酸化物が長く伸びてました。
20200619_0220200619_03
「フューエルタンク」内も同様に酷く腐食してしまい、抜いたガソリンは赤黒く変色し強烈な異臭を放っておりました。

「フューエルタンク」を車体から取り外し、そこに装着されている「フューエルポンプ」と「フューエルゲージ」も外して見ましたが、やはり想定の通りに酷くサビ付いておりました。
20200619_0420200619_05
燃料系統は全滅なので「フューエルタンク」と、そこに付く「タンキキャップ」、「フューエルポンプ」と「フューエルゲージ」に、「フューエルチューブ」までを全とっかえする事にしました。
20200619_08
20200619_07
20200619_08
新車から14年経つバイクですが走行2千キロなので、「スロットルボディ」は綺麗な状態でした。
20200619_0920200619_10
「点火プラグ」はビショビショに濡れていたので、こちらは掃除だけして組み戻し、組み上がった「フューエルタンク」を車体に付けてエンジンを始動してみました。
20200619_1120200619_12
ほぼ一発で始動し元気良くエンジンは息を吹き返しました。

その後「車検」も無事に通り完了致しましたが、部品の取り寄せなどに時間が掛かり、出来上がるまでに3週間ほど掛かってしまいました。

大変お待たせ致しました。

また宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

GPZ900R 車検13回目!

<ケンちゃん>の「ニンジャ」が「車検」でした。
20200617_01
この’94年式A10「GPZ900R」も、今年で13回目の車検となりました。

御商売の方が忙しいようで、また少し距離が伸びなくなってました。

前回の「車検」から4百キロ程度しか走っておりませんしたが、この2年間「オイル」交換してなかったので、一応「オイル」と「オイルフィルター」は交換するよう頼まれました。

あとは2年毎に実施している「ブレーキ」と「クラッチ」の「フルード(液)」を交換し、4年毎に実施の「冷却液」を交換するくらいで、他には定期交換が必要な部品油脂類は有りませんでした。
20200617_0220200617_03
20200617_0420200617_05
20200617_0620200617_07

一通りの点検整備を終え最後に「ガソリンフィルター」を増設いたしました。
20200617_0820200617_09
最近はエンジンだけは動かしているようなので、そうでもないのですが、2年くらい前までは度々「キャブレター」を詰まれせてる時期が有ったので、念のため増設する予定にしていたものです。

「ガソリンフィルター」は<ケンちゃん>の「FCRキャブ」に対応すべく、L型で流動抵抗の少ないマグネット式を選んで交換しました。
20200617_10
「フロントフォーク」の「オイルシール」や「キャブレター」回りの「チューブ類」など、ゴム部品の経年劣化が散見されましたので、おいおい修理する事をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

CRFラリー 24ヶ月点検!

「CRF250RALLY」の「点検」・「整備」を頼まれました。
20200607_01
3年前に「CRF250L」から乗り換えを頂いた<S原さん>のバイクです。

今回は新車から3回目となる1年「点検」なので、24ヶ月「点検」の実施となりました。

3年経ち今回で2万キロ弱走ってました。

なので距離的には今回で2回目となる「エアフィルター」の交換と、今回が始めてとなる「点火プラグ」の交換をしました。
20200607_0220200607_03
点検の結果はリヤ側「ブレーキパッド」の残量が無くなっているのと、「タイヤ」が微妙な感じでした。
20200607_0420200607_05
まだ少しだけ交換には勿体無い感じの「タイヤ」でしたが、<S原さん>に伺いを立てたところ、交換するよう指示を頂きました。
20200607_0620200607_07
リヤの「ブレーキパッド」と前後の「タイヤ」交換が追加となりました。
20200607_0820200607_09
「ブレーキパッド」は今回のリヤが新車から初めての交換となり、「タイヤ」に関しては2回目の交換となりました。

それと大きな不具合が一ヵ所見つかりました。

車体をジャッキアップして浮かせた状態で、「ホイール」や「ブレーキ」、「フォーク」などの作動点検を実施したところ、「ステアリングステム」の作動(回転)不良が認められました。

この修理に関しては「ステムベアリング」の打ち換えが必要となるので、後日パーツの調達をしてから再来店頂く事になりました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして、ここまでの「点検」・「整備」を終えました。

つづく

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

MT-09 車検タイヤ交換!

「MT-09」の「車検」を頼まれました。
20200526_01
初めての方かと思いましたが、むかし何度かお越し頂いた事のあるお客様でした。

’09年からの3年間くらいでしたが、何度か「オイル」交換などをした記録がありました。

その当時は「ATLANTIC250」にお乗りでしたが、約9年振りの来店で、バイクは’14年式「MT-09」へ乗り換えておりました。

2年ほど前に「車検」2年付で購入した中古バイクのようですが、その「車検」も満了の1ヶ月前となり、当店に頼みに来たようです。
20200526_0220200526_03
お客様立ち合いのもと、受け入れ前の事前検査をしました。

年式の割には走行距離1万6千キロ程度と少ないので、そのまま「車検」を通過できるレベルではありましたが、今後の事(安心快適)まで考えて、「タイヤ」の交換はお勧めさせて頂きました。
20200526_0420200526_05
新車から装着されていたと思われる「タイヤ」は、製造後5年を経過したもので、減りも然る事ながら硬化してヒビ割れだらけでした。

バイクを購入した2年前から交換した事がないと言うので、「ブレーキ液」も追加で交換させて頂き、最後に「エンジンオイル」と「オイルフィルター」も交換させて頂きました。
20200526_0620200526_07
20200526_0820200526_09

2週間前に予約を頂いておりましたが、なかなか予定が立たず大変お待たせ致しました。

無事に昨日「車検」も終えて、本日納車の運びとなりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

GSR250タイヤ交換!

「GSR250」の「点検」を頼まれました。

2~3年前から来て頂いてるお客様で、去年の3月頃までは「FTR223」のメンテナンスを任せて頂いておりました。

この’12年式「GSR250」は、その後どこかで乗り換えた中古バイクのようで、購入から1年ほど経つので「点検」して欲しいと頼まれました。
20200524_01
「点検」は1年点検の「12ヶ月点検」を実施させて頂き、「エンジンオイル」の交換も頼まれました。

走行2万キロを超えてくらいの車両でしたが、「点検」の結果は、「ラジエターキャップ」がダメでした。

加圧テストをしたところ、開弁圧力が基準値で保持出来ない事が判明したので、こちらは「ラジエターキャップ」を新品に交換させて頂きました。
20200524_0220200524_03
それから「タイヤ」がダメでした。
20200524_0420200524_05
20200524_0620200524_07
溝も無くヒビ割れだらけの「タイヤ」は、製造年月日を視たところ、なんと車体の年式と同じ2012年製造の8年前のものでした。
20200524_09 20200524_08
「タイヤ」や部品を取り寄せるまでは、店内にバイクを預かれるスペースが無かったので、一旦バイクを持ち帰って頂きました。

そして依頼から1週間後の本日、改めて来店を頂き作業をさせて頂きました。

大変お待たせ致しました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

プレスカブ 24ヶ月点検

「PRESS CUB」の1年「点検」を頼まれました。

’12年頃から診ている車両ですが、「点検」を依頼されるのは実に5年振りでしたので、今回は「点検」項目の多い24ヶ月「点検」を実施させて頂く事になりました。

今回は7ヶ月振りの来店でしたが、その間に3千5百キロ以上も走っておりました。
20200319_01
なので「エンジンオイル」も少なくなり、エンジンから異音も発生していたので、追加で「エンジンオイル」の交換もやらせて頂く事になりました。

それからリヤ「タイヤ」も溝が無くなっておりましたので、こちらも新品に交換させて頂きました。
20200319_02
点検の過程で「バッテリー」の端子に例の「白い粉」が吹いてるのが分かりました。

このままだと「バッテリー」の性能低下に繋がりますので、端子を綺麗に磨いてあげてからグリス塗って増し締めしておきました。
20200319_03
最後に玉切れしていた「テール球」も交換して、24ヶ月「点検」&「整備」を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「定期点検」は、法律で定められた「法定点検」の事で、バイクが故障やトラブルなく安全に走るために「定期点検」が義務づけられています。

余分な出費を抑え快適にお乗り頂くためにも必要です。

新車で買って1年以上点検した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の点検記録が判らない!
など、思い当たる方はお気軽にご相談ください。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

N-MAX ブレーキ液交換!

「N-MAX」の12ヶ月「点検」を頼まれました。
20200318_01
始めてお越しのお客様かと思いましたが、4年半くらい前に一度だけ、「VJR125」の「エンジンオイル」交換をした事のある方でした。

このバイクは約1ヶ月ほど前に中古車で購入したと云う2018年式の車両で、距離は7千4百キロほど走ってました。

走行距離は短いようでしたが、新車から2年近くは経っている中古車なので、ここでちゃんと点検だけはしておこうと思ったようです。

点検中に診たところ「 ブレーキ液」が真っ黒でした。
20200318_0220200318_03
汚れ方からして新車から2年の間一度も換えて無さそうでしたので、こちらもお勧めして交換させて頂きました。
20200318_0420200318_05
また何か御座いましたらお気軽にお申し付け下さい。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧