カテゴリー「修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」の885件の記事

ベルト、ウエイトローラー、クラッチ、スプロケット

2019年1月13日 (日)

FUSION タイヤ交換!

20190113_01_3「FUSION」にお乗りのお客様から連絡があり、「タイヤ」交換を頼まれました。

このお客様とも長く15年近いお付き合いになります。

この「FUSION」は、それ以前に乗ていた「VINO」からの乗り換えで、そろそろ新車から13年目に入るところで、距離は3万6千キロを超えております。

「タイヤ」は去年の9月に「保険」の更新手続で来店された際に、お勧めをしておいたもので、前後とも前回の交換から1万キロほど走り、6年5ヶ月振りの交換となりました。
20190113_02 20190113_03
換えた「タイヤ」は時間が経っているので、前後ともヒビ割れが酷く、フロント側に関しては溝も殆ど無くなりツルツルに近い状態でした。
20190113_04 20190113_05
車両の入庫としては1年5ヶ月振りでしたので、最後に「エンジンオイル」の交換も実施しさせて頂き全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

本年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

PCX125タイヤ交換

20190110_01PCX125」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。

当店には初めてのお客様で、わざわざ遠い所から来て頂いているようでした。

数ヶ月前に中古車で購入されたと言う車両は、1万9千キロほど走る12年式の「PCX125」でした。

せっかく来て頂いたので、「エンジンオイル」交換の合間に、サービスで車体周りも軽く一回り点検して差し上げました。
20190110_02 20190110_03
すると「タイヤ」が酷く劣化しているのが分かったので、製造年月日を調べてみたところ、なんと!’13年製造の6年も前の「タイヤ」が付いたままでした。
20190110_04 20190110_05
路面温度が低くなり滑り易くなる時期でもありますので、危険と判断させて頂き、追加で前後の「タイヤ」も交換とさせて頂きました。

また何か有ればご相談ください。

有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

タイヤひび割れ!

20190108_03「タイヤ」のサイドウォール(側面)が割れて空気漏れを起こし、「タイヤ」交換となったケースが2件続きました。

当初は2件ともパンク修理の依頼で来たようですが、そんな生易しい状態ではありませんでした。

ともに当店には初めてのお客様で、1台目が2010年式の「LEAD110」で、2台目が1999年式の「Let's2」でした。

20190108_02_2「LEAD110」の方はフロント側の「タイヤ」でしたが、新車装着「タイヤ」の「CHENGSHIN」が9年間そのまま付いており、1度も換えてなかったようなので、経年劣化によりヒビ割れしたようでした。

「Let's2」の方はリヤ側の「タイヤ」でしたが、こちらは2014年製造の「タイヤ」が付いており、どちらかと言えば低圧の潰れた「タイヤ」で長期間乗り続けた結果、ヒビ割れしたような感じでした。
20190108_05 20190108_04
リヤ側「タイヤ」は前回の交換から5年程度経過しているようでしたが、この序に調べたとこ20190108_06_2ろフロント側「タイヤ」に関しては、なんと!1999年製造の新車装着「タイヤ」が、20年間そのまま付いておりました。

ヒビ割れも然る事ながら溝も薄っすら残っているだけで、殆どツルツルに近い状態でしたので、こちらは前後とも新品「タイヤ」に交換させて頂きました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。
20190108_07 20190108_01
また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。
20190108_08 20190108_09
危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。
20190108_10
只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

平成31年 仕事始め!

20190106_01今日から営業しました。

今年も去年と同じで定休日を含む5連休をさせて頂きました。

仕事始めの今日は「Umi100」の整備から始めました。

このお客様とも彼此11年越しのお付き合いになります。

20190106_02_2この「Umi100」に関しては’12年に、それまでお乗りの「X'pro100」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から7年目に入りました。

最近はバイク通勤が無くなり距離も伸びてないようで、約1年振りの来店となりましたが、今回はその一年前の来店時にお勧めをしておいた「エアフィルター」と、フロントの「タイヤ」交換でお越しを頂きました。

「エアフィルター」は今回が2回目の交換でしたが、フロント「タイヤ」に関しては新車から6年6ヶ月で初めての交換となりました。
20190106_03 20190106_04
流石に「タイヤ」は経年劣化でクラック(ヒビ割れ)だらけでした。

最後に「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

KX85-Ⅱ足回りメンテ&チューニング!

20181229_17エンジン回りが終わったので、この流れで足回りも一気にやってしまいました。

今年一年で得られたデーターを元にファイナル(減速比)の微調整と、ホイールベースを少しでも短くする方向で、、再び前後「スプロケット」の丁数を変更する事にしました。

もう少しファイナルを高速側に振るのと旋回性の向上を狙った結果、「ドライブチェーン」は2リンク短くカットし20181229_20て、RK製のモトクロス競技用ゴールドチェーンを新品で交換しました。

サスペンションはフロントフォークをOH(オーバーホール)しました。

オイルの固さやセッティングは現行のままで、「フォークオイル」と「オイルシール」&「ダストシール」の交換をしました。

「フォークオイル」は何時もと同じ「SPECTRO」をオリジナルブレンドで使用しました。
20181229_21 20181229_22
シール類は純正品より20%以上低フリクションながら、高耐久性という「SKF」のシール類を今回初めて使用してみました。
20181229_18_2 20181229_19
こんな事で路面の追従性にどれほど効果が現れるのか?分かりませんが、純正品と殆ど金額も変らなかったので、試してみる事にしました。

20181229_24こんな事を40年以上やってますが、こんなにものめり込めるものが自分にあったのかと今更気づきます。

気が付けば今年もバイクに金と時間を注ぎ込んだ一年でした。

来年も宜しくお願いします。

新年は1月5日(土)に走り初めの予定で、オフロードヴィレッジに行ってると思います。

来れる方は現地集合でお待ちしております。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

アドレスV125始動不能!

20181218_01エンジン始動不能の修理で「ADDRESS V125」を預かりました。

当店には初めてのお客様で、バイクは4万4千キロほど走る’09年式の車両でした。

訴えでは電気的な反応が全く無いらしいのですが、「バッテリー」は新品に換えて1年も経ってないのでお客様的には「バッテリー」の可能性は低いとお考えのようでした。
20181218_02
ただ近所のパーツ量販店で換えた「バッテリー」らしいので、当店では当初から「バッテリー」を疑っておりましたが、やはり点検の結果は「バッテリー」がダメでした。

改めて「バッテリー」を新品に交換させて頂き、測定の結果も充電圧は正常の値を示しておりましたので、依頼の修理は完了となりました。

せっかく来店を頂いた序なので、車体周りも軽く一回り診て差し上げたところ、フロント「タイヤ」が片減りして右ショルダーがツルツルでした。
20181218_03 20181218_04
追加でフロント「タイヤ」と「エンジンオイル」に「オイルフィルター」も交換させて頂き、全ての作業を終えました。

また何かあればご相談ください。

有難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

GT125タイヤバースト!

20181216_01「GT125」の「タイヤ」交換を頼まれました。

当店で2年近く前に中古で販売した車両のお客様ですが、今回は約1年2ヶ月振りの来店でした。

「タイヤ」は前後輪ともツルツルに磨り減っており、特に後輪側はカーカスまで露出しパンクしておりました。

ご本人も「タイヤ」表面のゴム層まで減って無くなり、コードが見え始めているのは分かっていたようですが、忙しかったようで中々来店出来ずにいたようです。

危険を感じながらも騙しながら乗っていたようですが、遂には露出したコード層が充填空気圧に耐えられなくなり、最後は軽いバーストを起こし空気が抜けてしまったようです。
20181216_02 20181216_03
前後輪とも新品の「タイヤ」に交換させて頂き、約1年2ヶ月振りに「エンジンオイル」も交換させて頂きました。
20181216_04 20181216_05
最後に「自賠責保険」の更新手続をして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

磨り減った「タイヤ」は滑りやすく、カーカスまで露出しているとバースト(破裂)間違いなしです。
このような状態をお巡りさんに見られたら整備不良で違反切符ですし、車検も通りません。
危険ですので、こんな「タイヤ」で乗り続けている方は、早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

ディオ110タイヤ交換2回目!

20181213_01DIO110」の「タイヤ」交換を頼まれました。

この方とも長く彼此12年近くお付き合いを頂いてるお得意様で、’07年頃から「AddressV100」や「LEAD100」のメンテナンスで来店頂くようになり、この「DIO110」に関しては’12年に新車で乗り換えて頂いたものです。

今日は三週間ほど前の「エンジンオイル」交換の際に勧めておいた、前後「タイヤ」の交換でお越し頂きました。

この車両は新車から6年5ヶ月ほど経ちましたが、「タイヤ」は今回で2回目の交換でした。

今回も前回と同じ3年2ヶ月1万2千キロ弱での交換で、一見その「タイヤ」は溝も残っていて使えそうな感じではありましたが、やはり3年以上経過している「タイヤ」は経年劣化が酷く進行しておりました。
20181213_02 20181213_03
リヤ「タイヤ」の方は、もう少しでスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出るところまで減ってましたが、フロント「タイヤ」は、まだまだ溝も残っていました。
20181213_04_2 20181213_05
ただし「タイヤ」の表面は経年劣化による硬化が始まり、クラック(ヒビ割れ)が全体に発生している酷い状態でした。

ちゃんと3年毎に「タイヤ」交換を依頼される安全意識の高い、ひじょうに優秀なお客様でした。

毎度有難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

MAXAMのタイヤにコブ!?

20181208_01「MAXAM」にお乗りの方から後「タイヤ」の交換を頼まれました。

直ぐ近所にお住まいのようでしたが当店には初めての方で、車両は1万7千キロほど走る’07年式の「MAXAM」でした。

「タイヤ」は溝の深さだけを見れば、まだす少し交換するには勿体無い感じでしたが、良く見ればショルダー部に大きな「コブ」がボッコリ出っ張っているじゃありません20181208_02_2か!

どうも「タイヤ」交換の依頼理由はコレだったようです。

この現象は古い「タイヤ」や長期放置車などに時々見受けられるものなので、確かめで「タイヤ」の製造年を調べてみたところ、なんと!車両と同じ’07年製造(11年前)の「タイヤ」が付いておりました。

年式の割に走行距離も極めて短いので、放置期間も相当長い車両のようでした。

なので装着されてた「タイヤ」も新車時の「D305」が、そのまま付いておりました。
20181208_03 20181208_04
このタイヤは既に廃盤だったので、同じDUNLOPの「SCOOTSMART」で交換させて頂きました。

「タイヤ」交換時にもう一つ珍しい現象を発見いたしました。

20181208_05問題の「コブ」付き「タイヤ」を外したところ、「タイヤ」内から丸い玉が幾つも出てきました。

これは「タイヤ」の空気圧が低い状態で走っている車両に多々見受けられる現象で、低圧「タイヤ」がビードで擦れて摺り落ちたカスが時間を掛けて玉になるようです。

これも常日頃から「タイヤ」の空気圧を点検調整していない証なので、今後はもう少し定期的な点検をお勧めします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

アドレスV125 エアバルブ亀裂!

20181204_01「ADDRESS V125」にお乗りの方から「エア・バルブ」の交換を頼まれました。

リヤ「タイヤ」に空気を入れる所の「エア・バルブ」にヒビが入り、そこから空気が漏れておりました。

当店には初めてのお客様で、バイクは走行1万8千キロ程度でしたが、その年式は’07年式と古く11年以上も前の車両でした。

恐らく「エア・バルブ」は新車から一度も交換してなかったようで、酷く劣化しパックリ割れておりました。

「タイヤ」同様にゴムで出来ている「エア・バルブ」もオゾンや紫外線の影響を受けて、徐々に劣化が進むと硬化して次第に亀裂などが生じます。
20181204_02 20181204_03
当店では「タイヤ」の交換時には必ず「エア・バルブ」の交換も勧めていますが、「タイヤ」交換毎もしくは3年毎くらいに交換して頂ければ、このような事もなく安心と思いますので、皆さんもヨロシクお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧