カテゴリー「修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」の714件の記事

ベルト、ウエイトローラー、クラッチ、スプロケット

2017年6月20日 (火)

シグナス後タイヤつるつる

「CYGNUS X」にお乗りのお客様から、「タイヤ」交換を頼まれました。
20170620_01
3万1千キロほど走る’11年式「CYGNUS X」で、当店には初めての方でしたが、勤め先が近所のようでお立ち寄り頂いたようです。

頼まれたのは4年ほど経過しているリア「タイヤ」の方で、どのくらいの距離を使用されたのかまでは判りませんでしたが、劣化も然る事ながら損耗も激しくツルツルになっていました。
20170620_02
スリップ・サイン(磨耗限度表示)もとっくに消えて、センター溝も無くなっておりました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的に使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!

特に銘柄指定がなかったので、性能面や価格面でも一番無難なダンロップの「SCOOTSMART」を選んで差し上げ、交換させて頂きました。

今後とも宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ゼファー750前タイヤ交換!

20170618_01「ZEPHYR750」にお乗りのお客様から「タイヤ」交換を頼まれました。

このお客様は1年ほど前に「車検」をやらせて頂いた方で、今回で2回目の来店でした。

今回は、その「車検」の時に早めの交換を勧めておいた、前「タイヤ」の交換でお越し頂きました。

「タイヤ」が酷くヒビ割れしている事は既に去年やった「車検」の時には判っていて、特に酷かった後の「タイヤ」だけは「車検」の時に交換したのですが、前「タイヤ」に関しては未交換でした。
20170618_02 20170618_03
改めて今回交換する前「タイヤ」の方も製造年を調べてみたところ、「車検」の時に交換した後「タイヤ」と同じ、’99年製造の18年も前の古いタイヤが付いておりました。
20170618_04
前回交換した後「タイヤ」と同じIRCの「RX02」で前「タイヤ」も交換し、最後に1年振りの「エンジンオイル」も交換させて頂き、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。


只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

シグナス前タイヤヒビ割れ

「CYGNUS X」にお乗りのお客様から、「タイヤ」の空気が抜けるとの訴えがありました。

何も刺さってないらしいのですが、空気を入れても直ぐに抜けてしまうようです。

3万6千キロほど走る’10年式「CYGNUS X」で、近所にお住まいの方のようでしたが、当店には初めてのお客様でした。

エアが抜けるのはフロント「タイヤ」のようでしたので、さっそく「タイヤ」を診てみました。

診たところ直ぐに判ったのですが、「タイヤ」のショルダー部が異常に変磨耗して、酷くヒビ割れしている事が判りました。
20170617_0220170617_01
試しに空気圧をかけて石鹸水を吹きかけて診たところ、やはり「タイヤ」ショルダー左右の円周に入ったヒビから、ブクブクとエアが抜けてきました。
20170617_04_2
付いていた「タイヤ」は見た事のない海外製でした。

しかもかなり古い「タイヤ」だったので、経年劣化によるヒビ割れが広域に発生しておりました。

また普段から「タイヤ」空気圧など全く点検してないらしく、リア「タイヤ」の方も空気圧が低かったので、恐らく低い空気圧で長い間バイクに乗り続けていたようです。
20170617_03_2
以上の幾つかの要素が原因となり、最終的には「タイヤ」が割れて空気抜けを起こしたようでした。

新品「タイヤ」に交換して作業を終えました。

今後とも宜しくお願いいたします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

ズーマーX タイヤ交換

20170610_01当店で’14年に販売した「ZOOMER X」です。

約1年振りに連絡があり、後輪に金属片が刺さっているようで、タイヤ交換を頼まれました。

まだ少し溝も残っていましたが、新車から3年も経っているタイヤですし、距離も7千キロ近く走っていたので、今回はパンク修理はせずに、お客様の指示通りタイヤ交換をいたしました。

刺さっていた金属片は釘のように先の尖った金属棒で、見事に裏側まで貫通していました。
20170610_02 20170610_03
タイヤは新車から履いてるOEMの「MB67」が廃盤だったので、今回はその後継モデルの「SCT-001」を取り寄せ交換いたしました。
20170610_04
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

TW200 チェーン切れ!

お店に出勤すると店頭に見慣れないバイクが置いてありました。

20170609_01足回りにホンダ系キャストホイールが移植されてる「TW200」で、「ドライブチェーン」が付いておりませんでした。

暫くすると持ち主から連絡があり、やはり走行中に「ドライブチェーン」が切れてしまったそうで、たまたま近くにあった当店へバイクを置いていったようです。

切れた「ドライブチェーン」は現場に捨てて来たらしく、そう云う訳でバイクに付いてなかったようです。

「ドライブチェーン」が無いので確認できませんでしたが、チェーンアジャスターも目一杯後まで引っ張られ、「ドライブチェーン」も切れるくらいなので、状態としては相当激しく傷んでいたと思われます。

20170609_02なので自然と「スプロケット」の方にも目をやったところ、「ドライブチェーン」にも増して酷い状態でした。

「スプロケット」は減ってるを越して、刃先が刃こぼれしている状態でした。

しかも前側「スプロケット」に至っては、恐らくシャフトに入る所の溝が減っているようで、円周方向に大きなガタが発生しておりました。

当然「ドライブチェーン」に加えて「スプロケット」も交換しないと絶対ダメな状態でしたが、お客様からは応急で「ドライブチェーン」の交換だけを頼まれました。

「ドライブチェーン」の交換だけ頼まれましたが、もともと付いてた「ドライブチェーン」が無いので、これだけオリジナルな改造をされてると、交換する「ドライブチェーン」の太さや長さなのどサイズが全く判りません。

仕方がないので計測をしてみた結果、「ドライブチェーン」サイズは純正の「428」に間違いなさそうでしたが、やはりリンク数(長さ)が判らないので、今度は「スプロケット」の歯数を数えた結果、前が純正の14丁に対して16丁になっており、後は純正の45丁に対して48丁になっておりました。

20170609_03「スプロケット」の丁数から計算してリンク数を割り出した結果、純正の120Lに対して122Lくらいで対応しそうでしたが、念のため余裕をもって126Lを頼んで交換してみる事にしました。

結果的には計算通りの122Lで治まりそうでしたので、2Lだけカットして何とか「ドライブチェーン」の交換を終えました。

今回の作業は本当に応急なので、このあと何時また「ドライブチェーン」が切れるか外れすか分かりませんので、早急に「スプロケット」の交換もするようお願いします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

スペイシー100 ブレーキ液交換

この方も長いお客様で、’06年に購入を頂いたこの「SPACY100」も、かれこれ今年で11年目に突入いたしました。
20170606_01
年1~2回のペースでお越し頂く方で、もう10年以上もメンテナンスに通って頂いております。

この度も1年振りの来店で「エンジンオイル」交換のご用命でした。

お待ち頂いてる間に客様の整備カルテを調べたら、前回の来店の際にもお勧めしておいた、フロント「ブレーキ液」が交換時期だったので、こちらも合せて交換させて頂く事になりました。
20170606_0220170606_03
当店でバイクをお買い上げのお客様には、来店の際には必ず軽点検もしてあげてます。

今回も作業の合間にバイクの周りを一通りみて差し上げたところ、リヤ「タイヤ」も交換時期になっていたので、今回はこちらも追加して交換をさせて頂きました。

20170606_04「ブレーキ液」は新車から10年と5ヶ月経って、今回で5回目の交換でした。

「タイヤ」は3万2千キロを走り、フロントがまだ2回ですが、リヤは今回で4回目の交換でした。

時間は経ってるバイクですが走行距離は短いので、まだまだ長く乗れるバイクと思います。

この調子でメンテナンスに励んでください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

トゥディ ドライブベルト切れ!

20170601_01突然店内に飛び込んで来た方から「仕事に遅れてしまう!」とキレ気味で、走行中にバイクが動かなくなったとの訴えがありました。

まだ新車から4年くらいしか乗ってないのに壊れてしまい、ご不満のようでした。

当店には初めてのお客様で、当店で販売した車両でもありませんでしたが、大変お困りの様子でしたので、他に優先20170601_02する仕事に割り込んで診てあげる事にしました。

バイクは2万3千キロ近く走ってる2012年式の「TODAY」で、症状や走行距離からして「ドライブベルト」切れに間違いないようでした。

早速エンジンカバーを開けてみましたが、開けてビックリ!「ドライブベルト」は予想通りに切れていたのですが、その切れた「ドライブベルト」がプーリーにガッチリ巻き付き噛み込んでおりました。

普通に「ドライブベルト」だけ交換する作業とは違い、噛み込んだ「ドライブベルト」をプーリーから抜き取ったり、粉砕した「ドライブベルト」の破片やダストがエンジンケース内に飛び散っちゃっていましたので、それを取り除いたり掃除するのが大変でした。
20170601_03 20170601_04
こうなると料金も普通に「ドライブベルト」だけ交換するより当然高くなりますので、そう云う意味でも「ドライブベルト」は切れる前の予防整備が必要です。

修理は切れた「ドライブベルト」と同時に摩耗したウエイトローラーやスライドピースも一緒に交換して、直ぐにお客様へお渡しする事が出来ました。

やはり「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまうと云う事を改めて痛感いたしました。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様も数キロバイクを押して当店まで辿り付いたようで、挙句に仕事にも行けなくなって大変な思いをしましたが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合は、更に金銭的な負担も掛かりますし、切れた「ドライブベルト」がプーリーに巻き付き、ロックした場合には急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

ジョルノ タイヤ交換!

20170531_012011年に当店のお客様の紹介で販売した、「GIORNO」のお客様です。

今回は「保険」の更新手続きで来店されましたが、その序にバイクの「点検」と前回お勧めしておいた、「タイヤ」の交換もするよう頼まれました。

1年前には24ヶ月「点検」を受けて頂いているので、今回は新車から6回目の1年「点検」として、12ヶ月「点検」を実施させて頂きました。

初っ端「バッテリー」が弱っているようで始動性が今一だったので、先ずはバイクをお預かりしている間に充電をしておく事にしました。

点検の結果は距離も1万キロ近く走っていたので、今回は新車から初となる「点火プラグ」の交換と、「エアフィルター」も交換をさせて頂きました。
20170531_02 20170531_03
このお客様も欠かさず点検と整備を受けて頂いてるので、今回も他は特に不具合は発見されませんでした。

「タイヤ」の方はリヤが4分山くらいで、そろそろスリップサイン(磨耗限度表示)が出始める頃でしたが、フロントに関しては6分山程度は溝が残っておりました。

ただしこの「タイヤ」は新車から6年も経っているので、前後とも固く硬化しヒビ割れが多発しておりました。
20170531_04 20170531_05
なので危険と判断し以前から交換をお勧めしていたもので、「タイヤ」も今回が新車から6年で初めての交換となりました。

このあと「エンジンオイル」の交換も実施し、「バッテリー」も充電が出来たようで、セル一発でエンジン始動出来るようになりました。

最後にバイクの「洗車」も頼まれていたので、洗剤で洗ったあとにメッキパーツのサビを取ってあげたり、細かいキズを消して綺麗に磨いてあげました。

バイクはすっかり新車の時の輝きを取り戻し、調子もバッチリ良くなりました。

お客様は新車みたいになったと大変喜ばれ、お帰りになりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

ジョルノクレア タイヤ亀裂

20170525_01「GiornoCrea」にお乗りの方からタイヤ交換を頼まれました。

近所にお住まいのようでしたが、当店には初めてのお客様でした。

2002年式の「GiornoCrea」でしたがタイヤは前後ともつるつるに減っていてヒビ割れも酷いので見てみたら、バイクの年式と同じ製造年月日のタイヤがそのまま装着されておりました。

新車から実に15年以上一度もタイヤ交換してなかったようです。
20170525_02 20170525_03

20170525_04 20170525_05
前後とも新品のタイヤに交換いたしました。

有り難う御座いました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。


只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

フォーサイト ブレーキ&タイヤ交換

20170524_01「FORESIGHT EX」にお乗りの常連様から整備を頼まれました。

この「FORESIGHT EX」は当店で販売したものではありませんが、走行1万8千キロくらいの頃から9年以上も当店で診させて頂いてる車両です。

今回は3ヶ月ほど前に「エンジンオイル」の交換で来店された際に勧めておいた整備で、ブレーキ周りやタイヤの交換でお越し頂きました。

今年の1月の事で、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期に差し掛かっておりましたが、「ブレーキディスク」の方も限界に来ていたので、同様に交換時期の迫っていたフロント「タイヤ」と合わせて交換をお勧めしておりました。
20170524_02 20170524_03
「ブレーキディスク」は使い方によって3~4万キロで交換になる場合も多いのですが、この1999年式「FORESIGHT EX」は、なんと8万2千キロ以上も走って、今回が新車から初めての交換でした。
20170524_04 20170524_05
「ブレーキパッド」は、リヤが過去3回換えてますが、フロントに関しては当店で行う交換は今回が7回目となりました。
20170524_0620170524_07
「ブレーキ液」も前回の交換から2年と5ヶ月ほど経過しておりましたので、この序に前後とも交換させて頂きました。
20170524_0820170524_09
あれから3キロ近く走り「タイヤ」はリヤも交換時期となっておりましたので、今回は「タイヤ」も前後で交換させて頂きました。
20170524_10 20170524_11
当店で行う「タイヤ」の交換は、フロント5回目、リヤ6回目の交換でした。

最後に「エンジンオイル」の交換を行い、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧