カテゴリー「修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」の760件の記事

ベルト、ウエイトローラー、クラッチ、スプロケット

2017年12月 9日 (土)

タイヤつるつる!

20171209_072014年に販売した「X'pro風50」です。

新車から3年7ヶ月経ちますが、メンテナンスでの来店は今回が始めてでした。

今回はリヤ「ブレーキ」の戻りが時々悪いとの訴えで来店でした。

原因は「ブレーキ・レバー」の旋回軸や「ブレーキ・カム」の油切れでした。

「ブレーキ・カム」はリヤ「ホイール」を外さないと給油できないのですが、それ以前にリヤ「タイヤ」がツルツル坊主になっておりました。
20171209_0220171209_03
これで思い出しましたが、確か1年前に一度だけ保険の更新手続にお越し頂いた時には、「タイヤ」は既に交換時期を超えていたので、早期の交換を勧めしておりました。

お客様も覚えており、流石に素人目にも「タイヤ」は限界を遥かに超えていたので、今回は「ブレーキ・カム」の給油と共に、「タイヤ」も交換する事になりました。
20171209_01 20171209_04
新車から走行1万3千キロを超えて始めて行うリヤ「タイヤ」の交換でした。

20171209_05その後また別件で「TACT」にお乗りの方が来店されましたが、この方も同様にリヤ「タイヤ」がツルツル坊主での交換依頼でした。

この方は当店には初めてのお客様で、バイクは1万7千キロ超えの2015年式「TACT」でしたが、やはり新車から初めて行う「タイヤ」交換のようでした。

今回の2台は共にリヤ「タイヤ」の交換だけでしたが、フロント側の「タイヤ」も古くなって劣化が始まっております20171209_06ので、早目に交換して頂くようお勧めいたしました。

有り難う御座いました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

またゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

本格的な寒波の到来前に、危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

ズーマー ドライブベルト交換4回目!

20171208_01このお客様とも彼此7年近いお付き合いになります。

この「ZOOMER」に関しては、’12年に、それまでお乗りの同じ「ZOOMER」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から6年目に入りました。

このお客様は原付スクーターとしては異例の年間1万2千キロは走る方なので、当店にも頻繁にお越し頂き、バイクの整備を欠かさず依頼される方です。

20171208_02この度も「エンジンオイル」の交換でお越しでしたが、距離的に「ドライブベルト」とフロント「タイヤ」も交換時期だったので、まとめて交換させて頂きました。

新車から5年11ヶ月で6万4千キロを超えた「ZOOMER」ですが、今回で「ドライブベルト」は4回目の交換となりました。

このお客様は走る距離も然る事ながら積載している重量も異例で、人と荷物で優に130Kg以上は常に積載して走っておりますので、駆動系の消耗が著しく早く、今までも概ね1万6千キロペースで点検&整備をして来てます。
20171208_03 20171208_04
今回は「クラッチシュー」や「プーリー」などの異常は有りませんでしたが、やはり「ウエイトローラー」と「スライドピース」の損耗が激しかったので、こちらは一緒に交換させて頂きました。

20171208_05「タイヤ」に関してもリヤが半年前に4回目の交換が終わったところですが、フロント「タイヤ」も今回で4回目の交換になりました。

今まで3回履いて来たBSの「ML32」が廃盤のようだったので、4回目の交換からは同じBSの「TW37/38」に変えて交換しました。

今回はフロント「タイヤ」の交換ついでに「ブレーキシュー」も一緒に交換しました。
20171208_06
まだリヤ側の「ブレーキシュー」は大丈夫な感じなのですが、フロント側に関しては時々制動時に違和感が出始めているようで、調整代も無くなっておりましたので交換させて頂きました。

なんと「ブレーキシュー」に関しては、このフロント側が新車から初めての交換でした。

10万キロを目指してサポートさせて頂きますので、これからもバイクの手入れに励んでください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年11月29日 (水)

シグナス タイヤ交換2回目!

20171129_012ヶ月前にも「タイヤ」交換したばかりのバイクです。

バイクは’16年式「CYGNUS」で、その時が当店には初めてのお客様でしたが、今月上旬にも「エアフィルター」などを交換させて頂いた方です。

今回も後輪「タイヤ」のパンクを訴えての来店でしたが、これも前回と同様に行き付けのGSで既にパンク修理をして来たらしいのですが、治らずエア漏れが止まらないようでした。

刺さっていた異物は既に取り除かれていて現物は確認できませんでしたが、板状の金属片が食い込んでいたようで、穴と云うよりは裂け目が入ってる感じでした。
20171129_02 20171129_03
たった2ヶ月前に交換したばかりで、千4百キロ程度しか走ってない「タイヤ」でしたが、今回もパンク修理は不可能と判断して新品「タイヤ」に交換させて頂きました。
20171129_04 20171129_05
今度パンクした時は最初から当店に任せて頂ければ、上手く修理できるかも知れませんので宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

ディオ110 ドライブベルト粉砕!

20171124_01橋の向からバイクを押した方が、息を切らして来店されました。

当店には初めての方で、伺うとエンジン左後方より異音がし出したと思ったら、突然エンジンは動いているものの後輪が駆動しなくなったそうです。

バイクは2011年式の「Dio110」で、走行距離は3万2千キロを超えておりました。

お客様も今回の故障が「ドライブベルト」切れな事は判っているようで、新車からこの距離まで一度も駆動系メンテナンスはやってない事から、当店としても「ドライブベルト」切れを疑い調べて行きました。
20171124_0220171124_03
早速エンジンカバーを外してみたところ、案の定「ドライブベルト」が切れてましたが、「ドライブベルト」は切れていると云うよりグチャグチャに粉砕しケース内に散って、「ドライブベルト」の繊維はプーリーに巻き付き喰っちゃっていました。
20171124_0420171124_05
プーリーなどから「ドライブベルト」の破片を全て取り除き、他の部分も点検しましたが影響は出ていないようでしたので、今回は切れた「ドライブベルト」と同時に摩耗した「ウエイトローラー」や「スライドピース」も一緒に交換して無事に修理を終えました。
20171124_0620171124_07
「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

また「ドライブベルト」は「タイヤ」みたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様も寒空に数キロバイクを押して当店まで辿り付いたそうで大変な思いをしたそうですが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合には、それなりに高い料金が掛かりますし、切れた「ドライブベルト」がプーリーに巻き付きロックした場合には、急ブレーキが掛かり転倒するなどの事故に繋がる事もあるので大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的
(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2017年11月21日 (火)

プレスカブ タイヤ交換!

20171121_01「PRESS CUB」にお乗りの得意様から、後輪のパンク修理を頼まれました。

確かに何か刺さってパンクはしているようでしたが、その「タイヤ」は殆どツルツルで溝が薄っすら見えているだけでした。

当然スリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えて無くなり、3年近く経つ古い「タイヤ」でもありましたので、危険と判断し「タイヤ」は新品に交換させて頂きました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)
20171121_02 20171121_03
前回の来店から約1年振りの来店でしたので、過去の整備歴を調べたところ、3年近く定期点検を実施した記録が無く、なんと!「エンジンオイル」に関しては、5千キロ近く交換されて無い事が判りました。

当然「エンジンオイル」は殆ど入っておらずエンジン焼付き寸前の状態でした。

急遽「タイヤ」交換に追加して「エンジンオイル」の交換と、「点火プラグ」と「エアフィルター」も1万2千キロ近く交換して無かったので、この機会に交換させて頂きました。
20171121_04 20171121_05
今後はもう少しマメな点検・整備を受けて頂けますようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

GT125 ベルト切れ!

20171119_01「GT125」にお乗りの方からTELが入り、道端で故障して走行不能に陥ってるようでした。

8月にもパンクして走行不能となり、当店で車両を引き上げて前後の「タイヤ」を交換したバイクです。

その時には既に走行距離も3万キロを超えておりましたので、お客様には早期の「ドライブ・ベルト」の交換も促しておりました。

20171119_02パンクの時も2万キロ以上「タイヤ」交換してなかったようで、「タイヤ」が磨り減り穴が開くまで乗り続けた結果のパンクでしたが、今回も結果的に3万3キロ以上も走ってしまい、当然の結果でしたが「ドライブ・ベルト」が切れてしまったようです。

お客様も今回の故障が「ベルト切れ」な事は判っていたようで、バイク屋さんに言われた通りに早く交換してば良かったと反省しておりました。
20171119_03
診るまでも無くですが、「ドライブ・ベルト」は切れて「プーリー」に固く巻き付いておりました。

修理は普通に「ドライブ・ベルト」だけ交換する作業とは違い、切れた「ドライブ・ベルト」が「プーリー」に噛んじゃっていたり、破片やダストがエンジンケース内に飛び散っちゃっていましたので、それを取り除いたり掃除するのが大変でした。

20171119_04切れた「ドライブ・ベルト」と同時に摩耗した「ウエイトローラー」や「スライドピース」も一緒に交換して、翌日にはお客様へお渡しする事が出来ました。

「ドライブ・ベルト」はゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブ・ベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、出先で「ドライブ・ベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様も通勤の途中での故障で大変な思いをしたそうですが、走行中にベルトが切れるとプーリーに巻き付きロックして、急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブ・ベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

CRF250L チェーン交換

今日は<中長老様>が「CRF250L」の方で来店されました。

通勤用の「AddressV125」では月いちペースくらいで来店頂いてますが、こちらのレジャー用「CRF250L」では半年振りの来店でした。
20171114_01_2 20171114_02_2
「エンジンオイル」の交換を頼まれましたが、近々遠乗りに出かける予定と伺ったので、車体回りを点検して差し上げました。
20171114_03 20171114_04
「ボルト」類の緩みが無いかなど各部を点検しながら、緩んでる部分は増し締めしてあげて、可動部、摺動部には油を注してあげてから、「ケーブル」や「ドライブチェーン」の調整などもしてあげました。

3万キロを超えたところの「CRF250L」ですが、点検の結果「ドライブチェーン」が調整範囲を超えて伸び切っていたので、ツーリングへ行く前に交換する事となりました。
20171114_05 20171114_06
もちろん前後「スプロケット」も対で交換し、ドライブ(前)側「スプロケット」の「フイキシングプレート」も交換しました。

「スプロケット」も然る事ながら、「フイキシングプレート」の磨耗も酷く、「ドライブスプロケット」の抑えが効かずガタガタになっておりました。
20171114_0720171114_08
これで安心と思いますので、快適な旅を楽しんで来てください。

毎度有り難う御座いました。

チェーンが伸びていても、スプロケットは一見あまり減っているように見えません。

ところがスプロケットは、磨耗を抑える歯底の表面硬化層が0.5~0.9mm程度と薄い為、ぱっと見た目には減っているように見えませんが、既に寿命が来ていて、このまま新品チェーンに交換すると、スプロケットの歯底は加速度的に磨耗が進行していき、チェーンとスプロケットの噛み合わせが悪くなります。

この結果チェーンの寿命を短くするだけでなく、緩んだり、外れたり、切れたりする事があり大変危険な状態になります。

チェーン・コンデションが悪いと加速不良、馬力損失、燃費低下を招くだけでなく、振動やギヤ・チェンジがし難くなったりもしますので、定期的に給油・調整を行い、使用限度を超えたものは早めの交換をお勧めいたします。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

PCX125 3万キロ整備!

20171108_01当店で2010年に販売した「PCX125」です。

このバイクも早いもので、あれから7年が経ち、走行距離も3万キロを突破しました。

このお客様はクルマのメカニックさんなので、当店にメンテナンスで来店される事も少ないのですが、こうして1万キロペースではお越しを頂いております。

今回も2年半振りの来店で、前回の来店から1万2千キロほど走っておりました。

今回も2年半前の整備の時と同様に、前後の「タイヤ」交換から始まり、その他定期交換を必要とする消耗部品を交換させて頂きました。
20171108_03 20171108_02
「タイヤ」は新車から2回履いている「SS560」が廃盤なので、この「PCX125」も今回から同じIRCの「SCT-001」へ交換させて頂きました。
20171108_04
過去にも1万キロペースで交換して来ている、「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換させて頂き、次にブレーキ周りの整備に掛かりました。

2年毎に交換の「ブレーキ液」を交換しながら、今回は「ブレーキパッド」も交換させて頂きました。

「ブレーキ液」までは過去に2回ずつ交換して来ておりますが、なんと!「ブレーキパッド」は新車から初めての交換でした。
20171108_05 20171108_06
リヤの「ブレーキシュー」も今まで交換した事が無く残量も残っているようなので、この方は普段から急ブレーキなどもせず、安全運転に心掛け走っているようです。
20171108_0720171108_08
20171108_09
20171108_10
最後に「エンジンオイル」の交換をして、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

リード110 冷却液交換

20171025_01このお客様とも彼此11年近いお付き合いになります。

この「LEAD110EX」に関しては、’10年に、それまでお乗りの「AXIS」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から8年目に入りました。

この方も多い時で年2回以上は来店頂く方でしたが、最近は仕事の現場が近場ばかりで距離が伸びてないようです。

20171025_02そんな事もあり今回は1年振りの来店で、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

それから今回は、その1年前の来店時にお勧めしておいた、リヤ「タイヤ」と「冷却液」も交換させて頂きました。

リヤ「タイヤ」には既に1年前の時点でスリップサイン(摩耗限度表示)が現れていたので、早めの交換をお勧めしておりましたが、そんな事で来店を頂くのが遅くなって20171025_03しましたので、「タイヤ」の溝は完全に無くなりツルツルに減っておりました。

「冷却液」も通常4年毎の交換をお勧めしておりますが、こちらも今まで交換のタイミングを逃していたようで、なんと新車から初めての交換でした。

「エンジンオイル」の交換も終え全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

スーパーカブ 駆動不能エンジン異音!

20171022_01この法人様も今まで何台もバイクを納めさせて頂いてる大得意様で、当店ではこの法人様支店の「スーパーカブ」を常時7台前後は管理させて頂いております。

今回お預かりした「SuperCub50PRO」に関しては、当店で’15年に販売したもので、新車からまだ2年も経ってない車両です。

なのに走行中に駆動不能(走行不能)に陥り、エンジンを回すとガラガラと大きな異音も出ているようでした。

20171022_02始めにお預かりした車両の過去の整備歴から調べたところ、この車両は前回の来店から9ヵ月振りの来店でしたが、なんと!それから走行距離が8千キロも伸びておりました。

その間「エンジンオイル」の交換もしておらず、今までも初回点検以外は定期点検も受けた記録が有りませんでした。

管理している7台の車両の中でも、それに乗る方によって整備に対しての意識も様々です。

20171022_03点検・調整などの整備を一切受けてなかったので当然の結果でしたが、原因は「ドライブチェーン」が伸びて走行中に外れてしまったようでした。

外れた「ドライブチェーン」がエンジンの「クランクケース」を叩き、ケースの一部(ボルト固定ボス)を破損してしまい、後側「スプロケット」の「固定ボルト」の頭部分も損傷しておりました。

欠けた「ボルト固定ボス」と「固定ボルト」は交換せずに何とか修正で済まし、「ドライブチェーン」及び前後の「スプロケット」は新品に交換させて頂きました。

トータル1万7千キロ以上走っておりましたが、この間に定期交換を必要とする消耗部品は一切交換されてなかったので、この序に「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換させて頂きました。
20171022_0420171022_05
それからフロント「タイヤ」がツルツルに減っていたので、これも追加で交換させて頂きました。
20171022_06 20171022_07
8千キロ交換してなかった「エンジンオイル」ですが、当然オイルは殆ど入っておらずエンジン焼付き寸前の状態でした。

その「エンジンオイル」を最後に交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧