カテゴリー「修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」の1000件の記事

ベルト、ウエイトローラー、クラッチ、スプロケット

2020年11月21日 (土)

CRF150R タイヤ交換3回目!

2月に新品に換えたばかりの「タイヤ」ですが交換する事にしました。
20201121_01
9ヶ月間でモトクロスコース10回程度なので、ブロックの角も多少丸くなって来たくらいで、まだまだ使えそうな感じですが、最終戦を控え潔く交換します。

新車から1年で3回目の交換となりました。

今回も「DUNLOP」の「GEOMAX」ですが、固さを今までのミディアム(MX53)から、ソフト(MX33)へ変えて交換しました。
20201121_0220201121_03
20201121_0420201121_05
それから今回はコースが変わるので、リヤ「ホイール」を外す序にリヤの「スプロケット」も丁数変更して換えました。
20201121_06
後は「内圧コントロールバルブ」の清掃や、「エンジンオイル」の交換など、通称の整備をして作業を終えました。

とっ云う事で急ですが、明日(日)「オフロードヴィレッジ」へテストに行ってきます。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

**********************************************
11月22日(日曜日)は、当店イベント(モトクロス走行会 )の為、
一部の営業内容をお休みさせて頂きます。

通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、
保険(自賠責・任意保険)の加入・更新手続き、部品・用品・
車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。

なお営業時間は、11:00~19:00、サービス受付は、
18:00迄とさせていただきます。

ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合があります。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

リアタイヤ 交換3連発!

リア「タイヤ」ばかり3連ちゃんで交換でした。

1台目の’15年式「TACT」は、当店で販売したバイクですが、新車から5年8千8百キロ走って頂いたところで、今回が初めての「タイヤ」交換でした。
20201118_0120201118_02
まだ溝は薄っすら残っておりましたが、スリップ・サイン(磨耗限度表示)は完全に消え、ヒビ割れも多く発生しておりました。
20201118_03
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

2台目の’07年式「CYGNUS X」は、当店で販売した車両では有りませんが、4年近く前から診ているバイクです。
20201118_0420201118_05
今回の「タイヤ」は当店で2年前に換えたものですが、あれから1万3千キロ近く走っているようで、トレッド中央の溝は殆ど消えかかっておりました。
20201118_06
3台目の’13年式「AddressV125」は、当店には今回が初めてのお客様で、こちらの「タイヤ」は更に凄い状態で、溝は完全に無くなりツルツルになっておりました。
20201118_0720201118_08
ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

PCX125 点検&整備!

「PCX125」の点検と整備を頼まれました。

1週間前にも「エンジンオイル」の交換で来てくれた、<☆彡くん>のバイクです。
20201111_01
このバイクも早いもので新車から2年が経ち、走行距離は3万キロを突破しておりました。

今回は新車から2回目の1年点検として12ヶ月「点検」の実施と、消耗部品などの交換を行いました。

先ずは走行距離で定期交換の必要な部品&油脂類として、「点火プラグ」と「エアフィルター」に「ミッションオイル」の交換を行いました。
20201111_0220201111_03
これらは新車から走行1万キロを超えた1年目の「点検」時に1回目の交換を終えているので、今回で新車から2回目の交換となりました。
20201111_04
通常1万キロ毎くらいに交換したい消耗部品でしたが、今回はこの1年で2万キロ近く走っていたので、交換した部品や油脂類は少し減りと汚れ方が酷い感じでした。

次に時間(2年毎)で定期交換の必要な油脂類として「ブレーキ液」の交換を行いました。
20201111_0520201111_06
こちらも時間と言うよりは走った距離(=ブレーキ回数)が凄いので、2年目とは思えないほどの汚れ方をしておりました。
20201111_0720201111_08
点検の結果「ブレーキパッド」の残量も無くなっていたので、この序に新品に交換させて頂きました。
20201111_0920201111_10
「ブレーキ液」は新車から初めての交換でしたが、「ブレーキパッド」は今回で3回目の交換となりました。

「ブレーキパッド」の部品番号が、過去2回交換した品番と少し変わっていました。

「ブレーキパッド」の見た目は何も変わっていないようでしたが、「ブレーキパッド」をキャリパーへ組み付けたところ、あの以前から気になっていたカタカタが治ったようでした。

そして最後にリヤ「タイヤ」も交換させて頂きました。
20201111_1120201111_12
フロント「タイヤ」は走行2万5千キロくらいで1度交換しておりますが、今回のリヤ「タイヤ」は、これで2回目の交換でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

リード125 ベルト交換!

リヤ「タイヤ」と「ドライブベルト」の交換を頼まれました。

バイクは今年の1月頃から来るようになったお客様のもので、走行3万6千キロほど近く走る’15年式の「LEAD125」です。
20201110_01
今回は9月に受けて頂いた24ヶ月「点検」の際に勧めておいた消耗部品の交換です。
20201110_0220201110_03
「タイヤ」は、どのくらい使っていたものか不明ですが、溝は殆ど消えかかりツルツルに近い状態でした。
20201110_0420201110_05
「ドライブベルト」は新車から3万6千キロの距離を一度も換えてなかったらしく、ヒビ割れだらけで今にも切れてしまいそうな状態でした。
20201110_0620201110_07
角の出始めた「ウエイトローラー」と、ガタの出は始めの「スライドピース」も一緒に換えて、全ての整備を終えました。
20201110_0820201110_09
20201110_10

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年11月 7日 (土)

TODAY シート交換!

約1年半振りに来店のお客様から、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。
20201107_01
当店では「エンジンオイル」の交換だけで来たお客様にも、時間の許す限りは「タイヤ」や「ブレーキ」などの軽点検をしてあげてます。

今回も軽くサービスで足回りを視てあげたところ、リヤ「タイヤ」がツルツルに減っている事が分かりました。
20201107_0320201107_02
追加で「タイヤ」交換もする事になりましたが、序に「シート」の交換もするよう頼まれました。

バイクは当店で販売した’09年式の「TODAY」で、走行距離は1万7千キロ程度と少ないのですが、新車から11年以上経つ車両です。
20201107_0620201107_04
流石に「シート」も劣化が進行してボロボロになっていました。

随分前から縫目が解れ始め、テープで補強しながら乗っていたようですが、雨が降るたびにレザー下のスポンジに水が染み込み、お尻を濡らして困っていたようです。
20201107_05
交換したリヤ「タイヤ」は駆動輪なので約7千4百キロでツルツルでしたが、フロント「タイヤ」も前回の交換から3年経過でヒビ割れだらけです。

早目の交換をお勧めします。

「エンジンオイル」が5千キロ近く交換してなかったので、レベルゲージにオイルが付かないほど減っておりました。

次回はもう少し早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

アドレスV100 ベルト切れ!

バイクが走行中に止まって動かないとの連絡が入りました。

既にバイクは故障した現場から自宅までは運んで来ているようで、連絡の翌日にバイクを押して来店されました。

詳しく聞くと、急に推進力を失い、エンジンは掛かっているものの、アクセルを開けても後輪が駆動しないと言う事でした。

ご本人的にも「ベルト切れ」を疑っているようで修理を頼まれました。

バイクは’00年式の「AddressV100」で、走行距離は4万3千キロを超えておりました。
20201105_01
5年くらい前から2~3度来た事のあるお客様ですが、今回のように故障した時にだけ来るので、今までも来店の度には「ドライブベルト」は早目の交換を勧めておりましたが、やはり切れてしまったようです。
20201105_02
概ね「ベルト切れ」に間違い無さそうですが、この「ドライブベルト」を取寄せる前に、エンジンカバーを開けて他に不具合が無いのか調べてみました。
20201105_03
やはり「ドライブベルト」は破断し「ドリブンプーリー」に固く絡み付いておりました。
20201105_0420201105_05
前後のプーリを外して調べてみたところ、ドライブ側では「ウエイトローラー」が段付磨耗した上に、金属のウエイト部まで削れておりました。
20201105_06
20201105_0720201105_08
なので更に調べたところ「ドライブプレート」の損耗も激しく、「ドライブカバー」の一部も破損しておりました。
20201105_09
20201105_1020201105_11
20201105_12
20201105_1320201105_14

ドリブン側は更に酷い状態で、「クラッチ」の土台となる「ドリブンプレート」の作動軸が激しく磨耗し、何時しか「スナップリング」も吹っ飛んで軸穴が大きく広がっちゃっておりました。
20201105_15
20201105_1620201105_17
「AddressV100」の「クラッチ」は単品で販売してないので、「クラッチ」丸ごとのASSY交換になるのと、破断した「ドライブベルト」に「ウエイトローラー」、「スライドピース」、「ドライブプレート」と「ドライブカバー」の交換となりました。
20201105_1820201105_20
エンジンカバーが開いてる序に「ミッションオイル」の交換もやらせて頂き、全ての作業を終えました。
20201105_19
毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

また「ドライブベルト」は「タイヤ」みたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

今回のお客様は、故障した現場から直線距離で12~3キロの道程を、2日間もかけてバイクを押して来たようですが、もっと遠くで止まってJAFなどのロードサービスを呼んだ場合には、それなりに高い料金が掛かりますし、切れたベルトがプーリーに巻き付き、ロックして急ブレーキが掛かり転倒などの事故に繋がる事もあり大変危険です。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

Motocrosser メンテナンス!

そろそろ最終戦も近づいて来たので、モトクロッサーのメンテナンスを始めました。
20201031_01
<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」は、前回のレース以降「マフラー」の「サイレンサー」ステーにクラックが入って、プラプラしているのが分かったので溶接して直しました。
20201031_0220201031_03
20201031_04
また前回のレース中に「クラッチ」が滑っていたようなので、今回は「フリクションプレート」と「クラッチプレート」に「スプリング」、「ベアリング」や「ワッシャー」類も全て交換する事にしました。
20201031_05
プレート関係は今まで純正品を使用していましたが、今回はアルミ製で3倍軽く、特殊コーティングで3倍硬い「CMP」製を導入してみる事にしました。
20201031_0620201031_07
20201031_0820201031_09
20201031_1020201031_11
これは<#51 Shunくん>が「KX65」に乗ってた頃にも試した事があり、軽く吹き上がりレスポンスが向上し低速域トルクも向上、また高速域の伸びも向上する実績のあるパーツなので、今回も使用してみる事にしました。
20201031_1220201031_13
20201031_1420201031_15
<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」は、「マフラー」の音量が高くなって来ているようだったので、「サイレンサー」の「グラスウール」の交換をしました。
20201031_16
20201031_1720201031_18
20201031_1920201031_20
それから「CRF150R-Ⅱ」の方にもエンジン性能の向上を狙って、「ブローダクト」なるパーツの導入を図りました。
20201031_2120201031_22
20201031_2320201031_24
これはクランクケース内のオイルの流れ出る位置を調整する事でエンジン内の抵抗を減らすパーツで、トルクUPでレスポンスが上昇し、高回転域までスムーズにエンジンが回ると言うものです。
20201031_2520201031_26
試してダメなら何時でも外せるし非常に安いパーツでもあり、付けた事での弊害は無さそうなので試してみる事にしました。
20201031_2720201031_28
それからスタックの際に助けてもらい易くなる「スタックベルト」も1本どんな物か試しに付けてみました。
20201031_29
<#14 Ryoくん>の「CRF250R」は、前回レースのヒート1では見事なホールショットを取りましたが、ヒート2ではフロントが上がりスタートが今一だったので、フロントフォークにウイリーを制御する「ホールショットデバイス」を装着しました。
20201031_3020201031_31
それから前回のメンテナンスで「カウンターシヤフト」の「オイルシール」を換えた時に、ドライブ側「スプロケット」の損耗が激しいのが分かってたので、今回のメンテナンスで新品に交換しました。
20201031_3220201031_33
20201031_34
「スプロケット」は泥の入り込みを防ぐマッドグルーブド加工が施された「RENTHAL」製で交換しました。
20201031_3520201031_36
また今回のメンテナンスでリヤの「ブレーキパッド」も限界まで減っていたので、こちらは純正品で交換しました。
20201031_37
最後にアルミ製の「エアーバルブキャップ」が店に転がってたいたので、こいつを付けて終わりました。

とっ云う事で急ですが、明日(日)「オフロードヴィレッジ」へテストに行ってきます。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

**********************************************
11月1日(日曜日)は、当店イベント(モトクロス走行会 )の為、
一部の営業内容をお休みさせて頂きます。

通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、
保険(自賠責・任意保険)の加入・更新手続き、部品・用品・
車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。

なお営業時間は、11:00~19:00、サービス受付は、
18:00迄とさせていただきます。

ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合があります。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

ディオCETSA タイヤに鉄棒!

当店で’15年に販売した「Dio Cesta」です。
20201026_01
「ミラー」の固定ナットが緩んだので、締め直して欲しいと来店されました。

何気に後輪を見たところ、長い金属棒が刺さっているのを見つけました。

それもトレッド面からサイドウォールにかけて突き抜けておりました。
20201026_0220201026_03
前回の交換から1年半で6千キロしか走ってない「タイヤ」でしたが、この刺さり方では当然パンク修理は不可能なので交換となりました。
20201026_0420201026_05
前輪側も見たところ、こちらは前回の交換から2年半で1万3千キロ走り、ヒビ割れが酷く発生していたので、序に交換させて頂きました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

リード125 12ヶ月点検!

約2年振りに来店のお客様から、「自賠責保険」の加入手続きを頼まれました。

バイクは当店で5年前に販売した、’15年式「LEAD125」ですが、定年退職後はバイク通勤が無くなり距離も伸びずにご無沙汰だったようです。
20201028_01
とは言え走行距離も1万キロに近づき2年もノーメンテでしたので、この機会に点検と必要な部品や油脂類の交換もするよう頼まれました。

先ずは距離で定期交換の必要な「点火プラグ」と「エアフィルター」に、「エンジンオイル」と「ミッションオイル」の交換をやらせて頂きました。
20201028_0220201028_03
20201028_04
これらの部品、油脂類は今回が新車から初めての交換となりました。

次に時間で定期交換の必要な「ブレーキ液」と「冷却液」の交換をやらせて頂きました。
20201028_0520201028_06
「ブレーキ液」は前回の交換から3年振りで新車から2回目の交換となり、「冷却液」は新車から5年で初めての交換となりました。

「タイヤ」も新車から5年で一度も換えてませんので、そろそろ交換するようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

CYGNUSエンジン始動不能!

エンジン始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

徐々に始動性が悪くなり、お客様ご自身で「バッテリー」を換えても症状変わらず、遂に2ヶ月ほど前からは完全に始動不能となっていたようです。

バイクは5万3千キロ以上走る’10年式「CYGNUS-X-SR」で、当店には1年近く前に1度だけ来た事の有るお客様でした。
20201025_01
「バッテリー」もOKで、燃料ポンプの作動音もしているのですが、「スタータースイッチ」を押しても全く無反応で、「スターターリレー」の作動音も無く動いて無いようでした。

順番に「スタータースイッチ」から調べてみたところ、ここの接点不良が原因のようで、導通しない事が分かりました。
20201025_0220201025_03
なので「スタータースイッチ」の隙間から接点復活剤を注入してあげたところ、接点が復活したようで「スターターモーター」が回るようになり、エンジンも始動するようになりました。
20201025_04
古く距離も走ってるバイクですし、接点の復活は一時的の場合もあるので、本来は「スタータースイッチ」を新品に交換して頂くのが望ましいのですが、今回は現時点で正常にエンジン始動できているので、暫く様子をみて頂く事になりました。

ここまでの作業が終わりお客様に連絡を入れたところ、追加でフロントの「ブレーキパッド」も交換するよう頼まれました。

さっそく作業を始めたところ予想はしていたのですが、「ブレーキキャリパー」の「パッドピン」が固着して抜けませんでした。
20201025_05
このバイクの場合かなりの確率で「パッドピン」が固着しているのですが、今回ばかりは何をしても抜けないので、お客様に相談して「ブレーキキャリパー」ごと新品に交換させて頂く事になりました。
20201025_0620201025_07
ここまでの過程で、この車両が未実施の「リコール(改善対策)」対象車で有る事が判明したので、最後に駆動系の「セカンダリシーブ」を対策品に交換する作業も一緒にやってあげました。
20201025_0820201025_09
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧