カテゴリー「修理(ブレーキ系)」の489件の記事

パッド、ローター、マスター、キャリパー

2019年11月 7日 (木)

スーパーCUB ブレーキ固着!

このお客様も今まで何台もバイクを乗り換えて頂き、かれこれ30年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「SUPER CUB50 STD」に関しては、それまで乗って頂いてた「CD50」からの乗り換えで、’08年に購入を頂いたものです。

毎年3回は来店を頂きメンテナンスを受けて頂いておりましたが、今回に限っては1年振りの来店でした。
20191107_01
フロントのブレーキに異常があるらしく、1年(12ヶ月点検)点検と一緒に診て欲しいと頼まれました。

ブレーキは効きっ放しで、レバーを放しても戻ってない状況で、キーキー鳴ってバイクを押すのも大変な状態でした。

調べたところケーブルがインナーでサビて固着していたので、「ブレーキ・ケーブル」を新品に交換して対処しました。
20191107_02
「エンジンオイル」の交換も頼まれておりましたが、前回の交換から1年で、なんと6千5百キロも交換してなかったので、エンジンの中にはオイルが切れて殆ど入っておりませんでした。

エンジンからはガチャガチャ大きな異音が出ておりましたが、一先ずオイルを入れたら治まったようなので、様子をみて頂くことになりました。

その他の点検では、ヘッドライトの下向き点かないので「電球」を交換したり、ホーンが鳴らないので、スイッチの接点を修正してあげたりなどをして、ご依頼の1年点検を終えました。

新車から12年近く経ち、走行も7万キロ近く走りましたが、目指せスーパーCUB・・10万キロで、当店もお手伝いさせて頂きたいと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

CB1100RS ヘッドライト切替不能?

「デマースイッチ」が上下切替不能の訴えがありました。

1ヶ月振りに来店した<テッちゃん>の「CB1100RS」です。
20191106_01
「CB1100RS」はLEDヘッドランプだし、まだ新車から2年半で壊れる筈もないでしょうから、「デマースイッチ」の接点を磨いてあげたら呆気なく治りました。

雨続き台風続きだったので、この流れで他のスイッチ類のソケットなども外して、接点復活剤を注入しておきました。

ブレーキレバーもコキコキしていて全体的に油切れしているようなので、各部のグリスUPもしておきました。

本当は次のオイル交換時に予定をしていた、リヤの「ブレーキ・パッド」も入荷していたので、この来店序に少し早めでしたが交換させて頂きました。
20191106_02
リヤの「ブレーキ・パッド」は、新車から2万8千キロを超えて初めての交換でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

タクト リコール

「TACT」にお乗りの方から、「リコール」修理の依頼がありました。

当店で販売した車両ではなく、中国生産していた頃の’15年式AF75「TACT」でした。
20191030_01
当店には始めてお越しの方かと思ったら、2年ほど前にリヤ「タイヤ」の交換で、一度だけ来た事のある方でした。

既に当店で販売した「TACT」に関しては、全ての車両でリコール修理は終えておりますので、交換部品の在庫は当然ありませんでした。

なので改めて部品の調達を先にさせて頂き、後日それが入荷したタイミングで改めて来て頂く事になりました。

部品は翌日には入荷して来て、それから5日後お客様も来店され、「ブレーキレバーブラケット」を対策品に交換する「リコール」修理を実施しました。
20191030_0220191030_03
その序にフロント「タイヤ」の交換も頼まれました。

交換の「タイヤ」は磨耗も然る事ながらヒビ割れが酷く発生していたので、製造年月日を見たところ、約4年前の「CHENG SHIN」(中国製)が付いていたので、今回が新車から初めてのフロント「タイヤ」交換だったようです。
20191030_0420191030_05
今回の「リコール」は、お客様には負担なし(無料)で修理できたので大変喜んで頂きましたが、1年も前に届出のあった「リコール」修理を何故?今頃依頼をされたのか解せませんでした。

持参されたメンテナンスノートを見せて頂いたところ、全くの白紙でユーザー登録の記載もありませんでした。

こんな事が「リコール」修理が滞った原因だったのかは分かりませんが、今回の様にバイクを購入の際に保証登録すらされず、「リコール」などの案内も届いてないケースを多く見受けます。

保証登録されていないと、危険な状態でバイクに乗り続ける事になりますので、バイクを安く買うのも良いですが、後でもっと高い買い物にならない様に、この点(アフターサビス面)もよく考えてバイク店を選ぶ事をお勧めします。

当店(ファンホイールズ)は、アフターサービス万全ですヨ!

バイクの注文は「FUN WHEELS」で!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

フォルツァ 6万キロ整備!

当店で’16年に販売した2010年式「FORZA Z」です。

走行3万5キロくらい走る中古車として乗り出して頂きましたが、このバイクも今年で4年目に突入し、今回で6万キロを超えてました。
 
この度は「エンジンオイル」の交換でお越しでした。

今回は6月の「エンジンオイル」交換の際にも勧めておいた、ラジエター「冷却液」の交換も同時に行わせて頂きました。
20191029_01 20191029_02
それからリヤ「タイヤ」とリヤの「ブレーキパッド」が、交換時期を超えておりましたので、こちらも交換させて頂く事になりました。

「タイヤ」は前回の交換から1万2キロ近く走り、スリップ・サイン(磨耗限度表示)が消える寸前まで減っておりました。
20191029_03 20191029_04
スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあり、そのどれか1つでも現れた場合は、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

「ブレーキパッド」は前回の交換から9千キロ近く走り、摩擦材の片側は完全にスリットが無くなるまで減っておりました。
20191029_05 20191029_06
最後に数日前に切れてしまったと言う、左側の「ヘッドライト球」も交換して全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

JF81 PCX 1年点検1万キロ整備!

「PCX125」の1年点検を頼まれました。
20191023_01
ちょうど納車してから1年が経つ<☆彡くん>の’18年式「PCX125」です。

新車から1年目なので「12ヶ月点検」の実施です。

走行距離も1万1千キロを超えておりましたので、このタイミングで定期交換を要する消耗部品も換えさせて頂きました。

「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換し、油脂類では「エンジンオイル」に加え、「ミッションオイル」も交換となりました。
20191023_06
この新型「PCX125」関しては、「エアフィルター」も新規のものでしたが、「点火プラグ」に至っては「MR8K-9」と云う非常に特殊なものが付いておりました。
20191023_0320191023_02
それから点検の結果は、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期となっておりました。

こちらも旧モデルとは互換性がないニュータイプとなっておりました。
20191023_0420191023_05
そろそろリヤ「タイヤ」にスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出始める頃なので、気を付けて乗って頂き、早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

ブレーキPAD交換!

「ブレーキパッド」の交換作業が続きます。

今回も続けて2台の交換作業を行いました。

1台目は4年振りに来店を頂いた「FORZA Z」で、今回は「24ヶ月点検」のご用命を頂きましたが、その結果リヤの「ブレーキパッド」が交換時期となっておりました。
20191017_0120191017_02
3万3千キロ近く走る車両で、今回で新車から3回目の交換となりました。

2台目は「エンジンオイル」の交換でお越しの「DIO110」です。

こちらは先月の保険手続で来店を頂いた際には、既に「ブレーキパッド」の交換時期が迫っている旨を伝えておりました。
20191017_0320191017_04
なので摩擦材も「FORZA Z」同様に、2~3mm残しの絶妙なタイミングで交換する事ができました。

こちらは新車から丁度6年が経ち走行1万5千弱を走って、今回が新車から初めての「ブレーキパッド」交換となりました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般に「ブレーキ・パッド」の摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際には「ブレーキ・パッド」は片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようお願いします。

皆さん毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

PCX125 ブレーキ&タイヤ交換!

「PCX125」にお乗りの方から、「自賠責保険」の更新手続を頼まれました。
20191015_01
当店で2年ほど前からみている’17年式「PCX125」のお客様です。

来店は1年振りで、このついでに「エンジンオイル」の交換も頼まれました。

この車両は当店で販売したものでは有りませんが、ちょくちょく来る方なので、作業の合間に少しバイクの周りを診て差し上げました。

するとフロントの「ブレーキパッド」とリヤ「タイヤ」が交換時期を超えている事が分りました。
20191015_0220191015_03
こちらも追加で交換する事になりましたが、「ブレーキパッド」の交換ついでに「ブレーキ液」も2年近く換えてなかったので、一緒に交換させて頂きました。
20191015_0420191015_05
20191015_0620191015_07
20191015_0820191015_09
最後に今年3月この車両に対象となっていた、「LEDコントロールユニット」を対策品に交換する「リコール」が未実施だったので、一緒にやってあげて全ての作業を終えました。
20191015_1020191015_11
走行距離が2万キロを超えてるようなので、「ドライブベルト」などの距離で交換が推奨されている消耗部品に関しては、そろそろ交換するようお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

CB1100RS ブレーキ液交換

「CB1100RS」の「オイル」交換を頼まれました。

4月に前後の「タイヤ」交換をした<テッちゃん>のバイクです。
20191008_01
前回のオイル交換から約3ヶ月半で3千2百キロほど走ってました。

レジャーでしか使ってないのに、相変らず月千キロペースで走ってるようです。

今回は「オイル」交換2回に1回のペースで換えてる「オイルフィルター」も交換しました。

走行は今回で2万7千キロ近く走ってました。

ちょっと調べたら新車から2年半経つのに、未だ「ブレーキ液」の交換をしてませんでした。
20191008_0220191008_03
毎月のように来店してくれてる<テッちゃん>のバイクですが、いろいろ見逃してる事がありそうなので調べてみました。
20191008_0420191008_05
すると時間や距離で定期交換を必要とする消耗部品として、「点火プラグ」と「エアフィルター」の交換が未実施でした。

追加で交換となりましたが、「ブレーキ液」と「点火プラグ」は新車から初めての交換で、「エアフィルター」は2回目の交換でした。
20191008_0620191008_07
次回の「オイル」交換の頃には、リヤの「ブレーキパッド」が交換時期と思います。

事前に在庫しておきますので、宜しくお願いいたします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

CRF150R モデファイ

「CRF150R-Ⅱ」が入荷して約2週間。

エンジンの火入れも終わり、増税前に発注しておいたパーツの取り付けを行いました。

今回は走るのに最低限は必要と思われる、車体周りのガード類を中心にモデファイしました。
20191005_01 20191005_02
「KX85-Ⅱ」の「ラジエター」は、右側に1個しか有りませんでしたが、今度の「CRF150R-Ⅱ」は左右に1個づつ有ります。
20191005_03 20191005_04
そして「CRF150R-Ⅱ」の方は、「KX85-Ⅱ」よりシュラウドが小振りできゃしゃな感じなので、転倒により「ラジエター」が潰れないようにと、「ラジエターブレース」を追加して装着しました。
20191005_05 20191005_06
守ると言う意味では真っ先に「スキッドプレート」を追加したかったのですが、発注の段階でバックオーダーだったので、これは後回しにしました。

予備の「エアフィルター」なども安価な社外品がバックオーダーだったので、使えるまでは暫くノーマルで行く事にしました。

予備と言えば「点火プラグ」が「VT250SPADA」などと同じ「CR8EH-9」でした。
20191005_07 20191005_08
この辺の番手は特殊なものでは無いので店にも在庫が一杯あり安心しました。
20191005_09 20191005_10
次に「フレームガード」も追加で装着しましたが、これはガード(守る)と言うよりは、ブーツ内側のホールド性を高めるために、「KX85-Ⅱ」でも装着していたパーツです。
20191005_11 20191005_12
フロント「ブレーキレバー」も転倒時の破損リスクを抑えるために、これも「KX85-Ⅱ」で採用していた可倒式タイプへ交換しました。
20191005_13 20191005_14
「ハンドルグリップ」と「バーエンドプラグ」も入荷しておりますが、これは消耗品ですのでノーマルが損耗するまで使用するとして、予備パーツとしてストックしておく事にしました。
20191005_15 20191005_16
最後に「ハンドガード」も追加で付けて、モデファイ第一弾は終了です。
20191005_17 20191005_18

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

ブレーキFLUID交換!

「ブレーキフルード(液)」の交換作業が毎日続いてます。

皆さんには2年毎には必ず交換を勧めている「ブレーキ液」です。

今回も続けて3台の交換作業を行いました。

1台目は「24ヶ月点検」でお越しの「LEAD125」で、今月で新車から3年経つところですが、走行距離は3千5百キロ弱と短く、「ブレーキ液」は今回が始めての交換となりました。
20191003_01
20191003_0220191003_03
20191003_0420191003_05
2台目は「エンジンオイル」の交換でお越しの「SKYWAVE」で、新車から丁度8年が経ち、今回で3回目の「ブレーキ液」交換となりました。
20191003_06
20191003_0720191003_08
20191003_0920191003_10
3台目も「エンジンオイル」の交換でお越しの「Z1-125」で、こちらは新車から丁度2年で、初の「ブレーキ液」交換でした。
20191003_11
20191003_1220191003_13
皆さん毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧