カテゴリー「修理(ブレーキ系)」の497件の記事

パッド、ローター、マスター、キャリパー

2020年1月23日 (木)

KX85整備ブレーキ交換

去年の最終戦以降は、「CRF150R-Ⅱ」と「CRF250R」の整備と並行して、「KX85-Ⅱ」のマシン整備もやってました。
20200123_01
やはり超マッドなレースの後だったので、改めて落し切れてない汚れを落とす作業から始めました。

「ブレーキキャリパー」、「ブレーキペダル」、「スロットルチューブ」などの動く所は浸入した泥でジャリジャリしていたので、全て分解して清掃&潤滑しておきました。

その作業の際に分かったのですが、リヤ側「ブレーキキャリパー」の「ブーツ」が2個ちぎれていたので、新品に交換しました。
20200123_0220200123_04
これは恐らく何回か前の転倒の時に、キャリパーガードを強くぶつけたようで、そのガードを固定しているスイングアーム側の取付ボスが内側へ曲がり、「ブレーキキャリパー」の「ブーツ」と干渉してちぎれたようです。

「ブレーキパッド」も残量少なくなってたので、こちらは何時も使ってるシンタード・パッドで交換しました。
20200123_1620200123_05
「ブレーキレバー」も分解して清掃&潤滑しましたがイイ感じになりませんでした。
20200123_0620200123_07
これは今回に限った事でなく、以前から気になってたのですが、フロント「ブレーキ」のタッチが奥でギコギコいい始めていたので、ここは「マスターシリンダー」をOHしながら「ブレーキピストン」を交換する事にしました。

それから内側に曲がったマフラーの「サイレンサー」を1号車(Tカー)から部品取りして交換しました。
20200123_0920200123_13
恐らく最終戦前の練習の時の転倒で曲げたようですが、サスが沈む度に後輪が「サイレンサー」内側に擦っているようなので交換しました。

それからクラッチのフィーリングを良くしたかったのですが、一先ず今回は他のマシンで以前使用していたパーツで、走行中にも調整可能なイージーアジャスト機構をもつ社外のアルミ鍛造品「クラッチレバー」に換えてみました。
20200123_1020200123_11
リヤ「タイヤ」を今のよりも1年新しいUSED「タイヤ」が有ったので、それを逆履きして交換しました。
20200123_1220200123_08
その際にリヤ「ホイール」の「スポーク」が1本折れているのが分かったので、これも新品に張り替えました。
20200123_1420200123_15
そして8ヶ月振りに「リヤサス」のOHを行いました。

つづく

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日)

フォーサイト ブレーキ液交換

「FORESIGHT EX」にお乗りのお得意様から、「エンジンオイル」の交換時期になったようで、予約の連絡が入りました。
20200119_01
その序に定期交換を必要とする消耗部品などの交換も頼まれました。

去年8月のバイク整備で来店の際に勧めておいたもので、「点火プラグ」や「エアフィルター」などの消耗部品と、油脂類では「ブレーキ液」の交換です。

「点火プラグ」と「エアフィルター」は、丁度2年前に換えてから1万4千キロを走り交換となりました。
20200119_0220200119_03
「ブレーキ液」は前回の交換から2年8ヶ月振りの交換となりました。
20200119_0420200119_05
20200119_0620200119_07
最後に「エンジンオイル」の交換もして、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

本年も宜しくお願いいたします。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

ブレスCUB ブレーキ固着!

当店で’07年に販売した「PRESS CUB 50 STD」です。

新車から12年3ヶ月で6万8千キロほど乗って頂きました。
20191222_01
この度はリヤ「タイヤ」のパンクを訴え来店を頂きましたが、その「タイヤ」はツルツルに減っておりました。

フロント「タイヤ」に関してもスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出てしまい、ヒビ割れも酷く危険な状態でした。

なので前後共「タイヤ」は交換とさせて頂きました。

「MICHELIN」の「M35」を履いてたフロントは、前回の交換から3万キロ近く走り5年振りの交換でした。

「BRIDGESTONE」の「G556」を履いてたリヤは、前回の交換から2万4千キロ近く走り3年9ヶ月振りの交換でした。 
20191222_0220191222_03
共に新車から今回が5回目の交換となりました。

重い荷物を積む商用のバイクなので、今回はフロントに「MICHELIN」の「FS」と、リヤは今までと同じ「G556」の組合せで交換させて頂きました。

このバイクは法人様に納めた車両なので、長く専属で乗ってる社員さんがいないため、時々管理が滞る時があり整備不良を起こします。

今回も作業中に分かったのですが、フロントブレーキが全く効いてない事が分かりました。
20191222_0420191222_05
原因はフロントの「ブレーキケーブル」と「ブレーキカム」の固着で、ケーブルはインナーがサビて固着していたので、「ブレーキ・ケーブル」を新品に交換して対処しました。
20191222_0620191222_07
「ブレーキカム」は油切れで固着しているようなので、分解してサビ落し&グリスUPを施しスムーズに動くようにしました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

アドレスV125 タイヤ&ブレーキ交換!

当店には2回目の来店になる方で、今回も「エンジンオイル」の交換を頼まれました。
20191214_01
バイクは’07年式の「ADDRESS V125」で、距離も5万3千キロ以上走っているようですし、2回目の来店でもあるので、軽くバイクの回りを診てあげました。

するとフロントの「タイヤ」と「ブレーキパッド」が交換時期で有る事が分かったので、お勧めして交換をさせて頂く事になりました。
20191214_02
「ブレーキパッド」は、2.5mm残しくらいの丁度良い交換タイミングって感じでしたが、「タイヤ」に関してはスリップ・サイン(磨耗限度表示)が消え掛かるまで減っており、ヒビ割れも酷く危ない状態でした。
20191214_0320191214_04
スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあり、そのどれか1つでも現れた場合は、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

またのご利用をお待ちしております。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

FAZE ブレーキ交換

「FAZE」の「ブレーキパッド」交換を頼まれました。
20191213_01
左の「ブレーキレバー」を握った時にカシャカシャ音が出ているようなので、後輪側の「ブレーキパッド」がダメなようです。

当店で’10年に販売した車両ですが、走行距離も9万キロに到達するので、「ブレーキディスク」の方も損耗が激しい状態でした。

こちらも以前から交換を勧めておりましたが、流石に限界を超えてるので、今回は同時に交換させて頂く事になりました。
20191213_0220191213_03
リヤの「ブレーキパッド」は、今回で6回目の交換となりましたが、前回の交換から1万2千キロ交換してなかったので、摩擦材が完全に無くり台座の地金まで出ておりました。
20191213_0420191213_05
新車から初となる「ブレーキディスク」の交換を終えたあと、もう一つ頼まれていたリヤ「タイヤ」の交換を行いました。
20191213_0620191213_07
こちらは前回の交換から約9千キロで、新車から8回目の交換でした。

最後に2万キロ近く交換してなかった「エアフィルター」と、「エンジンオイル」&「オイルフィルター」を交換して全ての作業を終えました。
20191213_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

PCX150 ドリブンベアリング損傷!

’15年式「PCX150」に乗る方で、当店には始めてのお客様でした。

前後の「タイヤ」と「ドライブベルト」の交換を中心に、他にも幾つかの不具合が有るようで、直して欲しいと頼まれました。

数年前に中古車で買ったと云う、2万5千キロほど走る車両でした。
20191211_01
お客様的には然程の自覚は無かったようですが、入庫の時点で車両を押し歩きしている段階から、駆動系から「ゴーゴー」異音が出ておりました。
20191211_0220191211_07
これ系のエンジンなので、恐らくは「ドリブンフェイス」の「ベアリング」損傷のようですが、念のため駆動系をバラしてみました。
20191211_0320191211_04
「トランスミッション」に問題が無く、「ドリブンフェイス」を外すと音は止まるので、ここの「ベアリング」が間違いなくダメなようでした。
20191211_0520191211_06
序に駆動系を総点検した結果、「クラッチュー」や「トルクカム」の損耗も無いので、お客様ご依頼の「ドライブベルト」に追加して、ドリブンの「ベアリング」打ち換えと、ドライブ側では「スライドピース」と「ウエイトローラー」までを交換とさせて頂きました。
20191211_0820191211_09
入庫の際の点検では、フロントの「ブレーキパッド」も全く無くなっていたので、こちらも追加で交換させて頂きました。
20191211_1020191211_11
次に頼まれていた「タイヤ」と「エンジンオイル」の交換を終え、残りの依頼作業を行いました。
20191211_1220191211_13
動かなくなっていた「ピリオンステツプ」に関しては、単に油切れでサビ付いていただけだったので、油を注して直しました。

失くしてしまったと云う?「フューエルフィラーキャップ」も付けてあげて、依頼の作業は全て終わりの筈でしたが、ここまでの過程で、この車両も未実施の「リコール」対象車で有る事が分かりました。

最後に「LEDコントロールユニット」を対策品に交換する「リコール」もやってあげて、全ての作業を終えました。
20191211_1420191211_15
また何か御座いましたらご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

ZZR1100 フロントフォークOH

<ウミ坊主様>の「ZZR1100」が「車検」でした。

「タイヤ」の交換は1週間前に終わっておりますので、残りの作業としては前後「サスペンション」のOH(オーバーホール)と、ブレーキ&クラッチのフルード交換です。

前側「フロントフォーク」に関しては、車検(2年毎)毎に「オイル」交換だけはして来てますが、OH(分解整備)となると実に12年振りの実施となりました。
20191210_01 20191210_06
今回は右側の「インナーチューブ」にオイルの滲みが確認され、長く「オイルシール」や「ブッシング」などの交換もやって無かったので、この機会にフルOHする事になりました。

今回実施のOHでは、「オイルシール」&「ダストシール」に、うちのモトクロッサーでも採用している「SKF」製を投入してみました。
20191210_02 20191210_03
これは純正比20%以上も低いフリクションで、耐久性も大幅UPされている製品なので、<ウミ坊主様>にお勧めしてみました。
20191210_04 20191210_05
前回のOHから12年で2万6千キロしか走っておりませんでしたが、「ブッシング」(スライドメタル)に関しては、磨耗が進行して合口が広がってました。
20191210_07 20191210_08
「オイル」は何時の「SPECTRO」で交換し作業を終えました。

こちらも車検(2年毎)毎にやってるブレーキ&クラッチのフルード(液)も交換し、「車検」も無事に終わりました。
20191210_09 20191210_10
後側「リヤクッション」(OHLINS)までは、一日で作業を終える事が出来ないので、当初の予定通りに一旦ノーマルサスに換えて、出庫とさせて頂きました。

お預かりした「OHLINS」の方は、1週間から10日程度でOH完成予定です。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

DIOブレーキ固着!

「DIO」の「点検」を頼まれました。

当店で’12年に販売した車両ですが、なんと今回の来店は5年5ヶ月振りでした。
20191128_01
新車から8年目に入った車両は、走行1万5千キロ近く走っておりました。

最後の来店から7千4百キロほど走行しておりましたが、その間は「エンシンオイル」の交換すらしてなかったようです。

そのバイクに久し振りに乗ったところ、フロントが激しく取られて危険を感じたらしく、この際に全部診てもらおうと来店されたようです。

フロントの異常は単に「タイヤ」の空気が抜けていただけでしたが、その「タイヤ」は新車から7年3ヶ月の間一度も交換されておりませんでした。
20191128_0220191128_03
経年劣化した「タイヤ」は、磨耗して溝も殆ど無くなりかけておりましたが、それ以上にヒビ割れが酷く発生して危険な状態でしたので、こちらは新品に交換とさせて頂きました。

1万キロ以上も走行していて、未だ定期交換を必要とする消耗部品は一切交換してないので、一先ず「エンシンオイル」と「点火プラグ」に「エアフィルター」の交換をしながら、他の部分の点検をして行きました。
20191128_0420191128_05
するとリヤ(左)のブレーキが効いたまま戻ってないようで、にも関わらず「ブレーキレバー」の遊びがやたらに大きい事が分かりました。

ブレーキが効いたまま動かない原因は、単に「ブレーキカム」が油切れで固着しているようでしたが、そんな状態で暫く使い続けていたために、「ブレーキレバー」側のピボット(回転軸)部が減っちゃって、軸穴が広がりガタが生じて「ブレーキレバー」に異常な遊びが出ていたようです。
20191128_0620191128_07
「ブレーキカム」のオーバーホールと「ブレーキレバー」&「ピボットスクリュー」の交換を行った結果、ブレーキは引き摺りもなく正常に戻るようになりましたが、若干「ブレーキケーブル」も伸びちゃっているようで、微妙に「ブレーキスイッチ」が押せてないようでした。
20191128_0820191128_09
ブレーキを放しても時々「ブレーキランプ」が点く事があるようなので、最後にコンビブレーキ(前後連動ブレーキ)の「イコライザー」を調整してブレーキの修理を終えました。
20191128_1020191128_11
これ以外に球切れしていた「ヘッドライト球」を交換したり、脱落していた外装の「スクリュー」や「クリップ」類の取り付けなどをして全ての作業を終えました。

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

スーパーCUB ブレーキ固着!

このお客様も今まで何台もバイクを乗り換えて頂き、かれこれ30年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「SUPER CUB50 STD」に関しては、それまで乗って頂いてた「CD50」からの乗り換えで、’08年に購入を頂いたものです。

毎年3回は来店を頂きメンテナンスを受けて頂いておりましたが、今回に限っては1年振りの来店でした。
20191107_01
フロントのブレーキに異常があるらしく、1年(12ヶ月点検)点検と一緒に診て欲しいと頼まれました。

ブレーキは効きっ放しで、レバーを放しても戻ってない状況で、キーキー鳴ってバイクを押すのも大変な状態でした。

調べたところケーブルがインナーでサビて固着していたので、「ブレーキ・ケーブル」を新品に交換して対処しました。
20191107_02
「エンジンオイル」の交換も頼まれておりましたが、前回の交換から1年で、なんと6千5百キロも交換してなかったので、エンジンの中にはオイルが切れて殆ど入っておりませんでした。

エンジンからはガチャガチャ大きな異音が出ておりましたが、一先ずオイルを入れたら治まったようなので、様子をみて頂くことになりました。

その他の点検では、ヘッドライトの下向き点かないので「電球」を交換したり、ホーンが鳴らないので、スイッチの接点を修正してあげたりなどをして、ご依頼の1年点検を終えました。

新車から12年近く経ち、走行も7万キロ近く走りましたが、目指せスーパーCUB・・10万キロで、当店もお手伝いさせて頂きたいと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

CB1100RS ヘッドライト切替不能?

「デマースイッチ」が上下切替不能の訴えがありました。

1ヶ月振りに来店した<テッちゃん>の「CB1100RS」です。
20191106_01
「CB1100RS」はLEDヘッドランプだし、まだ新車から2年半で壊れる筈もないでしょうから、「デマースイッチ」の接点を磨いてあげたら呆気なく治りました。

雨続き台風続きだったので、この流れで他のスイッチ類のソケットなども外して、接点復活剤を注入しておきました。

ブレーキレバーもコキコキしていて全体的に油切れしているようなので、各部のグリスUPもしておきました。

本当は次のオイル交換時に予定をしていた、リヤの「ブレーキ・パッド」も入荷していたので、この来店序に少し早めでしたが交換させて頂きました。
20191106_02
リヤの「ブレーキ・パッド」は、新車から2万8千キロを超えて初めての交換でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧