カテゴリー「修理(ブレーキ系)」の402件の記事

パッド、ローター、マスター、キャリパー

2018年6月13日 (水)

フォーサイト9万キロ突破!

20180613_01FORESIGHT EX」の「ブレーキパッド」交換をしました。

このバイクは当店で販売したものではありませんが、’08年くらいから彼此10年以上診ている常連様の車両です。

’99年式の車両で走行1万8千キロくらいの頃から診てますが、新車から19年経つ今回、なんと走行9万キロを突破しました。

今回は10日ほど前に「エンジンオイル」の交換で来店された際に勧めていた、フロントの「ブレーキパッド」交換でお越し頂きました。

フロント側ブレーキは、「ブレーキディスク」も丁度1年くらい前の8万キロを越した頃に1度交換してますが、「ブレーキパッド」に関しては、今回が8回目の交換となりました。
20180613_02 20180613_03
概ね8千~9千キロで交換して来ておりますが、今回は少し交換が遅れてしまったようで、摩擦材のスリットも消えてしまってました。

次回は、もう少し早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

カゼ50ブレーキシュー交換

20180612_01当店で’14年に販売した「X'pro風50」です。

このお客様も年3~4回のペースで頻繁に来る方で、今回も「エンジンオイル」の交換でお越し頂きました。

作業の合間いつものように軽くバイクの周りをサービス点検しあげたところ、リヤ「タイヤ」にスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出ており、「ブレーキシュー」の調整代も無くなり交換時期でした。

どちらもホイールを外す丁度いいタイミングなので、追加で「タイヤ」&「ブレーキシュー」も一緒に交換させて頂きました。

フロント側の「タイヤ」は過去に1度しか交換しておりませんが、リヤ側は今回で2回目の交換となりました。
20180612_02 20180612_03
新車から3年7ヶ月で1万4千キロほど走る車両ですが、「ブレーキシュー」に関しては今回が始めての交換でした。

最後に「エンジンオイル」の交換を行い全て作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

シグナス ブレーキパッド交換!

20180607_03_2「CYGNUS」にお乗りの方から「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

初めての方かと思ったら3月にも来た事があり、「タイヤ」交換をやったお客様でした。

この’13年式「CYGNUS」は、ご友人から譲り受けたもので、過去の整備状況も分らないらしいので、せっかく今回リピートして頂いた事でもありますし、軽くバイクの周りを診て差し上げました。

するとフロントの「ブレーキパッド」摩擦材が全く無くなってる事が分かり、急遽「ブレーキパッド」も追加で交換させて頂く事になりました。
20180607_01 20180607_02
外した「ブレーキパッド」はピストン側が台座の地金が出る寸前まで磨耗し、反対側もスリットが消えかかるほど減っておりました。

ヤバイところで気が付き交換できて良かったネ!

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

シグナス バッドピン固着!

20180602_04「CYGNUS」にお乗りの方から前「タイヤ」と、「ブレーキパッド」の交換を頼まれました。

初めての方かと思ったら1月にも来た事があり、更に調べると3年ほど前にも1度来店され、「エンジンオイル」の交換をやった事のあるお客様でした。

今日は、その1月の来店時に勧めておいた消耗部品の交換で来て頂きましたが、あれから4ヶ月以上経ち距離も千キロ以上走っちゃっていたので、「タイヤ」はスリップサイン(磨耗限度表示)も消えかかり、溝が殆ど無くなり掛けておりまし20180602_01_2た。

減りも然る事ながら経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)も酷かったので見てみたら、なんと!’09年11月製造の「タイヤ」が付いておりました。

この「CYGNUS」は’10年式なので、恐らく今回が新車から8年目で初めて行う前「タイヤ」の交換だったようです。

これらの消耗部品は早急に交換するよう勧めていたのですが、あれから4ヶ月以上も交換を引き延ばしてしまったので、「ブレーキパッド」も摩擦材が無くなり酷い状態になっておりました。
20180602_02 20180602_03
そして恐らくブレーキのメンテナンスもやってなかったようで、キャリパーのピストンはサビサビな上に汚れがたっぷり堆積しておりました。
20180602_05 20180602_06
嫌な感じはしてたのですが、極め付けで例のパッドピンが固着し、案の定ビクともしませんでした。
20180602_07_2 20180602_08
このパッドピンを抜き取るのに今回も2時間以上の時間を費やし、なんとか「ブレーキパッド」の交換を終えましたが、暫くの間「ブレーキパット」の地金でブレーキしていたため、ディスク板の方もかなり荒れちゃっておりました。

こちらは軽くローター面を磨いておきましたが、「ブレーキ液」なんかも交換してないようなので、一度ちゃんとした整備をするようお勧めします。

原付と言えども乗りっ放しのノーメンテでは、その先かえって高い修理代がかかりますので、今後は定期的な点検・整備を受けて頂けますようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月26日 (土)

TZR250SPR 12ヶ月点検!

20180526_01<ウミ坊主様>から先日の「ZZR1100」に続き、今度は「TZR250SPR」方のメンテナンスを頼まれました。

3年振りの入庫で「12ヶ月点検」と「ミッションオイル」の交換依頼でした。

暫く乗ってなかった割にはエンジンも掛かり、本人的には調子よく此処まで乗って来れたと・・・・

さっそく作業に掛かりました。

こちらは「ZZR1100」よりも放置期間が長いようで、その間エンジンは掛けていたようです20180526_03_3が、なんか吹けが悪く1発カブって死んでるような感じでした。

なのでエキパイ触って診たところ、右エンジン側が冷たく爆発してないようです。

そこで「キャブレター」のドレンを排出して診たところ、強烈な腐敗臭とともに腐ったガソリンが出てきました。

この匂いで私は体調が悪くなるほどで、その後一週間以上も店内に漂っておりました。

20180526_02燃料タンクの中も真っ赤々に錆々で、キャップの裏には白カビのような錆がふいてました。

急遽「キャブレター」のオーバーホール(OH)になりましたが、イレギュラーな展開で当日作業は無理なので、車両はお預かりとなりました。

後日「キャブレター」のOH(分解清掃)を行い、燃料タンク内やキャップ裏側の錆も落とし、「点火プラグ」も換えて作業を終えました。

エンジンが調子を取り戻したところで、最初に言われてた「12ヶ月点検」と「ミッションオイル」の交換を行い、8年以上やってなかった「ブレーキ液」も前後で交換し、全ての作業を終えました。
20180526_0420180526_05
20180526_06
20180526_07
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

ZZR1100 レバー類交換!

<ウミ坊主様>からカスタムと言うか?修理の依頼で、ブレーキ&クラッチのレバー交換を頼まれました。

<ウミ坊主様>も暫く乗ってない時期がありましたが、また去年くらいから乗り始めました。

調子を崩していた「ZZR1100」も、この1年を通して修理を重ね、やっと本調子になりました。

特に最近は毎週バイクに乗ってるようで、「エンジンオイル」や「点火プラグ」の交換などで頻繁に来店されてます。
20180523_01
その矢先にやってしまったようで、ある日バイクを押して急な坂道を登っている最中に倒してしまったようです。

被害は最小限でしたが、「ブレーキ・レバー」が折れてしまいました。

この「ZZR1100」はブレーキもクラッチ側も「Brembo」の「マスターシリンダー」に換装してますが、それも15年以上前の可倒しないタイプの鋳造品なので、切欠の所でポッキリ折れました。

今回はそれの修理の依頼でレバー交換を頼まれましたが、どうせ交換するなら「Brembo」純正に拘らず、最新の可倒式タイプをお勧めしました。
20180523_02 20180523_03
これなら転倒によるダメージを最小限に抑えてくれて、高速領域での風圧をかわすベンドホールも付いてますし、アルマイト処理された全面切削加工品なので見た目もカッコいいです。
20180523_04 20180523_05
そんな流れで「クラッチ・レバー」側も同じタイプの可倒式へ交換し、少しキズの付いたアンダーカウルの「キャップホルダー」も新品交換して作業を終えました。
20180523_06 20180523_07
また頼まれた修理が発端でカスタムしちゃいました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

フェイズ フェンダー交換

20180522_01約9ヶ月振りに「小田原」から来てくれたのは、当店で2010年に販売した「FAZE」のお客様です。

4日前に連絡があり、今回は割れてしまったフロント「フェンダー」と、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

頻繁に来れる方ではないので、他にも交換が必要な部品はないか調べておきました。

新車から8年目のバイクですが、未だ月平均で8百キロ強は走っているようなので、総走行距離は6万6~7千キロくらいと想定し、過去の整備歴をチェックしてみました。
20180522_03 20180522_02_2
すると前回の来店でリヤ「タイヤ」は換えてますが、フロント「タイヤ」は1年半前に交換してから1万6千キロくらいは交換してないようなので、事前にフロント「タイヤ」だけは注文を入20180522_05れて準備しておきました。

予定通り来店され車両を点検してみたところ、案の定フロント「タイヤ」は交換時期を超えて損耗激しかったので、頼まれていたフロント「フェンダー」と共に新品に換えさせて頂きました。

それからリヤブレーキから異音がするとの訴えもあったので調べたら、「ブレーキパッド」の摩擦材が全く無くなっておりました。

20180522_04こちらも1万6千キロ近く交換してなく地金の一部がディスクに当たっておりました。

同様に「点火プラグ」も2万5千キロ近く交換してなく、「ブレーキパッド」も「点火プラグ」も在庫があったので新品に換えさせて頂きました。

最後に球切れしてた右前「ウインカーバルブ」と、「エンジンオイル」の交換を行い今回の全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

シグナス「エンジン警告灯」

「CYGNUS X」にお乗りのお客様から、「エンジン警告灯」が点灯しているとの訴えがあり修理を頼まれました。
20180519_01 20180519_02
このお客様も年2~3回ペースで起こし頂く方で、車両は当店で販売したものではありませ20180519_05んが、かれこれ7年以上のお付き合いを頂くお得意様です。

エンジン自体に不具合は出てないようでしたが、何処かで何らかのトラブルが起きてるには間違いないので調査して行きました。

専用ツールを接続しエラーコードを検出したところ、42の「スピードセンサー」だったので更に調べたところ、スピードメーターが動いておりませんでした。

若しかしてと思い「メーターケーブル」を調べたところ、あっけなく「メーターケーブル」が切れてる事が分かりました。
20180519_03 20180519_04
原因が分かったので「メーターケーブル」を新品に交換し、無事に「エンジン警告灯」も消え修理を終えました。
20180519_06 20180519_07
せっかく来店頂いた序なので、軽くバイクの回りを診て差し上げたところ、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期なのと、そろそろ「ブレーキ液」の方も前回の交換から2年近く経つので、交換させて頂き全ての作業を終えました。
20180519_0820180519_09
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

2018第6回サーキット走行会!

「VT250SPADA」今年6回目、GW期間中2回目の「桶川スポーツランド」でした。

4日前の桶川が凄く暑い日で、エンジンも調子出なかったようなので、キャブレターセッティングを少し見直して行きました。
20180502_01_3 20180502_06_2
M/Jは変更せずにニードルの位置を薄い方へ、P/Jも変更せずにP/Sで調整しました。

燃料の「キャッチタンク」も見直し、ワンウェイ バルブを廃止して、直接大気に開放してエアベントし易くしました。
20180502_02_220180502_03_2
ラジエターの「リザーブタンク」も吹いてたようなので、現行のものを廃止して、容量の大きいものへ変更しました。
20180502_04_220180502_05_2
今回はフロントの「ブレーキパッド」も換えて行きました。
20180502_07_2 20180502_08
そろそろ換える予定だったのですが、鳴きも出始めているようでしたので交換しました。

それと「リヤサスペンション」を調整して車高を少し上げて行きました。

ますますバンク角が深くなってるようですが、前回から逆チェンジにした事もあり、チェンジシャフト側アームのピロボールが接地していました。
20180502_09 20180502_10
一日上級クラスで走ったようですが、キャスターも幾分立って旋回性も良くなったようで、約4ヶ月振りに0.1秒だけ自己ベストを更新したそうです。

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

フェイズ ブレーキ異音!

20180503_01このお客様も当店で何台もバイクをお乗り継ぎ頂き、もう11年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「FAZE」に関しては’12年に、それまで乗ていた「DIO」からの乗り換えで、今年で新車から6年目に入り、距離も3万キロを超しました。

GWに入った一昨日連絡があり、リヤブレーキからカシャカシャ異音がしていると一報がありました。

20180503_02さっそく来店頂き調べたところ、やはり「ブレーキパット」の残量が全くありませんでした。

恐る恐る「ブレーキパット」を外してみたところ、やはり摩擦材が完全に無くなり台座の地金まで出ておりました。

暫くの間「ブレーキパット」の地金でブレーキしていたため、ディスク板の方も荒れておりましたが、こちらは軽くローター面を磨いてあげて処置しておきました。
20180503_0320180503_04_2
フロントの「ブレーキパット」は過去に1回交換しておりますが、リヤの「ブレーキパット」に関20180503_05しては今回で2回目の交換となりました。

次回は、もう少し早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧