カテゴリー「修理(ブレーキ系)」の507件の記事

パッド、ローター、マスター、キャリパー

2020年3月21日 (土)

VTR ブレーキ液交換!

「VTR250-F」の「点検」を頼まれました。

当店で’17年に新車で販売した車両です。
20200321_01
本当は新車から2年目だった半年前に1年「点検」の予定でしたが、その頃から公私ともに忙しかったようで来店されませんでした。

そんな感じで今回は8ヶ月振りの来店となりましたが、やはり前回の1年「点検」からは2千キロ程度と走行距離も伸びておりませんでした。

なので今回は「タイヤ」空気圧などの軽い「点検」だけに留めて、1年8ヶ月ほど換えてなかった「エンジンオイル」と、新車から一度も換えてない「ブレーキ液」だけを交換させて頂きました。
20200321_0220200321_03
20200321_0420200321_05
引越されて住所が変わっていたので、最後に「任意保険」の住所変更もやらせて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

N-MAX ブレーキ液交換!

「N-MAX」の12ヶ月「点検」を頼まれました。
20200318_01
始めてお越しのお客様かと思いましたが、4年半くらい前に一度だけ、「VJR125」の「エンジンオイル」交換をした事のある方でした。

このバイクは約1ヶ月ほど前に中古車で購入したと云う2018年式の車両で、距離は7千4百キロほど走ってました。

走行距離は短いようでしたが、新車から2年近くは経っている中古車なので、ここでちゃんと点検だけはしておこうと思ったようです。

点検中に診たところ「 ブレーキ液」が真っ黒でした。
20200318_0220200318_03
汚れ方からして新車から2年の間一度も換えて無さそうでしたので、こちらもお勧めして交換させて頂きました。
20200318_0420200318_05
また何か御座いましたらお気軽にお申し付け下さい。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

PCX125ベルト交換2回目!

「PCX125」の整備を頼まれました。

去年の暮れに「エンジンオイル」の交換で来店された際に、お勧めしていた内容です。
20200313_01
新車から7年2ヶ月が経ち走行距離は4万6千キロを超えておりましたので、今回で2回目となる「ドライブベルト」の交換やリヤ「タイヤ」の交換です。
20200313_0220200313_05
駆動系は2回目ともなると、他の消耗部品も交換時期となる場合がありますが、今回の点検では「クラッチシュー」や「トルクカム」の損耗も無く、「ウエイトローラー」と「スライドピース」の追加交換くらいで済みました。
20200313_0320200313_04
「トルクカム」のグリスUPと、「ドリブンフェイス」の「ニードルベアリング」が油切れで少し音が出ていたので、こちらにもグリスUPして組み上げました。
20200313_0620200313_07
リヤ「タイヤ」は今回で新車から4回目の交換となりました。

フロント「タイヤ」は、まだ2回しか換えてないので、やはり駆動輪のリヤ側の方が減りが早いようです。
20200313_0820200313_09
この際に今回が新車から初となる「ブレーキシュー」も交換させて頂き、お勧めしていた全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

モンスター696ブレーキ交換

「MONSTER696」のリヤブレーキ交換を頼まれました。1年数ヶ月前から来店するようになった近所のお客様です。
20200312_01
今まではYAMAHAの「MAXAM」や「V-MAX」のメンテナンスを依頼されていましたが、今回は外車のDUCATIでした。

9千キロくらいしか走ってない車両でしたが、長らく「ブレーキパッド」を交換してなかったらしく、摩擦材が完全に無くなり台座まで出ちゃってました。
20200312_0220200312_03
その台座の地金で長くブレーキを続けていたようで、「ブレーキディスク」の方も酷く荒れてしまいました。
20200312_04
そんな訳で、今回はお客様のご指示で両方交換させて頂く事になりました。
20200312_0520200312_06
パーツは純正品を使わず、これもお客様ご指名の社外製で交換する事になり、ARASHI製「ウェーブディスクローター」と、DAYTONA製「ゴールデンパッド」で交換させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般に「ブレーキ・パッド」の摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際には「ブレーキ・パッド」は片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

アドレスV125 ブレーキケーブル交換!

「Address V125」の「ブレーキケーブル」を交換しました。
20200304_01
去年の秋頃から来てくれるようになったお客様の車両で、リヤブレーキのレバー(左)付根でケーブル切れしてました。

ケーブルが切れるなんて珍しい話ですが、2007年式の車両で、走行は5万9千キロを超えてます。
20200304_0220200304_03
ケーブルは消耗部品とまでは言いませんが、流石に新車から13年で6万キロ近く乗ってるので、切れても仕方なかったんでしょうネ!
20200304_04
また何か有ればご相談ください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

自転車修理3連発!

バイク屋なのに「自転車」の修理が3連ちゃんでした。

1台目の「自転車」は、強風で駐めてた「自転車」が倒れてしまい、その後から「スタンド」が壊れて立たなくなったようで、修理を頼まれました。
20200229_07
原因は、「スタンド」の「スプリング」を止めてるベース側の穴が破損してしまい、「スプリング」が外れてました。
20200229_0820200229_09
流石にバイク屋なので「スタンド」の在庫は無かったので、破損した穴の横に新規で別の穴を開け直し、そこに「スプリング」を引っ掛けられるようにして、修理を終えました。

2台目の「自転車」は、前「ブレーキ」が甘く、キィーキィー音も出ているようで、修理を頼まれました。
20200229_0120200229_06
「ブレーキ」は遊びが多く握り代が殆ど無い状態でしたので、最初は調整すれば直るかな?と思っておりましたが、それ以前にブレーキキャリパーに付いてる「ブレーキシュー(フナゴム)」が、減って殆ど無くなっている事が分かりました。
20200229_0220200229_05
これ位の部品なら当店にも在庫があったので、直ぐに「ブレーキシュー」を交換して、「ブレーキケーブル」の調整もして修理を終えました。

3台目の「自転車」は、前「タイヤ」のパンク修理で来店でしたが、前回の「タイヤ」交換から2年以上経っていたので、この際なので「タイヤ」ごと新品に交換させて頂きました。
20200229_0320200229_04
皆さん毎度有り難う御座いました。

国道に面して営業する当店には昔から「自転車」が故障(主にパンクですが)して、お客様が飛び込んで来るケースが多いので、帰れず困ってる方を少しでも助けられればと思い、多少は「自転車」の修理も出来るようにしています。

タイヤやケーブル類など自転車専門店じゃないので種類や在庫数は少ないですが、まぁ普通のママチャリ程度の簡単なメンテナンスなら出来るようになってます。

ヨロシクおねがいします。

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

ブレーキパッド交換3連発!

「ブレーキパッド」ばかり3連ちゃんで交換でした。
20200228_01
1台目の’11年式「DIO110」は、女性の方が通勤で使ってる車両ですが、なんと!新車から7年3ヶ月で、2万7千キロ近く走ったところで、今回が初めての「ブレーキパッド」交換でした。
20200228_0220200228_03
走り方が優しいんですネ!

20200228_04
2台目の’17年式「REBEL250」は、1万1千キロほど走っておりますが、今回交換したリヤの「ブレーキパッド」は、新車から2回目の交換でした。
20200228_0520200228_06
概ね5千5百キロの早いペースで交換になっておりますが、フロント側の「ブレーキパッド」は未だ一度も交換してないようなので、リヤブレーキをメインに使って乗ってる方のようです。

20200228_07
3台目の’10年式「PCX125」は、前回の交換から9ヶ月で1万3千キロも走っているようで、今回が新車から9年9ヶ月7万4千キロほど走ったところで、4回目の「ブレーキパッド」交換となりました。
20200228_0820200228_09

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般に「ブレーキ・パッド」の摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際には「ブレーキ・パッド」は片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようお願いします。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

皆さん毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

ブレーキ液交換3連発!

「ブレーキ液」ばかり3連ちゃんで交換でした。
20200223_01
1台目の’12年式「UMI100」は、前回の交換から2年半経過で、新車から3回目の交換をさせて頂きました。
20200223_0220200223_03
こちらは2年半で3千4百キロ程度しか走ってなかったので、それほど「ブレーキ液」は汚れておりませんでした。
20200223_04
2台目の’08年式「LEAD110」は、前回の交換から丁度2年を経過したところで、新車から6回目の交換をさせて頂きました。
20200223_0520200223_06
まだ2年ですが、走行は1万キロ近く走ってたので、その分ブレーキの回数も多い事から、最初の「UMI100」より汚れている感じでした。
20200223_07
3台目の’12年式「SR400」は、当店には初めてのお客様で、今まで交換した記憶が無いらしいので、お勧めして交換させて頂きました。
20200223_0820200223_09
こちらは汚れ方がハンパなかったので、恐らくは新車から8年一度も交換してなかった感じでした。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

皆さん毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

シグナスX ブレーキ整備!

「エンジンオイル」の交換で来店されたお客様から、フロント「ブレーキ」からの異音も診て欲しいと頼まれました。

当店では始めて見る車両かと思いましたが、2年以上前に一度「タイヤ」や「ドライブベルト」を交換した事のある車両でした。
20200208_01
「ブレーキ」は、詳しく診るまでもなく「ディスク」と「パッド」がダメでした。

あれからノーメンテで1万キロ以上走っていたようで、摩擦材の無くなった「パッド」で長く走り続けた結果、「ディスク」の方も激しく痛めておりました。

これが異音の原因なので、本来は「ディスク」と「パッド」の両方を換えないどダメなのですが、4万キロ近く走る’11年式の古い車両なので、今後バイクを乗り換える事も考慮して、今回は「パッド」交換だけ行う最低限の作業に留める事になりました。
20200208_0220200208_03
これだけノーメンテで乗りっ放しだった車両なので、このバイク特有の「パッドピン」の固着や、「ピストン」回りの作動不良が心配でしたが、慎重に清掃と給油をしながら作業を行った結果、無事に「パッド」の取り外しまで終える事が出来ました。

最後に「パッド」を「キャリパー」にセットする段階で、ブレーキラインの圧を抜くため「マスター」のキャップを外したところ、「ブレーキ液」が超真っ黒でした。

これを見て、お客様的にも流石に即交換してくれと頼まれましたので、追加で「ブレーキ液」の交換も行いました。
20200208_0420200208_05
お客様曰く、新車から9年一度も交換した事がないようでした。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

アドレスV100 タイヤ交換

「ADDRESS V100」の「タイヤ」と「ブレーキパッド」交換を頼まれました。
20200202_01
約2ヶ月前にも壊れてた「メーター」を交換したバイクです。

その頃ネットオークションで買い付けた車両のようでしたが、「タイヤ」と「ブレーキパッド」も最初からダメだったようです。

前後の「タイヤ」は、溝も然る事ながら酷くヒビ割れしてる状態でした。
20200202_0220200202_03
20200202_0420200202_05
古い’03年式の「ADDRESS V100」(AG100SK3)でしたので、気になり「タイヤ」製造年月日を調べてみたら、フロント側にはバイクの年式と同じ17年前のものが付いてました。
20200202_0620200202_07
リヤ側にも7年前の「タイヤ」が付いており、フロント同様にトレッド面もサイドウォールもヒビ割れだらけでした。

「ブレーキパッド」の方も、摩擦材は殆ど無くなりかけておりました。
20200202_0820200202_09
「タイヤ」も「ブレーキパッド」も在庫があったので、そのままバイクを預かり夕方には完了してバイクを取に来てもらいたしました。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、
タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧