カテゴリー「修理(ブレーキ系)」の382件の記事

パッド、ローター、マスター、キャリパー

2018年2月15日 (木)

アドレスV125 ブレーキ液交換!

20180215_01このお客様とも彼此13年近くのお付き合いになります。

この「AddressV125」に関しては、’09年に、それまでお乗りの「Address110」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から10年目に入りました。 

この度は「エンジンオイル」の交換でお越し頂きましたが、その際に軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期でした。
20180215_02
序に気になったので調べたら「ブレーキフルード(液)」も2年半近く交換がなく、フロント「タイヤ」もヒビ割れだらけでしたので、一緒に全て交換させて頂く事になりました。

「ブレーキパッド」と「ブレーキフルード(液)」は今回で新車から3回目の交換でしたが、特に「ブレーキフルード(液)」に関しては汚れが酷く、真っ黒になってました。

2万6千キロくらしか走ってない車両でしたが、フロント「タイヤ」は前回の交換から3年8ヶ月が経っており、今回で新車から2回目の交換となりましたが、酷く劣化し固く硬化しておりました。
20180215_03_220180215_04
「タイヤ」は特に路面温度が低くなり、滑り易い時期にも入って危険な状態だったので、これで安心して乗って頂けると思います。
20180215_05 20180215_06
毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

リード110 スリップ転倒!

このお客様とも彼此13年近くのお付き合いになります。

この「LEAD110EX」に関しては、’10年に、それまでお乗りの「SPACY100」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から9年目に入りました。

20180211_01先日TELがあり、最近「バッテリー」が弱くなって、エンジン始動もままならないので交換して欲しいとの連絡がありました。

数日経って予約の日時になっても来店されないので、どうしたのかな?と思っていたところ予約の1時間後くらいにTELが入りました。

どうも前日の事らしいのですが、走行中に「タイヤ」が滑って単独事故を起こし、なんと足を骨折してしまったそうです。

と言う訳で代わりに息子さんが来店されるそうなので、今回の転倒による損傷具合も含めて診て欲しいと依頼されました。

転倒による損傷は車体回りの外装キズ程度で、走行に関わる不具合はありませんでしたが、「タイヤ」が前後共ダメで、今回の滑って転倒した原因も「タイヤ」にある事が分かりました。
20180211_02 20180211_03
前回1年ほど前に来店された際にも早目の交換をお勧めしておいたのですが、後輪「タイヤ」は前回の交換から2年1ヶ月ほど経ち、スリップ・サイン(磨耗限度表示)も出始めてる状態で、前輪「タイヤ」に至っては4年以上交換がなく酷く硬化しヒビ割れだらけの状態でした。
20180211_04 20180211_05
この流れで一通り診て行ったところ、「ブレーキパッド」と「エンジンオイル」も交換時期だったので、全て交換させて頂く事になりました。
20180211_06 20180211_07
初めに頼まれていた「バッテリー」を最後に交換して全ての作業を終えました。
20180211_08
毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低い今時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

アドレス110 ブレーキシュー交換!

20180207_01この「ADDRESS110」は当店で販売したバイクでは有りませんが、’05年くらいから彼此13年近く診ている車両です。

故障した時やカスタムの依頼などで、2年に1回くらいのペースで時々来店される方ですが、今回も久し振りの来店で、「タイヤ」や「ブレーキシュー」の交換を頼まれました。

時間の経ってるバイクの割には2万8千キロ程度しか走っておりませんが、今回頼まれたリヤ「タイヤ」は、なんと!前回の交換から10年近く20180207_02経っており、1万5千キロ近く走っておりました。

なので減りも然る事ながら「タイヤ」は経年劣化でヒビ割れだらけでした。

お客様もこの冬路面温度が低くなって来た頃から、やたら「タイヤ」が滑り易くなり不安になって、流石に交換を決めたようです。

’03年式のバイクのようでしたが、「ブレーキシュー」に関しても新車から15年で、初めての交換だったようでした。
20180207_03 20180207_04
どうりでブレーキはスカスカで全く効いてない状態でした。

フロントの「ブレーキパッド」もそろそろですし、フロント「タイヤ」もリヤ同様に古いままなので早めの交換をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年1月31日 (水)

アドレスV125 6万キロ整備!

20180131_01<中長老様>今年初来店で、通勤用「ADDRESS V125G」の方が、そろそろ6万キロに到達するので、まとめて必要な整備を依頼されました。

こちらの「ADDRESS V125G」は年平均でも6千キロ以上は走っているので、年3~4回ペースでお越しを頂き、「エンジンオイル」も2~3千キロペースで交換させて頂いてます。

その「エンジンオイル」から今回も交換させて頂き、今回は2万キロ毎に交換している「ドライブベルト」も時期なので、新車から3度目となる交換を行いました。
20180131_02 20180131_03
「ドライブベルト」と共に「ウエイトローラー」や「スライドピース」も損耗していたので同時に交換し、この作業でエンジンカバーを外す序にカバーに付いてる「ベルトクーリングフィルター」も一緒に交換しました。

それから前後の「タイヤ」も交換させて頂きました。
20180131_04 20180131_05
「タイヤ」は後輪が1年2ヶ月で8千4百キロほど走り6回目の交換となりましたが、前輪は2年7ヶ月振りの交換で、なんと1万6千キロ以上も走り新車から4回目の交換となりました。
20180131_06 20180131_07
後輪はスリップ・サイン(磨耗限度表示)も出始め丁度いい交換タイミングでしたが、流石に前輪側は経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)も出始めており、路面温度が低くなり滑り易い時期にも入るので、安心して乗りたいとの希望から交換をさせて頂きました。
20180131_08 20180131_09
それから丁度良いタイミングで「ブレーキシュー」も交換時期だったので、どうせホイールを外す序でもあったので一緒に交換させて頂きました。

「ADDRESS V125G」の整備が一通り終わり、この後入替で「CRF250L」も持って来て頂き「バッテリー」の交換をしました。
20180131_10 20180131_11
先日「ADDRESS V125G」方も「バッテリー」が寿命となり交換したので、「CRF250L」の方も新車から5年8ヶ月ほど経ち弱って、この冬を越せるか心配なので交換させて頂きました。

毎度有難う御座いました。

本年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

リード110 ブレーキパッド交換!

20180127_02_4このお客様も当店で何台もバイクをお乗り換え頂き、かれこれ12年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「LEAD110」に関しては、それまでお乗りの「SPACY100」からの乗り換えで、2008年に購入を頂いたものです。

この度は「エンジンオイル」の交換でお越し頂きましたが、その際に軽くバイクの周りを診て差し上げたところ、フロントの「ブレーキパッド」が交換時期を越していたので交換をお勧めしまし20180127_01_4た。

5万2千キロ近く走ってる車両で、新車から今回で4回目の交換になりましたが、前回交換したのが1年7ヶ月前の4万2千キロの時だったので、今回は約1万キロ近く交換しておりませんでした。

ちょっと気付くのが遅かったようで、「ブレーキパッド」の摩擦材は殆ど無くなり、台座の地金が薄っすら出始めておりました。

序に気になったので調べたら「ブレーキフルード(液)」も2年近く交換してなかったので、一緒に交換して全ての作業を終えました。
20180127_0420180127_05
毎度有り難う御座いました。

20180127_03_2「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

自転車 ブレーキ&タイヤ交換!

20180120_01今日は朝から<ヤス坊さん>よりTELがあり、自転車の「ブレーキ・ケーブル」が切れたようで交換を頼まれました。

さっそく来店を頂き切れた方(フロント側)のブレーキ周りを診たところ、「ブレーキ・ケーブル」もレバーの根本で切れておりましたが、ブレーキキャリパーに付いてる「ブレーキ・シュー(フナゴム)」もかなり減っている事が分かりました。

たまたま両方とも在庫があったので、直ぐに交換作業は完了しましたが、更に全体を見渡したところリヤ「タイヤ」がツルツルに減ってる事が分かりました。
20180120_02 20180120_03
調べるとリヤ「タイヤ」は前回の交換から6年6ヶ月ほど経過している事が分かり、序に調べるとフロント「タイヤ」も6年2ヶ月ほど経っている事が分かったので、この序に前後とも交換させて頂きました。
20180120_04 20180120_05
ちなみにリヤの「ブレーキケーブル」は2年10ヶ月前に交換しておりますが、今回のフロント「ブレーキケーブル」は11年と1ヶ月ほど交換しておりませんでした。

「ブレーキ・シュー(フナゴム)」に関しては、6年2ヶ月振りの交換でした。

毎度有難う御座いました。

本年も宜しくお願いいたします。

当店は基本バイク屋さんなので、「タイヤ」や「ケーブル類」など自転車専門店のように種類や在庫数も少なく、取り寄せになる事もありますが、こんな普通のママチャリ程度の簡単なメンテナンスなら出来ます。

近所で自転車修理にお困りの方ご相談ください。

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

VT250スパーダ ハンドル位置変更!

20180118_01また週末に走りに行くかも知れないので、レーサー「VT250SPADA」の仕様を少し変えてみました。

一昨年に交換した社外「ハンドル」の位置変更です。

この「ハンドル」は、トップブリッジ上(ノーマル位置)でも純正ハンドルより30mm以上位置が下がるので、今まではノーマル位置(トップブリッジ上)に、そのまま装着しておりました。

あれから3年近くサーキットを走って来て、ライディングフォームも変化して来ているようで要求度が高まり、今回「ハンドル」を更に低い位置に装着し直す事になりました。

トップブリッジの下へ「ハンドル」を移設となりましたが、これで更に26mm以上下がったので、純正ハンドル比で約56mmほど下になりました。
20180118_02 20180118_03
跨った感じは殆ど「CBR600RR」などのSS系と変わらないくらいになりました。

「ハンドル」位置の変更に伴い、「スロットルケーブル」や「ブレーキホース」の取り回しも変更となりましたが、「ブレーキホース」だけは一度「マスターシリンダー」から脱着を要したので、エア抜きついでにリヤ側も含め「ブレーキ液」を交換しました。
20180118_04 20180118_05
「ブレーキ液」は頻繁に交換してるので殆ど汚れてませんでしたが、他の油脂類としては「エンジンオイル」が前回の交換からサーキット4回走行で、1年と1ヶ月ほど経つので交換する事にしました。
20180118_06 20180118_07
今回は先日「三和化成工業株式会社」様から送って頂いた、特製レーシングオイルを試させて頂く事になりました。
20180118_08 20180118_12
今まで使用の「VERITY」ベースの「SUPER RACING」オイルです。
http://verityoil.com/

20180118_10 20180118_11
油脂類つながりで「冷却液」も3年と4ヶ月ほど交換してなかったので、これも先日入荷したばかりの「ELF」の「RACING COOLANT」を使用して交換いたしました。
http://www.elf-lub.jp/products-for-race/lubricants/coolant/racing-coolant-organic.html
20180118_09

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

スーパーカブ110 タイヤ&ブレーキシュー交換!

20180109_01「Super Cub 110」の「タイヤ」や「ブレーキシュー」を交換しました。

このバイクは<ヒトシくん>が通勤などで使ってる方ので、先日「エンシンオイル」の交換で来店された際に、フロントブレーキの違和感を訴えられたので診てみたら、2ヶ月ほど前にやったリヤ側と同じで、「ブレーキカム」が油切れのようでした。

20180109_02丁度良いタイミングで「タイヤ」も「ブレーキシュー」も交換時期だったので、どうせホイールを外す序でもあったので、「ブレーキカム」の給油と一緒に交換させて頂きました。

「ブレーキカム」は完全に油切れしてサビサビになっていたので、分解して綺麗に磨いてあげてから新しいグリスを入れておきました。

20180109_03この’09年式「Super Cub 110」は、新車から6年半で2万7千キロほど走ってますが、「ブレーキシュー」に関しては初めての交換となりました。

「タイヤ」は後輪が去年2回目の交換を終えておりますが、前輪も今回で2回目の交換となりました。

交換した前輪「タイヤ」は前回の交換から丁度3年でスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えかかっておりましたが、劣化も酷くヒビ割れだらけでした。
20180109_04 20180109_05
路面温度が低くなり滑り易い時期なので、早目に交換して良かったと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年12月19日 (火)

フォルツァ 始動不能!

「バッテリー」上がりの訴えがありました。

当店で2004年に販売した「FORZA」です。

新車から13年ちますが、走行距離はやっと1万5千キロを超えたくらいの車両です。

月平均で百キロも走らない方なので、2008年頃から「バッテリー」上がりを多発しておりました。

20171219_01その度に補充電を繰り返し延命して来ましたが、遂に今年の4月補充電も受け付けなくなり、寿命が尽きた「バッテリー」を新品に交換しばかりでした。

それから8ヶ月で百45キロしか乗ってないようなので、また「バッテリー」が上がたのかと思いましたが、「エンジンストップスイッチ」がOFFになっていただけのようでした。

ただし古いバイクなので「エンジンストップスイッチ」などの接点が腐食して、そろそろ導通不良があってもおかしくない頃なので、念のためスイッチ各部の接点に「接点復活剤」注入しておきました。

辛うじてエンジン始動は出来るものの「バッテリー」は弱っていたので、この機会に補充電もしておきました。

5~6年前までは年1~2回は来店されてた方ですが、最近は数年に1度来るくらいで大した整備もやってなかったので軽く診させて頂いたところ、「エンジンオイル」や「ブレーキ液」も前回の交換から2年6ヶ月ほどやってなかったので交換させて頂きました。
20171219_0220171219_03_2

20171219_04
20171219_05
それからフロント「タイヤ」がなんと8年近く交換されてなく、ヒビ割れだらけになっておりまし20171219_06た。

溝はまだまだバリ山残ってはおりましたが、ゴムが超固く硬化していて、これから路面温度の低くなる時期に入り大変危険な状態なので、急遽「タイヤ」も交換させて頂きました。

「タイヤ」交換しながら気付いたのですが、「フロントフォーク」の「インナーチューブ」が酷くサビサビでした。

このままだと「フォークシール」を痛めてオイル漏れしてくるので、こちらも念のためサビを落として磨いておきました。
20171219_0720171219_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年12月 8日 (金)

ズーマー ドライブベルト交換4回目!

20171208_01このお客様とも彼此7年近いお付き合いになります。

この「ZOOMER」に関しては、’12年に、それまでお乗りの同じ「ZOOMER」から乗り換えを頂いたもので、今年で新車から6年目に入りました。

このお客様は原付スクーターとしては異例の年間1万2千キロは走る方なので、当店にも頻繁にお越し頂き、バイクの整備を欠かさず依頼される方です。

20171208_02この度も「エンジンオイル」の交換でお越しでしたが、距離的に「ドライブベルト」とフロント「タイヤ」も交換時期だったので、まとめて交換させて頂きました。

新車から5年11ヶ月で6万4千キロを超えた「ZOOMER」ですが、今回で「ドライブベルト」は4回目の交換となりました。

このお客様は走る距離も然る事ながら積載している重量も異例で、人と荷物で優に130Kg以上は常に積載して走っておりますので、駆動系の消耗が著しく早く、今までも概ね1万6千キロペースで点検&整備をして来てます。
20171208_03 20171208_04
今回は「クラッチシュー」や「プーリー」などの異常は有りませんでしたが、やはり「ウエイトローラー」と「スライドピース」の損耗が激しかったので、こちらは一緒に交換させて頂きました。

20171208_05「タイヤ」に関してもリヤが半年前に4回目の交換が終わったところですが、フロント「タイヤ」も今回で4回目の交換になりました。

今まで3回履いて来たBSの「ML32」が廃盤のようだったので、4回目の交換からは同じBSの「TW37/38」に変えて交換しました。

今回はフロント「タイヤ」の交換ついでに「ブレーキシュー」も一緒に交換しました。
20171208_06
まだリヤ側の「ブレーキシュー」は大丈夫な感じなのですが、フロント側に関しては時々制動時に違和感が出始めているようで、調整代も無くなっておりましたので交換させて頂きました。

なんと「ブレーキシュー」に関しては、このフロント側が新車から初めての交換でした。

10万キロを目指してサポートさせて頂きますので、これからもバイクの手入れに励んでください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧