カテゴリー「修理(ステアリング系)」の40件の記事

2016年7月 3日 (日)

GSX-R1000ステムベアリング打換

早いもので<マル2さん>の「GSX-R1000」も、2007年に乗り出して頂いてから早や9年が経ち、今回で4回目の車検となりました。

9年経って距離も6万3千キロくらい走りましたが、<マル2さん>のバイクも今までキチン20160703_01とメンテナンスさせて頂いておりますので、見た目もコンデションも未だ新車のような状態を維持されております。

今回の車検でも大きな不具合は見受けられませんでしたが、強いて云えば一点だけステムの動きが今一でした。

ご本人的には自覚症状はないようですが、明らかに動きに引っ掛かりが出ているようなので、今回はステムのベアリングを打ち換える事といたしました。

作業前に改めて正確な状態を確認しておくために、フロントフォークからステアリングの抵抗となるステアリングダンパーを外して、もう一度ステムの動きを診てみました。

20160703_02_2ダンパーが装着されてるタイプは判り難いのですが、こうしてダンパーを外してみるとステム単体の動きを正確に感じ取る事ができます。

状態は想定以上にベアリングが蝕まれているようで、ステムを回すとゴリゴリと凄い状態となっておりました。

本作業に入り、フロントホール→フロントフォークと外し、上下のアッパー、アンダー・ブラケットを抜いて、メイン・フレームのヘッド・パイプ上下2箇所に圧入されている問題のベアリング抜いてみました。

すると油っ気の抜けたリテーナー・タイプのベアリングが現れ、相手側のボールレースには予想通り酷い段付の磨耗痕が入っておりました。
20160703_0320160703_04
この摩耗して落ち込んだレースの谷をベアリングが乗り越えて行く時に、ステアリングがスムーズに動かずゴリゴリ感が発生して、時としてカックンとステアリングが止まっちゃったりするんですネ!
20160703_0520160703_06
上下とも新品のベアリングに交換しますが、今回は特別に普段モトクロッサーやレーサー20160703_07_2にしか使っていない、アメリカ製の高性能耐水グリスを使用して、リテーナーの隙間など隅々にグリスを封入し、念入りにベアリングの潤滑を行いました。

この後ヘッド・パイプにベアリングを圧入して、取り外しの逆順に組み上げ完了ですが、途中一緒に出来る作業としてフロントフォークのインナーチューブやブレーキキャリパーのピストン回りも綺麗に磨いて給油して組み上げました。

20160703_08_2この辺は汚れや錆びが出ちゃうとシールを痛めてオイル漏れや作動不良を起こしますので、特にインナーチューブに関してはダストシールを外して洗浄した後、オイルシールの延命処置として「フッ素系乾性粉末潤滑剤」を塗布して組み上げました。

つづく・・・・

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

MAJESTYステムベアリング交換

「マジェスティ」にお乗りのお客様から、ステムベアリングの打ち換えを頼まれました。

20160202_04もう10年以上前からお越し頂いてるお客様のバイクで、走行距離も4万5千キロを突破した2003年式の「マジェスティ」です。

既に1年ほど前に来店された際には症状が出ており、早目の打ち換えをお勧めしておりました。

あれから大分経ち5千キロ以上走って、ついにステムはバキバキになり完全に機能を失って、もはや真っ直ぐ走る事もままならない20160202_01状況になって観念したようで、今回のステムベアリング打ち換えの依頼となりました。

作業前に改めて確認したところ以前より更に酷い状態で、ステムがスムーズに動かず数ヶ所でハマり込んだ様に引っかかり止まってしまいます。

20160202_02ハンドルと連動して動くステム・シャフト(回転軸)は、メイン・フレームのヘッド・パイプ内に挿通され、ヘッド・パイプ上下2箇所に圧入されたベアリングで支持されてますが、このベアリングは一定の期間を経過すると、グリス切れ(潤滑不良)などにより磨耗や腐食を起こし今回の様な不具合として現れます。

ステムを外してビックリ!ベアリングは全く油っ気が無くなり、真っ赤々に腐食してました。
これなら納得!久し振りに見る酷い状態です。

20160202_03この後ステムとフレームに圧入された古いベアリングを抜き取り、古いベアリングが抜けたところで新しいベアリングにグリスを念入りに封入後、フレームとステムに圧入し直しステムを組上げました。

今回のお客様も当初は当店に指摘されるまで、この不具合に対しての自覚症状は有りませんでしたが、永く同じバイクに乗っている方などは徐々に蝕まれていった症状に、なかなか気が付かなかったり、中古車でバイクをお乗りの方などは、「これが正常」と思い込んで乗っている方も多く、今回の様に当店で点検を行った際に発見されるお客様も多く見受けられます。

中には不具合を指摘されるまで低速走行でバランスが取れずふら付いたり、カーブが上手く曲がれずつまずきそうになるのは、自分がバイクに乗るのが下手だからと思ってる方も非常に多く、せっかくお乗りの自慢のバイクの性能を引き出すどころか味わう事もできず、そのバイクをそのまま評価している方も多くいるようです。

ステアリング・ステム(舵取装置)は、バイクの最も重要な基本性能を担った部品ですので、皆さんも定期的な点検、メンテナンスを是非お勧めいたします。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

SPADAステムベアリング打換!

同じ青色でも今回の「SPADA」は<マル2さん>のではなく、うちの息子の高校時代の友人の「SPADA」です。

20150712_01_2ステム(ハンドリング)に異常を発見したのは、確か1年くらい前にマフラーを交換しに来店した時だったと思います。

中古で入手した古いバイクで時間も相当経っておりますし、想定すれば過去の有る時期に何処かで長期に眠っていた事も考えられるので、大体ベアリング類などは腐食したり損耗して作動不良を起こしてても不思議では有りません。

作業前に改めて確認したところ以前より更に酷い状態で、ステムがスムーズに動かず数ヶ所でハマり込んだ様に引っかかり止まってしまいます。

20150712_0220150712_03ハンドルと連動して動くステム・シャフト(回転軸)は、メイン・フレームのヘッド・パイプ内に挿通され、ヘッド・パイプ上下2箇所に圧入されたベアリングで支持されてますが、このベアリングは一定の期間を経過すると、グリス切れ(潤滑不良)などにより磨耗や腐食を起こし、今回の様な不具合として現れます。

20150712_04ステムを外してビックリ!ベアリングは全く油っ気が無くなり、真っ赤々に腐食してました。
これなら納得!久し振りに見る酷い状態です。

この後ステムとフレームに圧入された古いベアリングを抜き取り、古いベアリングが抜けたところで新しいベアリングにグリスを念入りに封入後、フレームとステムに圧入し直しステムを組上げました。

今回のお客様は初心者さんと云う事もあり、当店に指摘されるまで不具合に対しての自覚症状は有りませんでしたが、永く同じバイクに乗っている方などは徐々に蝕まれていった症状に、なかなか気が付かなかったり、中古車でバイクをお乗りの方などは、「これが正常」と思い込んで乗っている方も多く、今回の様に当店で点検を行った際に発見されるお客様も多く見受けられます。

中には不具合を指摘されるまで低速走行でバランスが取れずふら付いたり、カーブが上手く曲がれずつまずきそうになるのは、自分がバイクに乗るのが下手だからと思ってる方も非常に多く、せっかくお乗りの自慢のバイクの性能を引き出すどころか味わう事もできず、そのバイクをそのまま評価している方も多くいるようです。

ステアリング・ステム(舵取装置)は、バイクの最も重要な基本性能を担った部品ですので、皆さんも定期的な点検、メンテナンスを是非お勧めいたします。

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

FIGHTERステムベアリング交換

またSYMの仕事で、しかも「X'proFighter150」の修理が続いてます。
20130824_1_3 20130824_2_2
今回のお客様も当店には始めての方で、先ずはE-MAILにて一報があり、発進や停止20130824_3_3 時などの極低速域でハンドルが振れると云うお悩み相談がありました。

後日ご来店頂き調べてみると、ステアリング・ステム部にガタが生 じていました。

ステムの軸受ベアリングの損耗が原因である事を説明して、ベアリングの打ち換えを行う事になりました。

この際一緒に前後のタイヤと後のブレーキ・シュー交換も頼まれま した。
20130824_4 20130824_5
タイヤやベアリングなどの部品が全て揃ったので、本日再来店頂き作業に掛かりました。
20130824_6
ステム・ベアリングは腐食が酷く、ボール・レースは段付き磨耗していました。

ベアリングの打ち換えも終わり、この後前後のタイヤと後ブレーキ・シューを交換して、全ての作業を終えました。

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

GB250整備

今日は<軍曹>ご所有車「GB250 CLUBMAN」の整備を行いました。

20120714_1ご依頼内容は、ステムベアリングの打換と、前後のタイヤ交換です。

先ずはステムから始めました。
何時も当ブログで紹介してるような酷い状態では有りませんでしたが、この「クラブマン」も1993年式でちょっと古いので、厳しい<軍曹>スペック(MIL規格?)的には外れてるようでしたので、交換させて頂きました。

20120714_2同じく前後のタイヤも特に磨り減ってた訳ではありませんが、交換となりました。
タイヤは現在装着されてるDUNLOPの「TT100GP」から、<軍曹>ご用達銘柄のIRC「SG19」が採用されました。

それから<軍曹>の「クラブマン」はハンドルを社外のものへ交換されてますが、恐らく前のオーナーが、ハンドル交 換の時に右のハンドルスイッチの周り止めをカットしちゃた20120714_3ようで、スイッチがクルクル回っちゃう状況でしたので、新品に交換しようとしたところ、既にメーカーの製造も販売も終了となっちゃてましたので、仕方なくスイッチ裏側をひと手間加工して、周り止めピンをこしらえて処置しておきました。

<軍曹>のマシンを整備するのも久し振りでしたが、<軍曹>がバイクに乗ってる姿を見たのも久し振りで、ちょっと嬉しかったです。

本日は有難う御座いました。
またお願い致します。

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

APEステムベアリング打換

今日は<アキラちゃん>から、「APE」の整備依頼が有りました。
20120226_1このマシンは<アキラちゃん>率いるお仲間達で、[DE耐]参戦に向けて入手したレーサー・ベース車両です。
2ヵ年計画でマシンを仕上げ、練習を重ねて行くそうです。

今日はシェイクダウン前に最終的な整備として、スタンドのブラケットの取付けと、ステム・ベアリングの打換を依頼されました。
近々初走行らしいですが、楽しみですネ!
ガンバってください。応援してます。

当店は、モータースポーツにチャレンジする方を応援します。
ロードでもオフロードでも、興味の有る方は、ご相談ください。

DE耐の詳細は→http://www.twinring.jp/detai/

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

イナズマ400足回り全面改修

最近ツーリングにも何度か参加いただく様になった「INAZUMA400」です。

20111211_2_4このバイクは、お客様が半年ほど前に他店で中古車で購入してきた車両で、その時点で既に足回りの殆どの部位が酷く劣化・損耗していました。

一先ず購入直後に当店で診させて頂いた時には、ヒビ割れの酷かった前後のタイヤだけは交換しましたが、リヤ・サスからはオイルがジャジャ漏れ状態で、ステムは完全にベアリングが逝っちゃってる状態でした。

20111211_1_2本来ならば、この状態でツーリングに誘うのも何だったのですが、この客様は初心者の方で、ツーリングも後方をゆっくり追いてくる感じでしたので、あえてツーリングで走ってもらい、この状態でバイクが振ら付いたり、曲がり難かったりするのを体感する事で、啓発して頂ければ良いかなと思ってました。

20111211_3あれから3~4ヶ月が経ち、ご本人様もやっと決心したらしく、残りの不具合個所全てを整備する事になりました。

先ずはオイル漏れしてたリヤ・サスからです。
リヤ・サスは既に抜け切ってオイルも出なくなり、ヘタって尻下がりになってました。
20111211_4これは純正ノーマル・サスに交換するのと然程変わらない金額で、リプレイスの「OHLINS」が入れられるので、こちらの「SHOCK ABSORBER」に交換する事と致しました。
いきなりのバージョンアップですが、この方が将来的にリペアも出来て、性能も段違いに上ですしネ!
「OHLINS」に交換してビックリ!どんだけヘタってたんでしょう?一気に車高が上がりました!

次にステム・ベアリングの打ち換えです。
20111211_5作業前に改めて確認したところ以前より更に酷い状態で、ステムがスムーズに動かず、数ヶ所でハマり込んだ様に引っかかり、止まってしまいます。
ハンドルと連動して動くステム・シャフト(回転軸)は、メイン・フレームのヘッド・パイプ内に挿通され、ヘッド・パイプ上下2箇所に圧入されたベアリングで支持されてますが、このベアリングは一定の期間を経過すると、グリス切れ(潤滑不良)などにより磨耗や腐食を起こし、今回の様な不具合として現れます。

20111211_8ステムを外してビックリ!ベアリングは全く油っ気が無くなり、真っ赤々に腐食してました。
これなら納得!久し振りに見る酷い状態です。

この後、ステムとフレームに圧入された古いベアリングを抜き取り、古いベアリングが抜けたところで、新しいベアリングにグリスを念入りに封入後、フレームとステムに圧入し直しステムを組上げました。

次にフロント・フォークに着手しました。
20111211_6_2フォークに関しては辛うじてオイル漏れは出てませんでしたが、今回はリヤ・サスも新しくなり、ステムを外す序でも有りますので、オイルだけは交換しておく事に致しました。
早速フォーク・オイルを抜いてみると・・・・臭っ!(>_<)
臭いもキツいですが、所々乳化して濁ったオイルがドロリと出て来ました。
やっぱしやっといて良かったようです。
新しいオイルを注入後、エア抜きをしてオイル・レベルを調整して終わりです。
組み付けの際に、心配だったインナーチューブの腐食を磨いて組上げました。
せっかくオイル交換したのに、この錆でオイルシールを痛めてオイル漏れは悲しいですからネ!

20111211_7今回のお客様は初心者さんと云う事もあり、当店に指摘されるまで、不具合に対しての自覚症状は有りませんでしたが、永く同じバイクに乗っている方などは、徐々に蝕まれていった症状に、なかなか気が付かなかったり、中古車でバイクをお乗りの方などは、「これが正常」と思い込んで乗っている方も多く、今回の様に当店で点検を行った際に発見されるお客様も多く見受けられます。

何れにしろ、中古車でバイクを購入した場合、特に現状車での購入の場合は、一度はバイク屋さんで、ちゃんと一通り点検して貰った方が良いですネ!

今回のような他店購入のバイクや個人売買、ネットオークションなどで購入したバイクでも当店は大歓迎ですので、心配な方は一度ご相談ください。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

BALIUSフォークオイル&ステムベアリング交換

ツーリングも近づき、皆さんバイクの整備に余念がないようです。

20111113_1その中の一人<キタさん>も、今回は何時もの「ZX-12R」じゃなく、久し振りに250の「バリオス」で登場予定の為、最後の総仕上的な整備に取り掛かりました。

前回のブログでも紹介した通り、もう十分なくらい整備は行届いている筈の「バリオス」ですが、フロントが少し柔っこい感じがします・・・
やはり整備暦不明の16年前のバイクですので、気持ち悪いので、フォーク・オイルくらいは換えておこうと云う事になりました。

それと改めて各部を点検して診ると・・・ス・テ・ムが!
20111113_2約2ヶ月ほど前に点検した時点では、多少重い感じくらいだったのに、ジャッキアップしてハンドルを軽く切ってみると、ステムがゴリゴリしちゃってます。
急遽ここのベアリングも打ち換える事にいたしました。

早速ステム・ベアリングの打ち換え作業に掛かり、フレームのステム・ヘッドとアンダー・ブラケットに圧入されてるボール・レースを抜き取って診ると、レースにボールが埋没するように磨耗して、跡が点々と付いていました。
新品のレースを圧入して、同じく新品のボールにグリスを塗布して組上げました。

20111113_3次にフロント・フォークに着手しました。
フォーク・オイルを抜いてみると・・・・臭っ!(>_<)
間違いなく16年物の熟成されたオイルが出てきました。

フォーク・オイル換えるって事は?・・・
勿論その序にフォーク・スプリングもハード・タイプに換えました。
これは<キタさん>のお約束的チューニングで、今まで乗ってきた全てのバイクに同様のチューンを施しております。

前回の「ZX-12R」の時は「オーリンズ」でしたが、今回の「バリオス」に関しましては「カヤバ」のバネをチョイスしてみました。

20111113_4オイルは何時もの「SPECTRO」です。
このオイルの特徴は、スティクションを抑え摩擦抵抗を最小限にする添加剤、泡立防止剤、減摩剤、電気的に金属表面に保護膜を形成する腐食防止剤等がたっぷりバランス良く配合、処方された最高級オイルで、シールの膨潤、収縮、硬化を抑え、オイルもれを防ぎ寿命を伸ばします。

ステムもバッチリ!オイル交換も終わり、バネも固くなりました。
これでフォークの作動も滑らかになり、衝撃吸収、路面追従性も大幅に向上すると思います。
きっと今回も「バリオス」の操作性の違いが体感できると思います!(^o^)丿
テスト走行終わったらインプレ聞かせてくださいネ!

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

VRXロードスター車検

当店は今年も夏休みなしで営業していましたが、今年は輪番操業などで8月6日頃から8月18日頃までは、どこのメーカーさんも皆お休みでした。

お蔭で部品の入荷が止まってしまい、故障などのお預り車両の修理が全くできませんでした。

20110825_18月21日。一気に頼んでた部品が入荷し、世間も完全に休み明けしたようで、どっとお客様が来店いたしました。

そんな、超!忙しくて、てんてこまいしている最中、「VRX ROADSTER」ご所有と云うお客様よりTELが入りました。
このお客様も車検が切れるのを忘れてたようで、なんと車検は明後日には切れてしまうと云う事でした。

長らくお待ちい頂いていた当店のお客様や、予約を頂いていたお客様を優先しなければなりませんが、どんな過密スケジュールでも、何とかするのが「ファンホイールズ」です。
事は緊急を要するので、当店には始めてのお客様でしたが、今回も快諾させて頂き車検をお受けする事に致しました。

20110825_2ところが、このVRX・・・
1996年式15年前のバイクですが、今まで殆どメンテナンスして来なかったと云う事で、点検してみるとリヤのブレーキパッドは残量が無く、致命傷はステムベアリングが逝っちゃってました。

これでスンナリ車検を通す事ができなくなり、改めて交換部品の注文をして、車検の予約も取り直す事になりました。

そして本日。予定を1日オーバーしてしまいましたが、ベアリングの打ち換えなどの整備も完了し、無事に車検も通り、お客様に納車する事ができました。

お預りしてから2泊3日で納車する事ができましたが、既に次のお客様の予約が入ってたので、そんな事情で、小さな店でバイクをお預りする事が出来ず、無理言ってバイクを取りに来て頂きました。

ご協力に感謝申し上げます。
お近くにお住まいのようなので、これからも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

CB400SF足回り整備

今日も遥々と猛暑の熊谷から来店頂いたのは、「CB400SF」の<フクちゃん>です。
今回も2日連続して遠路ご来店頂きました。

20110717_1昨日はエンジン・オイルの交換で来店頂きましたが、フロント・タイヤが磨耗している事と、フロントがカコカコ云って直進安定性が悪く、旋回時にも違和感が有る様で、低速バランスも悪いとの訴えがありました。

早速ジャッキアップして、車体周りのガタなどを点検して診ました。
先ずはホイールの点検から行いましたが、ここは直ぐにホイール・ベアリングが損耗している事が分かりました。
20110717_3_2軽く動かしただけで、ホイールが左右に大きく振れる位にガタが出ています。
走行時の異音と不安定さは、これが原因と判明し、次にステムを点検したところ、ここもベアリングが損耗している様で、ステアリングを左右に振ると、数ヶ所でカクン、カクンっと引っかかり、ステムがスムーズに動かず、ハマり込んだ様に止まってしまいます。
低速バランスの悪い原因も突き止められました。

タイヤも部品も直ぐに発注すれば翌日入荷しますので、今回も炎天下の都心を2日連続して往復して頂く事になりました。

20110717_4そして本日11時頃には全ての部品やタイヤが入荷したところで、11時30分頃、<フクちゃん>2回目の登場で、早速作業に掛かりました。

<フクちゃん>の「CB400SF」は、当店で2008年に中古車で販売した車両で、1万5千キロ程走行していた2001年式のVTECの1型でしたが、あれから3年の月日が流れ、今では距離も5万5千キロを越してきましたので、今回は、腰を据えて整備する事となり、フロント周りを分解する序に、フロント・フォークのオイル交換も同時に行う事になりました。

先ずはフロント・タイヤからですが、今まで履いていた[MICHELIN]の《 PILOT ROAD2 》に関して云うと、なんと!2万9千キロ以上持ちました。
20110717_2_2時間も丁度3年を超して、スリップサイン(磨耗限度表示)も出始めたところで交換となりますが、改めて[MICHELIN]のこのシリーズは持ちが良い事を思い知らされました。
今回選んだタイヤは今までの《 PILOT ROAD2 》の更に性能向上型で、今年の2月に新発売されたばかりの《 PILOT ROAD3 》をチョイスしてみました。
持ちも然ることながら、ウエット性なども向上している事から、期待の持てるタイヤで楽しみです。

次にフロント・フォークのオイル交換をしました。
さすが5万5千キロ!恐らく新車から10年振りの始めての交換と思われますが、抜いたオイルは予想通り、元のオイルの色は無くなり灰色に汚れ、やはり水分を含んでいたのと、少し多めに金属分が出てきました。

20110717_5_2<フクちゃん>の「CB400SF」には、フォーク・オイルに「SPECTRO」を入れてあげました。
特徴としては、スティクションを抑え摩擦抵抗を最小限にする添加剤、泡立防止剤、減摩剤、電気的に金属表面に保護膜を形成する腐食防止剤等がたっぷりバランス良く配合、処方された最高級オイルで、シールの膨潤、収縮、硬化を抑え、オイルもれを防ぎ寿命を伸ばします。
フォークの作動が大変滑らかになり、衝撃吸収性、路面追従性が大幅に向上しますので、きっと<フクちゃん>も操作性の違いを体感できるはずです!(^o^)丿

エンジン・オイルは頻繁に交換されてても、フォーク・オイルは忘れがちですよね!
一般的な目安として1万キロ又は2年毎を推奨しています、心当たりの方!オイル交換で操作性の違いが体感できるはずです。
ぜひフォーク・オイルも交換してあげて下さい。走りが変りますヨ!

この後ステム・ベアリングとホイール・ベアリングの打ち換えを行いました。
それぞれ圧入されているベアリングを抜き取りましたが、特にホイール・ベアリングの損耗が酷く、手で触っただけでガタが感じ取れる程でした。
新しいベアリングを圧入して、フロント周りを組み立てました。

所要時間3時間程の作業でしたが、当然ホイールのガタは無くなり、ステムもスムーズに作動する様になりました。フロント周りは完璧です。

これで10万キロ位は余裕で走れそうです。
今後もサポートさせて頂きますので、この調子でバイクを大事にしてください。

今回も熱い中、遠くから有難う御座いました。

| | コメント (0)