カテゴリー「修理(電装系)」の739件の記事

バッテリー、プラグ、ランプ、ETC関連

2021年2月24日 (水)

FORZA ブレーキランプ灯火不能!

去年の暮れに頼まれていたブレーキランプの修理です。

バイクは、3年ほど前から当店でみているMF10の「FORZA Z」です。
20210224_01
右のレバー(フロントブレーキ)側だけが握ってもランプが点かず、やはり原因は「ブレーキスイッチ」の故障でした。

「ブレーキスイッチ」の交換と、左側の「ヘッドライトバルブ」も球切れしてたので交換しました。
20210224_0220210224_03
序に「エンジンオイル」&「オイルフィルター」も換えさせて頂き、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年2月23日 (火)

アドレスV50 FI警告灯

「FI警告灯」の点灯で修理の依頼がありました。
20210223_01
バイクは’06年式「AddressV50」です。

エンジンその他に問題は無いようでしたが、故障コードを調べたところ、「吸気温センサー」の異常でした。
20210223_0220210223_03
シートを外して「吸気温センサー」のところを調べたところ、センサーの配線が切れていました。

繋ぎ直して修理完了でした。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

PCX 5万キロ整備!

このお客様ともかれこれ13年以上のお付き合いで、今まで何台もバイクを買って頂いている御得意様です。

この「PCX125」に関しては2013年に、それまでの「LEAD110」から乗り換えを頂いたもので、今月で新車から6年目に突入しました。
20210222_03
今回は4ヶ月前の「エンジンオイル」交換の時に勧めておいた、消耗部品の交換でお越し頂きました。
20210222_0420210222_05
走行も5万2千キロに到達するところなので、今回も1万キロ毎に定期交換の「点火プラグ」と「エアフィルター」に、油脂類としては「ミッションオイル」を交換させて頂きました。
20210222_0220210222_01
ともに新車から今回で5回目の交換でした。

最後に新車から21回目になる「エンジンオイル」の交換もして、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

ZZR1100 FCR分解整備!

最初に「キャブレター」からガス漏れしてると聞いたのは、去年夏の終わり頃でした。

<海坊主様>の’94年式「ZZR1100」で、今回も諸事情あって数ヶ月バイクに乗れてなかったようです。
20210214_01
またガス漏れか・・・と思いながら、そう言えば一昨年暮れの「車検」の時には、既に「フロートチャンバー」の合せ面付近には滲みがあった事を思い出しました。

バイクも27年前の車体ですが、この「キャブレター」も「FCR」(レーシングキャブ)に換装してから16年近く経ちます。

次の「点検」か何かのタイミングで、そろそろ「FCR」もフルOH(オーバーホール)しようと話したきり、そのままになっておりました。

当店も暮れにかけて忙しく、店内も他の預かり車両で一杯だったので、実際に「ZZR1100」を入庫してもらったのは去年末の事でした。

過去’12年と’16年にもキャブのOHをしておりますが、今回も同様にガス漏れしてエンジンも始動不能のようでした。

頻繁に乗ってないが為に燃料系統に錆が発生したり水が溜まったりして、内部に湧いた緑青などの錆で「フロートバルブ」が閉じずにオーバーフローなのですが、今回ばかりは、そん生易しい状態じゃありませんでした。

ガス漏れは「フロートチャンバー」合せ面どころか、あらゆる連結部から出ているようなので、今回のOHは「FCR」を完全分解して、換えられる消耗部品の全交換を前提のフルOHを行う事にしました。
20210214_02
先ずは「FCR」を分解して各部の点検と交換する部品の特定から始めました。
20210214_35 20210214_32
やはり「フロートチャンバー」の底には赤錆が堆積していたので、「ガソリンタンク」内の燃料を抜いてみたところ大量の錆が出てきました。
20210214_2920210214_30
20210214_2720210214_28
「フロートバルブ」の幾つかも「バルブシート」に固着しており、「フロートバルブ」の下のピンも固着しておりました。

20210214_0320210214_04
20210214_0620210214_05ピックアップした部品の取り寄せに1ヶ月以上かかってしまい、実際に作業を再開したのは1月の後半になってからでした。
20210214_0720210214_08
20210214_1020210214_09
完全分解した「FCR」を細かく隅々まで洗浄し、「フロートバルブ」と「バルブシート」を中心に、加速ポンプのところの「ダイヤフラム」や、ゴムやプラ製のチューブやパイプ、Oリング、ガスケット類の全20点を全て交換しました。
20210214_1120210214_25
20210214_1420210214_15
20210214_1220210214_13
20210214_1720210214_18
20210214_1920210214_21
20210214_2020210214_22
20210214_2320210214_24
「ガソリンタンク」内も洗浄した後、新しい燃料を補給してエンジンも一発始動で、もちろんガス漏れなしで調子を取り戻しました。
20210214_16 20210214_31
それから去年の5月頃にオイル警告灯が故障して交換を頼まれてた「油圧センサー」も交換させて頂き、ついでに頼まれてた12ヶ月「点検」と「エンジンオイル」&「オイルフィルター」の交換もして全ての作業を終えました。
20210214_33 20210214_34
毎度有り難う御座いました。

今年も宜しくお願いします。

 

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

CYGNUS 充電不能!

充電不良の訴えで修理を頼まれました。

バイクは9万3千キロほど走る’07年式「CYGNUS-X SR」です。
20210128_01
エンジンは始動できるようですが、バッテリーを何度充電しても直ぐ上がってしまうようで、新品交換してもダメだったようです。

エンジンは始動可能と聞いておりましたが、車両をお預かりした時点で、セルモーターが回りませんでした。

このバイクのサービスマニュアルは店に無いので、先ずは配線図を手に入れるところから始めました。

配線図が入手できたので、セルモーターが回らない原因から調べて行きました。

外装をバラバラにして配線を追って行ったところ、アースに行ってるカプラーの所でギボシが抜けている事が分かりました。
20210128_0220210128_04
20210128_0320210128_05

これが原因のようなので、ギボシを繋ぎ直して試したところ、セルモーターは正常に回るようになりエンジン始動も可能となりました。
20210128_06
これが原因で充電不良も起きていたようで、充電電圧も正常に上がるようになりました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

マグザム 点検整備!

「バッテリー」の交換依頼が入りました。直ぐ近所に住まいの方でしたが、当店には初めてのお客様でした。

バイクは1万5千キロほど走る2006年式の「MAXAM」でした。
20210127_01
新車から15年ほど乗っているらしいのですが、その割には走行距離は極めて少なく、なので「バッテリー」は過去に何度も交換しているようです。

それ以外の「点検」や「整備」は何も一切やった事が無いと言う事でしたので、バイクを預かる際に軽く見て差し上げたところ、前後の「タイヤ」が新車当時のまま付いている事が分かりました。

危険なので「バッテリー」に追加で「タイヤ」も交換をお勧めして、この際なので必要な「点検」や「整備」を一通りやらせて頂く事になりました。

新車から15年で初めての「点検」なので、先ずは24ヶ月「点検」を実施しながら、走行1万5千キロなので、定期交換部品の「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換させて頂きました。

「点火プラグ」は酷く減って「エアフィルター」は真っ黒に汚れてました。
20210127_0220210127_03
「バッテリー」は交換後に充電系統も点検しましたが、特に問題有りませんでした。
20210127_0420210127_05
2006年製造の「タイヤ」は減りも然る事ながら経年劣化によるヒビ割れが酷い状態で、フロント側に至っては「エアバルブ」が割れてエア漏れを起こしてました。
20210127_0620210127_07
20210127_0820210127_09
20210127_1020210127_11
「ブレーキキャリパー」も「ピストン」や「スライドピン」の汚れやサビが酷い状態でしたが、こちらは何とかポリッシュとグリスアップで対処しました。
20210127_1220210127_13
20210127_1420210127_15

15年もの間熟成された「ブレーキ液」は見事に真っ黒な状態で、こちらも非常に危険な状態でした。
20210127_1620210127_17
20210127_1820210127_19

「ラジエター」は「冷却液」が減っていたので補水しておきましたが、汚れが酷いので早めの交換をお願いします。
20210127_2020210127_21
「フロントフォーク」にオイル漏れの形跡が有りました。

こちらも洗浄して「インナーチューブ」をポリッシュしておきましたが、早目に修理する事をお勧めします。

また何か御座いましたらご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

アドレス110始動不能!

開店も間もなく来店されたお客様から、修理の相談がありました。

エンジンの掛かり悪く、掛かってもスロットル開けるとストールしてしまうようです。

後ほどバイクを持ってくると言い、一旦お帰りになりました。

暫くしてバイクを持って来ましたが、エンジン掛かって乗って来たようです。

お客様は直ぐ近所に住まいのご老人で、当店には初めての方でした。

「バッテリー」は完全にダメなようで、息子さんにキックでエンジン掛けてもらい乗って来たようです。

バイクは2万9千キロほど走る’03年式「ADDRESS110」でした。
20210124_01
バイクをお預かりした時点では「バッテリー」以外は問題なさそうで、エンジンは掛かりも良くアイドリングも安定していて、ストールする事無く上までスムーズに吹き上がりました。

一先ず「バッテリー」の交換だけはやらせて頂く事になりましたが、今まで殆ど真面な点検や整備をした事がないらしいので、念のため「点火プラグ」と「エアフィルター」に「キャブレター」くらいは見ておく事にしました。
20210124_02
「バッテリー」は充電電圧も問題なく普通にセルでエンジン掛かるようになりました。

点検の結果「エアフィルター」に大きな穴が開いてる事が分かりました。
20210124_03
長年「エアフィルター」の交換をしてなかっようで、スポンジが経年劣化で砕けてました。

特に気温の低い早朝なら冷たい空気を吸い込んでエンジンストールしたとしても不思議ではありません。

「エアクリーナーボックス」内に粉々になったスポンジのカスを取り除き、そのカスを吸い込んでいるだろう「キャブレター」の方も見てみましたが、目視の限りでは綺麗な感じでした。
20210124_0420210124_09
ドレンも抜いてみましたが、水やゴミなどは出て来ませんでした。
20210124_05
ストールの主原因に関しては掴めた感じでしたが、「点火プラグ」の損耗も酷く、「プラグキャップ」の差し込みも悪くなっておりました。
20210124_06
「プラグキャップ」と「プラグコード」を連結する部分の「シール」も破れて短くなって漏電の可能性もあったので、「エアフィルター」に加え、「点火プラグ」と「プラグキャップ」に「シール」も一緒に新品交換させて頂きました。
20210124_0720210124_08
最後に前後の「タイヤ」もお勧めして換えさせて頂きました。
20210124_1020210124_11
フロント15年前、リヤ6年前の非常に古く劣化し危険な状態の「タイヤ」でした。
20210124_1220210124_13
あのスポンジのカスが「キャブレター」や「リードバルブ」、「エンジン」に何処まで悪影響を与えているかが心配ですが、一先ず修理はここまでとして様子をみて頂く事になりました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

プラグ&エアフィルタ 交換三連発!

「点火プラグ」と「エアフィルタ」の交換ばかりが連続しました。

1台目の12YMの「SUPER CUB 50 PRO」は、当店で’15年に販売した車両です。
20210121_01
年末に「ドライブチェーン」や「タイヤ」なども交換してますが、その時にエンジンの始動性が非常に悪かったので過去の整備歴を調べたところ、「点火プラグ」と「エアーフィルター」が1万5千キロ近く交換してない事が分かりました。
20210121_0220210121_03
なので早目の交換を勧めておいたところ、年明け改めて連絡を頂き今回の交換作業なりました。

2台目の15YMの「TACT」は、半年前に「オイル」交換で来たのが初めての方で、当店には今回の「オイル」交換が2回目の来店でした。
20210121_04
走行1万4千キロ近く走っておりましたが、今まで定期交換が必要な「点火プラグ」や「エアーフィルター」の交換実施が無いようでしたので、お勧めして交換作業をやらせて頂きました。
20210121_0520210121_06
3台目の18YMの「SUPER CUB110」は、当店で’19年に販売した車両です。
20210121_07
新車から1年7ヶ月で6回目の「オイル」交換で来て頂きましたが、今回で走行距離も丁度1万キロに到達したので、「点火プラグ」と「エアーフィルター」の交換をやらせて頂きました。
20210121_0820210121_09
皆様 毎度有り難う御座いました。

今年も宜しくお願いします。

当店では、「点火プラグ」も「エアーフィルター」1万キロ毎の交換を推奨しております。
(※プラグ・メーカーでは一般プラグで、3,000~5,000km毎の定期交換を推奨。)

交換しないと燃費の低下、始動性の悪化、加速不良やエンストなど、エンジン・トラブルの原因となります。

「点火プラグ」は450円~、「エアーフィルター」は千500円~くらいの安い部品でもありますし、マメな交換をお勧めします。

当店では、幅広い車種に対応する「点火プラグ」を常時在庫してます。

1万キロを越しても交換した覚えの無い方!早めに交換を!

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

CYGNUSブレーキ灯点放!

制動灯が点きっ放しで消灯しないとの訴えでした。

バイクは5万7千キロほど走る’11年式「CYGNUS X」です。
20210119_01
初めての方かと思ったら、去年の7月にも「タイヤ」交換で来た事のあるお客様で、これで当店には2回目の来店でした。

来店された時には既にテールランプが尾灯も制動灯も灯火しない状態でした。

灯火しない原因は単に球切れでしたが、やはり電球を換えたところ制動灯が点きっ放しで消灯しない事が分かりました。
20210119_0220210119_03
恐らくブレーキ灯が点きっ放しの状態で長く乗り続けていたため球切れを起こしたようです。

制動灯が点きっ放しの原因も直ぐに分かり、フロントの「ブレーキスイッチ」が壊れてました。
20210119_04
「ブレーキスイッチ」を新品に換えて修理を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

ベンリー110 3万キロ整備!

「BENLY110」の点検と整備を頼まれました。
20210114_01
このお客様も当店で何台もバイクを買って頂き、もう11年近くお付き合いを頂くお得意様です。

この「BENLY110」に関しては、それまで乗って頂いてた「TODAY」からの乗り換えで、’16年に購入を頂いたものです。

欠かさず半年毎には来店され「点検」と「整備」を依頼される方で、本日も1年「点検」の依頼と、半年前の6ヶ月「点検」の時に勧めておいた消耗部品の交換でお越し頂きました。

1年「点検」は1年前に24ヶ月「点検」を受けているので、今回は12ヶ月「点検」の実施となりました。

新車から4年2ヶ月で走行3万キロを超えたところなので、今回も1万キロ毎に定期交換の「点火プラグ」と「エアフィルター」に、油脂類としては「ミッションオイル」を交換させて頂きました。
20210114_0220210114_03
「点火プラグ」、「エアフィルター」に「ミッションオイル」は今回で新車から3回目の交換でした。
20210114_04
それからリヤの「タイヤ」も交換時期に到達していたので、この機会に新品に換えさせて頂きました。

フロント「タイヤ」は、まだ一度しか換えておりませんが、今回のリヤ「タイヤ」は新車から2回目の交換となりました。
20210114_0520210114_06
最後に球切れしていた「ヘッドライト球」と「エンジンオイル」を交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

今年も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧