カテゴリー「修理(電装系)」の622件の記事

バッテリー、プラグ、ランプ、ETC関連

2019年7月11日 (木)

PCX 6万キロ整備!

「PCX125」の整備を頼まれました。

今年も毎月のように来て頂いてる<テッちゃん>のバイクです。
20190711_01
この「PCX125」も数年振りに通勤で使う事になり、6月からは一日70キロ以上も走ってるようなので、ここらでちゃんと整備しておく事になりました。

5月にも「バッテリー」や「ブレーキパッド」に「ブレーキ液」の交換をしておりますが、今回は走行距離も6万キロを超えてきたので、このタイミングで必要な定期交換部品の交換となりました。

先月「CB1100RS」の「エンジンオイル」交換で来た時に打ち合わせしておいた内容で、交換部品などは準備しておきました。

先ずは今までも1万キロ毎に交換をして来ている「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換しました。
20190711_02 20190711_03
次に駆動系の点検をさせて頂き、「クラッチシュー」や「トルクカム」などの損耗が無かったので、こちらも2万キロ毎に交換をしている「ドライブベルト」と「ウエイトローラー」に「スライドピース」を換えました。
20190711_04 20190711_05
油脂類としては4年毎に交換をして来ている「冷却液」を換えて、1万キロ毎に交換している「ミッションオイル」の交換と、最後に「エンジンオイル」を交換して全ての整備を終えました。
20190711_06 20190711_07
月に2千キロ以上は走っているようなので、20か月後には10万キロに到達する予定です。

初期型の’10年式「PCX125」ですが、何処まで走れるのか?チャレンジしたいと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

フリーウエイ 加速不良?

お店に出勤すると、店頭にお客様が一人立っており、傍らに見慣れぬ横浜ナンバーの「FREEWAY」が置いてありました。

昨晩の事らしいのですが、橋の向こうでバイクが故障したらしく、一夜明けてらバイクを押して来て、店が開くのを待っていたようです。

横須賀から都内に来た帰り道だったそうですが、走行中にエンジンの吹き上がりが悪くなり、これ以上は走行不能と判断して当店まで修理を頼みに来たようです。

バイクは30年も前の超古い1989年式「FREEWAY」で、6年ほど前に中古車で購入した車両のようです。
20190704_01
1回5キロ程度の距離を月2~3回使用するだけで、普段から殆ど乗ってないようでした。

古いバイクなうえ、過去に行った修理や整備歴が全く分からないので、こう云う車両の故障診断は、何処から手を付けて行って良いやら何時も困ります。

なので少しで多くの情報が欲しいので、もう少し状況を詳しく伺ったところ、この症状は2~3ヶ月前から出ていたようで、当初は加速不良になってもエンストにまで至らず、路肩に暫く止めていれば回復していたようですが、その症状も徐々に悪化して来て、今回はどうにも成らなくなったようです。

買ってからは3千キロくらいし乗ってないようですが、その間もバイクの点検や整備は何もやってないようなので、一から一つずつ点検&診断をして行きました。

「点火プラグ」の点検と「エンジン圧縮圧力」の測定をしましたが、問題ありませんでした。

「エンジンオイル」や「冷却液」の量は少し多いくらいでしたが、不具合に繫がる程ではありませんでした。

「エアフィルター」は汚れが酷かったので要交換ですが、今回の症状に繋がるものではありませんでした。

「キャブレター」や「フューエルタンク」の燃料を抜き取って診ましたが、こちらも水やゴミなど不具合に繫がる程の目立つものの混入は見受けられませんでした。

念の為「キャブレター」は点検しながら分解清掃して組み戻し、「二次エア吸込」などの点検もしましたが問題ありませんでした。
20190704_02 20190704_03
ここまでの段階で燃料系に問題は無さそうなので、一旦ここで頭を切り替えて電装系(点火系)を診て行く事にしました。

いろいろ試しているうちに分かって来たのですが、この症状はエンジンが冷えてる時には殆ど発症せず、どうも熱くなってきた時に頻繁に発症するようなので、「CDI」や「IGコイル」、「プラグキャップ」などの点火系を一つずつ点検&診断して行きました。

電装部品は壊れてくると温度で不安定になるので、正常な検査が出来てるか今一ですが、一通り点火系電装部品を調べましたが決定打は見つけられませんでした。

ドツボにハマり掛けた頃、試しに別車両の「プラグキャップ」に付け替えてみたところ、エンジンは冷えてる時から暖機が進んだあとも症状が出なくなりました。

「プラグキャップ」に霧吹きで水を掛けてもリークしている兆候はありませんでしたが、明らかに「プラグキャップ」を換えた途端に治っちゃっているようで、その後の試乗テストでも一切の不具合は出なくなりました。

「プラグキャップ」もしくは「プラグコード」の接続部周辺に不具合がありそうでしたが、そうこうしているうちに元々の「プラグキャップ」に戻しても症状が全く出なくなってしまいました。

どんなにエンジンを暖めても長時間の試乗テストでもピタリと不具合が出なくなりました。

何の部品も交換しないままエンジンは安定しているようなので、ここまでの状況をお客様に説明したところ、一先ずバイクを持って帰りたいとの要望でしたので、点検&診断料だけを頂き、バイクを取りに来て頂きました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

SR400車検

当店で’14年に販売した「SR400」です。
20190625_01
早いもので今年で2度目の車検となりました。

新車から5年が経ち2万3千キロ近く走りましたが、先月も来店をされて「バッテリー」やリア「タイヤ」を換えてますので、今回も他に不具合は見受けられませんでした。

「エンジンオイル」も交換したばかりですので、今回の整備は「点火プラグ」と「エアーフィルター」に、「ブレーキ液」の交換程度で終わりました。
20190625_02 20190625_03
交換した消耗部品の全ては、今回で新車から2回目の交換でした。
20190625_0420190625_05
先月換えたリア「タイヤ」も2回目の交換でしたが、フロント「タイヤ」は、まだ1度しか換えてません。こちらも1年先には交換になると思いますので、宜しくお願いします。

「ブレーキパッド」も去年換えておりますが、距離的にこのあと2~3千キロで交換になると思いますので、夏の北海道ツーリング前には要チェックです。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

レッツ2エンスト多発!

'07年式「Let'S2」の修理依頼でした。
20190623_03
勢い良くセルモーターは回っているようですが、始動性が悪くキックでやっと掛かる感じのようでした。

走り出せば調子は良いようでしたが、信号待ちなどでエンストを多発するとの訴えでした。

手っ取り早く「点火プラグ」を診てみました。

1万キロ近く換えてないようだったので診てみましたが、想定していたよりも損耗の度合いが酷く、中心電極は肉眼でも判るほど減っちゃっておりました。
20190623_0120190623_02
何れにしても交換時期だったので、「点火プラグ」は新品に交換させて頂きました。

この序にエンジン圧縮を測ってみたところ、暖機状態でキックで測定しても8Kくらいしか上がらず、しかもそのキックがやたらと軽い感じがしました。

「点火プラグ」の交換で幾分か始動性は良くなりましたが、相変らずアイドリングが不安定なままでした。

「キャブレター」にゴミや水などの混入も無さそうでしたが、念の為に分解して内部も点検し洗浄して組直しました。

二次エアの吸い込みも無さそうで、マフラーも外して詰まりがないか調べましたが、問題は無さそうでした。

最後に一番怪しいクランク軸の「オイルシール」を診てみたら、やはり左側の「オイルシール」が抜けて一次圧縮抜けを起こしてました。

安い部品なので「オイルシール」を換えてみる事にしました。
20190623_06
こんな症状の場合は9分9厘これで治る筈で作業を進めてみましたが、「オイルシール」を換えてみてもエンジン圧縮は上がらず、相変らずキックは軽いままでした。
20190623_0420190623_05
ダメかな?と思いながら再びエンジン始動を試みたところ、スロットルを少し開け気味で掛けてあげればセルでも一発始動するまでになってました。

アイドリングも数分暖めてあげれば安定するようになり、試乗テストでもエンストする兆候はありませんでした。

ただし始動性も完全に良い状態とは言えず、冷機時にはアイドリングも不安定なままです。

今回はお客様と打ち合わせしたうえ、今回の修理はここまででとしましたが、恐らくエンジン自体(ピストン&シリンダー)で圧縮の上がらない原因(焼き付きなど)が有りそうなので、今後も経過観察をして頂き、お乗り換えも含めてご検討して頂ければと思います。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

トゥディ24ヶ月点検

「TODAY」の「点検」や「エンジンオイル」交換を頼まれました。
20190613_01
行きつけのバイク屋さんが外車専門店になり、原付バイクを診てもらえなくなったそうです。

困っていたところ、当店のお客様からの紹介を受けて、この度はお越し頂いたようです。

久しくやってない「点検」と「エンジンオイル」交換の依頼だったので、一先ずは過去の整備歴を確認するため点検記録簿を見せて頂きました。

もちろん過去にも何度かの「点検」や「整備」を実施しているらしいのですが、お持ちの点検記録簿には一切の記録が有りませんでした。

走行8千9百キロくらいの’11年式の「TODAY」です。

かなり長い間バイクのメンテナンスをしてなかったようなので、年式や走行距離とお客様の記憶を頼りに、今回は24ヶ月「点検」を実施させて頂く事になりました。

年式の割に走行距離は短かったのですが、点検の結果「エアーフィルター」が真っ黒に汚れていたので交換させて頂きました。
20190613_02  
それからフロント「タイヤ」が、新車から8年の間一度も交換してないようで、ヒビ割れだらけの状態でしたので、危険と判断し交換とさせて頂きました。
20190613_03 20190613_04
「バッテリー」が幾分弱っていたので、バイクを預かっている間に補充電しておきましたが、その「バッテリー」端子がサビサビだったので、こちらもサビを落として組み直ししておきました。
20190613_05
ここだけ診ただけでも長い間、点検や整備をしてなかった事が分かります。

最後に「エンジンオイル」の交換をしましたが、こう言うバイクなので念のため「オイルストレーナー」も外して掃除しておきました。

また何かあれば遠慮なく来店ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

MAJESTYジェネレーター交換!

「MAJESTY」が店前に停まりました。

これも見覚えのあるバイクで、今じゃ珍しいCマジェ前の3連メーターのやつだったので、あのお客さんの「MAJESTY」だと直ぐに分かりました。
20190609_01
約7年ほど前からバイクが壊れた時にだけ時々来る方なのですが、今回も約2年振りの来店でした。

2年前にも電装系のトラブルで修理をしてますが、今回はバッテリー上がりで困っているようで修理の依頼でした。

最近バッテリー上がりを起こし、最寄りのバイク店で充電をしもらい一次的には良くなったそうですが、その後も同じことが多発するようです。

そのバイク店では充電系が故障の可能性も有ると言われたようです。

3~4年前にバイクを中古で買った時から付いてるバッテリーらしいのですが、お客様的には充電を受け付けているので、バッテリーは交換しないで欲しいと頼まれました。

故障診断をする上でも正確な電圧測定がしたかったので、本来は新品もしくは新品に近い状態のバッテリーが理想でしたが、このバッテリーも確かに完全にダメな訳じゃ無さそうでしたので、これで今回は診断をして行くことにしました。

年式的に19年も前の古い車両ですし、過去の整備歴も分らないので、こういうバイクの故障診断が一番困りますが、今回に限っては症状が分かり易く出ていたので、わりと作業ははかどりました。
20190609_02 20190609_03
結果的には、発電をしてる「ジェネレーター」と、電流電圧の制御をしてる「レギュレター」がダメでした。
20190609_04 20190609_05
20190609_06 20190609_07
「ジェネレーター」と「レギュレター」の交換を終え、最後に頼まれていたフロントの「タイヤ」交換をして全ての作業を終えました。
20190609_08 20190609_09 
毎度有り難う御座いました

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

PCX150 リコール!

当店で’15年に販売した「PCX150」のお客様から連絡で、「エンジンオイル」の交換と、最近ウインカーの作動が時々悪いので、一緒に診て欲しいと頼まれました。
20190606_01
ウインカーの作動不良は、今年の3月に出た「リコール」の不具合に該当していたので、不具合部位とされる「LEDコントロールユニット」を対策品と交換する作業を行いました。

暫くの間バイク通勤の出来ない現場で仕事をしていたようで、走行距離も伸びずに今回の来店は1年2ヶ月振りとなりました。

なので気が付いてみれば、「自賠責保険」も去年の10月で切れていました。

「エンジンオイル」の交換と「自賠責保険」の加入手続きも済ませ、全ての依頼作業を終えました。

今回の「リコール」は、「LEDコントロールユニット」の電圧設定が不適切なため、「走行用前照灯」、「方向指示器」、「非常点滅表示灯」が、点灯しなくなる恐れが有ると言うものです。
20190606_02 20190606_03  
2015~2017年式くらいの「PCX125」~「PCX150」が対象です。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、当店のお客様で該当する方は、事前に来店の予約をして頂き、早めに修理を終えて頂けますようお願い致します。

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

ベンリー110 ベルト交換!

このお客様も当店で何台もバイクを買って頂き、もう10年近くお付き合いを頂くお得意様です。
20190605_01
この「BENLY110」に関しては、それまで乗って頂いてた「TODAY」からの乗り換えで、’16年に購入を頂いたものです。

まだ新車で納めて2年と7ヶ月ほどですが、このお客様も欠かさず半年毎には来店され、バイクの「点検」と「整備」を依頼される方です。

この度も「点検」の依頼で来店でしたが、半年前にも12ヶ月「点検」を受けているので、今回は6ヶ月「点検」の実施となりました。

走行距離は2万キロ近く走っておりましたので、定期交換を要する部品としては、今回で「点火プラグ」と「エアフィルター」に「ドライブベルト」が時期となりました。
20190605_02 20190605_03
「点火プラグ」と「エアフィルター」は新車から今回で2回目の交換でした。
20190605_04 20190605_05
「ドライブベルト」は今回が新車から初めての交換でした。

それからフロントの「タイヤ」も交換時期に到達していたので、この機会に新品に換えさせて頂きました。
20190605_06 20190605_07
リヤ「タイヤ」は既に一度交換しておりますが、フロント「タイヤ」に関しては今回が新車から初めての交換でした。

最後に「エンジンオイル」を交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

トゥディ かぎ紛失!

まもなく閉店という頃に、店頭へクルマが横付けされました。

バイクの鍵を失くしたらしく、「キーシリンダー」の交換依頼でした。

直ぐ当店の裏にお住まいの方のようでしたが、当店は初めてのお客様でした。

クルマに積んであったバイクは、かなり古い’02式の「TODAY」で、他店にも回って見積をしてもらったようですが、やはり2万円以上は掛かると言われたようで、当初は自分で分解を試みたようですが、出来なかったようです。
20190529_01 20190529_02
そして当店に依頼されたようですが、予算を抑えたいという事だったので、今回はシャッターキーなどは付属をしない、「キーシリンダー」のセットのみで交換をする事になりました。

バイクをお預かりして2日後パーツが入荷したので作業に入りました。

「キーシリンダー」の交換が終わり、エンジンを始動しようとしたところ掛かりませんでした。
20190529_03 20190529_04
「バッテリー」はとうの昔に上がったままダメのようですが、キックでも全く掛かる兆候がありません。

調べると「エンジンオイル」が全く入って無いのと、エンジン圧縮が「3Kgf/cm2」しか有りませんでした。

一旦お客様に連絡して状況を説明させて頂き、「エンジンオイル」の交換とエンジン燃焼室内のカーボン除去を行いました。

圧縮は「11.1Kgf/cm2」まで上がって無事にエンジンも掛かるようになり、始動性、アイドリング状態、吹け上りも良くなりました。

最後にガソリンタンクの中に燃料清浄剤を注入してあげ、全ての作業を終えました。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

SR400タイヤ交換!

当店で’14年に販売した「SR400」のお客様です。
20190519_02
GWの10連休をフルに使って九州・中国地方を巡り、旅は順調に終わりを迎えようとした帰り道、東名は裾野あたりで異常警告灯が点いたそうです。

一先ず鮎沢PAでバイクを駐めたところで、その後エンジンは再始動できなかったそうです。

お客様から後日その旨の連絡があり、保険付帯のロードサービスを利用したようで、バイクが当店に運ばれてきました。

原因は何て事の無い単なる「バッテリー」上がりでした。
20190519_01
「SR400」の始動方式はキックのみでセルモーターは付いて無いため、その「バッテリー」は極めて小さく、2ストの頃の原付スクーターと同じ容量の「バッテリー」が付いてます。

新車から4年5ヶ月経つので、タイミング悪く寿命が尽きたようでした。

「バッテリー」端子の接触が若干悪かったような気もしましたが、念のため接点は修正をしてあげて、新品「バッテリー」に交換後は充電電圧も正常に上がっていたので、これで修理は完了としました。

このお客様は年に2~3回はロングツーリングに行く方ですが、今回のツーリングもフェリーを使わずに4千キロ以上も走ってました。

なので今回の入庫の序に「エンジンオイル」も一緒に交換させて頂きました。

それからリヤ「タイヤ」も交換時期に達してました。
 
2ヶ月後には新車から2回目の「車検」になるので、当初は「車検」の頃に「タイヤ」交換と想定してましたが、それまでにもツーリングに行く予定が有るそうなので、こちらも一緒に交換させて頂きました。
20190519_03 20190519_04
リヤ「タイヤ」は今回で新車から2回目の交換となりましたが、この「タイヤ」も1万1千キロ以上は持っているので、今回も前回と同じIRCの「GS19」で交換させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧