カテゴリー「修理(エンジン・マフラー)」の298件の記事

2017年6月 4日 (日)

XT250Xエンジン始動不能!

20170604_01閉店間近に「XT250X」にお乗りと云うお客様から、エンジンが始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

電話の問い合わせで明日中に直して欲しいとの事です。

この「XT250X」も当店では珍しいバイクなので、直ぐに思い出したのですが、丁度1年前にも1度お越しを頂いた事のあるお客様でした。

20170604_02どうしても緊急らしく初めてのお客様でもないので、他に優先する仕事に割り込んで診てあげる事にしました。

翌朝「JAF」に運ばれて来た「XT250X」は、伺うと1年近く乗らずに放置していたようです。

状態としては火も飛ぶしコンプレッションもあるので、キャブのドレンを抜いてみたら、案の定!強烈!!な腐敗臭とともに緑色のガスが出てきました。

キャブ詰まりが決定的となったので、分解・清掃を行いました。
20170604_03 20170604_04
分解したキャブ内部は腐ったガスの残留物とサビなどで、もの凄く汚れていました。
20170604_0520170604_06
キャブ内の通路も殆ど詰まっているようで、M/Jの大きな穴まで完全に塞がっておりました。
20170604_0720170604_08
キャブレターは精密で繊細な部品なので、少しでも汚れが残っていると性能が出ません。
20170604_1120170604_12
ジェット類など細かい部品を全て取り外し、隅々まで完璧にクリーニングするのに丸一日かけて、オーバーホール(分解清掃)を行いました。
20170604_0920170604_10
無事にエンジンも掛かるようになり、元気を取り戻したようなので、最後にパイロットやアイドリングの調整を行い作業を終えました。

依頼通りにその日の夕方には完成してバイクをお渡しいたしました。

また何かあればご相談ください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

R1-Zエンジン始動不能

20170603_01「R1-Z」にお乗りと云うお客様から、エンジンが始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

この時は他の仕事で一杯だったので、改めて予約を入れてもらい、後日お越し頂く事になりました。

最近では「R1-Z」も珍しいバイクなので直ぐに思い出したのですが、この方も約8年くらい前に1度お越しを頂いた事のあるお客様でした。
20170603_06
それから一週間後、予定通りバイクを押して持って来られましたが、今回も8年前と同様に長期間放置してしまったようです。

完全に乗らなかったのは1年くらいだそうですが、この8年でも走った距離は9百キロ程度のようなので、少なくともキャブ詰まりには間違いなさそうでした。

20170603_07試しに何度かキックスタートを試みたところ、一瞬エンジンに火が入る時もありましたが片肺のようで、全くアイドリングする気配がありませんでした。

エキパイを触っても左が冷たいまま燃えてないようで、そのうち今度は右のキャブがオーバーフローを起こし始めました。

20170603_04なので一旦キャブのドレンを抜いてみたところ、右からはゴミの混ざったガスが出てきましたが、左からはかなり詰まっているようで何も出てきませんでした。

キャブ詰まりが決定的となったので、分解・清掃を行いました。

分解したキャブ内部は腐ったガスの残留物とサビなどで、20170603_02もの凄く汚れていました。

思った通り左キャブはフロートチャンバーのドレン穴が残留物で塞がっておりましたが、それ以前にフロートバルブがバルブシートに固着しておりました。

ガスが出てこない訳です。

オーバーフローしている右キャブは、フロートバルブにゴミ20170603_05が噛んでいると云うよりは、バルブシートのOリングの方がダメで、バルブシートがスカスカでした。

今回はキャブ詰まりも然ることながら、キャブ(フロートチャンバー)内の油面を制御しているバルブ系がダメだったので、フロートバルブ&シートをセットで交換しました。

キャブは精密で繊細な部品なので、少しでも汚れが残って
20170603_03_2いると性能が出ません。

他のジェット類など細かい部品も全て取り外し、隅々まで完璧にクリーニングするのに丸一日かけてオーバーホール(分解清掃)を行いました。

エンジン圧縮は正常値だったので、びしょびしょにカブった点火プラグやエアフィルターと、劣化してヒビ割れだらけだったインテークマニホールドやホース類も交換して、無事にエンジンも一発始動するようになりました。

エンジンは元気を取り戻したようなので、最後にパイロットやアイドリングの調整をしながら2連キャブの同調調整を行い、今回の全ての作業を終えました。
20170603_09 20170603_08_2
また何かあればご相談ください。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

フェイズ 冷却液交換

20170520_01このお客様も当店で何台もバイクをお乗り継ぎ頂き、もう10年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「FAZE」に関しては、それまで乗って頂いていた「DIO」からの乗り換えで、2012年に購入を頂いたものです。

この度は「1年点検」と「エンジンオイル」の交換依頼でお越し頂きましたが、去年3年目の1年点検で24ヶ月点検を実施しておりますので、今回は4年目の「12ヶ月点検」を実施させて頂きました。

今回の点検では半年前にも「6ヵ月点検」を実施してますので、特に不具合は有りませんでしたが、「前後ブレーキ液」と「冷却液」が交換時期だったので、追加で交換させて頂きました。

「ブレーキ液」は新車から2回目の交換となりましたが、今回は少し交換するのが遅れてしまい、前回の交換から2年6ヶ月振りだったので、特に頻繁に使う後ブレーキの方の汚れが目立ってました。
20170520_0320170520_02
20170520_04
20170520_05
「冷却液」に関しては新車から4年6ヶ月で初めての交換でしたので、こちらも若干色が変色して黄緑色っぽくなっておりました。
20170520_06
最後に「エンジンオイル」の交換も行い、全ての作業を終えました。

新車から今年で5年目ですが、まだ距離は2万8千キロ程度ですので、この調子でメンテナンスして頂ければ、まだまだ長く乗れると思います。

今後とも宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について

冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります。

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

CRF250L冷却液交換!

20170509_01<中長老様>が「CRF250L」に乗って来店されました。

今回は去年の暮れの「エンジンオイル」交換の際に勧めておいた、「冷却液」と「ブレーキ液」の交換でお越し頂きました。

それと、このバイクの整備が終わったら、入れ替わりで「AddressV125」の方の「エンジンオイル」交換も頼まれました。
20170509_02
<中長老様>の「CRF250L」は、’12年に新車で購入を頂いてから、今回が丁度5年目にして初となる「冷却液」の交換でした。

もう少し早目の交換が良かったようで、本来「冷却液」は鮮やかな緑色をしておりますが、抜けて来た「冷却液」は茶色に近い黄緑色をしておりました。

「ブレーキ液」に関しては2年と7ヶ月前にも一度交換しておりますので、こちらは新車から2回目の交換となりました。
20170509_0320170509_04
フロント側の「ブレーキ液」に関しては、時間が経っている割に然程汚れておりませんでしたが、リヤ側に関してはそれなりに汚れ茶褐色になっておりました。
20170509_0520170509_06
「CRF250L」の整備が終わったので、「AddressV125」と入れ替えてもらいました。

<中長老様>は今年になって3回目の来店ですが、「AddressV125」の方は今年2回目の「エンジンオイル」交換でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

PCX150 マフラー交換

今年1月の終わり頃に納車させて頂いた「PCX150」です。
20170429_01
このお客様もバイク購入の段階からカスタムを希望されていて、既に「トップボックス」の取り付けや「ステップボード」の交換など少しずつオプションパーツの取り付けやカスタムを施して来ております。

先月末に約2ヶ月かかりましたが、やっと千キロほど走られたようで、初回点検に来店されました。

そして今回は、当初より慣らしの終わるタイミングで予定していた、「マフラー」交換を頼まれました。

選んで頂いたマフラーは「モリワキ」のチタンサイレンサーだったのですが、たまたまメー20170429_02カー欠品中で、納期に1ヶ月ほど要してしまいましたが、先日無事に入荷してまいりました。

チタンサイレンサーの「アノダイズド」処理された外観は、虹色に輝きお客様も大変満足できるマフラーで、大変喜んでお帰り頂きました。

また宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

シグナス ドレーンプラグ破損

20170426_01オイル交換を頼まれたのは、5万4千キロ越えの2004年式「CYGNUS」でした。

エンジンオイルを抜くところの「ドレーンプラグ」は問題なく緩んだのですが、ストレーナの入ってる方の「ドレーンプラグ」を緩めようとしたところ、ポッキリ折れてしまいました。

軽く力を入れただけで簡単に折れてしまったのですが、この鋳物で出来てる「ドレーンプラグ」は、時々あるようです。

当店では初めてでしたが、今回は運悪くはずれクジを引いてしまったようです。
20170426_02
仕方ないので新品の「ドレーンプラグ」を取り寄せ交換しました。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

PCX125冷却液交換!

20170419_04このお客様も当店で何台もバイクをお乗り換え頂き、もう9年以上もお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「PCX125」に関しては、それまで乗って頂いていた「LEAD110」からの乗り換えで、2013年に購入を頂いたものです。

この度は今年1月に実施させて頂いた「12ヶ月点検」の際にお勧めしておいた、「リヤ・タイヤ」と「ブレーキ液」に「冷却液」の交換依頼でお越しを頂きました。

2万8千キロくらい走ってる車両で、「フロント・タイヤ」に関しては過去に1度だけ交換してますが、「リヤ・タイヤ」に関しては今回で3回目の交換になりました。
20170419_01 20170419_02
新車から履き続けて来たOEMの「SS560」が廃盤となったので、今回はその後継モデルの20170419_03「SCT-001」を取り寄せ交換いたしました。

新しいタイヤは「耐摩耗性」を維持しつつグリップ力がUPしているようで、ブレーキテストの結果ではドライ8%、ウエットでは10%も制動性能がUPしているそうです。

その違いを体感出来るほど、操縦性、乗り心地、安定性がUPしているらしいので、「PCX125」にお乗りの方は一度試されては如何でしょうか?

新車から2年毎に実施して来ている「ブレーキ液」は、今回で2回目の交換でした。
20170419_0520170419_06
20170419_07
20170419_08
最後に「冷却液」を交換しましたが、こちらは新車から4年で初めての交換でした。
20170419_09
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

GPZ900R冷却液交換!

20170406_01「GPZ900R」の車検を頼まれました。

2~3年前に近所に引越して来た方で、それ以降は頻繁にお越しを頂いてる常連様です。

「GPZ900R」と云えども最終型の逆輸入車なので、そんなに年式(2003)も古くなく距離も2万8千キロを超えたくらいです。

20170406_02その上このお客様も愛車を大切にしている方なので、当店で受ける車検も2回目となりますが、今回もタイヤの交換と油脂類の交換程度で、特に問題となる不具合は見つかりませんでした。

強いて云えばリヤ側の「ブレーキ・キャリパー」で、点検と清掃をしている時に「キャリパー・ブーツ」が伸びてブーツの役目を果たしてなかったのと、同様にゴム部品の宿命なのですが、フロント側で「ブリーザー・キャップ」が切れかかっていたので、それらゴム部品の交換をさせて頂きました。

タイヤはホイールを換装してワイド化してありますので、選択肢が豊富で現行のラインナップから最新のものを選べますが、特に銘柄の指定はなく、最近は峠に走りに行く機会も減り、そんなにハイグリップは必要ないとの事だったので、今まで履いていた「PIRELLI」より幾分安価な「MICHELIN」をお勧めして、交換をさせて頂きました。
20170406_03 20170406_04

20170406_05 20170406_06
油脂類としては車検毎(2年毎)に実施している「前後ブレーキ液」と「クラッチ液」を交換し、「エンジン・オイル」に関しては前回の交換から2千キロも走ってませんでしたが、換えてから丁度1年は経つので交換するよう頼まれましたので、「オイル・フィルター」と共に交換させて頂きました。

20170406_07「冷却液」の交換も頼まれましが、これも4年以上は交換した事がないと云う事でしたので、「ラジエター」の点検や水路の洗浄を行いながら、新しい「LLC」へ交換させて頂きました。

最後にサスペンションのリンク周りなど、各部シャシーの可倒部や摺動部をグリスUPして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について
冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2017年3月28日 (火)

ZRX1100 7回目の車検!

20170328_01<被害者の改さん>のバイク「ZRX1100」が車検でした。

新車から17年目に突入した「ZRX1100」で、距離は5万2千キロを突破しました。

この数年は故障を連発しておりましたが、やっと落ち着いて来たようなので、今回こそ何事も無く済むかと思ったら、やっぱしダメで今回は「ラジエターキャップ」がNGでした。

テスターでの点検結果「ラジエターキャップ」の開弁圧力が、基準値どころか全く保持出来ない事が判明したので、この「ラジエターキャップ」を新品に交換致しました。
20170328_02 20170328_03
それから1年おきに前後を交互に換えて来ている「タイヤ」は、今回は順番的にフロント側が交換時期でしたので、この数年お気に入りの「パイロットロード4」で、今回も交換させて頂きました。
20170328_04 20170328_05
あとは「点火プラグ」など細かい部品の交換と「ブレーキ液」や「エンジンオイル」などの油脂類の交換を行い、今回で7回目となる車検も無事に完了いたしました。
20170328_06
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

ZX-10R 5回目の車検!

20170314_01昨日の定休日(月曜)も<カズちゃん>には仕事に出てもらい、<ヤス坊さん>の車検「ZX-10R」に行ってもらいました。

この車両は平成20年に買って頂いたもので、走行7千キロ弱の中古車で乗り出して頂きましたが、このバイクも早いもので、あれから10年目に入り、車検を受けるのも今回で5回目となりました。

<ヤス坊さん>も乗り始めた最初の3年くらいは年間5千キロくらいは乗っていたようですが、それ以降20170314_02は年々走る距離が短くなり、この1年では5百キロ程度しか乗っておりませんでした。

製造から12年ほど経つバイクでありますが、トータル距離も3万キロ程度なので、今回の車検もブレーキ液や冷却液、エンジンオイルなどの油脂類の交換程度で、他に損耗箇所もなく無事に車検も通りました。

<ヤス坊さん>毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧