« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月30日 (水)

CRF足回メンテナンス!

シーズンオフに入り今年最後のメンテナンスをしました。
20201230_13
来年の開幕戦まで2ヶ月以上あるので、<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」の方は、今回のメンテナンスで前後サスペンションのオイル交換をする事にしました。
20201230_2020201230_24
20201230_2120201230_27
20201230_2520201230_22
この際に前後の「スプリング」をハードなものへ交換し、フロントはオイルレベルも変えてみました。
20201230_1420201230_23
20201230_2620201230_34
20201230_2820201230_30
それに合わせてフォークの突き出し量も調整し直し組み上げました。
20201230_3120201230_33
20201230_32
序にステアリングステムも抜いて、上下のベアリング&レースを清掃&点検してから、新しいグリスを塗布し直しました。
20201230_3520201230_36
20201230_3720201230_38
20201230_4020201230_41
20201230_4220201230_43
20201230_4520201230_46
20201230_4420201230_39

リヤはオイル交換に伴いガスも入れ直し、アッパーマウント部やクッションアーム回りもカラーを抜いて、清掃&点検してからニードルベアリングの転動部に新しいグリスを充填しました。
20201230_03
それからレース前に幅広の「アルミフットペグ」に換えてからチンジペダルの操作性に違和感が出ているようなので、今回こちらもZEAT製のチップ位置6段階調整機能付「アルミシフトレバー」に換えてみました。
20201230_0120201230_02
このパーツも純正184gに対して110gと軽くなり約74gの軽量化になりました。
20201230_06
軽量化では前回に続き今回も少しやってみました。
20201230_0420201230_05
フロント側で「ブレーキラインクランプ」をアルミ製に換えて、純正24gに対して16gと軽くなり約8gの軽量化になりました。
20201230_09
リヤ側では「ブレーキクレビス」をアルミ製に換えて、純正35gに対して25gと軽くなり約10gの軽量化になりました。
20201230_0720201230_08
「エアバルブキャップ」は現行のアルミ製からプラスチック製に戻し、アルミ製3.5gに対して0.7gと軽くなり約2.8gの軽量化になりました。
20201230_12
合計94.8gの軽量化で、前回の142.5gと合せると237.3gの軽量化となりました。
20201230_10 20201230_11
<#14 Ryoくん>の「CRF250R」は、8月に修理した「カウンターシヤフト」のオイル漏れに続き、今度は「キックシヤフト」からもオイル漏れして来たので、今回はこちらの修理で「オイルシール」の交換をやりました。
20201230_1520201230_16
それから先日走りに行った時に若干スローが不安定な感じだったので、4ヶ月振りに「スロットルボディ」のクリーニングを行いました。
20201230_1720201230_18
それと前回からリヤ「リム」&「タイヤ」を太くした際に、「リムロック」を2ヵ所に増やしましたが、その「リムロック」を軽量化と作業性の効率化を図りアルミ製の「クイックリリースナット」にしてみました。
20201230_19
新年は1月2日(土)に走り初めの予定で、モトクロスヴィレッジに行ってると思います。

来れる方は現地集合でお待ちしております。

今年も一年 ありがとうございました。

来年も よろしくお願いします。

**************************************************
年末年始営業のご案内

冬季休暇に伴い、下記の日程で休業とさせて頂きます。

12月31日(木)~1月4日(月)まで休業致します。

年内最終営業日の12月30日(日)は大掃除の為、サービス(点検・整備・修理)業務はお休みさせて頂きます。

部品・用品・車両の見積及び販売業務は通常通り営業致しますが、営業時間は、18:30迄とさせていただきます。

年始は1月5日(火)より通常通り営業致します。

ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

メーカー及び問屋によっては、 12/23頃~1/11頃の期間で長期休暇に入りますので、
車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。

注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年12月29日 (火)

リトルCUB タイヤ交換!

「Little Cub」の「タイヤ」交換を頼まれました。
20201229_01
何処かで中古で手に入れたバイクのようで、3万5千キロほど走る’00年式の車両でした。
20201229_0220201229_03
交換を頼まれたリヤ「タイヤ」はスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えて、殆ど溝が無くなっておりました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

製造年月日的にも5年くらいは経ってる「タイヤ」のようで、酷くヒビ割れが発生しておりました。
20201229_0420201229_05
ハイグリップな「タイヤ」を希望されてましたが、このサイズにそのような「タイヤ」の設定は無いので、もともと履いてたのと同じ、「DUNLOP」の標準的な「D107」で交換させて頂きました。
20201229_06
「チューブ」と「リムバンド」も一緒に換えて、全ての作業を終えました。

有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

PCX125 ブレーキ整備!

今日は午前中から<テッちゃん>が来店で、通勤で乗ってる「PCX125」の方のブレーキ回りの整備をしました。
20201227_01_20201227201701
7月に「エンジンオイル」の交換で来店された際に勧めていたもので、次に「ブレーキパッド」を交換するタイミングで、「ブレーキディスク」の方も交換する予定になっていました。
20201227_02
新車から10年7ヶ月で8万8千キロを走って頂きましたが、今回で「ブレーキパッド」が4回目の交換となり、「ブレーキディスク」に関しては初めての交換となりました。
20201227_0320201227_04
20201227_0520201227_06
最後に球切れしていた「テールランプ」の「バルブ」と、「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。
20201227_07
今年も1年ありがとうございました。

また来年もヨロシクおねがいします。

| | コメント (0)

2020年12月26日 (土)

ケーブル交換3連発!

「ケーブル」の交換ばかり3連ちゃんでした。

1台目の’07年式「AddressV125」は、4ヶ月くらい前から来るようになったお客様のバイクで、リヤの「ブレーキ・ケーブル」がレバー側で切れてしまい交換となりました。
20201226_01
因みに新車から13年経過するバイクで走行6万を走り、始めて「ブレーキ・ケーブル」が切れたようです。
20201226_0220201226_03
2台目のバイクも同じ’07年式の「AddressV125」で、8年ほど前から来て頂いてるお客様です。
20201226_04
こちらは5万7千キロほど走り、「メーター・ケーブル」が切れて交換となりました。
20201226_0520201226_06
3台目の’13年式「GSR750」は、半年くらい前から来るようになったお客様のバイクで、「クラッチ・ケーブル」の交換を頼まれました。
20201226_07
走行4万5千キロを超えて心配になり、切れる前の予防整備としての交換だったようです。
20201226_0820201226_09
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

ブレーキフルード交換3連発!

「ブレーキ液」の交換ばかり3連ちゃんでした。

1台目の’06年式「SPACY100」は当店で販売したバイクで、ちょうど新車から14年経ちますが、走ってる距離は1万1千キロ程度と少ない車両です。
20201225_01
2年振りの来店で「24ヶ月点検」を頼まれましたが、「バッテリー」がダメだったので約6年振りに交換させて頂いたのと、「ブレーキ液」も2年やってなかったので交換させて頂きました。
20201225_0220201225_03
2台目の’16年式「MT-25」は当店には初めてのお客様で、「エンジンオイル」&「オイルフイルター」に「ブレーキ液」の交換を依頼され来店されました。
20201225_04
2万8千キロほど走る車両でしたが、「ブレーキ液」に関しては今までやった事が無かったようで、墨のように真っ黒でした。
20201225_0520201225_06
20201225_0720201225_08

3台目の’12年式「FAZE」も当店で販売したバイクで、この度は別件の修理依頼で来店でした。
20201225_09
その際に暫く交換してなかった油脂類の交換をお勧めして、「ミッションオイル」と「ブレーキ液」の交換をさせて頂きました。
20201225_1020201225_11
20201225_1220201225_13
新車から7年5ヶ月で3万5千キロほど走っている車両ですが、「ミッションオイル」は1万7千キロほど交換してなく、「ブレーキ液」も3年ほど交換がなかったので、汚れて茶色く濁ってました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

マジェスティS タイヤ交換!

2年半ほど前から来て頂いてるお客様で、バイクは走行9万キロ近く走る、’14年式の「MajestyS」です。
20201224_01
この度は「エンジンオイル」の交換でお越し頂きましたが、リヤ「タイヤ」にスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出ておりましたので、お勧めして交換させて頂きました。
20201224_03
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

4万4千キロくらいの時からメンテナンスを任せて頂いておりますが、当店で交換するリヤ「タイヤ」は今回で3回目でした。
20201224_02
まだフロント「タイヤ」に関しては一度も交換させて頂いておりませんが、経年劣化も進んでヒビ割れして来てますので、そろそろ交換するようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

20年モデルLEAD125納車!

「AddressV125G」からのお乗り換えで、「LEAD125」のご注文を頂きました。
20201222_01
このお客様とはまだ浅いお付き合いなのですが、約1年ほど前からバイクのメンテナンスを任せて頂いておりました。

月1ペースで頻繁に来店を頂き、「エンジンオイル」の交換を始め、「タイヤ」や「ブレーキパッド」などの交換をやらせて頂いておりましたが、遂に走行距離7万キロに近づいた先日「ドライブベルト」が切れてしまいました。

「ドライブベルト」以外にも「クラッチ」回りの損傷が酷く、修理費も高額になる事になりました。
20201222_02
走行6万5千キロを超えた7月頃の来店で、「エンジンオイル」の交換の際にオイル消費が早くなっている事が分かり、あの時点で既に乗り換えの検討もして頂いておりました。

なので今回の故障を機に悩まれる事もなく即お乗り換え機種も決まり、今回の「LEAD125」ランベントシルバーメタリックの注文を頂きました。

当初2週間の納期予定が伸びてしまい、約3週間(20日間)ほど掛かりましたが、先週末に無事に入荷して来ました。

廃車、登録、保険の車両入替などの手続きを済ませ、オプションの「トップボックス」も付け終わり、本日の納車となりました。
20201222_03
「AddressV125G」から13年振りの最新型「LEAD125」をご覧頂き大満足を頂いたようでした。

この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後はご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

これでホンダの新車は、年内の入荷は最後となりましたが、未だバイクによっては受注受付停止のモデルもあり、注文できても納期2~3ヶ月待ちが当たり前となっております。

長く納車をお待ちのお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今暫くお待ち頂けますようお願い申し上げます。

「LEAD125」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

2020年12月22日 (火)

スーパーCUBチェーン脱落3回目!

当店で’15年に販売した「SUPER CUB 50 PRO」です。
20201216_01
また「ドライブチェーン」が外れたので直して欲しいと頼まれました。

チェーンの調整は元より長く定期点検なども受けてないので、外れた原因は単に調整の不良なのですが、この1年でもチェーンの脱落は3回目となりました。

その何回か前にはチェーンが外れた弾みでクランクケースに強い衝撃が加わり、左カバー取付ボルトの固定部(2ヵ所中上側1ヵ所)が破損した事もありました。

前回の交換後2万4千キロ以上走行しているチェーンなので、また直ぐに外れてしまう事は間違い無く、今までも再三に渡り早目の交換を促しておりましたが、なかなか交換させてくれませんでした。
20201216_02
流石に今回は再調整も限界と判断し、強くお願いして交換させて頂く事になりました。
20201216_0320201216_04
「ドライブチェーン」と合せて磨耗や劣化の激しい前後「スプロケット」と、「ホイールダンパー」に「チェーンスライダー」も一緒に換えさせて頂きました。
20201216_0520201216_06
20201216_07
それから前後の「タイヤ」も限界を超え大変危険な状態でした。

後輪の溝が0.7mm以下でスリップサイン(磨耗限度表示)は消えて無くなってました。
20201216_09
前輪に至っては完全に溝が無くなりツルツルでしたので、お勧めして交換させて頂きました。
20201216_08
以上で整備は完了しましたが、納車時エンジンの始動性が非常に悪いようでした。

「点火プラグ」や「エアーフィルター」などの定期交換部品も1万5千キロ近く交換してないので、こちらも早目の交換をお願いいたします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

2020 SUPER FORMULA 最終戦

「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」より全日本SUPER FORMULA選手権に参戦している山本尚貴選手が、シリーズ第7戦で5位に入賞し、今シーズンのドライバーズチャンピオンを獲得しました。
20201221_02
ニュースリリース
↓ ↓ ↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/c201220.html

Rd.07 富士スピードウェイ 最終戦
↓ ↓ ↓
https://www.honda.co.jp/SF/race2020/rd07/?from=cattopnews
20201221_01

| | コメント (0)

2020年12月20日 (日)

チューブ交換3連発!

パンクによる後輪「チューブ」の交換が3連発でした。

1台目の’08年式「PRESS CUB」は当店で販売したバイクで、新車から13年経ち走行7万キロを突破しておりますが、今回で10回目のパンクでした。
20201220_02 20201220_01
やはり今回も長い距離をパンクしたまま走って来ちゃったので、修理は不可能な状態となり「チューブ」交換となりました。

2台目の’20年式「CROSS CUB110」は当店には初めてのお客様で、こちらも暫くの間パンクしたまま走っていたようで、修理不可能と判断し「チューブ」交換とさせて頂きました。
20201220_05  20201220_06
3台目の’00年式「RZ50」も当店には初めてのお客様で、こちらも「チューブ」がダメで交換となりました。
20201220_03 20201220_04
おわり

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

レブル250 納車!

今年3月にモデルチェンジして発売したばかりの「レブル」です。
20201217_01
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200130-rebel.html

ご注文のお客様は当店の取引先の社員さんです。

この取引先の担当営業から20代半ばの新人社員さんを紹介されたのが今年の7月下旬でした。

もともと人気モデル「レブル」のモデルチェンジなので、納期が掛かる事は想定していましたが、このコロナの影響を受け更に納期遅延が発生しておりました。

https://www.honda.co.jp/HMJ/company/info/20201204/

なので正式に契約を頂いた8月上旬時点での入荷予定は2~3ヶ月先の10月頃となっていましたが、お客様はこれから教習所へ通う段階だったので、それほど納車は急いでおらず、ちょうど免許の取れる頃だろうと楽観していました。

ところが10月になっても正式な納期が出ずに、結局は注文から4ヶ月(126日間)も掛かり、今月になってやっと車両が入荷してきました。
20201217_02
大変お待たせ致しましたが、やはり教習所もコロナの影響か?大変混んでいるようで、まだ免許が取れておりませんでした。

年明け卒検で終わりのようなので、先にバイクだけ本日お届けさせて頂きました。

通勤と趣味で購入を決めた「レブル」は、今年のモデルチェンジに合わせ新しくタイプ追加された「S Edition」のマットアクシスグレーメタリックです。
20201217_0320201217_06
https://www.honda.co.jp/Rebel250/

全灯火類にLEDの採用やアシストスリッパークラッチなどを採用された「レブル」に、純正アクセサリーを標準装備した「Rebel 250 S Edition」ですが、今回は更にオプションで「アクセサリーソケット」も追加取付させて頂き、無事に本日納車の運びとなりました。
20201217_0420201217_05
この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。
20201217_07
今後はご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

未だバイクによっては受注受付停止のモデルもあり、注文できても納期2~3ヶ月待ちが当たり前となっております。

長く納車をお待ちのお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今暫くお待ち頂けますようお願い申し上げます。

「Rebel 250」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

フェイズ 10万キロ!

当店で2010年に販売した「FAZE」です。
20201218_03
このバイクも新車から今月で丁度10年が経ち、遂に走行も10万キロに到達するところです。
20201218_02
10日ほど前にも前後の「ブレーキパッド」や「エンジンオイル」の交換などで来て頂いたばかりですが、今回はその時に発覚した「フロントフォーク」のオイル漏れ修理などで来て頂きました。
20201218_0420201218_05
「フロントフォーク」の左側は2年5ヶ月前の走行7万キロの時にオイル漏れしました。
20201218_0620201218_07
今回は「フロントフォーク」の右側の方がオイル漏れで、「オイルシール」の交換をメインに中を洗浄して新しい「フォークオイル」に入れ替えました。

この序に割れているフロント「フェンダー」も交換しました。
20201218_0120201218_10
こちらも2年7ヶ月前の走行6万7千キロの時に一度交換してますので、今回で2回目の交換になりました。

最後にリヤ「タイヤ」もツルツルだったので交換させて頂きました。
20201218_0820201218_09
こちらは1年前の走行8万9千キロの時に換えてますので、概ね1万1千キロを走り交換となりました。

新車からフロントが5回、リヤが今回で9回目の交換でした。

この度も遠路「小田原」から遥々来て頂き、毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

スペイシー100 ブレーキ整備!

2006年式の「SPACY100」です。

ブレーキランプが点かないとの訴えで来店されましたが、こちらは単純に球切れしていたので、「バルブ」を交換して直ぐに作業を終えました。

せっかく来て頂いた序なので軽くバイクの周りをチェックしてあげていたところ、フロント「ブレーキパッド」の残量が殆ど無くなっている事が分かりました。
20201219_01
このお客様は10月にもリヤ「タイヤ」を交換させて頂いた方ですが、その時には既に「ブレーキパッド」は交換時期が迫っていたので、早めに交換するよう勧めておりました。
20201219_1020201219_11
それから1ヶ月半しか経っておりませんでしたが、なんと!2千8百キロも走っていたようで、「ブレーキパッド」は一部の摩擦材が完全に無くなり、台座の地金まで出ている状態でした。
20201219_0220201219_03
「ブレーキパッド」の交換を行う事になりましたが、その作業の際に「ブレーキキャリパー」を外して診たところ、「キャリパーピストン」に「ピストンシール」が噛み込んでいる事が分かりました。
20201219_0620201219_07
「ブレーキパッド」が極限まで減って「キャリパーピストン」も出る所まで出ちゃっている状態で、そのうえ新車から14年ほど経つ車体なので、ゴム部品の「ピストンシール」などは経年劣化が進んでいたようです。

このまま「ブレーキパッド」の交換の際に「キャリパーピストン」を押し込んでしまうと、「キャリパーピストン」は間違いなく固着して動かなくなってしまうので、今回は急遽「ブレーキキャリパー」のOH(オーバーホール)をする事になりました。
20201219_0420201219_05
年式の割に「ピストン」に腐食などは無かったので、分解したシリンダー内も含め汚れを徹底的に除去したあと、「ピストンシール」などのゴム部品を新品に組み替え作業を終えました。
20201219_0820201219_09
最後に「エンジンオイル」の交換もして全ての仕事を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

Yuki Tsunoda F1昇格!

Hondaのドライバー育成プログラム出身の<#7 Yuki Tsunoda>が、2021年のフォーミュラ・ワン世界選手権に、「Scuderia AlphaTauri Honda」のレギュラードライバーとして参戦することが決定しました。
20201223_01
ニュースリリース
↓ ↓ ↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/c201216.html

Honda F1
↓ ↓ ↓
https://www.honda.co.jp/F1/

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

TACT 1ヶ月待!

「TACT」の納車でした。

このお客様とも長い付き合いで、かれこれ12年以上ご贔屓を頂いております。

この度は、’08年に買って頂いた「TODAY」からの乗り換えで、この「TACT」のご注文を頂きました。
20201215_01
これで当店でのお買い上げは2台目となりました。

当初の納期通りの入荷でしたが、納車までに約1ヶ月(38日間)掛かりました。

大変お待たせいたしましたが、本日12年振りの新車お乗り換えで、無事「TACT BASIC」の納車となりました。

この度も数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して頂き、誠に有り難う御座いました。

今後もご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

毎度有り難う御座いました。

未だバイクによっては受注受付停止のモデルもあり、注文できても納期2~3ヶ月待ちが当たり前となっております。

長く納車をお待ちのお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今暫くお待ち頂けますようお願い申し上げます。

「TACT」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

 

| | コメント (0)

2020年12月13日 (日)

X’pro風50 ブレーキシュー交換!

当店で’14年に販売した「X'pro風50」です。
20201213_01
この度は「エンジンオイル」の交換でお越し頂きました。

序にリヤ「ブレーキ」が甘くなったので診て欲しいと頼まれました。

診たところ「ブレーキ」の調整代が殆ど無くなっていたので、「ブレーキシュー」の交換をお勧めしました。
20201213_02
運よくラスト1セット在庫があったので、そのままバイクをお預かりして「ブレーキシュー」の交換を行いました。
20201213_03
この「ブレーキシュー」の交換は頻繁に行う整備じゃないので、「ブレーキカム」も抜いて表面を研磨したあと、グリスUPしてスムーズに動くようにしておきました。

今回の「ブレーキシュー」は、1万3千キロくらいの時に一度換えてますので、新車から6年半2万6千キロを走り、今回で2回目の交換となりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

FAZEブレーキパッド交換!

また小田原のお客さんから連絡があり、今回は「FAZE」の「ブレーキパッド」交換を頼まれました。
20201212_01
何時もの様にカシャカシャ音がし出したらしいので、前後どちらのブレーキなのか聞いたところ、たぶん後の方と言われました。

念のため走行距離も聞いておいて、事前に当店で記録している整備履歴を調べたところ、確かにリヤ側「ブレーキパッド」は前回の交換から1万4百キロほど走っているようでしたが、フロント側「ブレーキパッド」も1万6千キロ以上交換してない事が分かりました。

なので「ブレーキパッド」は前後両方を取り寄せておいて、ご来店をお待ちする事にしました。

連絡から8日後の本日、今回も遠く小田原の方からお越し頂きました。

やはり「ブレーキパッド」は前後ともダメで交換する事になりましたが、音が出ていた方のリヤ側「ブレーキパッド」は完全に摩擦材が無くなり、台座の地金まで出ておりました。
20201212_0220201212_03
なるほど音が出ていた訳で、この鉄板で暫くブレーキしてたようです。
20201212_0420201212_05
1年前に「ブレーキディスク」を換えたばかりなのに、またローターにキズが入ってしまいました。

次回はもう少し早く交換しに来てくださいネ!

同時に球切れしていた「ヘッドライト球」の交換と「任意保険」の更新手続もして頂き、最後に「エンジンオイル」&「オイルフィルター」も交換して作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般に「ブレーキ・パッド」の摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際には「ブレーキ・パッド」は片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようお願いします。

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

GYRO e: 発表!

交換式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」
を使用したビジネス用電動三輪スクーターの市販予定車として、
「GYRO e:(ジャイロ イー)」、「GYRO CANOPY e:(ジャイロ キャノピー イー)」を発表。
20201211_01
20201211_02
「GYRO e:」「GYRO CANOPY e:」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/2201211.html

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

ベンリー始動不良!

先週修理を行った信用金庫のお客様から、更にもう一台同じ「BENLY50」の修理を頼まれました。

こちらは3万4千キロほど走る’12年式の車両で、早朝の始動時にセルモーターが回らない時があり、キックスターターも動かないとの訴えでした。
20201210_01
キックスターターの方は下に降りたまま固着していたので、エンジンカバーを開けてスタータースピンドルを分解し点検してみたところ、これを固定しているサークリツプが外れてました。
20201210_0420201210_03
20201210_0620201210_07
スタータースピンドルは油が切れて錆々になっており、この状態で繰り返しキックをし続けた結果サークリツプが外れたようです。
20201210_0220201210_05
スタータースピンドルの錆を落としグリスアップをしてから組み直し、外れたサークリツプを固定して修理を終えました。

セルフスターターの方は、単にバッテリー上がりが原因のようでしたが、点検や測定の結果が微妙な感じで結論が出せないでいたところ、テールランプが尾灯も制動灯も灯火しない状態に気付きました。

灯火しない原因は単に球切れでしたが、電球を換えたところ今度はブレーキ灯が点きっ放しで消灯しない事が分かりました。

一番最初に修理を頼まれた「BENLY50」と同様、甘くなったブレーキを締め込み続けた結果のようで、こちらの車両も遊びが全く無くなりパツンパツンの状態でした。
20201210_0820201210_09
恐らくブレーキ灯が点きっ放しの状態で長く乗り続けていたため球切れを起こしたようで、こちらの「BENLY50」もイコライザー部を正規に調整し直しブレーキもスムーズに作動するようになり、ブレーキ灯も正常に灯火するようになりました。

これがバッテリー上がりの一因とも考えられ、これ以降はセルフスターターの作動不良もなくなりましたが、念のためバッテリーも充電してあげて、様子を見て頂く事になりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

R1200GSADVENTURE 車検!

「任意保険」の更新手続で<監督様>が来店されました。

来店の序に「R1200GS ADVENTURE」の「車検」を頼まれました。
20201208_01
本当は9月が「車検」の有効期限でしたが、相変わらず忙しかったようで来店を頂けず、検切れの状態で3ヶ月ほど経過しての「車検」でした。

やはり殆ど乗ってなかったようで、この2年で走った距離は、たったの9キロ!でした。

2年前には「タイヤ」も新品に交換しておりますので、この距離で他に消耗ヵ所は有りませんでしたが、一応前後の「ブレーキ液」だけは交換して整備を終え、新車から6回目の「車検」を通しました。

今回もパニアケースとかは外して来て頂きましたが、この小さな店に置いとくと2台分のスペースをとるバイクなので、今日は無理を言って仕事を早めに切り上げ取りに来て頂きました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 8日 (火)

新型 PCX125/PCX160/PCX e:HEV 発売!

「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。

新型「PCX125」「PCX160」「PCX e:HEV(イーエイチイーブイ)」の3モデルを、2021年1月28日(木)に発売。
20201209_01
「PCX125」は、新設計フレームに新設計エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」を搭載。

「PCX160」は、「PCX125」をベースにエンジン排気量を156ccへ拡大。

「PCX e:HEV」は、「PCX125」をベースにACGスターター(モーター)に駆動アシストの機能を追加させた、ハイブリッドシステムを採用。

「PCX」 ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/2201208-pcx.html

「PCX」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/PCX/

ご予約受付中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Winter_sale_2
★ウインターセール開催中!

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

’20MCFAJモトクロス第10戦!

「MCFAJ2020クラブマンモトクロス」 第10戦(オフロードヴィレッジ)でした。

今年のレースは、第3戦がコロナで中止だったので、第1、5、7戦と今回の 第10戦(最終戦)の4回をスポット参戦して、今年の当チームのレース活動は、これで全て終了となりました。

今大会からは<#51 Shunくん>が学業に戻り、当「CLUB FUN WHEELS」は、<#14 Ryoくん>、<#8 yuuくん>の2台体制となりました。

早朝4時起きで現地には6時半頃到着いたしました。
20201206_0120201206_02
気温は3度、コースを見渡すと霜柱で雪が降ったように白くなっておりました。
20201206_0320201206_06
なので当チームは今回から新兵器「カセットボンベ(ガス)式ストーブ」を導入して、寒さ対策をしました。

この霜柱が解けて泥々になるのかと思っておりましたが、去年の最終戦とは異なり天気には恵まれ、今回は非常に良いコースコンデションとなりました。

ただし今年は例年より1週間遅い12月開催で、恐らく午前と午後のレースで10度くらいの温度差は出そうでした。

この気温の変動にキャブセッティングが旨くハマってくれるか心配でしたが、公式練習の始まった8時半から9時半頃までの気温は6~7度まで上がり、<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」はイイ感じで練習走行を終えました。

午前のレースは<#14 Ryoくん>からで、10時過ぎに始まり気温は10度前後でした。
20201206_04
スタートには絶対的な自信を持つ<#14 Ryoくん>は、今回も午前午後の両ヒートでホールショットを勝ち取り、前回のレースに続き午前のレースで1位、午後のレースでも2位の好成績を残しました。

<#8 yuuくん>は「CRF150R-Ⅱ」に乗り換え丁度1年が経ちました。

暫く良い成績が残せず低迷していましたが、前回のレースでは自信最高位の2位表彰台に立ちました。

そして向かえた最終戦ですが、午前のレースではホールショットこそ逃すも抜群のスタートを切り、1周目には2位に浮上しました。
20201206_05


残り4分のサインボードを見るや一気に前を抜かし、そのまま残り2週をトップで走り切り念願の1位でゴールいたしました。

午後のレースも好スタートを切りホールショットで1コーナーを抜け、1周目で一悶着ありましたが2周目にはトップに躍り出てそのままゴールとなりました。

両ヒート優勝の最高の成績を残す事ができました。

マシン開発に1年も掛かりましたが、やっと少しですが勝てそうなマシンに仕上がってきました。

まだまだ開発の余地は沢山残っておりますし、今回も得られた収穫は多かったので、次戦までにフィードバックできればと思います。

バイクって本当に楽しいですネ!

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

CRFメンテナンス!

レースに向けて最終メンテナンスにかかりました。

今回<#14 Ryoくん>の「CRF250R」は、「タイヤ」交換や「フロントフォーク」のオーバーホールを行いました。
20201205_01
「タイヤ」は今までと同じDUNLOPのソフトタイヤ(MX33)で、リヤ側をワンサイズ太いスペアホイールを使用して、リムサイズを「19X1.85」から「19X2.15」とし、タイヤサイズも「100/90-19 57M」から「120/90-19 66M」へと太くしました。
20201205_0420201205_02
組み付けに際しては、タイヤの空転抑止にリヤ側で「リムロック」を一ヶ所追加し、リムの曲面に合わせたスペーサー「アルミロックスペーサー」を使用し確実に取り付けました。
20201205_0320201205_06
新品の「強化チューブ」に換えて、「リムバンド」の下に更に「リムテープ」を貼り付けチューブを保護して「タイヤ」を組み上げました。
20201205_3020201205_05
それから今回はコースが変わるので、リヤ「ホイール」を外す序にリヤの「スプロケット」も丁数変更して換えました。

今年に入り9か月間で3回目の「タイヤ」交換でした。
20201205_07
「フロントフォーク」はオイル交換を兼ねてのオーバーホールで、「オイルシール」や「スライドメタル」などの消耗部品の交換も行いました。
20201205_0820201205_09
今回から組み付け時の「オイルシール」損傷を防ぐため、「オイルシールインサート」と言う専用工具を使って、シール類の組み付けを行いました。
20201205_1020201205_11
20201205_12
最後にハンドル「グリップ」を交換しました。
20201205_1320201205_14
3月に換えたばかりの「グリップ」でしたが、既に損耗激しく握れる状態では無くなったので、今回は今までの「ZETA」製「デュアルコンパウンド」から「RENTHAL」製「デュアルテーパードケブラー」へ変えて試してみる事にしました。

<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」の方は、この2ヶ月間で開発も進み、「タイヤ」も2週間前に交換を終えているので、今回は通常の整備くらいで特に大きな事は行いませんでしたが、「ステップ」を変更したいとのリクエストが有ったので交換する事にしました。

既に純正の「ステップ」には難が有ったので、直ぐに「CRF250X」の純正ステップを流用で改善しておりましたが、これでは「ステップ」幅が狭く踏ん張りが効かないらしので、要望通りに幅広の社外「ステップ」に交換してみました。
20201205_1520201205_16
兼ねてから車体の軽量化は命題だったので、「ステップ」はZEAT製の「アルミフットペグ」にしてみました。
20201205_1720201205_18純正447gに対して335gと軽く約112gの軽量化になり、幅は純正145mmに対して155mmと長く約10mmほどワイド化されました。
20201205_1920201205_20
20201205_21
序にフォークガードのボルトもアルミ製に換えて、こちらは純正36.2gに対して15.7gと軽く約20.5gの軽量化。
20201205_2220201205_25
20201205_2320201205_24
更にリヤのアクスルナットもアルミ製に換えて、こちらも純正24gに対して14gと軽く約10の軽量化となり、合計142.5gの軽量化となりました。
20201205_2620201205_29
20201205_2720201205_28
泥付いたら一発で無意味なような軽量化ですが、こんな感じで今後も少しづつ軽くして行ければと思います。

それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

**********************************************
12月6日(日)から8日(火)の営業対応について
**********************************************
12月6日(日)から8日(火)までは、下記の営業対応となります。

12/6 MCFAJクラブマンモトクロス参戦
12/7 定休日
12/8 低圧電気取扱特別教育講習(臨時休業)

12月6日(日)は、当店イベント(モトクロス)の為、一部の営業内容をお休みさせて頂きます。

通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、
保険(自賠責・任意保険)の加入・継続手続き、
部品・用品・車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。

なお営業時間は、11:00~19:00
サービス受付は、18:00迄とさせていただきます。

ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合があります。

12月8日(火)は、低圧電気取扱講習会の参加の為、臨時休業させて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。
**********************************************

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

Z1-125 前輪異音!

当店で’17年に販売した「Z1-125」です。
20201204_01
この度は「エンジンオイル」の交換でお越しを頂きました。

それと走行中に前の方から異音がするので診て欲しいと頼まれました。

今年の1月にも同様の訴えがあり、一度処置した事のある案件でした。

あれから暫くは治まっていたようですが、今回も「メーターギヤボックス」から異音が発生しておりました。

時間や距離の割に「オイルシール」も硬化しているようで、「歯車」も磨耗が進行しているようでした。

本来は「メーターギヤボックス」を新品に交換するのが望ましいのですが、部品取り寄せにも時間がかかるので、もう一度給油して様子をみて頂く事になりました。

今回は「歯車」を分解して噛み合わせ部分を磨き込み、綺麗に洗浄してから新しいグリスを充填して組み直してみました。
20201204_0220201204_03
この段階で異音は治まっているようですが、再発した場合は「メーターギヤボックス」の交換をお願いします。
20201204_0420201204_05
「メーターギヤボックス」の脱着に伴いフロントホイールを外すので、この序にフロント「タイヤ」の交換をお勧めさせて頂きました。

リヤ「タイヤ」の方は溝が無くなり今年の8月に換えさせて頂いておりましたが、フロント「タイヤ」に関しても新車から3年4ヶ月経過して一度も換えおりませんでした。
20201204_06
やはり経年劣化による硬化でクラック(ヒビ割れ)が進行していたので、今回は危険と判断し新品「タイヤ」に交換させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

ベンリー排気漏れ!

昨日修理を行った信用金庫のお客様から、もう一台同じ「BENLY50」の修理を頼まれました。

こちらは1万9千キロほど走る’16年式の車両で、エンジンからの異音(排気漏れ)の訴えでした。
20201203_01
排気漏れのようなので「マフラー」に目をやると、「マフラー」が外れてプラプラしてました。

原因は直ぐに分かり「マフラー」を固定しているボルトが上下2本共外れており、「エキゾーストパイプ」が折れてました。
20201203_02
ボルトが自然に緩み外れて無くなる確率は低いので、恐らく「タイヤ」交換などで「マフラー」を外した際に、ちゃんとボルトを締めてなかったのが原因かと思われます。
20201203_0320201203_04
新品の「マフラー」へ交換して修理は終えましたが、何れにせよ点検を定期的に受けていてれば、回避できたトラブルとも思われますので、今後は定期点検(法定点検)も実施して頂けますようお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 2日 (水)

ベンリー制動灯点きっ放し!

知人の紹介でバイクの修理を頼まれました。

お客様は近所の信用金庫の方で、バイクは3万5千キロほど走る’12年式「BENLY50」でした。
20201202_01
ブレーキ灯が点きっ放しで消灯しないとの訴えでした。

原因はブレーキの調整不良でした。

甘くなったブレーキを締め込み続けた結果のようで、遊びが全く無くなりパツンパツンの状態でした。

この「BENLY50」は、コンビブレーキのイコライザー装着車なのですが、その知識の無いままに間違った調整を長く繰り返していたようです。
20201202_0220201202_03
正規に調整し直しブレーキもスムーズに作動するようになり、もちろんブレーキ灯も消え正常に灯火するようになりました。

また何か御座いましたらご相談ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

ZZR1100車検

「ZZR1100」の「車検」でした。

殆どの事は自分でやる方なので、今回も特に部品や油脂類の交換指示はありませんでした。

走行距離も前回の「車検」から2年で2千8百キロ程度と極めて少なく、今年の始めにはエンジンの修理もしているので、予定では何もやらずに「車検」を通せる筈でした。
20201201_01
ところが車両を預かってみたところ、何ヶ所か不良個所が発見されました。

知らぬ間に「スプロケットカバー」を社外品へ交換していたようで、純正カバーに刻印されてる「チェンジ・インジケータ」が無くなってました。
20201201_02
これじゃ「車検」に通らないので、急遽「チェンジ・インジケータ」のラベルを貼り付けました。

それから「ウインドシールド」の固定スクリューが2本付いておりませんでした。

これもダメなので似たようなスクリューを探して取り付け急遽対応しました。

これで問題無しの筈でしたが、「車検」は見事に落ちました。

ブレーキランプが点かないのと、「ヘッドライト」の光軸&光量で落ちました。

ブレーキランプは、ステップを社外製の「バックステップ」へ換えていて、ランプスイッチが正常に機能しておりませんでした。

途中でヒューズが飛んじゃったりして現場で小一時間もがきましたが、その場を何とか凌ぎ、2回目の「車検」で何とか合格しました。

おわり

| | コメント (0)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »