« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

ブレーキフルード交換3連発!

「ブレーキ液」の交換ばかり3連ちゃんでした。
20200930_01
1台目の’15年式「LEAD125」のお客様は、「エンジンオイル」の交換で来店でしたが、前回の「ブレーキ液」交換から2年7ヶ月ほど経過していたので、今回で新車から2回目の交換をさせて頂きました。
20200930_0220200930_03
このバイクは油圧式のフロントブレーキ側だけの作業となりますが、CBS(前後連動ブレーキ)なので、ブレーキマスターとフロントカバー内の2カ所から「ブレーキ液」の交換を行いました。
20200930_0420200930_05
2台目の’00年式「FORZA」のお客様も、「エンジンオイル」の交換で来店でしたが、やはり前回の「ブレーキ液」交換から2年2ヶ月ほど経過していたので、交換をさせて頂きました。
20200930_06
フロント側は4月にやった「ブレーキパッド」の交換の際に換えてるので、今回はリヤ側「ブレーキ液」だけの交換でした。
20200930_0720200930_08
3台目の’15年式「FIGHTER150」のお客様も、「エンジンオイル」の交換で来店でしたが、やはり前回の「ブレーキ液」交換から2年ほど経過していたので、交換をさせて頂きました。
20200930_09
こちらはリヤ側を6月にやった「ブレーキパッド」の交換の際に換えてるので、今回はフロント側「ブレーキ液」だけの交換で、新車から2回目の交換でした。
20200930_1020200930_11
皆さん!毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

CB1100RS 前タイヤ交換

「CB1100RS」の「タイヤ」交換でした。

半年前に車検を通した<テッちゃん>のバイクです。
20200929_01
今回は、3ヶ月前の「エンジンオイル」の交換の際に勧めていた、フロント「タイヤ」の交換です。

新車から3年6ヶ月で3万6千キロを超えたところで、未だリヤ「タイヤ」は1回しか交換しておりませんが、今回のフロント「タイヤ」は3回目の交換となりました。

リヤは概ね2万キロ前後はもつようですが、フロントは1万2千キロ前後で交換時期に達しているようです。
20200929_03
<テッちゃん>の場合は、高速道路を使った長距離ツーリングなどは殆ど無く、近場の峠道を走るツーリングで距離を稼いでるようなので、フロント「タイヤ」ばかりが減るようです。

シーズン中は月に千キロ以上走る<テッちゃん>なので、「タイヤ」の交換サイクルが早いです。
20200929_04
今回は交換をお勧めしてから3ヶ月で3千キロも走っていたので、「タイヤ」はスリップ・サイン(磨耗限度表示)も完全に消えちゃっておりました。

なので今回もライフ性能とコスパも考慮して、ミシュランの「ROAD2」で交換させて頂きました。
20200929_02
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

ニュルブルクリンク24時間Honda2連覇!

ニュルブルクリンクの24時間走り続ける過酷なレースで、
「Team Castrol Honda Racing」の「CIVIC TCR」が2年連続優勝を果たしました。

https://www.honda.co.jp/WTCR/

20200927_01


| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

リード125 タイヤ バースト!

電話で「タイヤ」の交換依頼がありました。

走行中にリヤ「タイヤ」がバーストしたようで、数時間後にレッカー車に運ばれバイクが届きました。

バイクは、走行2万9千キロ近く走る’13年式「LEAD125」でした。
20200926_01
初めてのお客様かと思ったら、2年前にも同じバイクで前後の「タイヤ」交換を頼まれた方でした。
20200926_02
お客様の言う通り「タイヤ」はバースト(タイヤ構造が一気に破裂する)で間違いないようで、カーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで磨耗しておりました。
20200926_0320200926_04
そんな訳で、お客様の依頼通りに「タイヤ」は新品交換になりましたが、2年振りの来店なので少しバイクの回りを見て差し上げたところ、「ブレーキパッド」の残量も無くなっておりました。
20200926_0520200926_06
「ブレーキ液」も新車から7年一度も換えて無いようでしたので、「ブレーキパッド」と共に換えさせて頂きました。
20200926_0720200926_08
20200926_0920200926_10

最後に「エンジンオイル」の交換もやらせて頂き完了の筈でしたが、もう一つ大きな問題が発覚しました。

一昨年の11月に届出のあったリコール<改善対策>の対象車にも関わらず、未だ<改善対策>の実施がされておりませんでした。
20200926_1220200926_13
これも放置すると大変危険なので、不具合とされる「スロットルケーブル」を良品に交換(改善対策)する作業を実施させて頂きました。
20200926_1320200926_14
こちらは無料で出来たので、お客様的には大変満足して頂いたようです。

毎度有り難う御座いました。

バーストは、「タイヤ」の構造が一気に破壊される状態となるため、バイクが突然コントロール不能になったり、後続車を巻き込んだ多重衝突の原因となる事も多いので、こんな「タイヤ」で乗り続けている方は、危険ですので早めに「タイヤ」交換してください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

LEAD125 24ヶ月点検!

24ヶ月「点検」を頼まれました。

バイクは今年の1月頃から来るようになったお客様のもので、走行3万5千キロ近く走る’15年式の「LEAD125」です。
20200923_01
1ヶ月ほど前に「エンジンオイル」などを交換しに来た際に、お勧めしておいた「点検」です。

今まで何も整備した事が無いと言う事だったので、先ずは24ヶ月「点検」を実施しながら、「点火プラグ」と「エアフィルター」に「ミッションオイル」の交換をやらせて頂きました。

新車から3万5千キロで初めての交換なので、流石に「点火プラグ」の中心電極は角が落ちて丸くなっておりました。
20200923_0220200923_03
どおりでエンジンの調子が悪かった筈で、同様に「エアフィルター」も埃が溜まり超!真黒に汚れてました。
20200923_0420200923_05
「点検」の結果も同様で、駆動系では「ドライブベルト」に亀裂が入り、「ウエイトローラー」も段減りしていたので、早めの交換をお勧めします。
20200923_06
20200923_0720200923_08
「ブレーキ」では、「キャリパー」の引き摺りなどは有りませんでしたが、「ピストン」のサビと汚れが酷かったので、今後シールの噛み込みなどが起こらないように磨いておきました。
20200923_09
20200923_1020200923_11
あとはリヤ「タイヤ」が交換時期で、スリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えかかっておりますので、こちらも早めの交換をお願いします。
20200923_12
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

TACTベーシック即納!

「TACT」即納でした。
20200924_01
ご注文のお客様は、「X'pro風50」からの乗り換えで、これで当店でのお買い上げは2台目となりました。

只今BO(バックオーダー)中の「TACT」でしたが、たまたま希望されていた銀色(フォースシルバーメタリック)が4日後に入荷して来たので、注文から6日目で納車する事ができました。

同時に注文を頂いてた「フロントバスケット」も2日後に入荷していたので、納車に合わせて取り付けを終わらせる事ができました。
20200924_02
「フロントバスケット」は、大きい荷物を載せる前提で、積載重量5キロのメーカー純正XLサイズを取り付けさせて頂きました。
20200924_0320200924_04
「自賠責保険」の車両入替も終わり、無事に本日納車させて頂きました。

小雨の降る中を先ほどお帰り頂きました。

この度も数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して頂き、誠に有り難う御座いました。

今後もご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

毎度有り難う御座いました。

「TACT」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Autumn_2 ★ウォータムセール開催中!

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

モトクロス PARTS納品!

また<#14 Ryoくん>のモトクロス仲間から、モトクロス用のパーツやオイルなどを頼まれました。
20200921_01
パーツは、「CRF250R」用のバーパッドやブレーキレバーで、ブレーキレバーに関しては、転倒時の破損リスクを抑える可倒式です。
20200921_0220200921_03
オイルは何時もの「VERITY」100%科学合成油「BIKE FS HR Ver3」で、納めさせて頂きました。
20200921_04
http://verityoil.com/

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

アドレスV125 タイヤ バースト!

閉店してから後片付けをしていたところ、「タイヤ」のパンクを訴えて、お客様が飛び込んで来られました。

初めての方かと思ったら、1年以上前に「自賠責保険」の加入で、一度だけ来た事のあるお客様でした。

バイクは2万4千キロ近く走る’13年式「ADDRESS V125S Limited」で、そこの橋(多摩川大橋)を走行中に、大きな破裂音と共に車体が左右に振られ、危うく転倒するところだったそうです。

訴えのあった後輪を見たところ、確かに空気が抜けてペチャンコになっておりましたが、その「タイヤ」はカーカス(タイヤの骨格となるコードをゴム被覆した部分)が露出するまで磨耗しておりました。
20200922_01
これは明らかに普通のパンク(穿孔で空気が漏れる)ではなく、露出したコード層が充填空気圧に耐えられなくなり、バースト(タイヤ構造が一気に破裂する)した事が、ひと目見て判りました。

もちろん修理は不可能なので新品「タイヤ」の交換になりますが、既に閉店後だったので、その日はバイクを預かり後日の対応となりました。
20200922_0220200922_03
バイクを預かる際に、序に悪いところが有れば交換するよう頼まれたので、「ブレーキシュー」と「エンジンオイル」の交換もやらせて頂き、翌日には作業を完了いたしました。
20200922_04
毎度有り難う御座いました。

バーストは、「タイヤ」の構造が一気に破壊される状態となるため、バイクが突然コントロール不能になったり、後続車を巻き込んだ多重衝突の原因となる事も多いので、こんな「タイヤ」で乗り続けている方は、危険ですので早めに「タイヤ」交換してください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

FOX フェイスマスク!

FOX FACE MASK

https://www.dirtfreak.co.jp/moto/products/foxracing/mask/

20200920_01
ブラック 
28763-001-OS
¥1,000
20200920_04
ヒーサーグレー
28763-040-OS
¥1,000
20200920_02
ブラックカモ
28764-247-OS
¥1,100
20200920_03
タイダイ
28765-001-OS
¥1,100

ご注文お願い申し上げます。

■サイズは全てワンサイズとなります。
■表示価格は消費税抜き価格です。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■お急ぎの場合、送料、代引手数料のご負担をお願いします。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

フュージョン 3万キロ整備!

「Fusion Type X」にお乗りのお客様が、「任意保険」の更新手続で来店されました。

当店で2006年に販売した車両で、新車から14年が経ちますが、近場の通勤だけに使用なので、未だ走行距離は3万8千キロ程度しか伸びておりません。
20200919_01
時々エンストする事があったと、訴えがありました。

1年8ヶ月前に「エンジンオイル」の交換を最後に、去年、一昨年と整備的な事は何も実施してなかったので、過去の整備歴を調べてみました。

すると油脂類や消耗部品が、過去8年間で一度も交換されてない事が分かりました。

その間に走った距離は1万2千キロ程度では有りますが、距離、時間的にも定期交換の時期を過ぎていたので交換させて頂く事になりました。
20200919_02
油脂類では、「エンジンオイル」も含め「ミッションオイル」と、「ブレーキ液」に「冷却液」も換えさせて頂きました。
20200919_0520200919_06
特に「ブレーキ液」に関しては、茶褐色に濁った感じで酷く汚れてました。
20200919_0320200919_04
消耗部品では「点火プラグ」と「エアーフィルター」を交換させて頂きました。

「点火プラグ」は電極が減って丸くなり、「エアーフィルター」に至っては真黒くなっいておりました。
20200919_0720200919_08
「タイヤ」は前回の交換から2年くらいなので、もう少し大丈夫な感じでしたが、「ドライブベルト」に関しては、そろそろ交換時期になりますので、宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

タイヤカーカス露出!

「SKYWAVE」の「タイヤ」交換を頼まれました。

初めてのお客様かと思ったら、6年前に一度だけ別のバイク(LEAD110)で来た事のある方でした。

バイクで来店されたのではなく、ご自分でフロント「ホイール」を外して持参されました。

「ホイール」に付いてる「タイヤ」は、磨り減り過ぎて無くなってしまいツルツルでした。
20200918_01
そのうえ「タイヤ」の一番奥の部分にあるコード層(カーカス)まで露出しておりました。
20200918_0220200918_03
こんな凄い状態の「タイヤ」は、お巡りさんに見られたら整備不良で違反切符ですヨ!。
20200918_04
罰金も高いけど、こんな状態で走るとスリップ事故起こして、もっと高いもん付きます。

また何よりもバーストが一番怖いです。

バーストは「タイヤ」の構造が一気に破壊される状態となるため、バイクが突然コントロール不能になったり、後続車を巻き込んだ多重衝突の原因となる事も多いので、こんな「タイヤ」で乗り続けている方は、危険ですので早めに「タイヤ」交換してください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

後タイヤ交換3連発!

リヤ「タイヤ」ばかり3連ちゃんで交換でした。

1台目の’17年式「Z1-125」は、当店で販売したバイクで、この度は「自賠責保険」の更新手続きで起こしでしたが、リヤ「タイヤ」がツルツルでした。
20200917_01
お勧めして交換させて頂く事になった「タイヤ」は、新車から3年1万4千キロ近く走り、今回が初めての交換でした。
20200917_0220200917_03
フロント「タイヤ」も3年以上経過しておりますので、早めの交換をお願いします。

2台目の’10年式「LEAD110」は当店で販売した車両では有りませんが、今年の6月くらいから何度か来て頂いているお客様です。
20200917_04
その何度かでエンジンの修理やブレーキ回りの整備もやらせて頂き、既にフロント「タイヤ」は交換させて頂いておりますが、今回は、その時にお勧めしていたリヤ「タイヤ」の交換で起こし頂きました。
20200917_0520200917_06
外した「タイヤ」は、何故か?指定サイズより太いものがが無理やり入れてありました。

3台目の’10年式「PCX125」は、当店で販売したバイクで、新車から10年8万3千キロ近く走り、今回が8回目となるリヤ「タイヤ」の交換となりました。
20200917_07
20200917_0820200917_09
毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

マジェスティS 8万キロ! 加速不良!

加速不良の訴えがありました。

2年ほど前から来て頂いてるお客様で、バイクは走行8万3千キロ超えの、’14年式の「MajestyS」です。
20200916_01
概ね1万5千から1万7千キロくらい走ると同様の不具合が発症するようで、当店には今回で3度目の修理依頼でした。

スロットルを空けた瞬間に車体がガタ付き振動する症状で、過去2回はドライブ側「プーリー」の「ボス」が固着していたのが原因でした。

今回も酷似した症状だったので、ドライブ側「プーリー」を外して調べてみたところ、やはり今までと同様に「プーリー」と「ボス」の摺動面が錆びて固着しておりました。
20200916_0520200916_02
前回の修理と同じように腐食の酷かった「ボス」に加え、この機会に「ドライブベルト」と「ウエイトローラー」に「スライドピース」も一緒に換えました。
20200916_0320200916_04
修理が終わり念のためテスト走行をしてみたところ、なんと!症状が全く解消されておりませんでした。

ドリブン側を分解して点検してみる事にしました。

「クラッチシュー」の残量もたっぷり有り、「クラッチアウター」の損耗や接触面の汚れなども無く、「クラッチスプリング」の折損や「トルクカム」の油切れや偏摩耗も有りませんでした。
20200916_0620200916_07
20200916_0820200916_09
20200916_10
「ドライブプレート」から「サークリップ」と「クラッチスプリング」を外し、「クラッチシュー」をフリーにして作動状態を確認したところ、三つある「クラッチシュー」のうち1個の動きが非常に悪い事が判明しました。
20200916_11
「クラッチシュー」を「ドライブプレート」から取り外してみたところ、「クラッチシュー」の作動軸の油っ気が完全に抜けて錆びている事が分かりました。
20200916_1220200916_13
これが原因で低回転域でのクラッチの繋がりが悪く、ジャダー(振動)を起こしていた感じだったので、一先ず回転軸回りを磨いてからグリスUPして、「クラッチシュー」がスムーズに作動するように処置しました。

この機会に念の為「クラッチスプリング」と「ドリブンスプリング」に、埃だらけの「ベルトクリーナー」も一緒に換えました。
20200916_14
駆動系を組み戻し、再度テスト走行をしてみたところ、ジャダー(振動)は解消されておりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

GB250 パンク!

「タイヤ」のパンクで修理の依頼がありました。

割と近所にお住まいの方のようでしたが、当店には初めてのお客様でした。

バイクは、最近は殆ど見なくなった、’95年式「GB250 Clubman」でした。
20200915_01
25年も前のクラッシックバイクですが、走行は2万6千キロ程度で、年式の割には綺麗なバイクでした。

「GB250 Clubman」は「スポークホイール」の「チューブタイヤ」なので、「チューブレスタイヤ」のように外部からの修理ができません。

もしも「チューブ」がダメなら「チューブ」交換になってしまいます。

もう「チューブ」自体を殆ど在庫してないのに、こんなサイズ(110/90-18)の在庫が有るのか調べてみたら、何と1本だけ有りました。

外見上は何も刺さっている形跡の無い「タイヤ」でしたが、外してみたところ内側から太く長いクギが突き抜けている事が分かりました。
20200915_02
この状態で数キロ走って来たようなので、やはり「チューブ」はダメになってました。

在庫の新品「チューブ」に交換して、無事に修理を終えました。
20200915_03
また何かあればご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

SPACY エンスト多発!

「エンスト」多発の訴えで修理を頼まれました。

初めての方かと思ったら、今から10年以上前に何度か来た事のあるお客様でした。

バイクは、新車から14年ほど経過する、’06年式の「SPACY100」なので、このバイクで「エンスト」と言えば大体の見当は付きました。

エンジンの空吹かしくらいでは「エンスト」の兆候は表れなかったので試乗してみたところ、やはり加減速時のエンジンがスイングした時のタイミングで「エンスト」を多発するようでした。

エンジン回りの「負圧チューブ」の損傷が原因と断定できたので、シートごとラギジボックスを取外しエンジン廻りを調べて診ました。
20200913_01
やはりキャブレターとフューエルオートコック間を連結している「負圧チューブ」が裂けておりました。
20200913_02
主原因はこの「負圧チューブ」の裂け目がエンジン・スイングする度に開いてしまい、そのタイミングでコックに負圧が掛からずオートコックが閉じて、結果的にキャブレターの燃料供給が止まって「エンスト」していたと言うことです。
20200913_0320200913_04
主原因の「負圧チューブ」以外にも裂けたり潰れたりヒビ割れしているチューブが散見されました。
20200913_0520200913_06
確かにこのバイクには多い不具合ですが、新車から10年を過ぎれば大概のバイクで、多かれ少なかれ同じような不具合は発生します。

いわゆるゴム部品は「熱・光・オゾン・油・薬品・負荷応力など」のストレスによって経年劣化するので、早い車両では6~7年でダメになる事もあります。(※メーカーでは、部位により4年毎の交換を指定しています。)

特にフューエル・ライン系のチューブやパッキン類に関しては、定期交換してない為にガソリン漏れで火災になった事例も発生しています。
20200913_0720200913_08
今回の「SPACY100」も、念のためヒューエル・チューブも含む合計8本のゴム製チューブを交換して修理を終えました。

序にバイクを移動させる度にカシャカシャ鳴っちゃっていた「ブレーキパッド」も交換させて頂きました。
20200913_1020200913_11
「ブレーキパッド」の減りも然る事ながら、「ブレーキディス」の方も限界なので、早めの交換をお勧めします。
20200913_12
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

VTR 24ヶ月点検

今日は、頼まれていた「VTR-F」の「点検」&「整備」を行いました。

<ヤス坊さん>の紹介で、’17年に販売した<〇東さん>のバイクです。
20200910_01
新車から3年目の1年「点検」なので、今回は24ヶ月「点検」の実施となりました。

消耗部品としては、そろそろ走行距離が1万キロに達するので、「点火プラグ」と「エアフィルター」の交換をやらせて頂きました。
20200910_0220200910_03
それから新車から3年が経つので、前後の「タイヤ」も交換させて頂きました。

「VTR-F」は、「タイヤ」サイズ的に選択肢が無いので、今回も今までと同じ「DUNLOP」の「K510」で換えさせて頂きました。
20200910_0420200910_05
「エンジンオイル」や「ブレーキ液」は半年前に交換済みなので、これ以外に交換する部品、油脂類は有りませんでした。

「VTR-F」は、軽二輪車なので「車検」は有りませんが、「点検」、「整備」の内容は「車検」と同じです。

「点検」としては、「バッテリー」の電圧や「ラジエター」の加圧テスト等を行いました。
20200910_06
「整備」としては「ドライブチェーン」の給油・調整に始まり、「ブレーキキャリパー」のピストン回りや、「フロントフォーク」のインナーチューブ、「リヤサス」のロッド等も磨いておきました。
20200910_0720200910_08
最後に「スロットルボディ」のバタフライ回りも綺麗に清掃して、全ての作業を終えました。
20200910_0920200910_10
20200910_1120200910_12
天気は雨予報でしたが、行きも帰りも濡れずに済んだようで良かったです。

この度も遠方からお越し頂き、誠に有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

アドレス110 タイヤ交換!

「タイヤ」のパンクで修理の依頼がありました。

直ぐ近所に住まいの方のようでしたが、当店には初めてのお客様でした。

バイクは、新車購入から殆ど乗ってなかったと言う、走行6百キロ程度の’18年式「ADDRESS 110」でした。
20200907_01
普通は殆どパンクしない方のフロント側の「タイヤ」だったので、最初は「タイヤ」の空気が抜けてるだけくらいに考えておりました。

パンクをしているなら何処から抜けてくるのか、その「タイヤ」に空気を入れてみたところ、ショルダー部からプクプク泡が出始めました。
20200907_02
やはりパンクしているようでしたが、何も刺さってない部分から、ほんの僅かに空気漏れしているようで、どんなに調べても穴が特定できませんでした。
20200907_0320200907_04
前後とも製造後2年半ほど経過する「タイヤ」で、経年劣化も進行して来る頃だったので、お客様に説明して今回は「タイヤ」を前後とも新品に換えさせて頂く事になりました。
20200907_0520200907_06
新車から一度もメンテナンスした事がないらしいので、この序に「エンジンオイル」の交換と、サービスで「初回点検」もしてあげました。

また何かあればご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

D-TRACKERブレーキ故障!

リヤ「ブレーキ」の修理依頼がありました。

「ブレーキペダル」を踏んでもスカスカのようで、踏み応えが無く踏み切れてしまうようでした。

走行は3万キロを超えたくらいですが、バイクは古い’03年式の「D-TRACKER」です。
20200911_01
新車から17年は経過するバイクなので、今まで何もやってなければ、「ブレーキ」の全てが劣化していて当たり前です。

当店でも6年近く前から見させて頂いてるバイクですが、ブレーキのメンテナンスは今まで一度もしておりませんでした。
20200911_0220200911_03
この際に異常の出ているリヤ「ブレーキ」だけは、経年劣化が想定される消耗部品の交換をお勧めしました。
20200911_0420200911_05
20200911_0620200911_07
「マスターシリンダー」と「キャリパー」も分解して、「ピストン」や「Oリング」などのゴム部品の交換を実施させて頂きました。
20200911_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

ライブDIO タイヤひび割れ!

「Live DIO J」のパンクの訴えでした。

当店で5年前に中古車として販売した’00年式「Live DIO J」です。
20200909_01
20年も前の古い車両ですが、未だ大きなトラブル無く乗って頂いているようです。
20200909_02
訴えのあったリヤ「タイヤ」を見てみると、トレッド面はツルツルに減って溝は殆ど消えかかりヒビ割れだらけでした。
20200909_03
サイドウォールに至っては、バリバリに裂けてパックリ口が開いている有様でした。

最後に来店された1年半前にもフロント「タイヤ」で同様の訴えがあり「タイヤ」交換をしましたが、もちろん今回もパンク修理は無理なので、新品の「タイヤ」に交換させて頂きました。
20200909_0420200909_05
少なくとも5年以上は交換されてない「タイヤ」ですので、ヒビ割れの原因は経年劣化によるものと思われますが、長い間「タイヤ」に空気が入ってないペチャンコに潰れた状態で走っていて、それに耐えられずサイドウォールにヒビ割れを起こしたとも考えられます。

今後は定期的に「タイヤ」空気圧の調整をするように心がけて下さい。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

RSV4 ドライブチェーン交換!

宇都宮から<マコちゃん>登場で「車検」の依頼でした。

’13年に販売した「RSV4 R APRC ABS」ですが、月日が経つのは早いもので、このバイクも今回で3回目の「車検」となりました。
20200908_01
平時であれば、年に3~4回は来店してくれる<マコちゃん>でしたが、1年前の12ヶ月「点検」が最後で、今年は今回が初めての来店でした。

今回の「車検」では、通常行う油脂類の交換以外に、「ブレーキパッド」や「ドライブチェーン」などの消耗部品も交換となりました。

「ブレーキパッド」は、新車時の純正品が約1万キロで交換だったのに対して、社外「RK」製の「MEGA ALLOY X」では、2万8千キロ近く持ちました。
20200908_0220200908_03
なので今回も前回と同じ「ブレーキパッド」で交換させて頂きました。
20200908_0420200908_05
弛みが大きくなってきた「ドライブチェーン」は、新車から7年経って走行距離も3万8千キロを超えましたので、ここらで交換させて頂く事になりました。
20200908_0620200908_07
「ドライブチェーン」も「RK」製で、レーシングスペックの「X-XW」で交換し、前後の「スプロケット」も社外「X.A.M」製の「PREMIUM」で交換しました。
20200908_0820200908_09
「点火プラグ」は前回の交換から未だ1万5千キロで、指定の2万キロには少し早いのですが、時々エンストの症状を訴えられていたので、念のため交換させて頂きました。
20200908_1020200908_11
同様にエンストの改善が出来ればと「スロットルボディ」のバタフライ周辺もクリーニングさせて頂きました。

ブレーキ制動時にステムヘッドの付近より「カツンッ」と鳴る訴えもあったので、「ステアリングダンパー」も外して「ホイール」、「フォーク」、「ステム」の全てを点検しましたが、特に弛みやガタも無く作動もスムーズなので、念のためステムナットの締付調整だけしておきました。

一時期「メーターパネル」に「サービス警告」が表示されていた事があったようなので、該当する「油圧センサー」の点検をして、最後に「ブレーキ液」と「エンジンオイル」を換えて作業を終了しました。
20200908_1220200908_13
20200908_1420200908_15

まだ課題が残っておりますが、今回も必ず乗り越えてみせますので、ご協力お願い申し上げます。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

LEAD110 ブレーキシュー交換!

当店で’11年に販売した「LEAD110」です。

この車両も新車から9年と7ヶ月が経ち、走行距離も5万9千キロを超えました。
20200906_01
この度は「エンジンオイル」の交換でお越しを頂きましたが、見るとリヤ「タイヤ」が凄く減っていたので、こちらも一緒に交換させて頂く事になりました。

それとリヤ「ブレーキ」の調整代が殆ど無くなっていました。

どうせ「タイヤ」交換するのにリヤ「ホイール」を脱着するので、この序に「ブレーキシュー」の交換もやらさせて頂く事になりました。
20200906_0220200906_03
「タイヤ」はスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えかかる程減っておりました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

フロント「タイヤ」は過去に2回しか交換しておりませんが、今回のリヤ「タイヤ」に関しては新車から7回目1年8か月振りの交換でした。

「ブレーキシュー」に関しては、4年2か月振りの交換で新車から2回目の交換でした。
20200906_0420200906_05
この「ブレーキシュー」の交換は、頻繁に行う整備じゃないので、「ブレーキカム」も抜いて表面を研磨したあと、グリスUPしてスムーズに動くようにしておきました。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

タクト 1万キロ整備!

当店で’18年に販売した「TACT」です。
20200905_01
今回は、バイクの1年「点検」と「エンジンオイル」交換の依頼でした。

「点検」は、新車から2回目の1年点検になるので、今回は12ヶ月「点検」の実施となりました。

走行が新車から2年2ヶ月で、1万1千キロを超えていたので、追加で「点火プラグ」と「エアフィルター」の交換もやらせて頂きました。
20200905_0220200905_03
1万キロを超えているので、流石に「点火プラグ」の中心電極は角が落ちて丸くなっておりました。

そろそろ火花が飛び難くなって来て、エンジンの始動性や燃費も悪くなって来る頃です。
20200905_0420200905_05
「エアフィルター」も埃が溜まり真黒に汚れてました。

目詰まりして空気が入り難い状態になっていたので、気が付かないうちに徐々に加速が悪くなって来たりの症状が出ていたと思います。

放置すると、そのうちエンストしがちになり、最後はエンジンが掛からなくなる等の故障に繋がりますので、こうして定期的な点検と消耗部品の定期交換をやらせて頂いてます。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

TODAY シート交換!

当店で、’08年に販売した「TODAY」のお客様で、今回は、なんと!3年5か月振りの来店でした。

オーナーの奥さんが乗らなくなり、’12年頃からは旦那さんが引き継いで乗っているようですが、それ以降は2~3年に一度の来店になっております。
20200904_01
この度は「エンジオイル」の交換で起こしでしたが、ついでに「シート」の交換をしたいと相談がありました。

この車両も新車から12年と5か月ほど経って、「シート」がビリビリに裂けておりました。
20200904_0220200904_03
当初は上のレザーだけを張り替えてあげようと思いましたが、中のスポンジも劣化が酷かったので、「シート」ごとの交換とさせて頂きました。
20200904_04
「バッテリー」も完全にダメなので、早めの交換をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

X’pro風50 セルモーター交換!

今年の5月にも同様の症状で入庫した「X'pro風50」です。
20200903_01
「セルモーター」の「ブラシ」の作動が悪く、モーターが回らずエンジン始動不能と言うものです。

諸事情あって約9ヶ月ほど乗らずに放置した時を切っ掛けに、この不具合が発症しました。

この車両の「セルモーター」は基本的に非分解で、単品で「ブラシ」だけのリペアパーツは販売していませんでした。

なので本来は「セルモーター」のASSY交換なのですが、当店で’18年に販売してから、まだ5千キロ未満と走行の短い車両なので、その時は「セルモーター」の交換はせずに、何とか分解を試み修理を行いました。
20200903_0220200903_03
固着していた片方の「ブラシ」を外して、周辺を掃除してから表面を磨いてあげて、何とかスムーズに動くようにしてモーターを治しました。

ところが、あれから3ヶ月が経ち4百キロほど走ったところで、また同じ症状が出てしまいました。
20200903_0420200903_05
同じように「ブラシ」の固着だったので、同様の処置をすれば一時的には治るかも知れませんが、同じ事を繰り返したくないとのお客様の希望で、今回は「セルモーター」ASSYの交換とさせて頂きました。

毎度有り難うございました。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

LEAD125 リコール!

「LEAD125」にお乗りの方から、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

初めての方かと思ったら、今年の1月に「リアボックス」の取り付けをしたお客様でした。

バイクは走行3万4千キロほど走る’15年式の車両で、当店の直ぐ近所にお住まいのようでした。
20200902_01
年式や走行距離の割に今まで大した整備はしてないようなので、「エンジンオイル」の交換をしながら、軽くバイクの点検をしてあげました。

するとフロント「タイヤ」がツルツルでヒビ割れだれけだったので、製造年月日を見てみたところ、バイクの年式を同じ5年前の「タイヤ」が付いておりました。

非常に危険な状態なので、お勧めして交換させて頂きました。
20200902_0220200902_03
もう一つ大きな問題が発覚しました。

一昨年の11月に届出のあった、リコール<改善対策>の対象になっておりましたが、未だ<改善対策>の実施がされておりませんでした。

これも放置すると大変危険なので、不具合とされる「スロットルケーブル」を良品に交換(改善対策)する作業を実施させて頂きました。
20200902_0420200902_05
こちらは無料で出来たので、お客様的には大変満足して頂いたようです。

有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

TACT タイヤ交換

「TACT」の「タイヤ」交換を頼まれました。

当店で’15年に販売した車両です。
20200901_01
去年10月の1年「点検」実施時には、既に交換時期を超えていたので、早めの「タイヤ」交換をお勧めしておりました。

あれから11か月経ち、流石に危険を感じる事が多くなって来たようで、交換を依頼されたようです。

新車から5年6か月経って走行1万1千キロで、今回が初めての「タイヤ」交換となりました。
20200901_0220200901_03
換えた前後の「タイヤ」は減りも然る事ながらヒビ割れが多発しておりました。

「ラジエター」の「冷却液」なども交換時期ですので、早めの交換をお願いします。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからの時期は、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »