« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

TUONO V4 1100 Factory 車検!

アプリリア「トゥオーノ」の「車検」でした。
20200630_01
’17年に買ってもらった<親方様>のバイクです。

新車から3年が経ちました。

月日の経つのは早いもので、今年が始めての車検となりました。

この前に乗っていた「Multistrada1200S」は、2年以内に乗り換えておりますので、<親方様>のバイクでは、’14年に実施した「DAYTONA675 SE」の「車検」が最後でした。

久し振りの「車検」でしたが、相変らず距離は伸びてないようで、3年経っても積算系は2千7百キロ台でした。

まだ新車の臭いがする車両なので、当然不具合などは無い筈でしたが、1件「リコール」に該当する部分がありました。(これやってないと車検は通りませんからね!)
20200630_0220200630_03
「リコール」としては、’18年の「圧力制御伝達部」(マスターシリンダーピストン交換)に続いて2回目で、今回は「制動装置」(フロントブレーキパッド交換)の「リコール」を実施しました。
20200630_0420200630_05
あとは「エンジンオイル」と「オイルフィルター」に、前後の「ブレーキ液」と「冷却液」など油脂類の交換のみで、今回の整備を終えました。
20200630_0620200630_07
20200630_0820200630_09

「冷却液」に関しては、当店のレースマシンでも使用している「ELF」の「RACING COOLANT」で交換させて頂きました。
20200630_1020200630_11
最後に「ウインドシールド」を「PUIG」製の「RACING SCREENS」に換えて、全ての作業を終えました。
20200630_12
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

’20MCFAJモトクロス第5戦!

今日は「MCFAJクラブマンモトクロス」 の第5戦(オフロードヴィレッジ)でした。

http://www.mcfaj.org/mx.html

2月の開幕戦以降は、第2戦の「MX408」(茨城)は欠場で、第3戦、第4戦は開催自粛で中止だったので、今回の第5戦は4ヶ月振りのレースでした。

そして3戦連続して今日も雨でした。
20200628_01
しかも昨晩から降り出した雨量はハンパないもので、コースコンデションは土砂降りの中の超マッドなレースとなりました。

当クラブ員ライダー3名と、ピットクルー4名の合計7名で参戦して来ました。

朝4時起きで出発し、現地には6時半頃到着しました。

7時を過ぎた頃には受付も済ませ、ポンダーの取付や何時もの割り箸も付け終わり、マシン準備も整いました、
20200628_02 20200628_03
強風を伴う横殴りの豪雨の中、8時半頃から練習走行が始まりました。

これだけ振ってくれると逆に走り易い?ようで、まずまずの手応えのようでした。

ただし2週間前のテスト時からは20度近く気温が低いので、やはりキャブセッティングはかなり薄いようだったので、レースが始まるまでの1時間でセッティングをし直しました。
20200628_04
フルサイズ(CRF250R)でエントリーの<#14 Ryoくん>は、「タイヤ」や「サスペンション」のチョイスがドハマりしたようで、危な気のない非常に安定した走りをみせて、午前のレースで6位、午後4位と3戦振りの入賞を果たしました。
20200628_10
少しでも視界を保てればと「ゴーグル」に特製のバイザーを付けて行きましたが、ここまでドロドロだと効果ありませんでした。
20200628_0520200628_06
暫く低迷していた「CRF150R-Ⅱ」の<#8 yuuくん>も5戦振りに表彰台に立つ好成績で、午前2位、午後2位の結果を叩き出しました。
20200628_09
午前のレース終了後は昼飯を食う暇も無く、マシンの整備をしました。

洗車をしてから「エアフィルター」や「点火プラグ」の交換をして、午後のレースに控えました。
20200628_0720200628_08
絶好調の<#51 Shunくん>は、このクラス最年少で、しかも最旧式マシン(’02KX85-Ⅱ)でエントリーし、今回も午前のレースでは見事な走りを見せて優勝してくれました。
20200628_11
然しながら雨が止み気温が上昇するにつれて、午後のレースは最悪なコンデションとなって行きました。

午前のレースと同様に好スタートを切るも、その直後の転倒により負傷してしまい、途中何度か戦意を喪失しかかるも、なんとか最後まで完走し、結果6位でゴールとなりました。

今回も大変タフなレースとなりましたが、その分、得られた収穫も多かったので、次戦までにフィードバックできればと思います。

バイクって本当に楽しいですネ!

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

モトクロッサー最終整備!

いよいよ明日は4ヶ月振りのレースです。

最終テストからニ週間で十分とは言えませんが、時間の許す限りマシンや装備の準備をしました。

何時ものように洗車を終えてから、一台ずつ点検と整備を行いました。
20200627_01
こんな時期なのでマディコンデも想定してソフト「タイヤ」も用意しましたが、今回は「CRF250R」だけが新品ソフトに換えて、他の2台はミディアムのUSEDのままで行く事になりました。
20200627_15
なので4ヶ月しか履いてない「KX85-Ⅱ」のリヤ「タイヤ」は終わり掛けていましたが、もう少し粘って逆履きさせました。
20200627_0220200627_03
「CRF150R-Ⅱ」の方は走行回数も少ないので、まだ大丈夫な感じでした。
20200627_04
「CRF150R-Ⅱ」で、やった事としては「ブリーザーチューブ」の取り回しを変更したくらいでしたが、「CRF150R-Ⅱ」と「CRF250R」用には「TWIN AIR」の「エアフィルター」が入荷したので、今回からこれに換えました。
20200627_0520200627_06
20200627_27
「CRF250R」の<#14 Ryoくん>は、他のメンバーより走りに行ってるので、「タイヤ」の消耗が進んでおりました。
20200627_07
なので今回は前後共「DUNLOP」のソフト「タイヤ」へ交換しました。
20200627_1620200627_17
この際にビードの回り止め対策として、「ビードストッパー」を「MotionPro」の「Liteloc」なる製品に換えて試してみる事にしました。
20200627_1820200627_19
消耗と言う意味ではリヤの「ブレーキパッド」の残量も無くなってたので、こちらもこの作業ついでに新品交換いたしました。
20200627_2020200627_21
それからフロントの「スプロケット」周辺への泥詰まり対策として、「チェーンガイド」と「スプロケカバー」を排泥性の高い、「ZETA」製「ケースセーバー」に換えてみました。
20200627_1320200627_14
対策では「ハンドルグリップ」の衝撃吸収性の向上を求めて、これも「ZETA」製の「デュアルコンパウンド」タイプに換えてみました。
20200627_0820200627_09
同様に「グリップパッド」を2枚重ねにしました。

大きな修理箇所は有りませんでしたが、「クラッチホルダー」側「レバーアジャスト」の「ボルト」と「ナット」に、「レバーカバー」が吹っ飛んで無くなっていたので、こちらも新品を取り寄せして付けました。
20200627_1120200627_12
最後に前後サスの「スプリング」を「ソフトスプリング」に変更しました。
20200627_2220200627_23
20200627_2420200627_25
それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

6月28日(日)臨時休業のお知らせ
 
当店イベント(クラブマンモトクロス参戦)の為、6/28の日曜日は、営業をお休みさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

リード110 ブレーキ整備

1週間前にエンジン始動不能の修理依頼で、「スターターリレー」などを交換する修理をした車両です。
20200626_01
今回は、その時に勧めておいた「ブレーキパッド」の交換をしに来てくれました。

当店では、「ブレーキパッド」と「ブレーキディスク」に、「タイヤ」などの交換も勧めしておりましたが、今回は「ブレーキパッド」の交換だけを頼まれました。

早速「ブレーキパッド」の交換を始めたところ、やはり想定通りにブレーキが引き摺っちゃいました。
20200626_0220200626_03
こうならないように「ブレーキパッド」を面取りしたりして、「ブレーキディスク」との噛み合わせを作ってみましたがダメでした。
20200626_0420200626_05
抉れるように磨耗してエッジの立った「ブレーキディスク」に、新品の真っ平らな「ブレーキパッド」じゃ、干渉してブレーキが効きっ放しになっちゃいます。
20200626_11
お客様に説明して「ブレーキパッド」と「ブレーキディスク」の両方と、「ブレーキ液」もお勧めして交換とさせて頂きました。
20200626_10
「ブレーキパッド」を交換する際に、「マスターシリンダー」側で圧を抜くのにフタを開けるので、どうせならと一緒に「ブレーキ液」の交換も勧めました。
20200626_0620200626_07
案の定「ブレーキ液」も酷い状態で墨のように真っ黒くなってました。
20200626_0820200626_09
「ブレーキディスク」交換の際にホイールを外すので、これも序なのでフロント「タイヤ」も一緒に交換させて頂き、全ての作業を終えました。
20200626_1220200626_13
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

マジェスティ始動不能!

エンジン始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

5年くらい前から来て頂くようになったお客様で、通勤から仕事用、趣味のバイクまでを10台以上所有されている方です。

今回の「MEJESTY250」は通勤用のようで、当店では初めて見るバイクでした。
20200625_01
スターターボタンを押すと、スイッチまでは入っているようですが、「スターティングモーター」が回る気配がありませんでした。

「スターティングモーター」までは電気が来ているようなので、「スターティングモーター」単体でテストした結果やはり回りませんでした。

’07年式の2万5千キロほど走る車両でしたが、「スターティングモーター」が壊れているようなので、こちらを新品に交換させて頂き、修理を終えました。
20200625_0220200625_03
序にリヤの「ブレーキパッド」と「エンジンオイル」に「オイルフィルター」の交換も頼まれたので、交換して作業を終えました。
20200625_0420200625_05
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

モトクロス用品調達!

もう直ぐレースなので、消耗したり不足しているモトクロス用品の準備をしました。

入梅しちゃっているので、当然マッドコンデを想定で、「ゴーグル」と「ティアオフ」の予備を調達しておきました。
20200624_01
それから<#14 Ryoくん>からは、ここ数戦で転倒が多かったので、もう少しプロテクト効果が高い「ニーシンガード」の希望があり、今回は「FOX」の最高峰モデル「TITAN PRO」をチョイスしてみました。
20200624_02
膝上までガードしてくれて、3箇所ヒンジで凄く動き易くできてました。
20200624_0320200624_04
モトクロスと言えば・・

先日(6/21)「AMA SUPERCROSS」が閉幕しましたが・・

ホンダでSXデビューした注目の「GEICO Honda」<#84 下田 丈>が、
なんと!日本人初の「AMA SUPERCROSS」シーズンランキング3位の偉業を成し遂げ、
ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。
20200624_05

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

ゼファー750 車検!

「ZEPHYR750」の「車検」を頼まれました。
20200623_01
かれこれ5年以上お付き合いを頂いてる方のバイクで、当店で行う車検は今回で3回目となりました。

遠くに引越しされましたが、今年もわざわざバイクを預けに来てくれました。

今回も2年で3千7百キロ程度しか走っておりませんでした。

なので大きな消耗部品の交換は有りませんでしたが、今回は前回の車検の時に勧めておいた「点火プラグ」の交換と、「インテークサイレンサ」の交換をやらせて頂きました。

「点火プラグ」は、この5年で7千キロ程度しか走っておりませんが、一度も換えた事がなかったので、交換させて頂きました。
20200623_02
「インテークサイレンサ」は、中身のスポンジ材が完全に吹き飛び無くなっていたので、交換させて頂きました。
20200623_0320200623_04
それからリヤの「ブレーキパッド」が交換時期だったので、こちらも換えさせて頂きました。
20200623_0520200623_06
あとは2年毎に実施の前後「ブレーキ液」を交換し、「エンジンオイル」も換えて全ての作業を終えました。
20200623_0720200623_08
20200623_0920200623_10

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

タクト 1万キロ整備!

このお客様とも長く14年近いお付き合いで、この「TACT」に関しては、’15年に購入を頂いたものです。
20200621_01
この度は「エンジンオイル」の交換で来店されましたが、1万キロを超えた去年の3月頃から勧めていた、消耗部品の交換も追加でやらせて頂く事になりました。

先ずは「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換させて頂きました。
20200621_0220200621_03
新車から約5年、走行は1万5千キロを超えておりましたので、「点火プラグ」も「エアフィルター」も汚損が激しい状態でした。

「タイヤ」も5年を経過しておりますので、最近は滑るようになって来たらしいのですが、減りも然ることながらヒビ割れも凄い状態でした。
20200621_0420200621_05
前後の「タイヤ」を交換して、最後に「エンジンオイル」を交換し全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月20日 (土)

リード110エンジン始動不能!

エンジン始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

当店には始めてのお客様で、バイクは2年ほど前に中古で購入したと言う、走行2万6千キロほどの’10年式「LEAD110」でした。
20200620_01
「スタータースイッチ」を押しても「スターターモーター」が回らなくなり、お客様ご自身で「バッテリー」までは交換したそうですが、それでもダメだったようです。

「バッテリー」は通販で購入の海外製のようで、純正指定のものでは有りませんでしたが、これが原因となるほどの電圧低下は有りませんでした。
20200620_02
「スタータースイッチ」までは電気が来てるところまで確認できましたが、時々接触不良で導通しない事が判りました。
20200620_03
この先の診断を進めるため「スタータースイッチ」を直結して電気を流してみました。

電気は「スターターリレー」までも来ている事が確認できましたが、「スターターリレー」が作動しない事が判りました。

「スターターリレー」を取り外し単体でテストしたところ、壊れている事が判りました。
20200620_04
こう言う時用に在庫してる中古の「スターターリレー」に換えて、エンジン始動を試みたところ、「スターターモーター」は元気良く回るようになりましたが、全くエンジンが掛かりませんでした。

手っ取り早く「点火プラグ」から見てみようと「プラグキャップ」を外そうとしたところ、「プラグキャップ」が壊れていて正常にハマってない事が判りました。
20200620_05
これも中古の「プラグキャップ」に換えて、再度エンジン始動を試みたところ、ちゃんとエンジンは掛かるようになりました。

「スタータースイッチ」、「スターターリレー」、「プラグキャップ」を新品に換えて修理は完了いたしました。
20200620_06
追加で「エンジンオイル」の交換も頼まれたので作業を始めたところ、エンジンの中にオイルが殆ど入っておりませんでした。

これ以外にもバイクの足回りを中心に整備不良な部分が散見されましたので、早目に整備する事をお勧めします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

ZZR1400 車検!

「ZZR1400」の「車検」を頼まれました。
20200619_01
20年以上前から知ってるお客様ですが、なんと今回は約7年振りの来店でした。

「車検」の’06年式「ZZR1400」は、とうの昔に検切れしていて、その後8年くらい放置されていたようです。

もはやエンジンは始動不能となっており、お客様の方で「バッテリー」までは換えたようですが、始動までは至らなかったようです。

「車検」の前にエンジンが掛かるようにしないとダメなので、一先ず車両をお預かりして、診断して行く事にしました。

「バッテリー」は新品のようなので、「スターターモーター」までは勢い良く回りますが、全く火の入る気配は有りませんでした。

8年なので「フューエルタンク」の中を覗いて見ようとしたところ、この時点で「タンキキャップ」が固着し開きませんでした。

「浸透潤滑剤」などを使用して粘り強く作業を進めた結果、なんとか「タンキキャップ」を開ける事が出来ましたが、そのとたんに目の前に現れたのは、稀に見る凄い光景でした。

「タンキキャップ」の裏側には8年掛けて育った?柱状の酸化物が長く伸びてました。
20200619_0220200619_03
「フューエルタンク」内も同様に酷く腐食してしまい、抜いたガソリンは赤黒く変色し強烈な異臭を放っておりました。

「フューエルタンク」を車体から取り外し、そこに装着されている「フューエルポンプ」と「フューエルゲージ」も外して見ましたが、やはり想定の通りに酷くサビ付いておりました。
20200619_0420200619_05
燃料系統は全滅なので「フューエルタンク」と、そこに付く「タンキキャップ」、「フューエルポンプ」と「フューエルゲージ」に、「フューエルチューブ」までを全とっかえする事にしました。
20200619_08
20200619_07
20200619_08
新車から14年経つバイクですが走行2千キロなので、「スロットルボディ」は綺麗な状態でした。
20200619_0920200619_10
「点火プラグ」はビショビショに濡れていたので、こちらは掃除だけして組み戻し、組み上がった「フューエルタンク」を車体に付けてエンジンを始動してみました。
20200619_1120200619_12
ほぼ一発で始動し元気良くエンジンは息を吹き返しました。

その後「車検」も無事に通り完了致しましたが、部品の取り寄せなどに時間が掛かり、出来上がるまでに3週間ほど掛かってしまいました。

大変お待たせ致しました。

また宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

XC155 リコール!

先週<サカちゃん>の「MajestyS」でやったのと同じ「リコール」です。
20200618_01
この「リコール」は、6時間くらいの作業時間がかかるので、とてもじゃないけど忙しい土日には無理です。

なので<サカちゃん>の時と同じように、暇な平日でも来てくれそうな<主夫さん>を2番目に呼びました。
20200618_0220200618_03
今回の作業は<カズちゃん>も少し練度が増して、5時間30分で作業を終えました。

多少の雨が降ってても来てくれる常連様に感謝です。
20200618_04
それから今回も<主夫さん>からは、「ウエス」を頂きました。

<主夫さん>は、使い古したタオルなんかを時々持って来てくれます。

助かってます。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

GPZ900R 車検13回目!

<ケンちゃん>の「ニンジャ」が「車検」でした。
20200617_01
この’94年式A10「GPZ900R」も、今年で13回目の車検となりました。

御商売の方が忙しいようで、また少し距離が伸びなくなってました。

前回の「車検」から4百キロ程度しか走っておりませんしたが、この2年間「オイル」交換してなかったので、一応「オイル」と「オイルフィルター」は交換するよう頼まれました。

あとは2年毎に実施している「ブレーキ」と「クラッチ」の「フルード(液)」を交換し、4年毎に実施の「冷却液」を交換するくらいで、他には定期交換が必要な部品油脂類は有りませんでした。
20200617_0220200617_03
20200617_0420200617_05
20200617_0620200617_07

一通りの点検整備を終え最後に「ガソリンフィルター」を増設いたしました。
20200617_0820200617_09
最近はエンジンだけは動かしているようなので、そうでもないのですが、2年くらい前までは度々「キャブレター」を詰まれせてる時期が有ったので、念のため増設する予定にしていたものです。

「ガソリンフィルター」は<ケンちゃん>の「FCRキャブ」に対応すべく、L型で流動抵抗の少ないマグネット式を選んで交換しました。
20200617_10
「フロントフォーク」の「オイルシール」や「キャブレター」回りの「チューブ類」など、ゴム部品の経年劣化が散見されましたので、おいおい修理する事をお勧めします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

CRFラリー ステムベアリング交換!

「CRF250RALLY」の「ステムベアリング」の打ち換えを行いました。
20200616_01
一週間前に24ヶ月「点検」を実施した<S原さん>のバイクです。

その「点検」中に発覚した不具合で、「ステアリングステム」の作動(回転)不良が認められました。

車体をジャッキアップして浮かせた状態で、ブレーキやサスペンションの点検を実施中に、「ハンドル」の動きが非常に重く、ゴリゴリ引っ掛かる事が判りました。

これは「ステムベアリング」の油切れ、若しくは損傷と考えられたので、<S原さん>の意向も伺って、今回は潔く「ステムベアリング」の打ち換えを行う事にしました。
20200616_0220200616_03
20200616_0420200616_05
20200616_0620200616_07
「ステムベアリング」を外したところ、水のたまり易い下側でサビが酷く、「ベアリングレース」は段付磨耗しておりました。
20200616_0820200616_09
潔く打ち換えて良かったと思います。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

2020第9回オフロード走行会

レース(第5戦)も2週間前となりましたので、最後のテストに行って来ました。
20200615_01
当初は土曜日に行く予定でしたが、一日雨だったので月曜日の今日行く事になりました。

<#14 Ryoくん>に関しては、平日の今日は仕事が休めなかったので、昨日会社の仲間達と練習しに行って来たようです。

<#8 yuuくん>は例の「サイバー攻撃」で会社が特休となり、参加出来る事になりました。

学生の<#51 Shunくん>は午後から授業があったようですが、「オンライン授業」なので、練習後に現地で受講する事で参加となりました。

何時もの様に9時半くらいから走り始めましたが、今日は流石に平日なので走行台数は少なく、クラス分けも有りませんでした。
20200615_0220200615_03
気温は午前の29度くらいから上昇し続け、15時過ぎくらいの所で最大瞬間40度を超えました。

コースは昨日、一昨日の雨が少し残っておりましたが、この気温で直ぐにベストコンデとなりました。

<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」は、2回のキャブセッティングで午前中に終わりましたが、<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」は相変わらず時間がかかり、7回目のキャブセッティングで14時頃やっとイイ感じになりました。
20200615_06
午後には<#3 レジェンド様>が登場で「CRF150R-Ⅱ」の試乗までして頂き、キャブセッティングやライテクのご教授までして頂きました。
20200615_0420200615_05
お陰様でライダーもマシンの方もスキルアップで出来たと思います。


今回も怪我やマシントラブルなく無事に走行会を終えました。

バイクって本当に楽しいですネ!

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

CRF150R ハンドル交換!

前回までの走行会を終えて、<#8 yuuくん>からハンドルポジションと、少しファイナル(減速比)を換えてみたいとリクエストが有りました。
20200614_01
<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」は、初期の段階から既に「ハンドルバー」も「ドリブンスプロケット」も一回換えておりますが、リクエストに応じて変更してみる事にしました。
20200614_02
もう少しハンドルポジションを高くするために、<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」で採用したのと同じ、RENTHAL製の「コンペティションバー」へ交換してみました。
20200614_0320200614_04
「ハンドルバー」同様に「ドリブンスプロケット」も今までと同じメーカーで、「SUNSTAR」製の「超々ジュラルミン」を使用し、少しだけロングに振ってみました。
20200614_05
本当は土曜日に練習に行く予定でしたが、雨天中止でした。
20200614_0620200614_07
なので、あした天気が良ければリベンジして来る予定です。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

ファイター150 ブレーキ整備!

「FIGHTER150」の「オイル」交換を頼まれました。
20200613_01
<マル2さん>のバイクで、今年に入ってからは3回目の「オイル」交換でした。

このバイクを買った頃には年間1万キロは走っており、その頃は月2で「オイル」交換に来ておりましたが、最近は近い現場が多いようで、あまり距離が伸びてないようです。

今回は、3ヶ月前の「オイル」交換の時に勧めておいた、「ブレーキパッド」と「ブレーキ液」の交換もさせて頂きました。

フロント側の「ブレーキパッド」は、走行2万キロの時に換えておりますが、今回のリヤ側は新車から2万8千キロで初めての交換でした。
20200613_0220200613_03
「ブレーキ液」は2年毎の交換なので、今回は新車から2回目の交換なのですが、そのタイミングには、まだ少し早かったので、今回は「ブレーキパッド」を交換するリヤ側だけをやらせて頂きました。
20200613_0420200613_05
「GSX-R1000」の「車検」も予約を頂きました。

来月の上旬から中旬にかけて入庫して頂く予定にしておりますので、宜しくお願いいたします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

スーパーカブ C125 発売!

パーソナルコミューター「スーパーカブ C125」が新色を追加し、7月31日(金)に発売。
20200612_01
パールシャイニングブラック

「Super Cub C125」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200612-supercubc125.html

「Super Cub C125」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/C125/

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!

宜しくお願い致します。

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

マジェS リコール!

初期モデルでは以前から出ていた「リコール」です。
20200611_05
先月「リコール」の対象範囲が広がったのは知っておりましたが、今回その対象となった「MajestyS」オーナーの<サカちゃん>から早速TELが有りました。
20200611_01
今回の第一号修理を行う事になったバイクは3年半前に納車した「MajestyS」です。

「リコール」の内容は「エンジンのシリンダヘッドを締付けるナットの加工が不適切なため、ねじ山が潰れているものがあり、そのため、シリンダヘッドの締付け力が不足し、高速走行等の高負荷時にシリンダヘッドガスケットの気密性が損なわれ、冷却水が燃焼室内に浸入して点火プラグが濡れ、最悪の場合、エンストしたり、始動できなくなるおそれがある。」と云うもので、改善措置として「ナット」を良品に、「座金」を対策品にし、「シリンダヘッドガスケット」の新品交換を実施するものです。
20200611_02
この作業は実際「シリンダベースガスケット」まで交換する腰上全バラ作業なので、全ての作業が終わるのに丸一日掛かってしまいました。
20200611_0320200611_04
20200611_0620200611_07
<サカちゃん>には朝一入庫してもらい、閉店30分前の先程バイクを取に来てもらいました。

梅雨入りした雨の中をポンチョ着て帰ってもたいました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

ジャイロUP リコール

先月末から点検整備で預かってる「GYRO UP」です。

その作業をしていて分かったのですが、このバイク「リコール」の対象車でした。
20200610_01
2ヶ月前にも別のお客様の「GYRO UP」で実施したのと同じ「リコール」で、「フロントフォーク」の補修部品「ピボットアームブッシュ」に、特定期間だけ表面処理の不適切なものがあったので、その部分の必要な点検を実施すると言うものでした。
20200610_02
今回の点検でも対象の「ピボットアームブッシュ」は不具合品ではなかったので、「ピボットアームブッシュ」にグリスを塗布し、新品のOリングに換えて完了でした。

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

自転車タイヤ交換!

自転車を押して来た方から、フロント「タイヤ」のパンク修理を頼まれました。

初めてのお客様かと思いましたが、6年前にも一度だけ来店した事がある方でした。
20200609_01
その時もリヤ側の「タイヤ」で同様の訴えがあり、修理は不可能な状態で「タイヤ」ごと交換をしましたが、やはり今回のフロント側もパンクと言うよりは「タイヤ」自体がダメだったので、「タイヤ」&「チューブ」&「リムバンド」のセットで新品交換させて頂きました。
20200609_02
毎度有り難う御座いました。

国道に面して営業する当店には昔から「自転車」が故障(主にパンクですが)して、お客様が飛び込んで来るケースが多いので、帰れず困ってる方を少しでも助けられればと思い、多少は「自転車」の修理も出来るようにしています。

タイヤやケーブル類など自転車専門店じゃないので種類や在庫数は少ないですが、まぁ普通のママチャリ程度の簡単なメンテナンスなら出来るようになってます。

ヨロシクおねがいします。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

CRFラリー 24ヶ月点検!

「CRF250RALLY」の「点検」・「整備」を頼まれました。
20200607_01
3年前に「CRF250L」から乗り換えを頂いた<S原さん>のバイクです。

今回は新車から3回目となる1年「点検」なので、24ヶ月「点検」の実施となりました。

3年経ち今回で2万キロ弱走ってました。

なので距離的には今回で2回目となる「エアフィルター」の交換と、今回が始めてとなる「点火プラグ」の交換をしました。
20200607_0220200607_03
点検の結果はリヤ側「ブレーキパッド」の残量が無くなっているのと、「タイヤ」が微妙な感じでした。
20200607_0420200607_05
まだ少しだけ交換には勿体無い感じの「タイヤ」でしたが、<S原さん>に伺いを立てたところ、交換するよう指示を頂きました。
20200607_0620200607_07
リヤの「ブレーキパッド」と前後の「タイヤ」交換が追加となりました。
20200607_0820200607_09
「ブレーキパッド」は今回のリヤが新車から初めての交換となり、「タイヤ」に関しては2回目の交換となりました。

それと大きな不具合が一ヵ所見つかりました。

車体をジャッキアップして浮かせた状態で、「ホイール」や「ブレーキ」、「フォーク」などの作動点検を実施したところ、「ステアリングステム」の作動(回転)不良が認められました。

この修理に関しては「ステムベアリング」の打ち換えが必要となるので、後日パーツの調達をしてから再来店頂く事になりました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして、ここまでの「点検」・「整備」を終えました。

つづく

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

アドレスV125 バッテリー交換!

<マルちゃん>から「ADDRESS V125SS」の「バッテリー」交換を頼まれました。
20200606_01
奥さんが通勤で使ってるバイクで、今年で新車から4年6ヶ月が経ち、距離も1万3千キロ近く走っておりました。
20200606_02
年数的に「バッテリー」も然る事ながら、フロントの「タイヤ」も4年6ヶ月一度も換えてなかったので、お勧めして交換させて頂きました。
20200606_0520200606_06
「タイヤ」同様に千キロくらい前に交換をお勧めしていた、フロントの「ブレーキパッド」も待った無しな感じだったので、こちらも一緒に交換させて頂きました。
20200606_0320200606_04
<マルちゃんJr.>の「RGV250ガンマ」の「任意保険」を更新して頂くのを忘れました。

明日また店に来てね!

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

トゥディ エンジン始動不能!

エンジン始動不能の訴えで、「TODAY」の修理を頼まれました。
20200602_01
このバイクは当店で’15年に中古車で販売したものですが、販売後は一度も来店された事が無く、納車から今回が5年2ヶ月振りの初めての来店でした。

「スターティングモーター」が回らないようで、ご自身で「バッテリー」を交換されたようですが、それでもエンジンは始動不能のようでした。

調べたところ「ヒューズボックス」の周辺が酷く腐食していて、断線している事が判りました。
20200602_0220200602_03
バイクも古い’04年式のAF61「TODAY」ではありますが、今まで全く整備せずに乗り放しだった事が災いしたようです。

ノーメンテで5年以上乗り放しの割には、ここまで大きな故障もせず生き長らえて来れたのは、当店で出した中古車が整備の行き届いた程度の良い車両だった証しですネ!
20200602_0420200602_05
今回は腐り落ちた「ギボシ」を換えるだけの簡単な修理で直りましたが、そんな感じだったので、念のため「エンジンオイル」の量だけ診て差し上げたところ、やっぱしエンジンの中にオイルは全く入っておりませんでした。
20200602_06
急遽「エンジンオイル」の交換もやらせて頂きましたが、見れば「タイヤ」も前後でツルツルで、納車当時に換えてあげた5年以上前のが付いたままでした。

こりゃあヤバイので「タイヤ」も追加で交換させて頂きました。
20200602_0720200602_08
20200602_0920200602_10
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

フォーサイト 前タイヤ交換5回目!

「FORESIGHT EX」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。
20200604_04
この車両は当店で販売したものではありませんが、かれこれ12年以上もバイクのメンテナンスを任せて頂いてる常連様の車両です。

新車から21年経つ車両で、走行も10万キロを突破しておりますが、長く安心して快適に乗って頂けるように、これまでも来店を頂く度にバイクの点検をさせて頂いてます。

今回も「エンジンオイル」の交換をしながらチェックしていたところ、フロントの「タイヤ」が交換時期を超えているのが判りました。

今年1月の来店の際には、既に交換時期が迫っているのは判っていたのですが、あれから5ヶ月で2千7百キロほど走っていたようで、来店された今回は待ったなしの状態となっていました。
20200604_01
前回の交換から丁度3年が経ち、2万3千キロほど使った「タイヤ」は、見事にスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えて、ヒビ割れだらけになってました。
20200604_0520200604_06
リヤ「タイヤ」は、去年の夏に新車から7回目の交換を終えてますが、フロントに関しては今回で5回目の交換となりました。

毎度有り難う御座いました。

スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

X’Pro風50 始動不能!

エンジン始動不能の訴えで、「X'Pro風50」の修理を頼まれました。
20200605_01
当店で約2年前に販売した車両ですが、諸事情あって去年の夏頃から約1年乗ってなかったようです。

キックでも始動不能と云う事だったので、車両をご自宅から引き上げて来ましたが、当店で試したところエンジンはキック一発でかかりました。

ただし「バッテリー」は完全に上がっていたので、この段階でセルフスターターでの始動はできませんでした。

「バッテリー」を充電して再度セルフスターターでの始動を試みたところ、こちらでも一発でエンジン始動できましたが、時々「スターターリレー」がカチカチ鳴るだけで、「スターティングモーター」が回らない時がありました。

そのうち何度か試しているうちに、とうとう「スターティングモーター」は全く回らなくなってしまいました。

さっきまで回っていたのに可笑しいので「スターティングモーター」を少し叩いてみましたがダメでした。

ちゃんと「バッテリー」は充電できているので弱い訳でもなく、「スターターリレー」の故障でも無いようです。

「スターティングモーター」までも電気きているのに回らないので、一旦エンジンから「スターティングモーター」を外して単体でテストしてみましたが、それでも全く回らない事が判りました。
20200605_0220200605_03
「スターティングモーター」を分解して「ブラシ」回りを見たところ、「コンミュテーター」(ブラシ接触部)にバネで押し付けられている筈の「ブラシ」の片方が、奥に入ったまま固まっておりました。
20200605_0420200605_05
たまたまゴミか何かがくっていたようで固着しておりましたが、一旦こいつを抜いてエッジを磨いてあげてから、ダストを掃除して少し潤滑してから組み戻したところ、元通りにスムーズに動くようになりました。
20200605_06
「スターティングモーター」を戻して修理完了でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

アドレスV100 エンジン回転不良!

「ADDRESS V100」の修理を頼まれました。
20200603_01
アクセルを吹かしたら急に回転が上昇し、上昇したままスロットルが戻らなくなったとの訴えでした。

初めてのお客様かと思いましたが、4年前と3年前の2回パンク修理で来店した事のある方でした。

ちょっと「キャブレター」のあたりを見たところ、直ぐに原因であろう不具合を発見いたしました。
20200603_0220200603_03
20年も前の古い「ADDRESS V100」なんで、 大概こんな事だろうとは想定していましたが、やはり「キャブレター」から「エアークリーナーボックス」間の「ダクト」が劣化して粉砕しておりました。
20200603_0420200603_05
念のため「エアークリーナーボックス」を開けて診たところ、こちらも予想通りで「エアーフィルター」が粉砕して跡形も無くなっておりました。
20200603_0620200603_07
この流れで「点火プラグ」も見たところ、やはり酷く汚損していました。
20200603_0820200603_09
上記「エアーダクト」と「エアーフィルター」に、「点火プラグ」を新品に交換させて頂き修理は完了しましたが、見れば「タイヤ」も前後でツルツルでした。

フロントが5年前、リヤが8年前の「タイヤ」が付いており、減りも然る事ながら酷くヒビ割れを起こしてました。
20200603_1020200603_11
こちらの「タイヤ」も追加で交換させて頂き、全ての作業を終えました。
20200603_1220200603_13
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »