« Gpz750 シリンダーヘッド組立! | トップページ | Gpz750 キャブレター調整! »

2020年5月19日 (火)

ZZR1100 スターターリレー交換!

<ウミ坊主様>から「ZZR1100」のエンジン始動不能の連絡がありました。

「TZR250SPR」の修理が終わり、入れ替わりで今度は「ZZR1100」の修理です。
20200519_01
カチカチ鳴るばかりで「セルモーター」が回りませんでした。

確かに「バッテリー」も弱いようでしたが「セルモーター」が回らない程じゃないので、カチカチ鳴ってる「スターターリレー」を調べたら、こいつが壊れておりました。

新品の「スターターリレー」をが取り寄せようとしたところ、OBのようで納期が2週間も掛かる事になりました。

GW中に頼まれた依頼でしたが、店の中は満車で長期間バイクを預かれる状況じゃ有りませんでした。

その時たまたま中古「スターターリレー」の在庫があったので、一先ず新品部品が入荷するまで中古の部品を付けて、帰って頂く事になりました。

2週間後「スターターリレー」が入荷したので改めて来店を頂き、部品の交換をやらせて頂きました。
20200519_0220200519_03
「バッテリー」も前回の交換から3年6ヶ月経っており、その間も5千キロ弱しか乗ってないので弱ってました。
20200519_04
なので「セルモーター」が回るようになってもエンジンの始動性が悪かったので、この機会に「バッテリー」も新品に交換させて頂きました。

「エンジンオイル」も前回の交換から千キロ程度しか乗っておりませんでしたが、交換後1年近く経つので、こちらも一緒に交換させて頂きました。

最後に「スロットルケーブル」の給油をしました。

もともとはスロットル側の「ハンドルグリップ」が緩んでいるので、接着し直して欲しいと頼まれた仕事でした。

作業を始めるに当たりスロットルの作動が非常に重い事が分かりました。

これが緩む原因とも思われたので、その作動を妨げる原因を調べたところ「スロットルケーブル」が油切れを起こしておりました。
20200519_0520200519_06
「スロットルケーブル」を給油し、スムーズに動く事を確認したあと、改めて「ハンドルグリップ」を接着し直し、更にワイヤーリングして完全固定を行いました。

「TZR250SPR」の方は、あれから約1ヶ月で千キロほど走っているようですが、今のところ絶好調?のようです。

毎度有り難う御座いました。

|

« Gpz750 シリンダーヘッド組立! | トップページ | Gpz750 キャブレター調整! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gpz750 シリンダーヘッド組立! | トップページ | Gpz750 キャブレター調整! »