« 250TR 長期放置エンジン始動不能! | トップページ | ZZR1100 スターターリレー交換! »

2020年5月17日 (日)

Gpz750 シリンダーヘッド組立!

「Gpz750」は「シリンダー」まで載ったので、ここから「シリンダーヘッド」の組み込み入ります。
20200517_16
「シリンダー」に新品の「ガスケット」や「Oリング」などを取り付け、「クランクケース」から伸びてる計12本のスタッドボルトに通しながら「シリンダーヘッド」を載せました。

スタッドボルトに固定ナットを取り付け、トルクレンチを使用し規定トルクで締め付け完了です。
20200517_0120200517_02
前の工程で測定して割り出し取り寄せておいた調整用「シム」も届いていたので、この段階で「シム」をセットして「カムシャフト」の取り付けに掛かりました。
20200517_0320200517_04
20200517_0520200517_06
20200517_21 20200517_07
「カムシャフト」の「スプロケット」に「カムチェーン」を通してから、タイミングマークなどを見ながらセットして、「カムシャフトキャップ」で「カムシャフト」を組み付けました。
20200517_0920200517_08
「カムシャフトキャップ」も規定トルクで締め付け完了です。

「カムチェーンテンショナー」を組み付けた後、今一度バルブクリアランスをチェックしました。
20200517_1020200517_11
クリアランスに問題が無いので、最後に「シリンダーヘッド」に「シリンダーヘッドカバー」を付けて、「クランクケース」に「パルシングコイルカバー」を付けて、エンジンの組み立てまでは終了しました。
20200517_1220200517_13
ここからエンジン回りの補器類を取り付けて行きます。

先ずは「エキゾーストパイプ」を「シリンダーヘッド」に付けて、「サイレンサー」を付けて排気系まで終了です。
20200517_14
次に「シリンダーヘッド」に「キャブレター」を付けて吸気系も終了です。
20200517_15
「シリンダーヘッド」に仮付けしておいた「点火プラグ」を本締めし、「プラグキャップ」などの点火系パーツ類の取り付けを行いました。
20200517_18
この後「オイルフィルター」とオイル漏れしていた「オイルフィルターカバー」の「Oリング」を交換し、「エンジンオイル」を注入して、いよいよエンジン始動です。
20200517_1920200517_20
無事にエンジン始動したので、暫くアイドリング運転したあと、オイル漏れの有無を確認しました。

OKのようなので、仕上げの作業に入ります。

つづく

|

« 250TR 長期放置エンジン始動不能! | トップページ | ZZR1100 スターターリレー交換! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 250TR 長期放置エンジン始動不能! | トップページ | ZZR1100 スターターリレー交換! »