« PCX納車! | トップページ | CRF150R バルブクリアランス調整! »

2020年5月28日 (木)

ズーマーX リコール!

’14年式「ZOOMER-X」に乗る方で、当店には始めてのお客様でした。
20200528_01
「エンシンオイル」の交換を頼まれましたが、近所にお住まいのようだったので、軽くサービスでバイクを点検してあげました。

するとフロントの「ブレーキスイッチ」が壊れているようで、「ブレーキランプ」が点いてない事が分かりました。
20200528_02
追加で「ブレーキスイッチ」の交換も頼まれましたが、在庫がないので部品の注文となりました。

部品発注のためメーカーと繋がってるPCから車体番号を入力したところ、このバイク’15年届出の「リコール」(改善対策)が未実施である事が分かりました。

「リコール」の内容は「燃料タンクのフューエルトレイ」の形状が不適切だったらしく、「洗車」によってフューエルリッドとフロアの隙間から入った水が「フューエルトレイ」に溜まると「燃料タンク」に浸入する事があり、「燃料ポンプ」が水を吸い込むとエンジン不調の恐れと、浸入した水の影響により「燃料タンク」底部が錆び、そのままの状態で使用を続けると錆が進行し、最悪の場合、燃料が漏れる恐れがある。」と言うものです。
20200528_03
更に追加で「リコール」も実施させて頂く事になりました。
20200528_0420200528_05
20200528_0620200528_07
「改善対策」として「フューエルトレイ」を対策品に交換するとともに、「燃料タンク、燃料ポンプ、インジェクター、燃料ホース」を新品に交換して完了の筈が、届いた補修部品の「燃料タンク」取付穴の精度が悪く、固定用のボルトが通りませんでした。
20200528_1120200528_12
こんな異常報告を打ち上げてもバイク屋さんにメリットないので、穴が少し小さかっただけだし、今回もヤスリで削って無言で対処しました。

メーカーでは知られてない現場の仕事です。・・・

新車から6年で走行2万2千キロの「ZOOMER-X」でしたが、直ぐに「改善対策」を実施してなかったので、既に「燃料タンク」の中に大量の水が入り、サビサビでタンク底には小さな穴が開いておりました。
20200528_1020200528_08
20200528_09
恐らく既に燃料漏れを起こしていたんじゃないかと思いますが、時と場合によっては危うく火事になってたかも知れません。

お客様的には、パーツ一式を無料で交換できて、バイクも調子良くなり大変満足して頂いたようです。

また何か御座いましたらご利用ください。

有り難う御座いました。

|

« PCX納車! | トップページ | CRF150R バルブクリアランス調整! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCX納車! | トップページ | CRF150R バルブクリアランス調整! »