« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

TACT納車!

「TACT」即納でした。

注文のお客様は、当店の直ぐ近所にお住まいの方で、バイクに乗るのは初めてと言う方でした。

既に車種も決まっていたようで、Hondaの「TACT BASIC」ご指名で、色も「フォースシルバーメタリック」指定でご注文を頂きました。
20200531_01
車両は注文から3日で入荷し、予定通り本日の納車となりました。

やはりバイクの活用が再認識されているようで、クルマの免許で乗れる原付バイクが売れてます。

世の中ではバイク通勤を禁止しているところが多いようですが、電車やバスなどの公共の乗り物のよりも、3密(密閉 密集 密接)が皆無なバイクが見直されて来ているようです。

この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後はご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

「TACT」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!

宜しくお願い致します。

Summer_sale_4_2★サマーセール開催中!

 

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

2020第8回オフロード走行会

4月、5月に開催予定だったレース(第3戦、4戦)は、コロナで中止(自粛)になりましたが、次戦6月のレース(第5戦)が延期して開催となりました。

なので急遽チーム員に召集をかけ、練習に行って来ました。

会場の「オフロードヴィレッジ」の今日は、モノ凄ゲー混んでました。

GWに来た時はガラ空きでしたが、今日は駐車スペースを探すほど混んでました。
20200530_02
朝9時半頃から走り始め、UPが終わった頃の10時からクラス分け走行となりました。

気温は32~33度まで上がり、前回走行会の4週間前より5~6度は高くなりました。
20200530_0520200530_08
そんな感じだったので、今回も開発途上の「CRF150R-Ⅱ」には苦戦しましたが、今回の「キャブセッティング」には、こんなアプリがあったので、セッティングの参考にしてみました。
20200530_0420200530_03
課題の「キャブセッティング」に関しては大きく一歩前進できたので、今日のところは満足のできる結果を得られたと思います。
20200530_06         20200530_07
「KX85-Ⅱ」と「CRF250R」の方はイイ感じで仕上がっているようなので、ひたすら練習に励んでもらいました。

練習も最後に近づいて、チーム員それそれのマシンを互いに乗り比べて評価してもらいました。
20200530_01
<#51 Shunくん>は、「CRF250R」で走ってると「KX85-Ⅱ」が楽になるようで、後半はずっと「CRF250R」に乗ってました。

クラス分けからは、中級クラスを20分×5本を終わりまで走り、5時頃には現地を撤収しました。

今回も転倒やマシントラブルなく無事に走行会を終えました。

バイクって本当に楽しいですネ!

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

CRF150R バルブクリアランス調整!

うちの「CRF150R-Ⅱ」も去年のシェイクダウンから8ヶ月が経つので、ここらで1発「バルブクリアランス」を見ておく事にしました。
20200529_01
ご覧の通り狭いスペースに収まっている「シリンダーヘッド」ですが、「ヘッドカバー」は「フューエルタンク」を取り外せば簡単に外せます。

ところが後付けの「ラジエターブレース」を付けちゃっているので、本来は外さなくても良い「シュラウド」まで外さないと、「フューエルタンク」が外せない仕様になっちゃってます。
20200529_0220200529_03
何をやるにも整備性が悪いので、今後は何からの対策を講じたいと思います。

結果的に「バルブクリアランス」は全く狂ってなかったので、測定&点検だけで調整はせずに「ヘッドカバー」を戻しました。
20200529_0420200529_05
とっ云う事で、急ですが、 明日(土)「オフロードヴィレッジ」へテストに行ってきます。

行ける人いましたら現地集合でお待ちしております。

5月30日(土)の営業対応について

5/30の土曜日は、当店イベント(モトクロス走行会 )の為、
一部の営業内容をお休みさせて頂きます。

通常通り営業致しますが、サービス(点検・整備・修理)業務のみの対応となり、
保険(自賠責・任意保険)の加入・更新手続き、部品・用品・
車両の見積及び販売業務はお休みさせて頂きます。

なお営業時間は、11:00~19:00、
サービス受付は、18:00迄とさせていただきます。

ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合があります。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

ズーマーX リコール!

’14年式「ZOOMER-X」に乗る方で、当店には始めてのお客様でした。
20200528_01
「エンシンオイル」の交換を頼まれましたが、近所にお住まいのようだったので、軽くサービスでバイクを点検してあげました。

するとフロントの「ブレーキスイッチ」が壊れているようで、「ブレーキランプ」が点いてない事が分かりました。
20200528_02
追加で「ブレーキスイッチ」の交換も頼まれましたが、在庫がないので部品の注文となりました。

部品発注のためメーカーと繋がってるPCから車体番号を入力したところ、このバイク’15年届出の「リコール」(改善対策)が未実施である事が分かりました。

「リコール」の内容は「燃料タンクのフューエルトレイ」の形状が不適切だったらしく、「洗車」によってフューエルリッドとフロアの隙間から入った水が「フューエルトレイ」に溜まると「燃料タンク」に浸入する事があり、「燃料ポンプ」が水を吸い込むとエンジン不調の恐れと、浸入した水の影響により「燃料タンク」底部が錆び、そのままの状態で使用を続けると錆が進行し、最悪の場合、燃料が漏れる恐れがある。」と言うものです。
20200528_03
更に追加で「リコール」も実施させて頂く事になりました。
20200528_0420200528_05
20200528_0620200528_07
「改善対策」として「フューエルトレイ」を対策品に交換するとともに、「燃料タンク、燃料ポンプ、インジェクター、燃料ホース」を新品に交換して完了の筈が、届いた補修部品の「燃料タンク」取付穴の精度が悪く、固定用のボルトが通りませんでした。
20200528_1120200528_12
こんな異常報告を打ち上げてもバイク屋さんにメリットないので、穴が少し小さかっただけだし、今回もヤスリで削って無言で対処しました。

メーカーでは知られてない現場の仕事です。・・・

新車から6年で走行2万2千キロの「ZOOMER-X」でしたが、直ぐに「改善対策」を実施してなかったので、既に「燃料タンク」の中に大量の水が入り、サビサビでタンク底には小さな穴が開いておりました。
20200528_1020200528_08
20200528_09
恐らく既に燃料漏れを起こしていたんじゃないかと思いますが、時と場合によっては危うく火事になってたかも知れません。

お客様的には、パーツ一式を無料で交換できて、バイクも調子良くなり大変満足して頂いたようです。

また何か御座いましたらご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

PCX納車!

「PCX125」の納車でした。
20200527_04
このお客様とは今回お乗り換えを頂いた、’02年式「Cub 90 Deluxe」のメンテナンスを任されたのが最初で、それから10年以上もお付き合いを頂いているお得意様です。

数年前から乗換の検討を頂いておりましたが、先日「Cub 90 Deluxe」の「オイル」交換で来店された際に、たまたま店頭に有った程度の良い中古の「PCX125」を見て気に入って頂いたようで、数日後に契約に来てくれました。

そして本日めでたく「PCX125」納車の運びとなりましたが、逆にお客様の方から感謝の差し入れを沢山頂いちゃいました。
20200527_03
20200527_0220200527_01
この度も数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後もご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

MT-09 車検タイヤ交換!

「MT-09」の「車検」を頼まれました。
20200526_01
初めての方かと思いましたが、むかし何度かお越し頂いた事のあるお客様でした。

’09年からの3年間くらいでしたが、何度か「オイル」交換などをした記録がありました。

その当時は「ATLANTIC250」にお乗りでしたが、約9年振りの来店で、バイクは’14年式「MT-09」へ乗り換えておりました。

2年ほど前に「車検」2年付で購入した中古バイクのようですが、その「車検」も満了の1ヶ月前となり、当店に頼みに来たようです。
20200526_0220200526_03
お客様立ち合いのもと、受け入れ前の事前検査をしました。

年式の割には走行距離1万6千キロ程度と少ないので、そのまま「車検」を通過できるレベルではありましたが、今後の事(安心快適)まで考えて、「タイヤ」の交換はお勧めさせて頂きました。
20200526_0420200526_05
新車から装着されていたと思われる「タイヤ」は、製造後5年を経過したもので、減りも然る事ながら硬化してヒビ割れだらけでした。

バイクを購入した2年前から交換した事がないと言うので、「ブレーキ液」も追加で交換させて頂き、最後に「エンジンオイル」と「オイルフィルター」も交換させて頂きました。
20200526_0620200526_07
20200526_0820200526_09

2週間前に予約を頂いておりましたが、なかなか予定が立たず大変お待たせ致しました。

無事に昨日「車検」も終えて、本日納車の運びとなりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

GSR250タイヤ交換!

「GSR250」の「点検」を頼まれました。

2~3年前から来て頂いてるお客様で、去年の3月頃までは「FTR223」のメンテナンスを任せて頂いておりました。

この’12年式「GSR250」は、その後どこかで乗り換えた中古バイクのようで、購入から1年ほど経つので「点検」して欲しいと頼まれました。
20200524_01
「点検」は1年点検の「12ヶ月点検」を実施させて頂き、「エンジンオイル」の交換も頼まれました。

走行2万キロを超えてくらいの車両でしたが、「点検」の結果は、「ラジエターキャップ」がダメでした。

加圧テストをしたところ、開弁圧力が基準値で保持出来ない事が判明したので、こちらは「ラジエターキャップ」を新品に交換させて頂きました。
20200524_0220200524_03
それから「タイヤ」がダメでした。
20200524_0420200524_05
20200524_0620200524_07
溝も無くヒビ割れだらけの「タイヤ」は、製造年月日を視たところ、なんと車体の年式と同じ2012年製造の8年前のものでした。
20200524_09 20200524_08
「タイヤ」や部品を取り寄せるまでは、店内にバイクを預かれるスペースが無かったので、一旦バイクを持ち帰って頂きました。

そして依頼から1週間後の本日、改めて来店を頂き作業をさせて頂きました。

大変お待たせ致しました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

X’pro100 ブレーキ整備

1か月前に予約を頂いてた仕事で、「X'pro100」のフロント足回りの整備を行いました。
20200523_01
このバイクは当店で’15年に販売したもので、新車から今月で5年4ヶ月ほど経ち、距離も2万1千キロを超えました。

今回は新車から3回目となる「ブレーキパッド」の交換と、こちらは初となる「ブレーキディスク」の交換も行いました。
20200523_0220200523_03
20200523_0420200523_05
「ブレーキディスク」の交換に伴い、フロント「タイヤ」の交換も行いました。

1ヶ月前に新車から3回目の交換を終えたリヤ「タイヤ」に対して、今回のフロントは2回目の交換となりました。
20200523_0620200523_07
最後に新車から2回目となる「ブレーキ液」の交換も終え、全ての作業を終えました。
20200523_0820200523_09
来月は「点火プラグ」と「エアフィルター」に「ミッションオイル」が交換の予定ですので、ご来店お待ちしております。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

フォルツァ タイヤ交換

「FORZA Z」の「タイヤ」交換などを頼まれました。
20200522_01
2年以上前に「12ヶ月点検」を行った車両です。

あれから2千キロ程度しか走ってないようでしたが、今回は、その時お勧めしていた整備をやりに来てくれました。

既に溝が無くなり交換時期となっていた「タイヤ」は、2年振りの来店でヒビ割れも酷く進行していました。
20200522_0220200522_03
改めて製造年月日を視たところ、フロントが5年前、リヤに至っては9年も前の「タイヤ」が付いてました。
20200522_0420200522_05
次に「ブレーキ液」の交換もやらせて頂きました。
20200522_0620200522_07
20200522_0820200522_09
こちらも相当な期間換えてなかったようで、前後とも酷く汚れておりました。

最後に球切れしていた右側の「ヘッドライト球」を交換して今回の整備は終わりましたが、距離的に「ドライブベルト」の交換時期にもなってますので、早目の交換をお勧めします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

フォルツァ ブレーキ整備!

当店で’16年に販売した’10年式「FORZA Z」です。
20200521_01
走行3万5キロくらい走る中古車として乗り出して頂きましたが、このバイクも今年で5年目に突入し、今回で6万4千キロ近く走ってました。

この度は「エンジンオイル」の交換でお越しでした。

今回は2月の「エンジンオイル」交換の際にも勧めておいた、フロント「ブレーキパッド」や「ミッションオイル」の交換も同時に行わせて頂きました。

「ブレーキパッド」は前回の交換から約1万3千キロで交換となりましたが、摩擦材のスリットが丁度消えかかる手前「2.5mm」残しくらいの絶妙な交換タイミングでした。
20200521_0220200521_03
この際にフロント側だけ「ブレーキ液」の交換もやらせて頂きました。 
20200521_0420200521_05
こちらは前回の交換から約1年9ヶ月で少し早かったのですが、「ブレーキパッド」の交換時には液面調整で「マスターシリンダー」のフタを開ける序もあったので、今回一緒に交換させて頂きました。

それから「ミッションオイル」の交換もやらせて頂きました。
20200521_06
こちらも前回の交換から約1万3千キロでの交換でした。

最後に「エンジンオイル」の交換もして全ての作業を終えました。

次回は夏頃にリヤ側「ブレーキ液」と「エアフィルター」が交換時期になると思いますので、宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

Gpz750 キャブレター調整!

「Gpz750」は、エンジンの組み立てまで終わったので、最後の仕上げとして「キャブレター」の調整を行いました。
20200520_01
エンジンかけてから暖機する合間に、今一度オイル漏れやエンジンの異音、排気の状態をチェック。

問題が無いので念のため調整前に、「キャブレター」の油面を視ておきました。
20200520_0220200520_03
ほんの少し低いような気もしましたが、大体OKな感じなので、ここから「キャブレター」調整に入りました。

先ずはエンジン音に耳を澄まして、「タコメーター」の動きを視ながら「パイロットスクリュー」の調整を行いました。

「パイロットスクリュー」は「キャブレター」の上に付いているので、調整作業が楽でイイですネ!
20200520_0420200520_05
イイ感じなので、次に「キャブレター」の4連同調をとって完了しました。
20200520_06
先月から忙しく、他にも受けてる修理などをこなしながらだったので、大変時間が掛かりましたが、一先ず無事にエンジン修理を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

ZZR1100 スターターリレー交換!

<ウミ坊主様>から「ZZR1100」のエンジン始動不能の連絡がありました。

「TZR250SPR」の修理が終わり、入れ替わりで今度は「ZZR1100」の修理です。
20200519_01
カチカチ鳴るばかりで「セルモーター」が回りませんでした。

確かに「バッテリー」も弱いようでしたが「セルモーター」が回らない程じゃないので、カチカチ鳴ってる「スターターリレー」を調べたら、こいつが壊れておりました。

新品の「スターターリレー」をが取り寄せようとしたところ、OBのようで納期が2週間も掛かる事になりました。

GW中に頼まれた依頼でしたが、店の中は満車で長期間バイクを預かれる状況じゃ有りませんでした。

その時たまたま中古「スターターリレー」の在庫があったので、一先ず新品部品が入荷するまで中古の部品を付けて、帰って頂く事になりました。

2週間後「スターターリレー」が入荷したので改めて来店を頂き、部品の交換をやらせて頂きました。
20200519_0220200519_03
「バッテリー」も前回の交換から3年6ヶ月経っており、その間も5千キロ弱しか乗ってないので弱ってました。
20200519_04
なので「セルモーター」が回るようになってもエンジンの始動性が悪かったので、この機会に「バッテリー」も新品に交換させて頂きました。

「エンジンオイル」も前回の交換から千キロ程度しか乗っておりませんでしたが、交換後1年近く経つので、こちらも一緒に交換させて頂きました。

最後に「スロットルケーブル」の給油をしました。

もともとはスロットル側の「ハンドルグリップ」が緩んでいるので、接着し直して欲しいと頼まれた仕事でした。

作業を始めるに当たりスロットルの作動が非常に重い事が分かりました。

これが緩む原因とも思われたので、その作動を妨げる原因を調べたところ「スロットルケーブル」が油切れを起こしておりました。
20200519_0520200519_06
「スロットルケーブル」を給油し、スムーズに動く事を確認したあと、改めて「ハンドルグリップ」を接着し直し、更にワイヤーリングして完全固定を行いました。

「TZR250SPR」の方は、あれから約1ヶ月で千キロほど走っているようですが、今のところ絶好調?のようです。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

Gpz750 シリンダーヘッド組立!

「Gpz750」は「シリンダー」まで載ったので、ここから「シリンダーヘッド」の組み込み入ります。
20200517_16
「シリンダー」に新品の「ガスケット」や「Oリング」などを取り付け、「クランクケース」から伸びてる計12本のスタッドボルトに通しながら「シリンダーヘッド」を載せました。

スタッドボルトに固定ナットを取り付け、トルクレンチを使用し規定トルクで締め付け完了です。
20200517_0120200517_02
前の工程で測定して割り出し取り寄せておいた調整用「シム」も届いていたので、この段階で「シム」をセットして「カムシャフト」の取り付けに掛かりました。
20200517_0320200517_04
20200517_0520200517_06
20200517_21 20200517_07
「カムシャフト」の「スプロケット」に「カムチェーン」を通してから、タイミングマークなどを見ながらセットして、「カムシャフトキャップ」で「カムシャフト」を組み付けました。
20200517_0920200517_08
「カムシャフトキャップ」も規定トルクで締め付け完了です。

「カムチェーンテンショナー」を組み付けた後、今一度バルブクリアランスをチェックしました。
20200517_1020200517_11
クリアランスに問題が無いので、最後に「シリンダーヘッド」に「シリンダーヘッドカバー」を付けて、「クランクケース」に「パルシングコイルカバー」を付けて、エンジンの組み立てまでは終了しました。
20200517_1220200517_13
ここからエンジン回りの補器類を取り付けて行きます。

先ずは「エキゾーストパイプ」を「シリンダーヘッド」に付けて、「サイレンサー」を付けて排気系まで終了です。
20200517_14
次に「シリンダーヘッド」に「キャブレター」を付けて吸気系も終了です。
20200517_15
「シリンダーヘッド」に仮付けしておいた「点火プラグ」を本締めし、「プラグキャップ」などの点火系パーツ類の取り付けを行いました。
20200517_18
この後「オイルフィルター」とオイル漏れしていた「オイルフィルターカバー」の「Oリング」を交換し、「エンジンオイル」を注入して、いよいよエンジン始動です。
20200517_1920200517_20
無事にエンジン始動したので、暫くアイドリング運転したあと、オイル漏れの有無を確認しました。

OKのようなので、仕上げの作業に入ります。

つづく

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

250TR 長期放置エンジン始動不能!

1ヶ月前の事です。

電話でバイクの修理を頼まれました。

その頃も当店はGW前の大変忙しい時期でしたが、直ぐにバイクを取に来て修理をして欲しいと強く頼まれました。

バイクは約2年放置でエンジン始動不能のようでした。

その状況から考えて「バッテリー」交換と「キャブレター」のOH程度で行けると踏んで、どうしても緊急を要するご事情のようでしたので、他のお客様に割り込んで受けて差し上げる事にしました。

その代わりの条件として完成予定の5日後にはバイクを取りに来てくれる事を約束して、その晩にバイクを引き取りに行って来ました。

お客様は当店には初めての方で、2年ほど前に中古車で購入したと云うバイクは、8百キロしか走ってない’06年式の「250TR」でした。
20200516_01
走行8百キロなので、放置期間は2年どころか新車から14年間ほとんど走ってないバイクのようでした。

作業早々「キャブレター」の「フロートチャンバー」合せ面からガソリンが漏ってきました。
20200516_0220200516_07
「キャブレター」を分解して診たところ、「フロートチャンバー」の底に大量のサビが堆積していました。
20200516_0320200516_04
「フューエルタンク」内も相当サビていると想定し、「フューエルコック」を外して診ました。

やはり「フューエルタンク」の底にもサビが溜まっているようでした。
20200516_0520200516_06
「キャブレター」のOH(分解清掃)と「フューエルタンク」内の洗浄も行い、「フロートチャンバー」や「フューエルコック」合せ面の「Oリング」も交換して組み戻しました。
20200516_15
この作業の過程で「キャブレター」と「エアクリーナーボックス」間の「ダクト」が裂けているのと、「負圧チューブ」が差込部でヒビ割れしているのが分かったので、これらの部品も交換しました。
20200516_0820200516_09
20200516_1020200516_11
「バッテリー」を新品に交換して、無事にエンジンは掛かるようになりました。
20200516_14
放置期間が長いのでお勧めして「エンジンオイル」も交換させて頂きました。

最後に経年劣化で腐り落ちた「ウインカー」も新品に交換して、全ての修理を終えました。
20200516_1220200516_13
バイクを預かってから予定通りの5日間で依頼の修理は完了しましたが、約束の日になり連絡しても音信不通となりました。

既に他のお客様の予約が入っており大変困った事になりました。

数日後やっと電話が繋がりましたが、GW開けまで取りに来れないと云われました。

この小さなバイク屋に2週間近くも大きなバイクを預かる事になりました。

ところが2度目の約束も破られ取りに来てくれず、大変迷惑な状況になりました。

その間は相変らず音信不通の状態が続きましたが、それから更に2週間を経過した本日やっとバイクを取に来てくれました。

想定外にバイクを1ヶ月も預かる事になり、他の仕事が出来なくなった事は大変大きな痛手でした。

なので現時点でも修理待ちのお客様には大変お待たせしております。

こう言う事情なので、もう少し暫くお待ちください。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

Gpz750エンジン組立!

「Gpz750」は、各パーツの点検と測定作業が終わり、「バルブ」の摺り合わせ作業も終わりました。
20200515_01
発注しておいたパーツ23種62点が全て入荷したので、ここから作業の折り返しで、いよいよ組み立て作業に入ります。
20200515_0220200515_03
先ずは「シリンダーヘッド」回りの組み付けから始めました。
20200515_0420200515_05
「シリンダーヘッド」の「バルブガイド」に「ステムシール」を装着してから、「バルブ」、「バルブスプリング」、「リテーナー」の順に組み立て、最後に「コッター」入れて固定しました。
20200515_0620200515_07
20200515_0820200515_09
20200515_1020200515_11
この段階で「バルブ」に「シム」を乗せて、「シリンダーヘッド」単体の状態で「カムシャフト」を組み付け、「バルブクリアランス」の測定を行いました。

「バルブ」と「バルブシート」に噛んでたカーボンを落とし、摺り合わせもしているので予想はしてましたが、やはり何ヶ所かでクリアランスが基準を逸れていました。

ここで基準値に調整を済ませておきたかったのですが、調整用「シム」の在庫が無かったので、急遽「シム」を取り寄せる事になりました。

「バルブクリアランス」の調整は後にして、「シリンダーヘッド」回りまでパーツの組み込みが終わったので、ここから「クランクケース」にエンジンを組み立てて行きます。

「クランクシャフト」の「コンロッド」に「ピストン」を組み込んで行きます。
20200515_1420200515_15
「ピストンピン」は再使用ですが、「スナップリング」は新品に換えて「コンロッド」に組み付けて行きました。

「ピストン」の組み付けが終わったところで、「クランクケース」に新品の「ガスケット」や「Oリング」などを取り付け、いよいよ「ピストン」に「シリンダー」を入れて行きます。

この前やった「ZZR1100」などのエンジンと違い、「クランクケース」から「スタッドボルト」が伸びてるタイプなので、「シリンダー」に「ピストン」を入れるのは随分と楽でした。

その「スタッドボルト」に関しては、念のため古いエンジンなので、「シリンダーヘッド」のエキゾーストパイプ側も含めネジ山を修正しておきました。
20200515_1220200515_13
「ピストン」及び「ピストンリング」も新品では無く再使用なので、柔らかい感じでスポスポ入って組み込み完了いたしました。
20200515_1620200515_17
日中は他の仕事で忙しく集中できないので、この作業はお客の引けた夕方頃からやってますが、この日もガンバって店を閉めたのが23時頃になっておりました。

つづく

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

ゼファー400χ タイヤ交換!

電話で問い合わせがあり、「タイヤ」交換を頼まれました。

バイクは’97「ZEPHYR X」で、先月もフロント「タイヤ」を交換しに来たお客様です。
20200514_01
前回は取り急ぎパンクしている方のフロント側だけを交換しましたが、リヤ側も同様に凄く減っておりました。

なので今回はリヤ「タイヤ」の交換となり、フロントと同じ「PIRELLI」の「ANGEL GT」で交換させて頂きました。
20200514_02
こちらもフロント同様7年(2013製)前の「タイヤ」で、減りも然る事ながら酷くヒビ割れを起こしてました。
20200514_03
これで一先ずは安心して乗れると思いますが、まだ完璧な整備状態では無いと思いますので、無理しない様にお願いします。

また何か御座いましたら気軽にご相談ください。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

Gpz750 バルブ摺合!

「Gpz750」は、一番時間のかかるエンジンの掃除まで終わったので、ここから各パーツの点検と測定作業に入りました。
20200513_01
「シリンダー」内径をボアゲージで測定をしました。

「シリンダー」の上下指定された部分を前後左右で4ヵ所4気筒分測りましたが、全て基準値内に入っておりました。
20200513_0220200513_03
「ピストン」外径もマイクロメーターで測定しました。
20200513_06
こちらも指定された位置を4気筒分測りましたが、全て基準値内に入っておりました。

この結果「ピストン」~「シリンダー」クリアランスもOKとなりました。
20200513_07
「シリンダーヘッド」の歪もシックネスゲージで測定しましたが、基準値内に入っておりました。

「バルブ」と「バルブガイド」のクリアランスは、ダイヤルゲージで振れを測定してガタを調べましたが、問題ありませんでした。

「バルブ」と「バルブシート」の当たり面を点検しましたが、こちらも全16本基準値内に治まっておりました。

測定の結果は他に問題が無さそうなので、ここからいよいよ「バルブ」の摺り合わせ作業に入りました。
20200513_0820200513_09
「バルブ」を「タコ棒」使って「バルブシート」に摺り合わせしました。
20200513_1020200513_11
専用の「バルブコンパウンド」で粗目~細目と摺り合わせて行き、時々光明丹を塗って当たりを確認しながら、少しづつ番手落しながら他の幾つかのコンパウンドを使い分けピカピカにして行きます。
20200513_1320200513_12
最後に燃焼室に灯油を張ってリークテストして完璧なようなので、完成としました。

つづく

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

ホーネット 点火プラグ交換!

「HORNET」の「オイル」交換を頼まれました。

当店には初めてお越しの方で、バイクは1年ほど前に中古車で購入したと云う、’97年式「HORNET」(CB250FV)でした。
20200512_01
横浜のかなり遠くの方から来て頂いてるようでしたが、この序に「点火プラグ」の交換と、「スピードメーター」が動かないので診て欲しいと頼まれました。
20200512_02
「スピードメーター」の方は、単にケーブルが切れていただけなので、こちらは「スピードメーターケーブル」の交換となりました。
20200512_0320200512_04
また何か御座いましたが、ご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

Gpz750エンジンOH!

「Gpz750」エンジンOH(オーバーホール)の続きです。

エンジンの腰上まで分解が終わったので、「コンロッド」から「ピストン」を外し、「シリンダーヘッド」からは「バルブ」を取り外しました。
20200508_01
お客様の過去の資料から、このエンジンは一度17年ほど前に腰上をOHをしている事が分かりました。

その際には「バルブガイド」を打ち換えたり、「シリンダー」もボーリングして、0.5mmオーバーサイズの「ピストン」が入っている事も分かりました。

ここまでの段階で、エンジンの状態をお客様にも視に来てもらいました。

17年前のOH後は2万8千キロ程度しか走ってないようでしたので、今回は「ピストン」及び「ピストンリング」は換えない方向となりました。

ただし「ピストン」のヘッド部や「シリンダーヘッド」のカーボン堆積が酷かったので、こちらは綺麗に掃除してからエンジンの組み立てをする事になりました。

ここからが作業の中で最も時間のかかる掃除の工程に入りました。

前回のOHからは走行した距離は少ないですが、17年も経過したエンジンなので、「ガスケット」は物凄く固く張り付いており、カチカチに固まったカーボンが大量にこびり付いておりました。

先ずは「シリンダー」のベースと「パルシングカバー」に固着した「ガスケット」を剥がしました。
20200508_0220200508_03
20200510_03_2020051320130120200508_15
数種類の「スクレーパー」を使用して、剥離困難な焼付いた「ガスケット」に関しては専用の剥離剤を使用して剥がしました。

こうやって「クランクケース」側の「シリンダー」合せ面や「パルシングカバー」合せ面、「シリンダー」と「シリンダーヘッド」の両合せ面に残った「ガスケット」のカスも落し、「シリンダーヘッド」や「ヘッドカバー」に残った「ガスケット」や「液体パッキン」のカスも落しました。
20200510_2520200510_26
「ガスケット」類が剥がれたところで、上記パーツの各合せ面を「オイルストーン」で磨いて仕上げました。

別の事もしながらでしたが、ここまでの作業で丸一日かかりました。
「ガスケット」類が剥がせたので、エンジン燃焼室回りに付着した炭状のカーボンを除去して行きました。
 20200508_1120200508_12
20200510_2720200510_28
20200510_2920200510_30

「シリンダー」内壁の燃焼室付近にこびり付いたカーボンを落しながら、サンドペーパーなどを使い内面のキズも出来る限り修正しました。
20200508_0820200508_09
「ピストン」ヘッドに頑固に焼付いたカーボンを除去しました。
20200508_0420200508_05
20200508_0620200508_07
20200513_0520200513_04
「ピストンピン」も換えずに再使用なので、ピカピカにポリッシュしておきました。

「シリンダーヘッド」は、吸排気8本分の「バルブガイド」内も掃除し、同じく合計8本の「バルブ」のカーボンを除去しました。
20200508_1320200508_14
20200510_3120200510_32
大きなカーボンは数種類の「スクレーパー」で落し、細部はワイヤーブラシなどで落としました。

吸排気ポートなどの複雑な部分はドリルなどの「回転工具」を利用して掃除し、アルミの鋳肌に浸み込んだ汚れは、洗浄剤を使用して落としました。

他の仕事もしながらでしたが、この掃除の行程だけで3日間ほど費やし、一先ずエンジンの大掃除を終えました。

つづく

 

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

Gマジェ 初ベルト交換!

当店で’14年に販売した「GRAND MAJESTY」です。
20200509_01
早いものであれから4年8ヶ月、走行距離も2万キロを超えました。

なので今回は「ドライブベルト」の交換と、「バッテリー」も交換する事になりました。
20200509_0220200509_03
今回の整備は何か不具合があっての修理ではなく、バイクが故障せず、安全、快適に乗るための予防的な整備です。
20200509_04
このお客様とも8年近くのお付き合いで、バイクも数台買って頂いておりますが、その当初からバイクに対しての安全意識の高い方で、こうして定期的にメンテナンスにお越し頂いております。

毎度!有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

Gpz750エンジン分解!

「Gpz750」のエンジンOH(オーバーホール)やってます。
20200510_01
前回までにOHの下準備が終わったので、いよいよエンジンの分解作業を始めました。

先ずは「ヘッドカバー」の取り外しからです。

この時代のバイクは「フューエルタンク」を外すだけで、「シリンダー」までの分解が出来るので楽ですネ!
20200510_0220200510_03
この段階で「カムシャフト」が現れるので、ここで「バルブクリアランス」の測定もしておきました。
20200510_0420200510_05
基準が「0.08~0.18mm」のところ、数か所で僅かに基準を超えてるところが有りました。

#1 IN=0.20/EX=0.16mm
#2 IN=0.17/EX=0.16mm
#3 IN=0.18/EX=0.15mm
#4 IN=0.20/EX=0.16mm

全体的に広めなので、組立時にはシムの調整が必要のようです。

「カムシャフト」自体は非常に綺麗でキズひとつ有りませんでした。
20200510_0620200510_07
20200510_2320200510_24
次に「シリンダーヘッド」から「マフラー」と「キャブレター」を取り外し、吸排気のポートから「バルブ」回りの状態を覗いてみました。

排気側は全体的に乾いた状態で、その中でも#4のバルブステムが一番焼けてる感じでした。
20200510_0820200510_09
20200510_1020200510_11
吸気側は奥まっていて見難いので、「マイクロスコープ」で内視鏡検査してみました。
20200510_1220200510_13
20200510_1420200510_15
すると吸気側は全体的に湿っていて、特に#3が一番湿ってる感じでしたが、やはり#4のバルブステムに関しては、その中でも湿りが少ない感じでした。

この湿りの感じから推測すると「オイル下がり」と言うよりは、ガソリンのような感じもするので、若しかしたら「キャブレター」の方の何らかの要因で極めて濃い(オーバーフロー?)状態が有ったのかも知れません。

これは一先ず後回しにして先に進め、「シリンダーヘッド」の取り外しを行いました。
20200510_1620200510_18
ここで初めて「オイル漏れ」の部分が現れたので、その部分の「シリンダーヘッド」と「シリンダー」の合せ部分を視てみました。
20200510_19
確かにオイルが抜けた形跡がハッキリと見て取れましたが、この部分にはオイルは通っておりませんので、ますます解せないのですが、目視ではクラックや巣穴なども無いので、これも後回しにして「シリンダー」まで取り外しました。
20200510_2020200510_21
これからパーツの掃除を行ったあと、測定・点検を行い見極めて行きたいと思います。
20200510_22
つづく

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

Honda純正用品 入荷!

本日より通常営業してます。

4日間ほど連休させて頂きましたが、その休み明けの今日は、修理の依頼が殺到した一日でした。

コロナ騒ぎでバイクの活用が見直されているようです。

既に連休の前から預かってる修理車両が3台と予約が4台入っておりますが、そのどれもが時間の掛かる修理ばかりで、どう裁こうか悩んでる最中でした。

今日だけでも5台もの修理依頼が入りましたが、こんな小さなバイク屋じゃキャパ一杯で到底預かれないので、今のところ1~2週間はお待ち頂く感じになってます。

修理の出来上がってるバイクは、次のお客様がお待ちですので、至急取りに来て頂けますようお願いいたします。

当店でバイクを買って頂いたお客様を最優先で、ご予約の無いお客様、飛び込みの修理等は、お断りさせて頂く場合がありますので、予めご了承をお願いいたします。

話は変わりますが、<丸2さん>から注文を頂いてた「ヒップバック」が、注文から6週間も掛かり入荷しました。
  20200507_04
これもコロナの影響で、海外で生産しているHonda純正用品は生産が停止で、一部の商品については現在も入荷の目処が立ってないらしいです。
20200507_0320200507_02
Honda 「WPヒップバッグ」 0SYTP-28F-CF

<丸2さん>の「ヒップバック」に関しては、注文の時点で出ていた納期の予定通りに入荷して来ましたが、今後も暫くの間は、入荷までに相当のお時間を要する見込みのようですので、注文の際はご留意頂きますようお願いいたします

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

2020第7回オフロード走行会

今年7回目のマシンテストに行って来ました。
20200504_02
コースは前回と同じ「オフロードヴィレッジ」で、今回はクラブのメンバー全員揃っての参加でした。
20200504_01
気温は上がっても27~8度くらいで風も心地よく、絶好のテスト日和となりました。

「KX85-Ⅱ」の方は2年近い開発期間を経て、やっとイイ感じに仕上がって来ました。

なので「KX85-Ⅱ」と「CRF250R」の方は、サスセッティングを中心に行いました。

昨年末に導入したばかりの「CRF150R-Ⅱ」に関しては、まだまだ開発途上なので、こちらは主にキャブセッティングを中心に時間を費やしました。
20200504_0320200504_05
タダでさえ整備性の悪い「CRF150R-Ⅱ」ですが、これに「ラジエターブレース」を付けちゃっているので更に整備性が悪くなり、「点火プラグ」を外すにも「フューエルタンク」を外さないと出来ない有様です。

何れにしても「キャブレター」を触るには「フューエルタンク」を外さないとダメなのですが、やはり「ラジエターブレース」が付いてるお陰で、本来は外さなくても良い「シュラウド」まで外さないと、「フューエルタンク」が外せない仕様になってます。

片側4本のボルト脱着が増えただけなのですが、テストの間は「キャブレター」のジェット類を何度も換えたりしますので、その作業が大変に面倒でした。
20200504_0620200504_07
これは今後の課題として何らかの対策を講じようと思いますが、肝心のキャブセッティングの方は、かなりイイところまで作業が進みました。
20200504_0820200504_09
同じ「KEIHIN」の「キャブレター」でも「KX85-Ⅱ」の「PWK」と違い、「CRF150R-Ⅱ」の「FCR」は繊細ですが、どこで濃くて薄いのか分かり始めたので、次回のテストが大変楽しみです。




| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

モトクロッサー整備!

前回の走行会から1週間。

走りに行った<#14 Ryoくん>と<#51 Shunくん>が、代わる代わる店に来てマシン整備をしてました。
20200502_01
あの日もマッドなコンデションだったので、現地でやった洗車だけじゃ落し切れない泥を細かく洗車してから整備にかかりました。

<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」の方は、フロントの「ブレーキディスク」を交換しました。

ブレーキに関しては毎回「ブレーキキャリパー」まで外して掃除とグリスUPを行ってますが、数ヶ月前から整備をする度に、ホイールを回すと僅かに引っ掛かる所が有り気になってました。

結論的に「ブレーキディスク」の一部が僅かに歪んでるようなので、もう一台のTカー「KX85-Ⅱ」2号車から部品取りして、「ブレーキディスク」を換えました。
20200502_02
それから「モトクロスヴィレッジ」で合わせた「スプロケット」の丁数が、走りに行った「オフロードヴィレッジ」では少し合わないようなので、元の丁数(減速比)へ「スプロケット」を戻しました。
20200502_03
この作業の際にリヤ「ホイール」の「スポーク」が1本折れているのが分かったので、これも新品に交換しました。

<#14 Ryoくん>の「CRF250R」の方は、前回の走行会でリヤ「タイヤ」がパンクしました。
20200502_04
1ヶ月前に「タイヤ」交換をした時には、中古のノーマル「チューブ」を入れてたので、今回は新品の競技用ハード「チューブ」にして交換しました。
20200502_0520200502_06
「タイヤ」交換してから1ヶ月で3回しか走りに行っておりませんが、リヤ「タイヤ」は既に磨耗が進行しておりました。
20200502_07
なので今回の「チューブ」交換の序に「タイヤ」は逆履きさせて組むことにしました。

と言う訳で、GWの期間のどこかで走りに行きたいなぁ~と思ってますが・・・・明日からお店はお休みさせて頂きます。

***************************************************
GW期間 営業の案内
GW休暇に伴い、下記の日程で休業とさせて頂きます。
5月3日(日)~6日(水)
メーカー及び問屋によっては、
4/26~5/10の期間で長期休暇に入りますので、
車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。
注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、
予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。
***************************************************

 

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

ジョルノDXタスマニアグリーンメタリック納車!

「GIORNO」の納車でした。
20200501_01
これでGW前に注文を頂いた分は、全て予定通りに納め終わりました。

この「GIORNO」のお客様は<#51 Shunくん>の紹介で、バイクに乗るのは初めてと言う方でした。

通勤や仕事~買い物にと幅広く使う予定で、当初は「電動アシスト自転車」とも考えていたようですが、最終的に「原付スクーター」にする事に決めたようです。

その理由は「電動アシスト自転車」の価格帯(13万円~)と、「原付スクーター」(15万円~)の価格差が殆ど無い事と、坂道の多い地域にお住まいの方で、登坂能力や積載能力なども考えた場合、「原付スクーター」の方が圧倒的にコスパ(費用対効果)が高かったからのようです。

初めての「原付スクーター」と言う事だったので、先ずはHondaから3機種、「DUNK」、「GIORNO」、「TACT」のカタログを渡しました。

そして、その中から決めて頂いたのが「GIORNO」でした。

「GIORNO」のデザインとカラーリングが気に入ったようで、カラーリングは「DELUXE」タイプの「タスマニアグリーンメタリック」で注文を頂きました。
20200501_0220200501_03
20200501_0420200501_05
それにアクセサリーパーツの「サイドスタンド」と「藤風フロントバスケット」の取り付けを頼まれ、「藤風フロントバスケット」には「保温・保冷バック」も追加されました。

初めての「原付スクーター」なので「ヘルメット」の注文も頂き、注文から19日ほど掛かりましたが車両も含めて全て入荷しました。
20200501_0620200501_07
20200501_0820200501_09
登録関係やアクセサリーパーツの取り付けも完了し、昨晩お宅までバイク「GIORNO」をお届けしてまいりました。

この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後はご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

GIORNO」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

20150319_03_3
スプリングセール開催中!

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »