« JF81 PCX 初ベルト交換! | トップページ | ZZR1100カスタム② »

2020年4月 2日 (木)

ZZR1100カスタム①

「ZZR1100」のカスタムを頼まれました。

今回も<セ〇ワくん>のバイクで、1月~2月にやったエンジンOHの最中に頼まれた仕事です。
20200402_01
「リヤークッション」の「リザーバータンク」移設と、リヤの「ブレーキキャリパー」の交換でした。

「リヤークッション」は「OHLINS」製のもので、元々は左のサイドカバー内に納めてあったものを、車体の外側へ移設して欲しいと頼まれました。

昔なら「タンクステーKIT」なる製品が販売していたのですが現在は販売終了なので、当初はご自身でステーを自作して移設する予定でいたようです。
20200402_02
↑↑ <ウミ坊主様>の「ZZR1100」

なので当店には当初「リザーバータンク」を外部へ取り出すだけの作業を頼まれましたが、外部へ出して診たところ、どう見てもサイドカバーの一部をカットしないと設置できない事が分かりました。

そのまま当店で移設までの作業を受ける事になり、自作する予定で揃えたらしい「ステー」や「コの字ボルト」に、どこかで調達してきたらしい中古の「サイドカバー」が持ち込まれました。
20200402_03
持ち込まれた部材を利用してシートレールに「ステー」を立ち上げ、そこに「リザーバータンク」を固定する構想のようで、その方法で移設するよう指示されました。

シートレールやフェンダー、サイドカバー等の形状も分からないまま、果たしてそんなに簡単に作業が進むのか?

ぶっつけ本番での作業の開始です。

初っ端「コの字ボルト」は用意されているものではサイズが合わず、急遽ワンサイズ小さいものを調達し直して頂きましたが、それも実際に取り付ける段階になると長すぎる事が分かり、長さを切り詰めて使えるようにしました。

シートレールとフェンダー間の隙間のないところへ、M6ボルト4本で「コの字ボルト」を裏側から固定するのは至難の技じゃありませんでした。

一先ず、これで2枚の「ステー」を立ち上げる事ができたので、いよいよ「リザーバータンク」を仮止めしてサイドカバーと干渉する部分の切削作業となりました。
20200402_04
サイドカバーを付けては外して少しずつ削ってゆき、繰り返す事20数回の微調整を行い、何とか「リザーバータンク」を逃がして移設する事ができました。

つづく

|

« JF81 PCX 初ベルト交換! | トップページ | ZZR1100カスタム② »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JF81 PCX 初ベルト交換! | トップページ | ZZR1100カスタム② »