« KX85オイル乳化! | トップページ | つるつるタイヤ交換3連発! »

2020年4月14日 (火)

アドレスV125ベルト破断!

バイクが走行中に止まって動かないとの連絡が入りました。

詳しく聞くと異音の発生後に推進力を失い、エンジンは掛かっているものの、アクセルを開けても後輪が駆動しないようでした。

「ドライブベルト」切れのようでしたので、任意保険のロードアシストを利用して頂き、当店までバイクを運んでもらいました。

バイクは5万4千キロ超えの’07年式「AddressV125」です。
20200414_01
当店で販売したバイクではありませんが、7年以上前から「エンジンオイル」の交換にだけ来る方のバイクです。
20200414_08
「ドライブベルト」は切れたと言うよりバラバラに粉砕して、その破片の一部がプーリーに巻き付き噛み込んでロックしておりました。
20200414_0320200414_04
20200414_0520200414_06
このお客様には、年1~2回のペースで来て頂いておりますが、その度に点検もしてあげて、今までも必要な整備を受けるよう促しておりましたが、けっきょく今まで何もせず乗りっ放しにしてしまったので、その結果「ドライブベルト」が切れてしまいました。
20200414_07
切れた「ドライブベルト」に加え、同様に酷く磨耗した「ウエイトローラー」と「スライドピース」も一緒に換えて作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

|

« KX85オイル乳化! | トップページ | つるつるタイヤ交換3連発! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KX85オイル乳化! | トップページ | つるつるタイヤ交換3連発! »