« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

自転車修理3連発!

バイク屋なのに「自転車」の修理が3連ちゃんでした。

1台目の「自転車」は、強風で駐めてた「自転車」が倒れてしまい、その後から「スタンド」が壊れて立たなくなったようで、修理を頼まれました。
20200229_07
原因は、「スタンド」の「スプリング」を止めてるベース側の穴が破損してしまい、「スプリング」が外れてました。
20200229_0820200229_09
流石にバイク屋なので「スタンド」の在庫は無かったので、破損した穴の横に新規で別の穴を開け直し、そこに「スプリング」を引っ掛けられるようにして、修理を終えました。

2台目の「自転車」は、前「ブレーキ」が甘く、キィーキィー音も出ているようで、修理を頼まれました。
20200229_0120200229_06
「ブレーキ」は遊びが多く握り代が殆ど無い状態でしたので、最初は調整すれば直るかな?と思っておりましたが、それ以前にブレーキキャリパーに付いてる「ブレーキシュー(フナゴム)」が、減って殆ど無くなっている事が分かりました。
20200229_0220200229_05
これ位の部品なら当店にも在庫があったので、直ぐに「ブレーキシュー」を交換して、「ブレーキケーブル」の調整もして修理を終えました。

3台目の「自転車」は、前「タイヤ」のパンク修理で来店でしたが、前回の「タイヤ」交換から2年以上経っていたので、この際なので「タイヤ」ごと新品に交換させて頂きました。
20200229_0320200229_04
皆さん毎度有り難う御座いました。

国道に面して営業する当店には昔から「自転車」が故障(主にパンクですが)して、お客様が飛び込んで来るケースが多いので、帰れず困ってる方を少しでも助けられればと思い、多少は「自転車」の修理も出来るようにしています。

タイヤやケーブル類など自転車専門店じゃないので種類や在庫数は少ないですが、まぁ普通のママチャリ程度の簡単なメンテナンスなら出来るようになってます。

ヨロシクおねがいします。

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

ブレーキパッド交換3連発!

「ブレーキパッド」ばかり3連ちゃんで交換でした。
20200228_01
1台目の’11年式「DIO110」は、女性の方が通勤で使ってる車両ですが、なんと!新車から7年3ヶ月で、2万7千キロ近く走ったところで、今回が初めての「ブレーキパッド」交換でした。
20200228_0220200228_03
走り方が優しいんですネ!

20200228_04
2台目の’17年式「REBEL250」は、1万1千キロほど走っておりますが、今回交換したリヤの「ブレーキパッド」は、新車から2回目の交換でした。
20200228_0520200228_06
概ね5千5百キロの早いペースで交換になっておりますが、フロント側の「ブレーキパッド」は未だ一度も交換してないようなので、リヤブレーキをメインに使って乗ってる方のようです。

20200228_07
3台目の’10年式「PCX125」は、前回の交換から9ヶ月で1万3千キロも走っているようで、今回が新車から9年9ヶ月7万4千キロほど走ったところで、4回目の「ブレーキパッド」交換となりました。
20200228_0820200228_09

「ブレーキ・パッド」の使用限度は一般に「ブレーキ・パッド」の摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際には「ブレーキ・パッド」は片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようお願いします。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

皆さん毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

GROM 発売!

「GROM」のカラーリングを変更し3月13日(金)に発売。
20200227_01
「GROM」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200227-grom.html

「GROM」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/GROM/

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5



★15周年記念セール開催!

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

前タイヤ交換3連発!

フロントの「タイヤ」ばかり3連ちゃんで交換でした。
20200226_01
1台目の’07「CYGNUS X」は、前回の交換から約3年で1万8千キロ近くを走り交換となりました。
20200226_0220200226_03
ちょっと長持ちさせ過ぎたようで、「タイヤ」ショルダー部の溝は消えかかっておりました。

2台目の’03「MAJESTY C」は、フロント「タイヤ」特有の片減りが酷い状態で、減りも然る事ながらヒビ割れも酷いので調べたら、’15年製造の5年も前の「タイヤ」が付いてました。
20200226_04
20200226_0520200226_06
3台目の’07「ADDRESS V125G」は更に凄い状態で、ほぼ溝が無くなりツルツルに近い状態でした。
20200226_07
危険と判断して交換を勧めましたが、こちらはバイクの年式と同じ、’07年製造の13年も前の超古い「タイヤ」が付いてました。
20200226_0820200226_09
なんと!新車から始めての交換だったようです。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、
タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

皆さん毎度有り難う御座いました。


| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

新型コロナウイルス予防&拡散防⽌対策について

感染症(新型コロナウィルス等)予防ならびに、拡散防⽌対策について

本日、国から「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が出されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

現在、厚労省HPにおいて、感染症に関する注意喚起がされております。

現在発生している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に対応すべく、ご来店されるお客様及び当店スタッフの安全を最優先にしてまいります。

ご来店の皆様におかれましては、感染症予防対策(⼿洗い・指消毒・うがい・マスク着⽤など)へのご協⼒をお願い致します。

また、店内においては、⾶沫感染(咳・くしゃみ等)の予防・拡散防止のため「咳エチケット」にもご協⼒をお願い申し上げます。

なお、感染防⽌策として、当店スタッフがマスク着⽤にて対応させ頂く場合が ございますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、体調がすぐれない方、風邪症状(発熱や喉の痛み・咳等)、強いだるさや息苦しがある等自覚症状があるお客様は、誠に残念ではございますが、来店をお控え頂きますよう、お願申し上げます。

「コロナ」マークⅡGSS
20200225_01
18R-G




| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

ブレーキ液交換3連発!

「ブレーキ液」ばかり3連ちゃんで交換でした。
20200223_01
1台目の’12年式「UMI100」は、前回の交換から2年半経過で、新車から3回目の交換をさせて頂きました。
20200223_0220200223_03
こちらは2年半で3千4百キロ程度しか走ってなかったので、それほど「ブレーキ液」は汚れておりませんでした。
20200223_04
2台目の’08年式「LEAD110」は、前回の交換から丁度2年を経過したところで、新車から6回目の交換をさせて頂きました。
20200223_0520200223_06
まだ2年ですが、走行は1万キロ近く走ってたので、その分ブレーキの回数も多い事から、最初の「UMI100」より汚れている感じでした。
20200223_07
3台目の’12年式「SR400」は、当店には初めてのお客様で、今まで交換した記憶が無いらしいので、お勧めして交換させて頂きました。
20200223_0820200223_09
こちらは汚れ方がハンパなかったので、恐らくは新車から8年一度も交換してなかった感じでした。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

どのお客様も当店に「エンジンオイル」の交換などで来店された際に、当店で行うサービス(無料)点検を実施させて頂き、交換時期に達している消耗部品などの交換をお勧めしたものです。

サービス(無料)点検は、バイク整備で来店されたお客様には、忙しくない限り皆さんに実施しておりますので、「エンジンオイル」などの時期に達してるお客様は、お気軽に来店ください。

皆さん毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

ZZR1100キャブレター分解組立!

「ZZR1100」は、前回までにエンジンの組み立てまで終わりましたが、想定外の不具合が発覚し、一旦作業が中断となっておりました。
20200221_01
作業16日目。

4連「キャブレター」の#1~#2間の下側を連結している「ジョイント」からの燃料漏れで、昨日そこの原因となっている部品が入荷したので、さっそく交換作業に掛かりました。
20200221_0320200221_02
燃料漏れは「ジョイント」部「Oリング」の劣化が原因と思われましたが、プラスチックで出来ている「ジョイント」その物も怪しいので、念のため「ジョイント」ごと「Oリング」を換える事にしました。
20200221_0420200221_05
この部品も実際に燃料漏れを起している#1~#2間の下側だけでなく、#3~#4間も含め上下の「ジョイント」計4本を換える事にしました。

昔のパーツリストでは夫々の部品がバラで注文出来るようになってましたが、やはり最新は「ジョイント」と「Oリング」がセットでしか注文で出来ないようになってました。
20200221_0620200221_07
部品は「ジョイント」に加え、「キャブレター」~「エアクリナーボックス」間の「Oリング」4個に、「エアクリナーボックス」の「エアシール」1本と、「燃料ポンプ」から「キャブレター」へ向かう「燃料チューブ」も怪しかったので、一緒に発注して交換する事にしました。
20200221_0820200221_09
#1の「キャブレター」を取り外し問題の「ジョイント」を抜いてみたところ、そこに付いてる「Oリング」はゴムの柔らかい性質が完全に失われ、外した時点でパリパリ折れて出てきました。
20200221_1020200221_11
新品の「ジョイント」&「Oリング」を換えて「キャブレター」を組み立て、今一度「キャブレター」の油面をチェックして完了しました。
20200221_1220200221_13
20200221_1420200221_15
「シリンダーヘッド」に「キャブレター」を付け直し、改めてエンジンの火入れ式スタートです。

前回と同様にエンジンは軽くスターターボタンを押しただけで一発始動!

始動性は抜群に良く、殆どチョークも引かずにアイドリングも極めて安定しております。

エキパイ(排気管)温度も4本同時に上昇し正常に燃焼しているようでした。
20200221_1920200221_18
暖機の合間に、今一度オイルなどの液漏れやエンジンの異音、排気の状態をチェック。

もちろん白煙も止まりエンジンのレスポンスも良いので、ここで一旦エンジンを停止して、エンジン圧縮を再度測定しました。

エンジン圧縮も基準値内で問題無く、全気筒で僅かに上がっておりましたので、最後に「キャブレター」の4連同調をとって完了しました。
20200221_1620200221_17
今月は決算月で棚卸作業もあり、他に受けてる修理などもこなしながらだったので、大変時間が掛かりましたが、一先ず無事に今回のエンジン修理を終えました。

本日バイクを取に来た<セ〇ワくん>からは、今回もお菓子の差し入れ頂いちゃいました。
20200221_20
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (1)

2020年2月21日 (金)

GYROキャノピー 1万キロ整備&タイヤ交換!

「GYRO Canopy」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。
20200220_01
当店で’11年に販売した車両で、年に1回は必ずこの時期「エンジンオイル」交換をしに来るお客様です。

早いもので、あれから8年6ヶ月。この度の来店で走行距離は1万キロを超えておりました。

2年ほど前に「バッテリー」を交換したくらいで、特に主だった点検や整備は実施して来ておりませんでした。

なので今回は1万キロの節目に、距離や時間で定期交換が必要となる消耗部品や油脂類の交換をやる事になりました。

油脂類では「エンジンオイル」に加え今回は「ミッションオイル」の交換も行いました。
20200220_0220200220_03
それから「点火プラグ」と「エアフィルター」を換えて、最後に「タイヤ」前後輪3本も交換させて頂きました。
20200220_0620200220_07
20200220_0420200220_05
「エンジンオイル」以外は今回が新車から初めての交換となりますが、「タイヤ」に関しては、新車から実に8年6ヶ月振りの交換で、減りも然る事ながら劣化が酷く、広域にヒビ割れが発生しておりました。
20200220_0820200220_09
20200220_1020200220_11
毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、
タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

カゼ50 エンジン始動不能!

「X'pro風50」エンジン始動不能の訴えあり、修理を頼まれ車両を引き上げて来ました。
20200210_01
「点火プラグ」は正常にスパークしているようでしたが、燃料が行ってないのか?乾いた状態でした。

エンジン圧縮が「15.2Kgf/cm2」と基準より大幅に高い値を示してました。

もしや?と思い、「エンジンオイル」の量を調べたところ、UPレベルを超えて並々入っており、しかも明らかにガソリン臭が漂っておりました。

なので「エアークリーナーボックス」内も診てみようと、カバーを外すためスクリューを緩めたところ、隙間からガソリンがバシャっとこぼれて来ました。
20200210_0220200210_03
「キャブレター」のドレンを緩めたところ、「チャンバー」内の燃料は直ぐには落ちず、ワンテンポ遅れて少しづつ排出し始めました。
20200210_0620200210_04
出て来た燃料には大量のゴミと水が混入しておりました。

ガソリンを含んでビショビショに濡れた「エアーフィルター」を掃除して、一旦ここでエンジン始動を試みてみました。

スロットル開け気味で暫くクランキングさせて何とか始動しましたが、アイドリング回転数が3千回転と非常に高く、そのうち「キャブレター」からオーバーフローが始まりました。

「キャブレター」をOH(オーバーホール)する事にしました。

オーバーフローしていたので、「キャブレター」を分解する前に、油面をみてみたところ一先ず正常な位置にありました。

次に「キャブレター」を分解して「フロート」高さを測ってみましたが、これも正常なようなので、後は徹底的に細かく清掃して組み戻しました。
20200210_0520200210_07
念の為エンジンの「バルブクリアランス(弁隙間)」を測定してみたところ、吸気側でクリアランスが全くありませんでした。
20200210_0820200210_09
吸排気で基準値にクリアランス調整した後、ガソリンで希釈した「エンジンオイル」を交換して、再度エンジン始動を試みたところ、一発始動でアイドリングも標準の2千回転に落ち着いて安定しました。

エンジン圧縮も基準値内の「12Kgf/cm2」に下がり、エンジンは調子を取り戻しました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

ZZR1100 エンジン組立完了!

「ZZR1100」は、エンジンの組み立てまで終わったので、ここからエンジン回りの補器類を取り付けて行きます。
20200219_01
作業15日目。

先ずは「シリンダーヘッド」に「キャブレター」を付けて行きますが、その前に「キャブレター」に付く「キャブヒーター」を付けておきます。
20200219_0220200219_03
「シリンダーヘッド」に付けた「クーリングパイプ」から「キャブレター」へ冷却液が導かれておりますが、そこの間に入っている「ウォーターフィルター」と「フィルタータンク」を今回は念のため新品に交換しました。
20200219_0420200219_05
「シリンダーヘッド」に「キャブレターホルダー」を付けて、「キャブレター」の取り付けまで完了です。
20200219_0620200219_07
「シリンダーヘッド」に仮付けしておいた「点火プラグ」を本締めし、「プラグキャップ」などの点火系パーツ類の取り付けを行いました。

ここで「キャブレター」に「エアークリーナーボックス」を取り付け吸気系は一先ず完了です。
20200219_0820200219_09
次に「エキゾーストパイプ」を「シリンダーヘッド」に付けて、「サイレンサー」を付けて排気系も完了しました。
20200219_1020200219_11
マフラーが付いたので「オイルクーラー」と「ラジエター」を付けて、補器類の取り付けも全て完了しました。
20200219_1220200219_13
この後「エンジンオイル」と「冷却液」を注入し、いよいよエンジン始動です。

この段階でオイルや冷却液の漏れなど無いかを確認して、OKのようなのでエンジンをスタートさせました。

エンジンは一発始動でアイドリングも安定!

エンジンに火が入ったところで暖機の間に、今一度オイルなどの液漏れが無いかを観察しました。

するとエンジンでは無く、想定外の「キャブレター」から燃料が少し滲んでいる事が分かりました。

Oリングなどのパーツ交換が必要のようなので、その部品が入荷するまで作業は一旦お休みとなりました。

つづく

| | コメント (1)

2020年2月18日 (火)

ZZR1100 シリンダーヘッド組立!

「ZZR1100」は、「シリンダー」までの組み込みが終わったので、ここから「シリンダーヘッド」を組み立てて行きます。
20200212_01
作業14日目。

「シリンダー」に新品の「ガスケット」や「Oリング」などを取り付け、いよいよ「シリンダーヘッド」を組み付けて行きます。

「カムスプロケット」に「カムチェーン」を通してから改めて「カムシャフト」をセットし、バルブタイミングを見ながら、「カムホルダー」で「カムシャフト」を組み付けて行きました。
20200212_0220200212_03
「カムチェーンテンショナー」を組み付けた後、今一度バルブクリアランスをチェックしました。
20200212_0420200212_05
クリアランスに問題が無いので、「シリンダーヘッド」に付いてる「クーリングパイプ」も「シリンダー」側同様に「Oリング」を新品換えて付け直し、「クランクケース」から伸びてる「オイルホース」を「シリンダーヘッド」に取り付けました。
20200212_0620200212_07
夫々の「クーリングパイプ」に「クーリングホース」を取り付け、一先ず「シリンダーヘッド」の組み立てまで終了しました。
20200212_0820200212_09
最後に「シリンダーヘッド」に「シリンダーヘッドカバー」を付けて、「クランクケース」に「パルシングコイルカバー」を付けて、エンジンの組み立てまでは終了しました。
20200212_1020200212_11
つづく

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

2020 AMA Supercross Rd.07!

AMAスーパークロス第7戦タンバ(Raymond James Stadium)では、
250SXクラスのイーストシリーズが開幕しました。
20200217_01
https://www.honda.co.jp/AMA/race2020/sx-rd07/

ホンダではSXデビュー戦で注目の「GEICO Honda」<#84 下田 丈>が、
ヒート2の5位からメインレースに進出し、10位でチェッカーを受けました。




| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

’20MCFAJモトクロス開幕戦!

今日は「MCFAJクラブマンモトクロス」 の開幕戦(オフロードヴィレッジ)でした。

http://www.mcfaj.org/mx.html


当チームもライダー3名となったので、今年から「MCFAJ」の正式な登録クラブとなりました。
20200216_01
去年の最終戦(第10戦)に続いて、開幕戦(第1戦)も雨天(泥)でした。

そんな事からライダー<#8 yuuくん>の「CRF150R-Ⅱ」に関しては、2週間前に新品のミディアム(MX53)「タイヤ」に交換したばかりでしたが、急遽昨晩のうちに事前に用意していた新品ソフト(MX33)「タイヤ」に交換してレースに挑みました。

外した1度しか履いてないミディアム(MX53)「タイヤ」は、<#51 Shunくん>の「KX85-Ⅱ」に履いてもらいレースに挑んでもらいました。

「MX53」もミディアム「タイヤ」ではありますが、ソフト路側への適応性を拡大しワイドレンジ化を実現した「DUNLOP」のニューモデルなので、コースコンデションによっては、「MX33」以上に期待の出来る「タイヤ」でした。

なんとか練習走行までは持った天気も、第一レースの始まる頃には本降りとなっておりました。
20200216_0220200216_03
やはり今回も雨降りのマッドなレースとなりましたが、去年の最終戦がデビュー戦で、この開幕戦がレース2回目となる<#51 Shunくん>が、今回も良い走りを見せてくれて、なんと午前と午後の両ヒートで優勝してくれました。
20200216_06

兄ちゃん達も入賞こそ逃しましたが、上位に食い込む良い走りを見せてくれました。
20200216_0520200216_04
開幕戦も大変タフなレースとなりましたが、その分、今回も得られた収穫が多かったので、次戦までにフィードバックできればと思います。

バイクって本当に楽しいですネ!

オフロード車!特価販売中!
HONDA CRF250L                        CRF250L RALLY
20131223_5 20170213_01_2
ファンホイールズでオフロード始めてみませんか!?
小さなお子様(3歳くらい~)~女性、初心者大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。


ヘルメット、ブーツ、プロテクター類も販売いたします。
お気軽にお問合せください。

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5



★15周年記念セール開催!

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

CRF150Rキャブセッティング!

前回のテストから開幕戦までの2週間で、レース前に出来る最後の整備をしてました。
20200215_01
「KX85-Ⅱ」の方は年末年始と時間を掛けて手を入れて来てますので、今回は通常の整備に加え「ミッションオイル」の交換をしたくらいでした。

「CRF150R-Ⅱ」の方は、そろそろ「キャブレター」のセッティングをちゃんと出来るように準備して行く事にしました。

先ずは「ジェット」類を揃える事からでしたが、「ジェットニードル」と「リークジェット」以外は、「メインジェット」も「スロージェット」もセッティング出来るだけの数の番手が全て在庫でありました。
20200215_0220200215_03
今回は「パイロットスクリュー」を他のマシンで使っていた、「Works Connection」製のフューエルミクスチャースクリューへ交換し、外部から指で調整できるようにしました。
20200215_0520200215_04
20200215_0620200215_07
それと加速ポンプのダイヤフラムカバーを、「BOYESEN」製の「QUICKSHOT2」へ交換してみました。
20200215_0820200215_09
20200215_1020200215_11
やはり気温10~15度前後でも薄いようで、始動性悪く相当暖まらないとアイドリング不安定で、パンパンとアフターファイヤーもしてる状態でした。

本来なら現場でテスト走行しながらやりたかったのですが、一か八か直感でセッティングを試みる事にしました。

スローは「P/S」でも調整仕切れない感じだったので、結果「S/J」を換えて濃くしました。
20200215_1220200215_13
スロットルのつきに少し不満がありましたが時間もないので、ここも一先ず「M/J」を換えて濃い方向でセッティングしました。
20200215_1720200215_18
こんな風な仕様変更はテストも出来ないので、本番前には避けたかったのですが、「QUICKSHOT2」に関しては付けただけで始動性が抜群に良くなったので、凶と出るか吉と出るか?一か八かです。

この「CRF150R-Ⅱ」は、まだ新車から間もなく大きな整備は必要ないので、こちらも「キャブレター」以外は通常の整備に「エンジンオイル」と「ミッションオイル」を交換したくらいで終了しました。

「CRF150R-Ⅱ」ライダー<#8yuuくん>のリクエストで、念のため雨天コンデションも考慮してソフトタイヤも用意しておきました。
20200215_1420200215_15
3台目の「CRF250R」の方は、リンク周りの動きが悪かったので、リンクごと予備の新品へ交換しました。

それ以外は、こちらも通常の整備に「エンジンオイル」と「ミッションオイル」を交換したくらいで終了しました。

「KX85-Ⅱ」と「CRF150R-Ⅱ」は今年からゼッケンナンバーが変ったので、改めて今回「ゼッケン」の張り直しをしました。

「CRF150R-Ⅱ」の方は「バックグラウンド」も剥がれていたので、「ゼッケン」と共に制作&貼り付けを行いました。
20200215_1620200215_19
休日にライダーの三人が代わる代わる店に来て作業を行い、なんとか準備が整いました。

それでは明日、予定通りにレースへ行って来ます。

会場は埼玉県川越の「オフロードヴィレッジ」です。

今回も既に何人かの有志が応援に駆けつけてくれる予定ですが、他にも都合のつく方いましたらツーリングがてら遊びに来てください。

2月16日(日)臨時休業のお知らせ
 
当店イベント(クラブマンモトクロス参戦)の為、2/16の日曜日は、営業をお休みさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

PCX125/150限定カラー発売!

「PCX」と「PCX150」に、マットカラーを採用した「マットイオンブルーメタリック」と、
「マットギャラクシーブラックメタリック」を受注期間限定で、2月28日(金)に発売します。
20200218_01
20200218_02
「PCX」、「PCX150」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2020/2200214-pcx.html

「PCX」、「PCX150」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/PCX/

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5



★15周年記念セール開催!

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

ミシュランPOWERシリーズ新発売!

新ラインナップ「MICHELIN POWER EXPERIENCE」シリーズが、2月20日発売予定。
20200214_01
https://media.michelin.co.jp/ja/2019/12/02/pr191202/

POWER 5(ミシュラン パワー ファイブ)
POWER GP(ミシュラン パワー ジーピー)
POWER CUP2(ミシュラン パワー カップ ツー)
POWER SLICK2(ミシュラン パワー スリック ツー)

「POWER 5」は、ストリートで優れたドライ性能を発揮するとともに、
シリカコンパウンドと新設計のトレッドパターンがウェット路面でも高いグリップ性能を確保。
20200214_0320200214_05
「POWER CUP2」は、レースからサーキット走行までよりアグレッシブなライディングを楽しむために、
新しいトレッドパターンを採用した公道走行可能モデル。
20200214_0220200214_04
発売日までの先行注文は、通常値引の更に5%OFFです。

ご注文お待ち申し上げます。

2月16日(日)臨時休業のお知らせ
 
当店イベント(クラブマンモトクロス参戦)の為、
2/16の日曜日は、営業をお休みさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、ご協力お願い申し上げます。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

ZZR1100 ピストン&シリンダー組立!

「ZZR1100」は、「シリンダーヘッド」回りまでパーツの組み込みが終わったので、ここから「クランクケース」にエンジンを組み立てて行きます。
20200213_01
作業13日目。

「ピストン」に「ピストンリング」をセットして、「コンロッド」に「ピストン」を組み込んで行きます。
20200213_0220200213_04
「ピストンピン」は再使用ですが、「スナップリング」は新品に換えて、「コンロッド」に組み付けて行きました。
20200213_0320200213_05
「ピストン」の組み付けが終わったところで、「クランクケース」に新品の「ガスケット」や「Oリング」などを取り付け、いよいよ「ピストン」に「シリンダー」を入れて行きます。
20200213_0620200213_07
「シリンダー」に付いてる「クーリングパイプ」は、こう言う機会なので一旦外して接合部を磨き、新品「Oリング」に換えて付け直しておきました。
20200213_0820200213_09
20200213_1020200213_11
久し振りの4気筒エンジンだったので、少し感が鈍っておりましたが、たまたまエンジン屋の<#14 Ryoくん>が遊びに来てたので、手伝ってもらって難なく無事に組み込み完了いたしました。
20200213_1220200213_13
日中は他の仕事で忙しく集中できないので、この作業はお客の引けた夕方頃からやってますが、この日はガンバって店を閉めたのが23時頃になっておりました。

つづく

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

ZZR1100 バルブクリアランス測定!

「ZZR1100」は、各パーツの点検と測定作業が終わったので、ここから作業の折り返しで、いよいよ組み立て作業に入ります。
20200211_01
作業12日目。

先ずは、「バルブ」の摺り合わせ作業も終わり、発注しておいたパーツ27種類83点が全て入荷したので、「シリンダーヘッド」回りの組み立てから始めました。
20200211_0220200211_03
「シリンダーヘッド」の「バルブガイド」に「ステムシール」を装着してから、「バルブ」、「バルブスプリング」、「リテーナー」の順に組み立て、最後に「コッター」入れて固定しました。
20200211_0420200211_05
20200211_0620200211_07
20200211_0820200211_09
20200211_1020200211_11
次に「ロッカーアーム」を組ながら、「シリンダーヘッド」に「ロッカーシャフト」を通しました。
20200211_1220200211_13
この段階で「バルブ」に「シム」を乗せて、「シリンダーヘッド」単体の状態で「カムシャフト」を組み付け、「バルブクリアランス」の測定を行いました。
20200211_1420200211_15
「バルブ」と「バルブシート」に噛んでたカーボンを落とし、摺り合わせもしているので、何ヶ所かはクリアランスの狭い所が出てくると思いましたが、測定の結果は全て基準値内に入っておりました。

つづく

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

ZZR1100 エンジン点検測定!

「ZZR1100」は、一番時間のかかるエンジンの掃除まで終わったので、ここから徹底的に各パーツの点検と測定作業に入りました。
20200209_01
作業10日目。

磨耗の点検です。

「シリンダー」内径をボアゲージで測定をしました。

「シリンダー」の上下指定された部分を前後左右で4ヵ所4気筒分測りましたが、全て基準値内に入っておりました。

「ピストン」外径もマイクロメーターで測定しました。
20200209_02
こちらも指定された位置を4気筒分測りましたが、全て基準値内に入っておりました。

この結果「ピストン」~「シリンダー」クリアランスもOKとなりました。

「ピストン」のリング溝も4気筒分シックネスゲージで測定しましたが、こちらも全て基準値内に入っておりました。
20200209_03
「ピストンリング」は交換しますが、念の為に合い口すき間だけ測ってみました。
20200209_04
シックネスゲージで4気筒分を測定してみましたが、どれもギリギリ基準値内で使用限度に近い値でした。

「シリンダーヘッド」の歪もシックネスゲージで測定しましたが、基準値内に入っておりました。
20200209_06
「バルブ」と「バルブガイド」のクリアランスは、ダイヤルゲージで振れを測定してガタを調べましたが、問題ありませんでした。

「バルブ」と「バルブシート」の当たり面を点検しましたが、こちらも全16本基準値内に治まっておりました。
20200209_05
作業11日目

測定の結果は他に問題が無さそうなので、ここからいよいよ「バルブ」の摺り合わせ作業に入りました。

「バルブ」を「タコ棒」使って「バルブシート」に摺り合わせしました。
20200209_0720200209_08
専用の「バルブコンパウンド」で粗目~細目と摺り合わせて行き、時々光明丹を塗って当たりを確認しながら、少しづつ番手落しながら他の幾つかのコンパウンドを使い分けピカピカにして行きます。
20200209_0920200209_10
最後に燃焼室に灯油を張ってリークテストして完璧なようなので、完成としました。

つづく

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

シグナスX ブレーキ整備!

「エンジンオイル」の交換で来店されたお客様から、フロント「ブレーキ」からの異音も診て欲しいと頼まれました。

当店では始めて見る車両かと思いましたが、2年以上前に一度「タイヤ」や「ドライブベルト」を交換した事のある車両でした。
20200208_01
「ブレーキ」は、詳しく診るまでもなく「ディスク」と「パッド」がダメでした。

あれからノーメンテで1万キロ以上走っていたようで、摩擦材の無くなった「パッド」で長く走り続けた結果、「ディスク」の方も激しく痛めておりました。

これが異音の原因なので、本来は「ディスク」と「パッド」の両方を換えないどダメなのですが、4万キロ近く走る’11年式の古い車両なので、今後バイクを乗り換える事も考慮して、今回は「パッド」交換だけ行う最低限の作業に留める事になりました。
20200208_0220200208_03
これだけノーメンテで乗りっ放しだった車両なので、このバイク特有の「パッドピン」の固着や、「ピストン」回りの作動不良が心配でしたが、慎重に清掃と給油をしながら作業を行った結果、無事に「パッド」の取り外しまで終える事が出来ました。

最後に「パッド」を「キャリパー」にセットする段階で、ブレーキラインの圧を抜くため「マスター」のキャップを外したところ、「ブレーキ液」が超真っ黒でした。

これを見て、お客様的にも流石に即交換してくれと頼まれましたので、追加で「ブレーキ液」の交換も行いました。
20200208_0420200208_05
お客様曰く、新車から9年一度も交換した事がないようでした。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

TACTベーシック 即納!

「TACT」即納でした。
20190706_01_20200208142901
今回ご注文のお客様とは丁度1年くらいのお付き合いになりますが、この度は今までお乗りの「TODAY」から、この「TACT」に乗り換えを頂いきました。

在庫があったので、注文の3日後には準備が整い、今日の夕方にはバイク「TACT」を取りに来て頂きました。

納車の説明も終わりエンジンを始動してみたところ、Hondaの先進技術「ACGスターター」の始動性の良さと、低燃費「eSP」エンジンの静かさに驚いておりました。

従来の「キュルキュルキュル・・」とモーターの音はせず、「パサパサ」みたいな極めて静かな感じで、瞬時にエンジンの掛かる様に度肝を抜かれてました。
20190412_02_20200208143401
この度は数あるバイク店の中から、当店の様な小さなバイク店を信頼して選んで頂き、誠に有り難う御座いました。

今後はご期待に添うべく、愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

TACT」絶賛発売中!

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5



★15周年記念セール開催! 

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

ZZR1100 エンジン分解清掃!

「ZZR1100」のエンジンは、ガスケット類まで剥がせたので、ここからが作業の中で最も時間のかかる掃除の工程に入ります。

作業7日目。

エンジン燃焼室回りに付着した炭状のカーボンや、ピストン周りに焼付いたカーボンスラッジを除去して行きます。
20200206_30 20200206_31
「シリンダー」内壁の燃焼室付近にこびり付いたカーボンを落しながら、サンドペーパーなどを使い内面のキズも出来る限り修正しました。
20200206_0120200206_02
20200206_0320200206_05
20200206_0420200206_06

「ピストン」ヘッドにこびり付いたカーボンやリング溝回りのカーボンスラッジを除去しました。
20200128_09_2020020614520120200206_07
20200206_1020200206_08
20200206_1120200206_09
「シリンダーヘッド」は燃焼室内や吸排気ポート内に堆積したカーボンを除去しました。
20200131_0620200131_07
20200131_0820200131_09
20200131_1020200131_11
20200206_1320200206_12
「シリンダーヘッド」は、吸排気16本分の「バルブガイド」内も掃除し、同じく合計16本の「バルブ」のカーボンを除去しました。
大きなカーボンは数種類の「スクレーパー」で落し、細部はワイヤーブラシで落としました。
20200206_33 20200206_32
20200206_1420200206_22


20200206_1520200206_23


20200206_1820200206_24


20200206_1920200206_25

吸排気ポートなどの複雑な部分はドリルなどの「回転工具」を利用して掃除し、アルミの鋳肌に浸み込んだ汚れは、洗浄剤を使用して落としました。
20200206_1620200206_26
20200206_1720200206_27
20200206_2020200206_28
20200206_2120200206_29
他の仕事もしながらでしたが、この掃除の行程だけで3日間を費やし、一先ずエンジンの大掃除を終えました。

つづく

 

| | コメント (1)

2020年2月 5日 (水)

ディオ ドライブベルト切れ!

「ドライブベルト」が切れたようなので修理をして欲しいと連絡がありました。

当店で’16年に販売した’04年式の「DIO」です。
20200205_01
納車から去年の5月には既に走行は2万キロを超えていたので、その後も来店の度に「ドライブベルト」を交換をするよう促しておりました。

なので走行中急に駆動不能となった瞬間に、お客様も「ドライブベルト」が切れたと直ぐに分かったようです。

即日バイクをお客様宅から引き上げてきました。

このバイクは走行8千キロくらい走る中古車として乗り出して頂きましたが、あれから3年2ヶ月が経ち走行距離は3万7千キロを超えておりました。

納車から2万9千キロも走っているので、「ドライブベルト」は切れるべくして切れたようですが、もう少し状態を詳しく調べたところ、ドリブン側「クラッチシュー」の摩擦材も殆どなくなっておりました。
20200205_0220200205_03
作業としては「ドライブベルト」と「クラッチシュー」に追加して、磨耗の進行している「ウエイトローラー」と「スライドピース」に、念のため「クラッチスプリング」も交換して全ての作業を終えました。
20200205_0420200205_05
毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

スーパーCUB50チェーン交換!

「SUPER CUB 50」の「ドライブチェーン」交換を頼まれました。
20200204_01
モデルチェンジして国産となった、’18年式のAA09「SUPER CUB50」です。

新車で納車してから2年2ヶ月ほどで、走行距離も2万4千キロ近く乗って頂きました。
20200204_0220200204_03
「ドライブチェーン」も限界となり、交換を依頼されたようですが、「点火プラグ」と「エアフィルター」も未だ交換してなかったので、この機会にお勧めして同時に交換させて頂きました。
20200204_0420200204_05
毎度有り難う御座いました。

チェーン・コンデションが悪いと加速不良、馬力損失、燃費低下を招くだけでなく、振動やギヤ・チェンジがし難くなったりもしますので、定期的に給油・調整を行い、使用限度を超えたものは早めの交換をお勧めいたします。

チェーンの、お手入れしてますか?

大切なバイク、自分で出来る一番簡単なメンテナンスは、タイヤの空気圧チェックとチェーンの清掃と給油です。!

それだけでも乗り心地が変り、バイクが軽く感じます。

タイヤ、チェーンの寿命も向上するのでお得です。!

~チェーンのメンテナンスに~ 当店お勧め商品!
20200204_06
WAKO‘S チェーンクリーナー ¥1,620
WAKO‘S チェーンルーブ ¥1,728

店頭在庫中!ご注文お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

アドレスV100 タイヤ交換

「ADDRESS V100」の「タイヤ」と「ブレーキパッド」交換を頼まれました。
20200202_01
約2ヶ月前にも壊れてた「メーター」を交換したバイクです。

その頃ネットオークションで買い付けた車両のようでしたが、「タイヤ」と「ブレーキパッド」も最初からダメだったようです。

前後の「タイヤ」は、溝も然る事ながら酷くヒビ割れしてる状態でした。
20200202_0220200202_03
20200202_0420200202_05
古い’03年式の「ADDRESS V100」(AG100SK3)でしたので、気になり「タイヤ」製造年月日を調べてみたら、フロント側にはバイクの年式と同じ17年前のものが付いてました。
20200202_0620200202_07
リヤ側にも7年前の「タイヤ」が付いており、フロント同様にトレッド面もサイドウォールもヒビ割れだらけでした。

「ブレーキパッド」の方も、摩擦材は殆ど無くなりかけておりました。
20200202_0820200202_09
「タイヤ」も「ブレーキパッド」も在庫があったので、そのままバイクを預かり夕方には完了してバイクを取に来てもらいたしました。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、
タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

2020第2回オフロード走行会

開幕戦も2週間前となりましたので、レース前最後のテストに行って来ました。
20200201_01
今日も16号線の上江橋の上からは富士山がクッキリ見えました。

現地は、天気の良い土曜日だったので走行台数も多く、コースは午前中からクラス分けしておりました。
20200201_0220200201_03
気温は10度~13度くらいでしたが、暖冬とは言え「エンジン」的には低いので、やはり「KX85-Ⅱ」と「CRF150R-Ⅱ」の2台に関しては、「キャブレター」セッティングから作業を始めました。

「サスペンション」セッティングの方も順調に終わり、なかなか決まらなかった「CRF250R」の方もベストな状態に近づけたようです。
20200201_0420200201_05
今日は午前11時頃から走り出し、終わりの16時まで走り切りました。
20200201_06
今回も転倒やマシントラブルなく無事に走行会を終えました。


オフロード車!特価販売中!
HONDA CRF250L                        CRF250L RALLY
20131223_5 20170213_01_2
ファンホイールズでオフロード始めてみませんか!?
小さなお子様(3歳くらい~)~女性、初心者大歓迎です。
装備の揃え方からライディングテクニックまで、伝授いたします。


ヘルメット、ブーツ、プロテクター類も販売いたします。
お気軽にお問合せください。

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。


Emblem_15st_blk_5



★15周年記念セール開催!

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »