« ZZR1100 オイル下がり | トップページ | CRF150R タイヤ交換! »

2020年1月28日 (火)

ZZR1100 エンジン分解整備!

「オイル下がり」して白煙吐いてる「ZZR1100」の続きで、いよいよエンジン分解作業にかかりました。

作業4日目。

#3の右側吸気「バルブ」を中心に、「オイル下がり」をしている事が分かったので、この段階からバルブステムの「オイルシール」の交換を前提で、エンジンの分解作業にかかりました。

先ずは「シリンダーヘッド」から「カムシャフト」や「ロッカーアーム」などを外して、ヘッド回りを隈なく点検しました。
20200128_01 20200128_02
このエンジンには珍しくカム山などの虫食いなども無く問題無さそうなので、次に「シリンダー」から「シリンダーヘッド」を外しました。
20200128_03 20200128_06
ここで「シリンダー」からピストンヘッドが現れたので見たところ、やはり#3のピストンヘッドが他に比べカーボン堆積多く、そのカーボンも少し濡れている感じでした。

「クランクケース」から「シリンダー」を外したところで、「ピストン」の全容が現れました。
20200128_0520200128_04  
「シリンダー」や「ピストン」の側圧方向には、若干の縦傷が入っておりましたが、ここは許容範囲内と判断して、「シリンダー」のボーリングや「ピストン」交換まではしない方向としました。
20200128_07 20200128_08
作業5日目。

「コンロッド」から4個の「ピストン」を外し、「シリンダーヘッド」から吸排気16本の「バルブ」を外しました。
20200128_09 20200128_10
目視の点検では「ピストン」にも「バルブ」にも異常はなさそうでしたので、この段階で部品の発注を行いました。
20200128_11 20200128_12  
主な部品交換としては「ステムシール」と「ピストンリング」の交換に留め、後はガスケットやOリング類などの分解組立に最低限必要な部品のみを発注しました。

つづく

|

« ZZR1100 オイル下がり | トップページ | CRF150R タイヤ交換! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(外車・逆輸入車)」カテゴリの記事

コメント

作業お疲れ様です。引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: 持ち主 | 2020年1月31日 (金) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZZR1100 オイル下がり | トップページ | CRF150R タイヤ交換! »