« KX85整備ブレーキ交換 | トップページ | ZZR1100 白煙! »

2020年1月24日 (金)

KX85リンク回り整備サスOH

兄ちゃんお下がりの「KX85-Ⅱ」は、<#911 Shunくん>的にはサスが前後共に固いらしく、正規のサグ出しでは特にシッティングジャンプの際にリヤが沈まないようでした。
20200124_01
一先ずシーズン終わるまではイニシャルを抜いて走ってもらってましたが、ここで一度サス関係を一から見直しする事にしました。

そこで「リヤサス」を8ヶ月振りにOHする事にして、兄ちゃんとは体重差が10キロくらいあるので、この際に1段ほど柔らかい「スプリング」に換えて診る事にしました。
20200124_0220200124_03
兄ちゃんの時は社外の固い「スプリング」にしていたので、実際はスタンダードより1段ほど固いバネになります。
20200124_0420200124_05
ダンパーは、内部洗浄と部品では「オイルシール」と「バンプラバー」を交換したくらいで、あとは普通に「オイル」交換と「窒素ガス」の封入で無事に作業を終えました。

「リヤサス」をOHするため車体から外した際に、それを動かしてる「リンク」が動いてない事が分かりました。
20200124_0620200124_07
恐る恐る「ベアリング」の「スリーブ」を抜いて診ると、泥水に浸かり赤くサビた「ベアリング」が現れました。
20200124_0820200124_09
「スイングアーム」と「リヤサス」の「ベアリング」も同様で、サビで動かなくなり「スリーブ」も段付状に腐食してました。
20200124_1020200124_11
「ベアリング」の全交換をする事にしましたが、費用を抑えるために10個使われている「ニードルベアリング」のうち、「リヤサス」の1個は生きてるようなので再使用としました。
20200124_1220200124_13
「スリーブ」も7本中1本だけは磨いて再使用とし、「オイルシール」も14枚中2枚は再使用としました。
20200124_1420200124_15
20200124_1620200124_17
ヒートガンで周囲を温めながら、ベアリングドライバーを使って、「ニードルベアリング」の打ち換えを行いました。
20200124_1820200124_19
グリスは何時も使ってる「BEL-RAY」の耐水グリスが残り少なかったので、新品を調達して新品の「ニードルベアリング」にたっぷり塗って組み上げました。

ここまでやったのでステム側も点検しておくことにしました。
20200124_2020200124_23
ステムの作動に問題は無いのですが、やはり泥水に浸かり赤くなってしまい、「ステムベアリング」のレース側が段付状に腐食していたので、こちらも新品に打ち換える事にしました。
20200124_2420200124_25
20200124_2620200124_27
20200124_2120200124_28
20200124_2220200124_29

ステムを外した序に「フロントフォーク」側もリヤ側同様「スプリング」を1段ほど柔らかいものへ換えて、「フォークオイル」も1年振りに新品に交換しました。
20200124_3020200124_31
「フォークオイル」も何時もの「SPECTRO」で、ブレンドして今までと同じ固さで交換しました。

サスの動きは見違えるほど良くなり、車高も幾分上がったようでした。

|

« KX85整備ブレーキ交換 | トップページ | ZZR1100 白煙! »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(ステアリング系)」カテゴリの記事

イベント(ツーリング・走行会)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KX85整備ブレーキ交換 | トップページ | ZZR1100 白煙! »