« カゼ50 ドライブベルト交換! | トップページ | 令和元年 仕事納め! »

2019年12月28日 (土)

CB1100RS FI警告灯

昨日の夕方<テッちゃん>からTELがあり、「CB1100RS」の方の「PGM-FI警告灯」が点灯していると連絡がありました。

’17モデルの「CB1100NADH」です。
20191223_01
暖機運転を10分弱した後に走り出し、低速で2~3分走ったところで気が付いたらしいです。
20191223_02
明日来店するので診て欲しいと頼まれたので、事前にサービス情報を調べておく事にしました。

調査の結果、故障診断システムの故障判定値が大きいため、高温状態でアイドル放置や低速走行を繰返すような使用を続ける等で、燃調がリッチ故障判定値に到達すると、PGM-FIランプが点灯するらしい事が分かりました。

本日の昼過ぎに予定通り<テッちゃん>が「CB1100RS」で来店されました。
20191223_0320191223_04
さっそく左サイドカバー内にある「サービスチェックカプラ」から「ダミーカプラ」を外して、専用工具の「SCSショートカプラ」でショートさせ、自己診断機能による故障データの読み出しを行いました。

やはりDTCが上記の「105-2」に該当していたため、ECU(エンジンコントロールユニット)のアップデートを行う事にしました。

昨晩のうちにアップデート用プログラムを取得しておいたので、「MCI」(二輪車専用診断機)をパソコンとバイク(CB1100RS)の「サービスチェックカプラ」に接続して、作業を開始しました。

https://www.honda.co.jp/hmse/mcs/

専用ソフトの「MCS」を起動させECUのアップデートを行いました。
20191223_0520191223_14
20191223_0620191223_07
20191223_0820191223_09
20191223_1020191223_11
最後にレポートを印刷して終わりました。
20191223_12
今年も一年ありがとう御座いました。

また来店も宜しくお願いします。

|

« カゼ50 ドライブベルト交換! | トップページ | 令和元年 仕事納め! »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カゼ50 ドライブベルト交換! | トップページ | 令和元年 仕事納め! »