« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

令和元年 仕事納め!

今日まで仕事してました。

今年も一年 ありがとうございました。

来年も よろしくお願いします。
20191229_01
2019年1月5日 埼玉 オフロードヴィレッジ にて撮影




| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

CB1100RS FI警告灯

昨日の夕方<テッちゃん>からTELがあり、「CB1100RS」の方の「PGM-FI警告灯」が点灯していると連絡がありました。

’17モデルの「CB1100NADH」です。
20191223_01
暖機運転を10分弱した後に走り出し、低速で2~3分走ったところで気が付いたらしいです。
20191223_02
明日来店するので診て欲しいと頼まれたので、事前にサービス情報を調べておく事にしました。

調査の結果、故障診断システムの故障判定値が大きいため、高温状態でアイドル放置や低速走行を繰返すような使用を続ける等で、燃調がリッチ故障判定値に到達すると、PGM-FIランプが点灯するらしい事が分かりました。

本日の昼過ぎに予定通り<テッちゃん>が「CB1100RS」で来店されました。
20191223_0320191223_04
さっそく左サイドカバー内にある「サービスチェックカプラ」から「ダミーカプラ」を外して、専用工具の「SCSショートカプラ」でショートさせ、自己診断機能による故障データの読み出しを行いました。

やはりDTCが上記の「105-2」に該当していたため、ECU(エンジンコントロールユニット)のアップデートを行う事にしました。

昨晩のうちにアップデート用プログラムを取得しておいたので、「MCI」(二輪車専用診断機)をパソコンとバイク(CB1100RS)の「サービスチェックカプラ」に接続して、作業を開始しました。

https://www.honda.co.jp/hmse/mcs/

専用ソフトの「MCS」を起動させECUのアップデートを行いました。
20191223_0520191223_14
20191223_0620191223_07
20191223_0820191223_09
20191223_1020191223_11
最後にレポートを印刷して終わりました。
20191223_12
今年も一年ありがとう御座いました。

また来店も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

カゼ50 ドライブベルト交換!

「X'pro風50」の「ドライブベルト」交換を頼まれました。

当店で’13年に販売したバイクですが、なんと今回は3年3ヶ月振りの来店でした。

それまでは年に3~4回は来店を頂いておりましたが、いつの間にか引っ越していたようで、今は東京の大田区から横浜の西区の方にお住まいの様でした。
20191227_01
辛うじて点検のハガキが転居先に転送されていたようで、この度は原チャリで片道20キロの道程をわざわざ来て頂きました。

この間に3万2千キロ近く走ってしまった車両は、ハガキでもご案内していた通り「ドライブベルト」の交換時期が過ぎており、心配になり交換に来てくれたようです。

今回は、「ドライブベルト」以外に「ウイエイトローラー」や「スライドピース」も磨耗が進行していたので、こちらも同時に交換させて頂きました。
20191227_0220191227_03
この度は遠路ご足労を頂き誠に有り難う御座いました。

また宜しくお願いします。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

スーパーCUB50 チェーン脱落!

当店で’15年に販売した「SUPER CUB 50 PRO」です。
20191226_01
走行不能の訴えで来店でしたが、ドライブチェーンが外れて駆動不能となっておりました。

今回の来店は約1年振りで、その間に7千キロ近く走っておりました。

チェーンの調整は元より長く定期点検なども受けてなかったので、原因は単にチェーンの調整不良でした。

チェーンが外れた弾みでクランクケースに強い衝撃が加わり、左カバー取付ボルトの固定部(2ヵ所中上側1ヵ所)が破損しておりました。
20191226_0220191226_03
これはエンジンを交換しないと完治できない修理となりますが、一先ず下側1本のボルトで固定できているようなので、このままにする事にしました。
20191226_04
このバイクも法人様に納めた車両なので、長く専属で乗ってる社員さんがいないため、今回のように時々管理が滞る時があり整備不良を起こします。

それから1年前に既に寿命が尽きて交換を勧めていた「バッテリー」も、この機会に交換をさせて頂きました。
20191226_05
「エンジンオイル」も7千キロ交換してなく量も減っていたので、ちらも交換させて頂きました。

最後に球切れしていた「ヘッドライト球」も交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

CRF150/250R整備スプロケ交換!

先月の最終戦で今シーズンも終了しましたが、もう既に来シーズンに向け動き出しています。

来年の開幕戦まで2ヶ月なので、マシンの整備と改善改良を加えて行きます。

最終戦は超マッドなレースだったので、現地での洗車だけでは落し切れてない汚れを、細かく落して行く事から始めました。

新車で初レースとなった「CRF150R-Ⅱ」の方は、レース中の軽い転倒でも可倒式ステップが、倒れたまま戻らないと云う現象が起きました。
20191225_01
これは恐らくメーカーでも判っている事だと思いますが、ステップのスットッパー付近の設計が悪いようなので、ちょうど現時点で使ってない「CRF250X」のステップを流用して改良を試みてみました。
20191225_0220191225_03
それから長く2スト「KX85-Ⅱ」に馴れてるライダーの<#124 yuuくん>からは、この「CRF150R-Ⅱ」にもう少し高回転の伸びが欲しいと意見が有ったので、試しに今回はドリブン側のスプロケット丁数を変更して、改善するか試してみる事にしました。
20191225_0420191225_05
中古車で購入して2回目のレースを終えた'14年式「CRF250R」の方は、手に入れた時から気になっていた、ドライブ側スプロケット付近からの異音の原因が分かりました。
20191225_0620191225_11
ドライブチェーンがスプロケットに噛み合う時に発生しているコロコロ音なのですが、チェーンを徹底的にクリーナーで洗浄して、フリクションの少ないオイルで潤滑しても鳴り止みませんでした。

リンクやローラーの一つずつが全てスムーズに動いている事を確認して、調整も完璧に出来ている筈なのですが原因が分かりませんでした。

試行錯誤を繰り返してるうちに、下側のガイドローラーを外してみたら音が出なくなりました。
20191225_0720191225_08
最初はローラーの磨耗が原因かと思いましたが、それ以前に中に入ってるベアリングが二つともジャリジャリして殆ど動いて無い事が分かりました。
20191225_09 20191225_10
原因が分かったのでガイドローラーを新品に換えて改善を行いたしました。

 

**************************************************
年末年始営業のご案内

冬季休暇に伴い、下記の日程で休業とさせて頂きます。

12月30日(月)~1月3日(金)

年内最終営業日の12月29日(日)は大掃除の為、サービス(点検・整備・修理)業務はお休みさせて頂きます。

部品・用品・車両の見積及び販売業務は通常通り営業致しますが、営業時間は、18:30迄とさせていただきます。

年始は1月4日(土)より通常通り営業致します。

ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い申し上げます。

メーカー及び問屋によっては、 12/28頃~1/5頃の期間で長期休暇に入りますので、車両及び部品などの出荷が停止または遅れる場合があります。

注文・修理などには対応できない場合が御座いますので、予めご了承頂き、お急ぎの場合は早めにご相談ください。
**********************************************

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

ZZR1100リヤサスOH

2週間前に「車検」を終えた<ウミ坊主様>の「ZZR1100」です。

前回までに「タイヤ」交換や「フロントフォーク」のOHまでは終えてましたが、「リヤクッション」(OHLINS)のOH(オーバーホール)は間に合わず作業が残ってました。
20191224_01 20191224_06
一旦ノーマルサスに換えて乗って頂いている間に、取り外した「OHLINS」のOH(分解整備)を行いました。

「リヤクッション」の脱着だけでも、「ホイール」や「フェンダー」回りを全部取り外さないと出来ないので、それだけの作業でも合計4~5時間は掛かりました。
20191224_0220191224_03
「OHLINS」の方は4年振りのOHとなりましたが、内部洗浄と部品では「オイルシール」を交換したくらいで、あとは普通に「オイル」交換と「窒素ガス」の封入で無事に作業を終えました。
20191224_04 20191224_05
リンク周りもスリーブを抜いて点検して、ニードルベアリングの全6ヵ所全てにグリスUPも施し、「OHLINS」を車体に組付けました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

ブレスCUB ブレーキ固着!

当店で’07年に販売した「PRESS CUB 50 STD」です。

新車から12年3ヶ月で6万8千キロほど乗って頂きました。
20191222_01
この度はリヤ「タイヤ」のパンクを訴え来店を頂きましたが、その「タイヤ」はツルツルに減っておりました。

フロント「タイヤ」に関してもスリップ・サイン(磨耗限度表示)が出てしまい、ヒビ割れも酷く危険な状態でした。

なので前後共「タイヤ」は交換とさせて頂きました。

「MICHELIN」の「M35」を履いてたフロントは、前回の交換から3万キロ近く走り5年振りの交換でした。

「BRIDGESTONE」の「G556」を履いてたリヤは、前回の交換から2万4千キロ近く走り3年9ヶ月振りの交換でした。 
20191222_0220191222_03
共に新車から今回が5回目の交換となりました。

重い荷物を積む商用のバイクなので、今回はフロントに「MICHELIN」の「FS」と、リヤは今までと同じ「G556」の組合せで交換させて頂きました。

このバイクは法人様に納めた車両なので、長く専属で乗ってる社員さんがいないため、時々管理が滞る時があり整備不良を起こします。

今回も作業中に分かったのですが、フロントブレーキが全く効いてない事が分かりました。
20191222_0420191222_05
原因はフロントの「ブレーキケーブル」と「ブレーキカム」の固着で、ケーブルはインナーがサビて固着していたので、「ブレーキ・ケーブル」を新品に交換して対処しました。
20191222_0620191222_07
「ブレーキカム」は油切れで固着しているようなので、分解してサビ落し&グリスUPを施しスムーズに動くようにしました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月21日 (土)

カゼ50 冷間時始動不良! 

当店で’16年に販売した’14年式「X'pro風50」です。
20191221_01
走行3千キロくらい走る中古車として乗り出して頂きましたが、このバイクも今年で4年目に突入し、今回で走行3万2千を超えてました。

約1年振りの連絡で「自賠責保険」の更新と、「ドライブベルト」の交換を頼まれました。

最後に来店頂いた去年の11月には、既に2万3千キロを超えていたので、その頃から「ドライブベルト」の交換は勧めておりました。

それから8千キロ以上も走って今回の来店となりましたが、今回は、「ドライブベルト」以外に「ウイエイトローラー」や「スライドピース」も磨耗が進行していたので、こちらも同時に交換させて頂きました。
20191221_0220191221_03
追加で冷間時に始動性が悪いとの訴えもあり、合せて診て欲しいと頼まれました。

これも2年前の1万キロを超えた頃から交換を勧めておりましたが、「点火プラグ」と「エアフィルター」が未だに交換されてなかったので、一先ずこちらを診てみる事にしました。

その結果、「点火プラグ」は予想を超えて減りが酷く、中心電極と外側電極の両方が減ってしまい、火花ギャップが倍くらいに広くなっていました。
20191221_0420191221_05
「エアフィルター」に関しても大量に水を含んでしまい、油の混ざった汚い汁がクリーナーボックスから出てきました。
20191221_0620191221_07
3万2千キロの間一度もメンテナンスしてなかったので酷い事になっておりました。

「点火プラグ」と「エアフィルター」を新品に交換して、一先ずエンジン始動性は良くなっているようなので、これで暫く様子をみて頂く事になりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

ADV150新発売!

アドベンチャースタイルの新型軽二輪モデル「ADV150」を発売

タフでアクティブなアドベンチャースタイルに、
市街地から高速道路まで走行可能な新型軽二輪スクーター
「ADV150」を2020年2月14日(金)に発売します。
20191220_02
「ADV150」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2019/2191220-adv150.html

「ADV150」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/ADV150/


特別仕様の原付二種スクーター「リード125」を受注期間限定で発売

原付二種スクーター「リード125」に、受注期間限定のカラーリング
「マットギャラクシーブラックメタリック」を追加設定し、1月17日(金)に発売します。
20191220_01
「LEAD125」ニュースリリース
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/news/2019/2191220-lead125.html

「LEAD125」 製品情報
↓↓↓
https://www.honda.co.jp/LEAD125/

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

X’pro100ドライブベルト交換!

「X'pro100」の「ドライブベルト」を頼まれました。

’15年に当店で販売した車両で、10月に来店の「エンジンオイル」交換の時には、既に走行距離が1万8千キロを超えておりました。
20191219_01
その時に駆動系は一通り点検をさせて頂き、年末くらいには「ドライブベルト」の交換をする予定で、事前に交換部品も準備しておりました。

そろそろ新車から4年ほど経つ車両ですが、本日の来店で予定通り走行距離も2万キロ間近となり、初の「ドライブベルト」の交換となりました。

「ドライブベルト」に加え、念のために「ウエイトローラー」と「スライドピース」も同時交換しました。
20191219_0220191219_03
最後に「エンジンオイル」の交換もして、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

CYGNUS エアバルブ亀裂!

「CYGNUS-X-SR」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。
20191218_02
当店には今年の4月頃から来出した方のバイクで、2万7千キロ近く走る’10年式の「CYGNUS-X-SR」です。

「エンジンオイル」の交換も今回で2回目となるので、サービスで軽くバイクの回りを診てあげました。

するとリヤ「タイヤ」の空気を入れる所の「エア・バルブ」にヒビが入り、パックリ割れておりました。

試しに指で亀裂部分を少し開いて診たところ、やはりそこから空気が漏れているようでした。

「タイヤ」も古いもので交換時期も近付いていたので、この際「エア・バルブ」と共に交換させて頂きました。 
20191218_0120191218_04
恐らく「エア・バルブ」は新車から一度も交換してなかったようで、酷く劣化しパックリ割れておりました。

「タイヤ」同様にゴムで出来ている「エア・バルブ」もオゾンや紫外線の影響を受けて、徐々に劣化が進むと硬化して次第に亀裂などが生じます。

当店では「タイヤ」の交換時には必ず「エア・バルブ」の交換も勧めていますが、「タイヤ」交換毎もしくは3年毎くらいに交換して頂ければ、このような事もなく安心と思いますので、皆さんもヨロシクお願いします。
20191218_03
只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

マジェS水温警告灯

「MAJESTY S」で「水温警告灯」が点灯するとの訴えがありました。

現時点で7万3千キロ近く走る’14年式の車両です。
20191217_01
当店には去年の6月頃に、走行4万4千キロを超えたくらいから来出したバイクなので、それ以前の整備歴は分かりませんでした。

故障診断をする上で必要とする情報が全く無いので、お客様に伺ったところ、新車から5年半ほど経つ現在まで、冷却系統のメンテナンスは全くやってないと言う事でした。

なので調べて診たところ、やはり「リザーブタンク」内には「冷却液」が入っておらず、「ラジエター」側の方も上から見えないくらい減っている状態でした。

「冷却液」を補水して「水温警告灯」は消えましたが、この「冷却液」も5年以上交換されてないようでしたので、この機会に交換させて頂きました。
20191217_0220191217_03
それから今回は、左ブレーキレバー側の「ブレーキスイッチ」も交換させて頂きました。

これは1年くらい前から出ていた不具合ですが、「ブレーキスイッチ」が壊れていて、スイッチが戻らずブレーキ灯が点き放しの状態が続いてました。
20191217_0420191217_05
何度かタイラップなどでワイヤリングをするなどして、応急的な処置で症状を緩和させていましたが、流石にもう無理なので、今回の序に交換させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について

冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります。

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

2019 WTCR 最終戦!

「WTCR」(FIAワールド・ツーリングカー・カップ)が最終戦(Rd.10)で、
マレーシア「Sepang International Circuit」でした。
20191215_01
Hondaは、「ALL-INKL.COM Münnich Motorsport」の<#86 Esteban Guerrieri>は、
ドライバーズランキング2位を確定させシーズンを締めくくりました。
https://www.honda.co.jp/WTCR/

NEXT CIVIC
https://www.honda.co.jp/CIVIC/?from=newslink_text
20191215_02

 

 

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

アドレスV125 タイヤ&ブレーキ交換!

当店には2回目の来店になる方で、今回も「エンジンオイル」の交換を頼まれました。
20191214_01
バイクは’07年式の「ADDRESS V125」で、距離も5万3千キロ以上走っているようですし、2回目の来店でもあるので、軽くバイクの回りを診てあげました。

するとフロントの「タイヤ」と「ブレーキパッド」が交換時期で有る事が分かったので、お勧めして交換をさせて頂く事になりました。
20191214_02
「ブレーキパッド」は、2.5mm残しくらいの丁度良い交換タイミングって感じでしたが、「タイヤ」に関してはスリップ・サイン(磨耗限度表示)が消え掛かるまで減っており、ヒビ割れも酷く危ない状態でした。
20191214_0320191214_04
スリップ・サイン《磨耗限度表示》とは、法律で決められたタイヤの使用限度を示すサインで、タイヤ・トレッド周上に6ヶ所くらいあり、そのどれか1つでも現れた場合は、そのタイヤは法的にも使用不可となります。

またのご利用をお待ちしております。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

また、ゴムは低温になると更に硬化し弾性がなくなって行き、特に路面温度の低くなるこれからは、タイヤは路面をグリップせずに滑るようになります。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願い致します。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

FAZE ブレーキ交換

「FAZE」の「ブレーキパッド」交換を頼まれました。
20191213_01
左の「ブレーキレバー」を握った時にカシャカシャ音が出ているようなので、後輪側の「ブレーキパッド」がダメなようです。

当店で’10年に販売した車両ですが、走行距離も9万キロに到達するので、「ブレーキディスク」の方も損耗が激しい状態でした。

こちらも以前から交換を勧めておりましたが、流石に限界を超えてるので、今回は同時に交換させて頂く事になりました。
20191213_0220191213_03
リヤの「ブレーキパッド」は、今回で6回目の交換となりましたが、前回の交換から1万2千キロ交換してなかったので、摩擦材が完全に無くり台座の地金まで出ておりました。
20191213_0420191213_05
新車から初となる「ブレーキディスク」の交換を終えたあと、もう一つ頼まれていたリヤ「タイヤ」の交換を行いました。
20191213_0620191213_07
こちらは前回の交換から約9千キロで、新車から8回目の交換でした。

最後に2万キロ近く交換してなかった「エアフィルター」と、「エンジンオイル」&「オイルフィルター」を交換して全ての作業を終えました。
20191213_08
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

JF81 PCX 初タイヤ交換!

’18年モデル「PCX125」の「タイヤ」交換を頼まれました。

相変らず走行距離の伸びている<☆彡くん>のバイクですが、このモデルの「タイヤ」交換をするのは、当店では初めてでした。
20191212_01
フルモデルチェンジした「JF81」のPCXは、これまでの「JF28」や「JF56」のタイプと異なり、「タイヤ」サイズが「100/90-14」から「120/70-14」へと、一気に大きくなりました。

<☆彡くん>には、1万キロを超えた10月に、新車から1年目の定期点検を受けて頂きましたが、今回の「タイヤ」交換は、その時お勧めしていたものです。

あれから7週間で3千3百キロも走っており、その「タイヤ」はツルツルになっておりましたが、この度も遠く板橋区から今年4回目の来店を頂きました。
20191212_0220191212_03
何時も忙しい中を遠くから来て頂き、本当に有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

PCX150 ドリブンベアリング損傷!

’15年式「PCX150」に乗る方で、当店には始めてのお客様でした。

前後の「タイヤ」と「ドライブベルト」の交換を中心に、他にも幾つかの不具合が有るようで、直して欲しいと頼まれました。

数年前に中古車で買ったと云う、2万5千キロほど走る車両でした。
20191211_01
お客様的には然程の自覚は無かったようですが、入庫の時点で車両を押し歩きしている段階から、駆動系から「ゴーゴー」異音が出ておりました。
20191211_0220191211_07
これ系のエンジンなので、恐らくは「ドリブンフェイス」の「ベアリング」損傷のようですが、念のため駆動系をバラしてみました。
20191211_0320191211_04
「トランスミッション」に問題が無く、「ドリブンフェイス」を外すと音は止まるので、ここの「ベアリング」が間違いなくダメなようでした。
20191211_0520191211_06
序に駆動系を総点検した結果、「クラッチュー」や「トルクカム」の損耗も無いので、お客様ご依頼の「ドライブベルト」に追加して、ドリブンの「ベアリング」打ち換えと、ドライブ側では「スライドピース」と「ウエイトローラー」までを交換とさせて頂きました。
20191211_0820191211_09
入庫の際の点検では、フロントの「ブレーキパッド」も全く無くなっていたので、こちらも追加で交換させて頂きました。
20191211_1020191211_11
次に頼まれていた「タイヤ」と「エンジンオイル」の交換を終え、残りの依頼作業を行いました。
20191211_1220191211_13
動かなくなっていた「ピリオンステツプ」に関しては、単に油切れでサビ付いていただけだったので、油を注して直しました。

失くしてしまったと云う?「フューエルフィラーキャップ」も付けてあげて、依頼の作業は全て終わりの筈でしたが、ここまでの過程で、この車両も未実施の「リコール」対象車で有る事が分かりました。

最後に「LEDコントロールユニット」を対策品に交換する「リコール」もやってあげて、全ての作業を終えました。
20191211_1420191211_15
また何か御座いましたらご利用ください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

ZZR1100 フロントフォークOH

<ウミ坊主様>の「ZZR1100」が「車検」でした。

「タイヤ」の交換は1週間前に終わっておりますので、残りの作業としては前後「サスペンション」のOH(オーバーホール)と、ブレーキ&クラッチのフルード交換です。

前側「フロントフォーク」に関しては、車検(2年毎)毎に「オイル」交換だけはして来てますが、OH(分解整備)となると実に12年振りの実施となりました。
20191210_01 20191210_06
今回は右側の「インナーチューブ」にオイルの滲みが確認され、長く「オイルシール」や「ブッシング」などの交換もやって無かったので、この機会にフルOHする事になりました。

今回実施のOHでは、「オイルシール」&「ダストシール」に、うちのモトクロッサーでも採用している「SKF」製を投入してみました。
20191210_02 20191210_03
これは純正比20%以上も低いフリクションで、耐久性も大幅UPされている製品なので、<ウミ坊主様>にお勧めしてみました。
20191210_04 20191210_05
前回のOHから12年で2万6千キロしか走っておりませんでしたが、「ブッシング」(スライドメタル)に関しては、磨耗が進行して合口が広がってました。
20191210_07 20191210_08
「オイル」は何時の「SPECTRO」で交換し作業を終えました。

こちらも車検(2年毎)毎にやってるブレーキ&クラッチのフルード(液)も交換し、「車検」も無事に終わりました。
20191210_09 20191210_10
後側「リヤクッション」(OHLINS)までは、一日で作業を終える事が出来ないので、当初の予定通りに一旦ノーマルサスに換えて、出庫とさせて頂きました。

お預かりした「OHLINS」の方は、1週間から10日程度でOH完成予定です。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

Rossi vs Hamilton

F1のメルセデスとMotoGPのヤマハを共にスポンサードするモンスターエナジーが主催し、<#46 Valentino Rossi>と<#44 Lewis Hamilton>のマシン交換イベントが行われました。
20191209_01


| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

GPZ900Rキャリア取付!

八百屋の<ケンちゃん>から、今回は「GPZ900R」の方へ「リアキャリア」の取り付けを頼まれました。
20191208_01
1ヶ月前にも仕事専用車の「X'pro風50」に、小さなフロント・バスケットを取り付けたばかりでしたが、大口顧客が決まったようで、この程度の積載性では足りなくなって来たようです。

と云う事で当座は「GPZ900R」でも配達できるように、積載機能を追加する事になりました。

幾つかの候補の中から選んで頂いた「リアキャリア」は、スチール角パイプ製ナイロンコーティング仕上で耐荷重5Kgの、堅牢なハード仕様で歴史のある「RIDINGSPOT」製です。
20191208_0220191208_03
純正グラブバー固定用ボルトの4本を専用のボルトに換えて、上から被せるように取り付け15~20分程度で出来上がりました。

それから今回は「バッテリー」の交換も頼まれました。

やはり寒くなって来た頃からモーターの周りが弱くなり、始動性が悪くなって来たようなので、早目の交換を考えたようです。
20191208_04
この「バッテリー」は、約3年前に交換したものですが、その間に動かしたのは3千6百キロ程度なので、旧式の解放型「バッテリー」の割には持った方じゃないでしょうか。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

アドレスV100メーター交換

’03年式「ADDRESS V100」の「メーター」修理を頼まれました。
20191207_01
最近ネットオークションで買い付けた車両のようで、前輪を回すと辛うじて速度計は動いているようでしが、積算系に関しては全く動いておりませんでした。

速度計は動いているので当然ケーブル切れもなく、ホイール側ギヤの損傷もありませんでした。

と言う事で「メーター」本体が壊れているようなので、新品を取り寄せ交換させて頂きました。
20191207_0220191207_03
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

クロスCUBスーパーCUB 純正グリップヒーター特価セール!

Honda純正グリップヒーターを特別価格にて販売!

セール期間:12月22日(日)まで、是非この機会にご活用ください。

◇発熱体に合金ステンレス鋼(SUS)を採用した、Honda独自の左右セット半周タイプグリップヒーターです。
◇電力消費に最大限の配慮を実施した優しい設計で、バッテリー電圧監視システムを内蔵し、電圧が低下した際には「グリップヒーター」への電源供給を自動的に中止することで愛車を保護します。
20191206_01 20191206_02
〇適用:スーパーカブ50 (AA09) / スーパーカブ110 (JA44)
08T70-K88-J00
特別価格20%OFF
通常価格:¥16,500 特価→¥13,200 +税

〇適用:クロスカブ50 (AA06) / クロスカブ110 (JA45)
08T70-K88-L00/B00
特別価格10%OFF
通常価格:¥16,500 特価→¥14,850 +税

■スーパーカブの場合、取付には車体に穴開け加工が必要です。
■別途、ホンダボンドA(品番:08C80-HACB01)が必要です。
■別途、交換に伴う作業工賃が掛かります。
■表示価格は消費税抜き価格です。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。

ご注文はお早めに!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

PCX 7万キロタイヤ交換

今月2回目来店の<テッちゃん>から、「PCX125」の方の「エンジンオイル」交換を頼まれました。
20191205_01
「PCX125」の「エンジンオイル」は、今年に入って5回目の交換でしたが、もう一台ご所有の「CB1100RS」と合わすと、なんと<テッちゃん>には、今年は16回も来店を頂いておりました。

何時ものように他愛もない話で盛り上がり数時間を過ごした後、何気にバイクの方に目をやると「タイヤ」が交換時期なのに気が付きました。

<テッちゃん>も通勤場所が変った6月頃からは、月に2千キロ前後走るようになったので、うっかりして見逃しておりました。
20191205_0220191205_03

早速「タイヤ」前後の交換となりましたが、新車から9年7ヶ月経ち走行7万キロを突破した「PCX125」は、今回でフロントが4回目、リヤが7回目の交換となりました。
20191205_0420191205_05
駆動輪のリヤ側は1年9ヶ月で1万キロ超走り交換となりましたが、フロントは前回の交換から1万6千キロ走り4年7ヶ月振りの交換でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

MAJESTYヘッドライト灯火不能!

’97年式「MAJESTY」に乗る方で、当店には始めてのお客様でした。

数週間前にも「ヘッドライト」の球切れを起こし、近所のパーツ量販店で電球を交換してもらったようですが、一週間も経たずにまた切れてしまったそうです。
20191204_01 20191204_06
寿命以外で球切れになる原因と云えば、振動か?何処かでショートしているくらいなので、その旨を説明したところ、思い当たる節があるようでした。

実は「ヘッドライト」自体が全く固定されておらずガタガタの状態で、電球交換したパーツ量販店でも、このままの状態では、また振動で球切れしますと指摘されていたらしいです。
20191204_02 20191204_03
「ヘッドライト」は裏側でボルトが抜けているのか?宙ぶらりんの状態だったので、カウルを外して調べてみました。

すると「ヘッドライト」の四隅にある固定部が1ヵ所を残して全て欠けておりました。

6万5千キロも走る22年も前の古いバイクで、ここ以外にも外装はあらゆる箇所で割れたり欠けたりしていました。

「ヘッドライト」を交換すると部品代だけでも2万6千円くらいしますが、近々バイクを乗り換える予定もあると云う事だったので、なんとか部品の交換はせずに修理をしてみる事になりました。

当初はワイヤーやテープなどで固定できると思ってましたが、上手くいく感じがしなかったので、欠けた部分に少し切削加工を施して座面を作り、大きなワッシャーを介して上から押す感じでボルト止めして対処しました。
20191204_04 20191204_05
バイクを乗り換える時は、当店でお願いします。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

ZZR1100ロッコロ2

「ZZR1100」の「タイヤ」交換でした。

<ウミ坊主様>のバイクですが、半年前に「点検」で来店された時には交換を勧めておりました。
20191203_01
前回の交換から走った距離は7千キロ弱と少なく、まだ溝も残ってはおりましたが、時間的には既に4年と3ヵ月ほど経っているので、暮れの「車検」時には交換する予定にしていました。

本当は一週間後に予定していた「車検」の時に交換する筈でしたが、運悪くリヤ「タイヤ」に金属片が刺さりパンクしてしまったので、一週間前倒しの「タイヤ」交換となりました。

お勧めした「タイヤ」は「PIRELLI」から去年新発売されたロッコロ2で、既に<マル2さん>の「GSX-R1000」や<ヤス坊さん>「ZX-10R」にも履いてもらってる「タイヤ」です。
20191203_0220191203_03
<ウミ坊主様>にも今までの「DIABLO ROSSO CORSA」から、「DIABLO ROSSO CORSAⅡ」に履き替えてもらいました。
20191203_0420191203_05
<ウミ坊主様>の「ZZR1100」は前後に「DYMAG」(ホイール)が入っており、リヤは5.5インチサイズにワイド化しているため、タイヤ・サイズもリヤは180サイズで交換しました。

来週も「車検」での来店お待ち申し上げます。

毎度有り難う御座いました。

「ロッソコルサ2」
ピレリ初のマルチ・コンパウンドで、フロント3分割、リア5分割コンパウンドを採用。

フロント・コンパウンド=センター部:100%シリカ/ショルダー部:100%ブラックカーボン。

リア・コンパウンド=センター部:70%シリカ/中間部:100%シリカ/ショルダー部は、「スーパーコルサV2 SC2」と同じレジン配合コンパウンド。

ショルダー部にはスリックタイヤと全く同じ、「レーシング・ウェア・インジケーター(RWI)」を採用。
20191203_0620191203_07
「ロッソコルサ2」は、「スーパーコルサV2 SC2」に公道要件を幅広く加えたようなモデルと思いますので、今まで「スーパーコルサV2 SC2」を公道で履くのに躊躇していた方にもお勧めと思います。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

2019 F1 最終戦!

今日は、「F1」最終戦(Rd.21)で、アブダビGP「ヤス・マリーナ・サーキット」でした。

Hondaは、「Aston Martin Red Bull Racing」の<#33 Max Verstappen>が2位に入り、
ドライバーズランキング3位を確定させシーズンを締めくくりました。

https://ja.hondaracingf1.com/races/2019/abu-dhabi-grand-prix.html?tab=racereview

20191201_01




| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »