« CRF150R ブレークイン開始! | トップページ | 2019Honda秋冬ライディングギア! »

2019年9月25日 (水)

アドレスV125ブレーキ交換!

「ブレーキパッド」の交換を頼まれました。

バイクは’07年式「ADDRESS V125G」です。
20190929_01
7年近く前から「エンジンオイル」の交換にだけ来る方のバイクです。

走行1万4千キロくらいの時から当店に来始め、現在4万9千キロ近く走っておりますが、その間「エンジンオイル」の交換以外で当店に来るのは初めてでした。

ブレーキから異音が発生することから交換を依頼されたようですが、そのブレーキは、「ブレーキパッド」の交換なんていう生易しい状態ではありませんでした。

年1~2回のペースで来ていただいておりますが、その度に点検もしてあげて、今までも必要な整備を受けるよう促しておりましたが、けっきょく今まで何もせず乗りっ放しにしてしまい、遂にはブレーキを壊してしまったようです。

確かに「ブレーキパッド」は減ってはおりましたが、内側の「ブレーキパッド」に関しては、減り過ぎて台座から跡形も無くなっておりました。

こんなの初めて見ましたが、薄くなるまで減っていって最後はバラバラに粉砕して、どこかへ飛んでちゃったようです。
20190929_0220190929_03
外側は辛うじて残ってはいたものの、やはり減り過ぎて摩擦材が無くなり台座の地金が出ちゃっておりました。

なのでブレーキをすると、無くなった内側「ブレーキパッド」の代わりに、「ブレーキキャリパー」自体が、その端で「ブレーキディスク」を押し付けることになり、その状態で長く乗っていたため、「ブレーキキャリパー」本体が酷く削れちゃっておりました。
20190929_0420190929_05
当然「ブレーキディスク」もダメになっちゃっているので、「ブレーキキャリパー」と「ブレーキディスク」の両方を交換する大掛かりな修理になりました。
20190929_0620190929_07
交換作業に当たり「ブレーキ液」も抜けちゃうので、入れ替えのため「ブレーキマスター」を開けてみたら、恐らく「ブレーキ液」も一度も換えた事が無いようで酷く汚れてました。
20190929_0820190929_09
「ブレーキマスター」とブレーキラインの汚れを取りながら、「ブレーキ液」の交換をして全ての作業を終えました。

|

« CRF150R ブレークイン開始! | トップページ | 2019Honda秋冬ライディングギア! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CRF150R ブレークイン開始! | トップページ | 2019Honda秋冬ライディングギア! »