« TACTベーシック 納車! | トップページ | ディオ110 整備! »

2019年8月 8日 (木)

R1-Z ブレーキOH

「R1-Z」の「点検」を頼まれました。
20190808_01
当店で販売した<〇田さん>のバイクです。

’90年式の中古車で、’13年から乗り出して頂きましたが、それから早くも6年半が経ちました。

年平均でも5~6百キロ程度しか乗ってないバイクですが、それでも欠かさず年1回の1年「点検」を受けに来て頂いております。

なので今までは大きな故障も無くコンデションを維持して頂いておりましたが、今回ばかりは1ヵ所不具合が見つかってしまいました。
 
去年の暮れに「自賠責保険」の継続手続で来店された際に、リヤの「ブレーキパッド」が交換時期なのが分かって、早目の交換をお勧めしていました。
 
今回の1年「点検」では、その「ブレーキパッド」の交換を行う事になっておりましたが、その作業の際に「ブレーキキャリパー」を外して診たところ、「キャリパーピストン」へ「ピストンシール」が噛み込んでいる事が分かりました。
20190808_02 20190808_03
「ブレーキパッド」は摩擦材が無くなる寸前まで減ってしまい、「キャリパーピストン」も出る所まで出ちゃってる状態でした。
20190808_04 20190808_05
それに加え新車から30年近く経つ車体なので当然なのですが、ゴム部品の「ピストンシール」などは経年劣化が進んでいたようです。
20190808_08 20190808_09
このまま「ブレーキパッド」交換の際に「キャリパーピストン」を押し込んでしまうと、「キャリパーピストン」は間違いなく固着して動かなくなってしまうので、今回は急遽「キャリパーピストン」に加え「マスターシリンダー」側も含めOH(オーバーホール)をする事になりました。
 
追加で「マスターシリンダー」側もOHをしておいて良かったようで、「リザーバータンク」のジョイント部には奇妙な半固形物が堆積しておりました。
20190808_06 20190808_07  
年式の割に「ピストン」に腐食などは無かったので、分解したシリンダー内も含め汚れを徹底的に除去したあと、「ピストンシール」や「カップ」などのゴム部品を新品に組み替え、無事に全ての作業を終えました。
20190808_10
毎度有り難う御座いました。

|

« TACTベーシック 納車! | トップページ | ディオ110 整備! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(車検・点検)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TACTベーシック 納車! | トップページ | ディオ110 整備! »