« 祝CROSSCUBくまモン納車! | トップページ | 鈴鹿8時間耐久レース応援感謝セール »

2019年7月31日 (水)

マジェスティS 加速不良!

「MAJESTY S」で加速不良?の訴えがありました。

不具合の内容を詳しく伺うと、スロットルを戻し一度減速してエンジン回転が落ちたところから、また直ぐにスロットルを空けて加速しようとすると、瞬間的に車体がガタ付き振動するらしいです。

それを過ぎて回転が上昇れば何の問題も無く、全く普通に走れるようでした。

現時点で6万6千キロ近く走る2014年式「MAJESTY S」です。
20190731_01
当店には去年の6月頃に、走行4万4千キロを超えたくらいから来出したバイクなので、それ以前の整備歴などは全く分かりませんでした。

故障診断をする上で必要とする情報が全く無いので、一先ず試乗をしてみたところ、息つくような?しゃくるような?ノッキングの感じで、この段階では駆動系が怪しい感じでしたが、点火系?吸気系?どれでも起きそうな症状でした。

一先ず一番簡単にみれる「点火プラグ」から外してみたら、中心電極ばかりか接地電極側まで薄く減ってる酷い状態でした。
20190731_02 20190731_03
お客様に聞いてみたところ、「点火プラグ」は今まで一度も交換した記憶はないようでした。

それが本当なら6万キロ以上換えてないと云う事になりますが、この状態でも点火火花は飛んでいて、エンジン圧縮も十分にあり始動性は良いので、これが主原因なのか?は分かりませんでしたが、ここは迷わず「点火プラグ」だけは新品に交換させて頂き、改めて試乗をしてみました。

多少は良くなった気もしましたが、やはり相変わらずバタ付く感じは出ておりますので、ここで一番怪しい駆動系をみて行くことにしました。

エンジンカバーを開けて「ドライブベルト」や「プーリー」を外して点検したところ、ドライブ側「プーリー」の「ボス」が固着して動いてない事がわかりました。
20190731_04 20190731_05
20190731_06 20190731_07
これが主原因に違いなさそうだったので、腐食と磨耗の酷かった「プーリー」と「ボス」に加え、この機会に「ドライブベルト」と「ウエイトローラー」と「スライドピース」も一緒に換えました。
20190731_08 20190731_09
20190731_10 20190731_11
部品交換を終え三度目の試乗テストをした結果、症状は完全に出なくなりました。

無事に不具合の症状が解消したので、この後「エンジンオイル」の交換もして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

|

« 祝CROSSCUBくまモン納車! | トップページ | 鈴鹿8時間耐久レース応援感謝セール »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝CROSSCUBくまモン納車! | トップページ | 鈴鹿8時間耐久レース応援感謝セール »