« 2019 JMX 開幕! | トップページ | ライブDIO消耗部品交換! »

2019年4月16日 (火)

R1-Z オーバーフロー!

「R1-Z」の修理を頼まれました。
20190416_01
約1年振りにバイクに乗ろうとしたら、「キャブレター」から燃料漏れのようです。

車種や症状から以前にも来た事のある方だと直ぐに分かりました。

最後に来たのは2年ほど前ですが、10年ほど前にも同様の修理を依頼されてるお客様です。

過去に行った2度の修理は何れも長期放置による燃料系統の故障で、「ヒューエルタンク」内のサビや燃料の腐敗による「キャブレター」の詰まりですが、何れも「ヒューエルコック」が壊れてOFFにならなかったり、「フロートバルブ」の密着不良により燃料がオーバーフローを伴うものでした。

この10年で走った距離は9百キロ、この2年では70キロ程度と極端に少なく、やはり殆ど乗らずに放置しているバイクのようでした。

今回「ヒューエルコック」は正常にOFFになり生きてるようなので、前回のように「クランクケース」や「チャンバー」にまで燃料は行ってないと判断しましたが、作業の二度手間はしたく無かったので、「フロートバルブ」だけは交換前提で、「キャブレター」のOHを行う事になりました。
20190416_02 20190416_03  
「キャブレター」の内部は思ってたほど汚れてませんでしたが、P/Jは完全に詰まり「フロートバルブ」は固着しておりました。

「キャブレター」を隈なく洗浄し、予定通りに「フロートバルブ」は交換して、無事に修理を終えました。
20190416_04
30年近く前の古いバイク(R1-Z)ですが、今では希少なバイクですので大事に乗ってあげてください。

毎度有り難う御座いました。

|

« 2019 JMX 開幕! | トップページ | ライブDIO消耗部品交換! »

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 JMX 開幕! | トップページ | ライブDIO消耗部品交換! »