« F1 2019 開幕! | トップページ | ZX-10R 車検! »

2019年3月19日 (火)

バーグマン走行中異音!

「BURGMAN200」にお乗りの方から、エンジン付近から異音がするとの訴えがあり修理を頼まれました。

走行4万2千キロ近く走る2016年式の車両で、時速60~70キロ付近の走行中に発生するらしく、アイドリング状態では出ていないようでした。
20190319_01 20190319_16
試乗をして診たところ、異音の以前に加速が全くしない事が分かりました。

車速が伸びずエンジン回転ばかりが上昇してしまうので、駆動系の異常と判断してエンジンカバーを開けて診ました。

開けた途端にドライブ側プーリーがガタガタなのが直ぐに分かりました。
20190319_02_120190319_03
恐る恐る「ドライブフェイス」を外して診たところ、軸穴に圧入されている軸受ブッシュが飛び出すほど軸穴が激しく損耗し、その軸穴に入る「ボス」も酷く損耗していました。
20190319_04 20190319_05
「ウエイトローラー」や「スライドピース」の損傷も酷く、何故か?「スライドピース」は1個無くなっておりました。
20190319_0620190319_07
「ドライブフェイス」や「ランププレート」の作動部にも破損している部分が点在しており、その影響が「ドライブベルト」にも波及して傷を付けておりました。
20190319_1020190319_11
異音の原因は説明をするまでありませんが、今まで一度もメンテナンスなどは行わずに乗って来たようなので、起こるべくして起きた故障のようでした。
20190319_0820190319_09
破損した駆動系パーツを全て交換し修理は完了いたしましたが、序なので軽く車体周りも診てあげたところ、フロント「タイヤ」とリヤの「ブレーキパッド」も酷く減っていたので交換をお勧めしました。
20190319_12 20190319_13
「タイヤ」に関しては新車から一度も換えてないようで、3年前のものがそのまま付いており、磨耗も然ることながらヒビ割れが酷く発生しておりました。
20190319_14 20190319_15
最後に「エンジンオイル」と「オイルフィルター」も換えさせて頂き、全ての修理&整備を終えました。

|

« F1 2019 開幕! | トップページ | ZX-10R 車検! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2019 開幕! | トップページ | ZX-10R 車検! »