« JF45 リード125 納車! | トップページ | Red Bull Showrun Tokyo »

2019年3月 8日 (金)

シグナス駆動系整備!

20190308_01「駆動系」の整備依頼がありました。

バイクは’16年式「SYGNUS X」で、1年半くらい前から時々来るようになったお客様です。

そろそろ2万3千キロ近く走るので、「ドライブベルト」や「クラッチシュー」などを交換して欲しいと頼まれました。

新車から初めて行う「駆動系」整備のようでしたので、事前に駆動系内部を一度点検させて頂きました。
20190308_02
距離的に「ドライブベルト」は交換時期でしょうが、「クラッチシュー」まではどうかな?と思いながら、エンジンカバー開けて診てみました。

「クラッチシュー」は想定していた以上に減っておりましたが、今すぐ交換と言うほどではありませんでした。

だけど次の2万キロまで持つかと言われれば無理そうでしたので、少し判断が微妙でしたが、お客様の指示通り交換させて頂く事になりました。
20190308_03 20190308_04
同様に減り始めの「ウエイトローラー」と「スライドピース」に、駆動系の冷却口の「エレメント」も加えて交換し、全ての作業を終えました。
20190308_06 20190308_05
毎度有り難う御座いました。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

|

« JF45 リード125 納車! | トップページ | Red Bull Showrun Tokyo »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JF45 リード125 納車! | トップページ | Red Bull Showrun Tokyo »