« NC750Xスクリーンマウントバーホルダー | トップページ | ベンリー110改善対策 »

2018年11月14日 (水)

ライブDIOエンジン不調!

20181114_01_3ディオにお乗りの方からエンジン不調の訴えでした。

当店には初めてのお客様で、バイクは2000年式AF34の「LiveDioJ」でした。

特に数日間バイクに乗らないとエンジンの掛かりが悪く、掛かっても暖まるまでエンストを繰り返すようでした。

なので若しやと思い検索を掛けたところ、やはり平成13年実施の「リコール」(サービスキャンペーン)に該当してました。
20181114_03 20181114_04
20181114_05 20181114_06
低排出ガス規制対応の「ライブディオJ」は、操作や取扱いによっては混合気が適切とならないらしく、その対策として「キャブレター」や「スターターモーター」、「レジスター」を改善品に交換すると共に、フューエルチューブに「チェックバルブ」を追加する「サービスキャンペーン」に該当していたので、その作業を実施いたしました。
20181114_09 20181114_10
改善品の「スターターモーター」が従来品より5mm長く、一時はクランクケースの出っ張りに当たって装着できずに慌てましたが、クランクケース側の干渉する部分を僅かに切削する事で何とか装着する事ができました。
20181114_07 20181114_08
それから「キャブレター」の交換過程で分かったのですが、「キャブレター」から「エアクリーナー」間に繋がる「エアーリードジヨイント」が外され、スクリューでメクラ蓋されている事が20181114_02_4分かったのと、エンジンの熱を導き「キャブレター」を温めているホットエアーダクトが外れているのが分かりました。

「エアーリードジヨイント」を正規に取り付けして、経年劣化の硬化により変形してしまった「コネクテイングラバー」も交換し、外れたホットエアーダクトも正規に取り付けしました。

最後に作動不良を起こしていた「キツクスターター」を分解して、清掃&給油を行い全ての作業を終えました。

有難う御座いました。

|

« NC750Xスクリーンマウントバーホルダー | トップページ | ベンリー110改善対策 »

修理(電装系)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NC750Xスクリーンマウントバーホルダー | トップページ | ベンリー110改善対策 »