« GIVEトップケース セールのご案内 | トップページ | LIVEディオ 加速不良! »

2018年10月 4日 (木)

TZR250SPRタイヤ交換

今日は午後から「TZR250SPR」の「タイヤ」交換でした。

<ウミ坊主様>のバイクですが、あの片肺状態からも一先ず脱出し約1ヶ月半経ちました。

術後の経過も良いようなので「タイヤ」交換を勧めてみました。

「タイヤ」は先週入荷して今日が交換の予定日でした。

ところが!・・・・予定通り事前に連絡が入り、これから来店を頂くとの連絡が有りましたが、その後暫くしてまた連絡が入り・・・嫌な予感です。

20181004_01心配が的中したのか!??走行中にエンストしてしまい再始動不能のようでした。

また片肺状態のようなので「キャブレター」の詰まりが再発したかと思いましたが、どうも話を伺うと今回は少し違うような感じでした。

最初エンジンは一発で掛かり、その後も10キロ程度は快調に走ったそうですが、徐々に低速不調となりエンストしたそうです。

直ぐにエンジンは再始動するも調子は悪いままで、2~3キロ走ったところで再びエンストした後は、全くエンジンは掛からなくなったと言う事ででした。

これってガス欠でしょう?
燃料タンク内を覗いてもらうとタンクの底の方に油面が見えると仰るので、目の前のGSで燃料補給をして頂いたところ、なんと12.4Lも入ったようでした。

このバイクの燃料タンク容量は15Lで予備タンは3.5Lです。

前回の燃料補給からも100キロくらいは走っているようなので、どうも今回はガス欠だったようです。

無事に店に辿り着き本題の「タイヤ」交換となりました。
20181004_02 20181004_03
また最近バイクに乗るようになった<ウミ坊主様>ですが、こちらの「TZR250SPR」の方は数年殆ど乗らずに放置していた期間があり、もう一台大きいバイク「ZZR1100」を持っているので、なかなか距離が伸びておりませんでした。

前回の「タイヤ」交換からは5年6ヶ月ほど経っておりますが、その間に走った距離は非常に少なく2千キロ程度でした。
20181004_04 20181004_05
なので3年経っても4年経っても「タイヤ」が減らなかったので、あえて今までは強く勧めてなかったのですが、流石に6年近く経って古くなってきた「タイヤ」は危険と判断し、今回はお勧めして交換して頂く事となりました。

今後も「タイヤ」の減るのを待ってると平気で5年~6年経っちゃいそうで、そうなると劣化(硬化)して性能の落ちた「タイヤ」で走り続ける事になりかえって危ないので、今回は前回より更にコンパウンドが柔らか目で交換サイクルの早い「タイヤ」をお勧めしてみました。
20181004_0620181004_07
<ウミ坊主様>もライフよりグリップ重視の「タイヤ」を希望だったので、今回は今までの「MICHELIN」から「PIRELLI」に銘柄を換えて、レーシングタイヤ「DIABLO SUPERCORSA V2」直系のトレッドパターンと構造が採用された「DIABLO ROSSOⅢ」をお勧めしてみました。

https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/motorcycle/all-tyres/sheet/diablo-rosso-3

いろいろ有りましたが、毎度有り難う御座いました。

|

« GIVEトップケース セールのご案内 | トップページ | LIVEディオ 加速不良! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GIVEトップケース セールのご案内 | トップページ | LIVEディオ 加速不良! »