« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

リード110バッテリー上がり

20181031_01当店で’10年に販売した「LEAD110」です。

半日ほどイグニッションスイッチを入れっ放しにしてしまい、「バッテリー」が上がってしまったようです。

「バッテリー」は新車から4年3ヶ月目の時に一度換えてますが、それからまだ4年も経ってないので、今回は補充電を試みる事にしました。

「バッテリー」を充電している合間に、車体回りのチェックをしながら、整備歴の確認もしてみました。

するとフロント「ブレーキパッド」の残量が無い事が分かり、「ブレーキフルード」も交換時期に近かったので、追加で交換となりました。
20181031_03 20181031_04
「ブレーキパッド」は新車から2回目、「ブレーキフルード」は4回目の交換でした。
20181031_0520181031_06
3時間くらいの充電で「バッテリー」も復活したようなので、最後に頼まれていた「エンジンオイル」も交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2018年10月30日 (火)

スーパーCUB50PRO整備!

20181030_01当店で’15年に販売した「SUPER CUB 50 PRO」です。

そのお客様が1年振りの来店で、フロント「タイヤ」パンクの訴えでした。

ところがパンク以前に「タイヤ」は前後とも交換時期になってました。

年一くらいしか来ない方で、去年も「エンジンオイル」を8千キロ以上換えずに乗ってて、危うくエンジンを壊すところでした。
20181030_02 20181030_03
なので作業に入る前に車体を一回りチェックしながら、過去の整備歴も確認してみました。
20181030_04 20181030_05
やはり今回も9千キロ以上「エンジンオイル」は交換してないようで、エンジンの中には殆ど20181030_06オイルが入っておりませんでした。

「エンジンオイル」の交換と、走行距離的に「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換時期に近かったので、追加で交換となりました。

点検の結果は「ブレーキシュー」も交換時期でしたので、今回の「タイヤ」交換ついでに前後一緒に換えて、全ての作業を終えました。

毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月29日 (月)

2018全日本MX最終戦 & モトGP第17戦

昨日は、JMX(全日本モトクロス選手権)が最終戦(Rd.09)で、MFJGP「スポーツランドSUGO」でした。

この大会は国際格式で実施され、海外レースで活躍する国内外の選手がスポット参戦します。

「Team HRC」からはWMX(モトクロス世界選手権)ライダー<#243 Tim Gajser>などが参戦。
20181029_02 20181029_01_2
やはり<#243 Tim Gajser>が両ヒートを制覇しましたが、<#1 Kei Yamamoto>のクラッシュにより、<#982 Akira Narita>が逆転で、2年ぶり自身通算12度目のシリーズタイトルを獲得しました。



同日「MotoGP」も第17戦で、オーストラリアGP「フィリップアイランド・サーキット」でした。

タイGPの時と同じで日本との時差が2時間程度なので、今回も店で<ヤス坊さん>とJMXを観ながら観戦しました。
20181029_03

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

アドレスV125エンジンストール!

「ADDRESS V125G」の「点検」を頼まれました。

当店で’06年に販売した車両で新車から12年経ちますが、毎年欠かさず来店を頂き、点検を依頼してくれるお得意様です。
20181028_03
去年の9月には24ヶ月「点検」をやっているので、今回は12ヶ月「点検」の実施となりました。

それと今回は極たまに起きると言うエンジン不調の訴えもあったので、「点検」をしながら診て行く事になりました。

月に1回程度稀に出る症状のようで、コーナー進入手前でスロットルを戻し、立ち上がりで開ける瞬間にエンジンが失速するらしいです。

普段はちゃんと暖機運転してから乗ってるようですが、稀に暖機せずに走り出した時にだけ起きる現象のようで、走り出し最初のエンジンが冷えている時にだけ出るようでした。
20181028_0120181028_02
この症状から「スロットルボディ」の汚れが原因してそうだったので、「スロットルボディ」を外して診たところ酷く汚れてました。

ほぼエンジンストールの原因に違い無さそうでしたので、今回は「スロットルボディ」を清掃して様子を見て頂く事になりました。
20181028_04 20181028_05
走行距離的に「点火プラグ」と「エアフィルター」もそろそろだったので、この際に念のため新品に交換させて頂き、最後に「エンジンオイル」と「オイルフィルター」を交換して作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

CB1300SFビキニカウル取付!

20181027_02「CB1300SF」にお乗りのお客様から、「ビキニカウル」の取り付けを頼まれました。

今年の6月頃から<ケンちゃん>の紹介で来るようになった方で、8月には「タイヤ」や「ブレーキパッド」の交換もやらせて頂いております。

今回はもともと装着されていた後付けの「ビキニカウル」が壊れたので、同じもので交換するよう頼まれました。

20181027_01この手のパーツは殆どが受注生産品なのですが、今回はそれを更に車体色と同じ純正カラー(フォースシルバーメタリック)に塗装してもらったりしたので、入荷するまでに約1ヶ月をどの納期がかかりました。

「ビキニカウル」の取り付けには一切の加工なく、3~40分程度の時間でボルトオン装着できました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月26日 (金)

’18モデル新型PCX125入荷!

20181026_01<ケンちゃん>のご子息 < ☆彡くん > から、「PCX125」の注文を頂きました。

フルモデルチェンジして4月に新発売したばかりの「PCX125」です。

今まで乗ってた’03年式「GEAR」からの乗り換えです。

7月初めに「GEAR」の「タイヤ」交換をしたばかりですが、一念発起で教習所に通い始めたようです。
20181026_02
9月9日に注文を頂いた「PCX125」でしたが、その時点で納期は約2ヶ月待ちとなっておりました。

それでも超早ければ9月末頃入荷の話しもありましたが、やはりそれは叶わず免許が先に取れてしまいました。

今月に入って新たな納期が出ましたが、なんと!更に延びて11月上旬との案内が届きました。

「PCX HYBRID」の発売時期にぶつかっていたので、恐らく生産が追い付いてないのだろうと思いながらも、ホンダの場合は、このあと納期が1週間くらい早まる事が多いので、それに期待して待ってました。
20181026_03 20181026_04
注文から1ヶ月と3週間程かかりましたが、予想は的中し当初の予定より1週間程早まって、一昨日やっと待ちに待った「PCX125」が入荷して来ました。
20181026_05 20181026_06
入荷した「PCX125」は超カッコイイ「キャンディラスターレット」です。
20181026_07 20181026_08
そして昨日、豊島区まで登録に走り準備完了いたしました。

20181026_09「スマホホルダー」と「タンデムバックレスト」も装着完了し、大変お待たせ致しましたが、本日無事に納車の運びとなりました。

今後も愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに尽くしてまいりますので、どうか宜しくお願いいたします。

ありがとうございました。

ホンダ車の購入はホンダ正規販売店の当店(ファンホイールズ)で!
宜しくお願い致します。

Autumn_2 ★ウォータムセール開催中!

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

CRF250ラリー北海道~陸奥一人旅!

20181025_01約16日間の長旅を終え、<ヒトシくん>が北海道から帰って来ました。

行きは新潟からフェリーだったようですが、帰路は、青森・岩手・宮城・福島と回って来たようです。

昨晩は家の長男の住む栃木へも立ち寄って頂き、本日、無事に戻って来られました。

途中の岩手では龍泉洞にも寄ったらしく、そこの名水を使った「龍泉洞コーヒー」が昨日届きました。
20181025_02 20181025_03
お土産有り難う御座いました。

20181025_04全工程で4千キロほど走られたようで、帰り道には店に寄って頂き、早速「エンジンオイル」の交換をやらせて頂きました。

旅の途中で頼まれていた、スーパーカブ60周年記念「ナイセスト・ピープルTシャツ」も入荷していたので、一緒に納品させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

大変お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

ファイター150 2万キロ整備!

20181024_014日前に「SPADA」の「タイヤ」交換を終えたばかりの<マル2さん>ですが、今回は通勤用「FIGHTER150」の方で、「エンジンオイル」の交換で来店でした。

こちらのバイクも相変わらず走行距離が伸びているようで、この数ヶ月は月一で「エンジンオイル」の交換に来て頂いております。

今回でこのバイクも新車から2年10ヶ月が経ち、走行距離も2万キロを超えました。

なので今回は1万キロ毎に行って来ている「ミッションオイル」と「点火プラグ」に、「エアフィルター」が交換時期となっておりましたので、この序に交換させて頂きました。
20181024_02 20181024_03
それから今回で2万キロなので駆動系も一通り点検させて頂き、「ドライブベルト」に加え「ウエイトローラー」と「スライドピース」も一緒に交換させて頂きました。
20181024_04 20181024_05
ついでに足回りの方もチェックさせて頂いたところ、フロント「タイヤ」が交換時期だったので20181024_06追加で交換させて頂き、全ての作業を終えました。

「ドライブベルト」とフロント「タイヤ」は今回が新車から初めての交換でした。

こうして欠かさず定められた時期に消耗部品の定期交換をして来てますので、<マル2さん>のバイクも今まで一切ノートラブルです。

最後に「SPADA」で来店された際に頼まれていた、ジャケット「Honda メンズ・フーディジャケット」も入荷していたので、一緒に納品させて頂きました。
20181024_07
毎度!毎度!有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月23日 (火)

ZOOMERタイヤ&ブレーキシュー交換

20181023_01「ZOOMER」にお乗りのお得意様が、今年14回目の来店で「エンジンオイル」の交換依頼でした。

新車から6年と9ヶ月ほど経つ車両ですが、走行距離は7万6千キロを突破し、今回で「エンジンオイル」も36回目の交換となりました。

頻繁に来店を頂いてますので、改めて診る部分はないのですが、序なので作業の合間に「タイヤ」や「ブレーキ」などの足回りだけは、念のためチェックさせて頂きました。

その結果リヤの「タイヤ」と「ブレーキシュー」が交換時期だったので、追加で交換させて頂きました。
20181023_02 20181023_03
フロント「タイヤ」も今まで4回交換しておりますが、このリヤ「タイヤ」に関しては今回で5回目の交換となりました。
20181023_04
交換した「タイヤ」は1年4ヶ月しか経っておりませんが、その間1万9千キロも走り、また今年の夏は暑かったので、減りも然る事ながら酷くヒビ割れも起こしておりました。

「ブレーキシュー」に関しては、フロント側が6万4千キロを超えた頃に一度だけ交換してますが、今回のリヤ側に関しては新車から初めての交換となりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

MotoGP 2018 Rd.16 日本GP!

今日は「MotoGP」第16戦で、日本GP「ツインリンクもてぎ」でした。

https://www.honda.co.jp/WGP/race2018/rd16/

現地には家の<長男>&<次男>が昨日の予選から観に行き、<三男坊>は学校の仲間と決勝の今日から観に行きました。
20181021_02 20181021_01
店では今回も<ヤス坊さん>が開店直後から来てくれて、午後の「MotoGP」クラス決勝の始まる頃には<マル2さん>も駆け付け、私は仕事をしながらでしたが、三人で最後まで観戦いたしました。
20181021_04 20181021_03
「Repsol Honda Team」の<#93 Marc Marquez>は、アラゴンGP、タイGPに続き日本GPでも熾烈なトップ争いを制し、早くも年間チャンピオンを決めました。
20181021_05 20181021_06
「LCR Honda CASTROL」の<#35 Cal Crutchlow>も2位に入り、Hondaはホームグランプリで1-2フィニッシュを達成しました。

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

R1200GS ADVENTUREタイヤ交換

20181020_01「R1200GS」のタイヤを交換しました。

2ヶ月前に車検を取ったばかりの<監督様>のバイクです。

<監督様>も相変わらず忙しい方でバイクの走行距離も伸びてないので、「タイヤ」も前回の交換後5千キロしか走っておらず溝もバリ山残っておりました。

なので車検には問題なく通したのですが、流石に前回の交換から8年近く経つ「タイヤ」なので、経年劣化による硬化が始まっているでしようから、今回は危険と判断し交換をお勧めいたしました。

交換した「タイヤ」は今までのMICHELIN「ANAKEE2」から、銘柄を換えて今年新発売のBRIDGESTONE「A41」にしてみました。
20181020_02 20181020_03
http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/s-bridgestone-02/

因みに前回は新車から5年3ヶ月で1万2千キロを走り、スリップ・サイン(磨耗限度表示)が出始め交換となりましたが、今回は7年10ヶ月で5千キロでしたが交換とさせて頂き、新車から2回目となる「タイヤ」を終えました。

<監督様>毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

RSV4冷却ファン作動不能!

<マコちゃん>の「RSV4 R APRC」が、新車から5年2万8千キロで遂に故障しました。

「ラジエター」を冷やす「電動ファン」が回らくなりました。
20181019_02_2
通常でも直ぐに冷却水温が100度を超えて、「電動ファン」が回りっ放しのバイクなのに、これが回らないのは致命的な故障です。

そのまま走るのは危険なので、ロードサービスの利用も勧めましたが、一週間後にまた宇都宮から、しかも雨の中を自走で来て頂きました。

先月の車検を取った直後の事だったので、当初は当店で行った整備の際に、誤って何処かのコネクターでも外してしまったのか?・・・など、何れにしても当店でこんな状態を見逃していた事に責任を感じながら、故障診断に取り掛かりました。
20181019_03_2
「電動ファン」単体では正常に回る事が確認できたので、次に「ファンリレー」の点検をしようと探したところ、付いてる場所が中々探せず手子摺りましたが、事前に用意していたP/LやS/Mを駆使して何とか見つけ出しました。

「ファンリレー」は燃料タンクを外し、更にその下のエアクリーナーボックスを外して、やっと見えて来ましたが、その時点で直ぐに異常な事に気付きました。

本来フレームのステムヘッド内側の空洞スペースに設置されてる筈の「ファンリレー」が、ポロッと落ちてシリンダーヘッドの上に転がっておりました。
20181019_04_2 20181019_05_2
この「ファンリレー」に関しては、簡単に外れるような付き方はしてないし、当店でも手を入れた事の無い場所だったので、若しかしたら新車の頃から熱々のシリンダーヘッドの上に、長い間転がっていたのかも知れません。

コネクターを外してみたところギボシ部分が緑色に腐食しており、やはり単体でテストして診たところスイッチが入らず壊れている事が分かりました。
20181019_06_2 20181019_07_2
恐らく長期間熱にさらされ壊れたのでしょう。

20181019_08_2念のため同じリレーが「ヘッドライトリレー」にも使われていたので、そいつを試しに付け替えてエンジンを回したところ、設定温度の101度で「電動ファン」は正常に回りました。

こんな事で割と簡単に故障診断は終えたのですが、部品の調達に10日以上掛かったり、メーターディスプレーのエラーメッエージを消去するのに時間が掛かってしまい、バイクを預かってから修理が出来上がるまでに約5週間ほど掛かってしまいました。

ちなみに新しく届いた「ファンリレー」は何かの対策品なのか?大きさが一回り小さくなって20181019_01_2形状が変っておりました。

今までのと取り付けの向きが異なるので、交換するのに少し苦労しましたが、無事に交換作業も終える事が出来ました。

一番イイ時期にバイクに乗れず心配けて申し訳御座いませんでした。

その上また今回も出張先の徳島土産まで頂き、逆に気を使って頂いちゃって!毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

SPADAタイヤ交換!

20181018_01「VT250SPADA」2号車の「タイヤ」交換でした。

<マル2さん>が約4年前からサーキットで走らせてるレーサーです。

うちの「VT250SPADA」1号車と同じで、6月の「レース用タイヤサポートキャンペーン」の時に、既に新品「タイヤ」は買い置きしてました。

なので本当は夏の終わり頃までには使い切り交換の予定でいましたが、今年は<マル2さん>も忙しかったようで、中々走りに行けず交換のタイミングを失っておりました。

そんな折やっと時間が取れて先週の日曜日に「桶川スポーツランド」に走りに行ったようですが、残念な事に予報外の雨に見舞われ結局は走れなかったようです。

現地ではイグニッションスイッチの不具合も発生していたので、それの修理と一緒に前倒しで「タイヤ」も交換しちゃう事になりました。
20181018_02 20181018_03
前回の交換から2年10ヶ月でサーキット走行4~5回なので、まだ「タイヤ」は数回使えそんな感じで少し勿体ない感じでしたが、今回は少し早めの交換をさせて頂きました。

もちろん「タイヤ」は今回もピレリ「DIABLO SUPERCORSA」で、今回で3回目の交換でした。
20181018_04 20181018_05
20181018_06 20181018_07
イグニッションスイッチの方は接点が接触不良を起こしていたので、シリンダー裏側の部分を分解し接点復活剤を注入したところ改善が見られたので、一先ずこれで様子を見てもらう事にしました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月17日 (水)

GPz750タイヤ交換

「GPz750」の車検でした。

20181017_01「GPz750」と云っても水冷の「GPz750R」ではなく、もう少し古い空冷の’83年式「ZX750A」の方です。

35年も前の旧車ですが、2年前の車検からも千5百キロしか走ってなかったので、今回も特に大きな不具合はありませんでした。

強いて言えば「タイヤ」が前回の交換から6年も経って、経年劣化による硬化が始まりヒビ割れもし始めておりましたので、お勧めして交換させて頂きました。

流石に古いバイクなので「タイヤ」は選べるほど種類が無く、今回もBSの「BT45V」を履く事になりました。
20181017_02 20181017_03_2
本来Hレンジ(210km/h)のバイアス「タイヤ」が指定でしたが、後輪に適合するサイズ設定が無かった為、今回も前回同様Vレンジ(240km/h)の「タイヤ」で交換となりました。

あとは前後のブレーキ液を交換した程度で作業は終わりました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

マジェスティS 5万キロ!

20181016_01今日は「MajestyS」の整備で、「ドライブベルト」などの交換をしました。

今年の6月頃から来るようになった方のバイクで、当店で販売したものではありませんが、それから頻繁にお越し頂いてるお客様です。

月平均で千5百キロも走っているようで、「エンジンオイル」の交換も今回の来店で3回目でした。

走行5万キロを超えた’14年式「MajestyS」ですが、過去2~3万キロ走行時に「ドライブベルト」が切れた事があり、そろそろ不安になって来たようで交換をするよう頼まれました。
20181016_02 20181016_03
新車から2回目の「ドライブベルト」交換のようなので、そうなると「ドライブベルト」以外にも損耗している駆動系パーツが有る可能性が高いので、事前に細かく点検させて頂く事になりました。
20181016_04 20181016_05
点検のためエンジンカバーを開けてプーリーを外そうとしたところ、初っ端からドライブ側プーリーのボスが固着して抜けませんでした。
20181016_06 20181016_07
時間が掛かりましたが何とかプーラーを駆使してプーリーを抜く事が出来ましたが、ボスも20181016_08相手のクランク軸も真っ赤々にサビてました。

クランク側は磨き込んでサビを落としましたが、腐食の酷いボスの方は今後の事も考え新品に交換しました。

点検の結果「クラッチシュー」や「トルクカム」は大丈夫そうだったので、今回は「ドライブベルト」に、念のため減り始めの「ウエイトローラー」と「スライドピース」だけ交換いたしました。

最後に駆動系とは少し関係の無い所で「エアーフィルター」と、駆動系冷却口の「エレメント」が物凄く汚れていたので、こちらも追加で新品に交換させて頂きました。
20181016_09 20181016_10
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

リトルCUBドライブチエーン交換!

20181014_01「Little Cub」にお乗りの方が来店され、後輪付近から異音の訴えで修理を頼まれました。

当店には初めての方で、バイクは数年前に中古車で購入したと言う’04年式の車両でした。

軽く後輪を回しただけで、異音の原因は直ぐ分かりました。

「ドライブチェーン」が限界を超えて伸びてしまい、20181014_02「チェーンケース」の底をガラガラ這いずり回っている状態でした。

車両購入店で去年の2月頃に「ドライブチェーン」を交換してから5千キロくらいしか走ってないらしいのですが、ダメになっておりました。

今年の初め頃にも同様の症状が発生し、一度だけ購入店で調整してもらったそうですが、その時以外は給油や調整は一度もやって無かったらしいです。

しかも交換されてた「ドライブチェーン」は、メーカー不明のノンシールチェーンで、「スプロケット」の交換は行われておりませんでした。
20181014_03 20181014_04
修理はドライブチェーン」に加え前後の「スプロケット」の交換となりましたが、スイングアー20181014_05ムのピボット付近に付いてるチェーンガイドの損耗も激しかったので、これも追加で交換しました。

最後に伸びた「ドライブチェーン」が「チェーンケース」の底を引き摺った際に損傷した部分を修正して全ての作業を終えました。

チェーンは伸びていてもスプロケットは一見あまり減っているように見えません。

ところがスプロケットは、磨耗を抑える歯底の表面硬化層が0.5~0.9mm程度と薄い為、ぱっと見た目には減っているように見えませんが、既に寿命が来ていて、このまま新品チェーンに交換すると、スプロケットの歯底は加速度的に磨耗が進行していき、チェーンとスプロケットの噛み合わせが悪くなります。

この結果チェーンの寿命を短くするだけでなく、緩んだり、外れたり、切れたりする事があり大変危険な状態になります。

チェーン・コンデションが悪いと加速不良、馬力損失、燃費低下を招くだけでなく、振動やギヤ・チェンジがし難くなったりもしますので、定期的に給油・調整を行い、使用限度を超えたものは早めの交換をお勧めいたします。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

スーパーカブ6万キロ突破!

20181013_01このお客様も今まで何台もバイクを乗り換えて頂き、かれこれ30年近くお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「SUPER CUB50 STD」に関しては、それまで乗って頂いてた「CD50」からの乗り換えで、’08年に購入を頂いたものです。

今回は後輪「タイヤ」のパンクで来店でした。

リアキャリアの大きな箱には荷物満載で、配達で長距離を走る方なので、パンクした「タイヤ」は「チューブ」に複数の穴が開いてました。

修理は不可能と判断し、今回は「チューブ」ごと交換させて頂きました。
20181013_02 20181013_03
それから4ヶ月前の来店時にもご案内してた通り、「点火プラグ」と「エアフィルター」が距離的に交換時期なのと、フロント「タイヤ」も溝が無くなり限界を超えてたので、追加で交換させて頂きました。
20181013_04 20181013_05
最後に「エンジンオイル」も交換させて頂き、全ての作業を終えました。

このお客様も頻繁に来店されメンテナンスを依頼される方なので、新車から11年近く経つ6万2千キロ超えの「SUPER CUB50 STD」ですが、未だトラブルです。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

ディオ エンジン始動不能!

20181012_13エンジン始動不能の修理でした。

古い’05年式AF62の「DIO」で、積算系が4桁の頃のバイクなので正確な走行距離は不明でしたが、恐らく数万キロは走ってる感じの車両でした。

過去に何度か「エンジンオイル」の交換を怠りオイル切れで走った経緯が有り、それ以来オイル消費も激しくなっていたようで、エンジンからも異音が出ていたようです。

それでも騙し騙し乗っていたようですが、遂にエンストしたきり再始動が出来なくなったようです。
20181012_01 20181012_02
「エンジンオイル」は殆ど入っておらず、エンジン圧縮も4K以下でした。
20181012_05_2 20181012_06
早速エンジンを分解して各部を点検して診たところ、シリンダーヘッド内の「カムシャフト」や「ロッカーアーム」が焼けてました。
20181012_03_220181012_04_2
吸排気ポートは乾いていてバルブステムにオイルの付着も無さそうでしたが、燃焼室側はカーボンがテンコ盛りに堆積し幾分湿っておりました。
20181012_0720181012_08
驚く事に「ピストン」と「シリンダー」の損傷は少なく、「クランクシャフト」も生きているようでしたが、「ピストンリング」に関しては特に「オイルリング」がカーボンで固着しておりました。
20181012_0920181012_10
それから「カムチェーンテンショナー」の特にテンショナー側ガイドが薄くなるまで減ってしまい、酷く変形して反り返ってしまい、「カムチェーン」にテンションが掛かって無い状態でした。
20181012_11 20181012_12
異音はシリンダーヘッドからでは無く、「カムチェーン」がカムチェーントンネル内を叩いているような音でしたので、これが原因で出ていたようです。

「カムシャフト」、「ロッカーアーム」に「ピストンリング」と「カムチェーンガイド」を交換し、全ての作業を終えました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

リード125 長期放置!

当店で’13年に販売した「LEAD125」です。

約2年振りの来店でしたが、この1年くらい乗ってなかったようで、エンジンも掛からなくなってました。
20181011_01
新車から4年が経つところですが、走行距離はやっと5千キロを超えたところで、調べたところ前回の来店からも、2年で270キロと極めて少ない距離しか走っておりませんでした。

少なくとも「バッテリー」はダメな事に違いないので、一先ず新品に交換してエンジンが掛かったら、序に久しくやって無かった「1年点検」と、「エンジンオイル」の交換もするよう頼まれました。

実際は2年近く放置されていたバイクなので、やはり「バッテリー」はダメだったので交換したところ、エンジンに関しては一発で始動できました。
20181011_02 20181011_03
最後に来店された2年前にも「1年点検」を実施してますが、それから殆ど走って無いので、他に大きな不具合は無さそうでしたが、長期にわたり雨風にさらされいたので、その点は考慮して細かく点検して行きました。
20181011_04 20181011_05
想定していた通りですが、特に下回りの汚れとサビが酷く、フロントのブレーキャリパーに至っては、ピストン回りのサビに加え虫が住み付いていたようで、マユのようなものや、蜘蛛の巣のようなものまで付いておりました。

最後に「エンジンオイル」の交換をして、復活を遂げた「LEAD125」でした。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

アドレスV125 シート張替! 

20181009_01「ADDRESS V125G」の「エンジンオイル」交換で、<中長老様>が来店でした。

このバイクも新車から12年目に入り、距離も6万3千キロを突破したので、作業の合間に過去の整備歴などをチェックしてみました。

やはり1万キロ毎に行って来ている「ミッションオイル」や「点火プラグ」に、「エアフィルター」が交換時期となっておりましたので、この序に交換させて頂きました。
20181009_02 20181009_04
それと「メーター球」が切れているようだったので、こちらも合せて交換させて頂きました。
20181009_03 20181009_05
こうして欠かさず定められた時期に消耗部品の定期交換をして来てますので、<中長老様>のバイクも今まで一切ノートラブルです。
20181009_0720181009_08
最後に長年使い続けて破れてしまった「シートレザー」を張り替えました。
20181009_0620181009_09
純正では張替用の「シートレザー」が補修部品として販売してなかったので、社外メーカー20181009_10のリプレイス品を調達して張り替えました。

それから先週のブログで案内しておりました、「防風コンプレッションウエア」も別途ご注文を頂いており、ちょうど入荷して来ましたので合せて納品させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

INTERMOT2018

「インターモト2018」が開催されました。

新型「KATANA」が登場でした。!
20181010_01

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

東京モーターフェス

東京のお台場では「TOKYO MOTOR FES 2018」が開催されました。

https://tmfes.com/

現地には家から唯一人<三男坊>が、学校の仲間と観に行ってたようです。
20181008_01 20181008_04
露店の展示で「モーターショー」等に比べれば規模は小さかったようですが、最新のバイクやクルマが展示され会場は賑わっていたようです。
20181008_02 20181008_03
今年活躍したレーシングマシンが目の前で見れたり、話題の「NIKEN」などにも跨って来たようでした。

| | コメント (0)

2018年10月 7日 (日)

2018MotoGP第15戦 & F1第17戦日本GP

20181007_01今日は「MotoGP」第15戦で、開催初となるタイGP「チャーン・インターナショナル・サーキット」でした。

https://www.honda.co.jp/WGP/

タイは日本と時差が2時間程あるので、今回も店で仕事をしながらの観戦でした。

「Moto3」の始まる昼頃には<ヤス坊さん>も登場し、一緒にライブ放送観てました。

前回のアラゴンGPに続き「Repsol Honda Team」の<#93 Marc Marquez>が、熾烈なトップ争いを制してタイGPを初制覇しました。

20181007_02「鈴鹿」では「フォーミュラー・ワン世界選手権」第17戦日本GPでした。

https://www.honda.co.jp/F1/

店のTVにはBSもCSも入って無いので、リアルタイムには観れませんでしたが、「Red Bull Toro Rosso Honda」は、6-7番グリッドからスタートした<#10 Pierre Gasly>が11位、<#28 Brendon Hartley>が13位でチェッカーでした。


| | コメント (0)

2018年10月 6日 (土)

リード110 オイル添加剤注入!

「LEAD110」の「エンジンオイル」交換を頼まれました。

’08年式の「LEAD110」で、走行距離は4万3千キロに到達するところです。

20181006_02今までは2千キロ毎に行っていた「エンジンオイル」の交換ですが、3万キロを超えた頃からオイルの消費が多くなり始めました。

「エンジンオイル」交換の際には、オイル量の点検をしてから行ってますが、2千キロ毎の「エンジンオイル」交換では、オイルレベルゲージの先端にも付かないくらい減るようになったので、今では千キロ毎に交換をするようになってます。

20181006_01加速するとスモークするようなので、「ピストン」~「シリンダー」回りの磨耗などが考えられましたが、「オイルリング」のカーボン堆積による固着であれば若しかして改善できるかも?と、ダメ元ですが僅かな期待を込めて「エンジン内部洗浄剤」の使用を試してみる事になりました。

今回は速効性のフラッシングでは無く、「エンジンオイル」に添加して走行しながら汚れを落とす遅効性の「eクリーンプラス」を使用して経過観察する事になりました。

当店のお客様では安価な「鉱物油」よりは「100%科学合成油」を使用して、走り出し前の暖機運転を欠かさず行っている方には、こう言うトラブルは皆無なので、エンジンを長持ちさせるには暖機運転の実施と、少し高額になりますが「100%科学合成油」の使用をお勧めします。
20181006_05_2 20181006_06
最後に「点火プラグ」と「エアフィルター」が前回の交換から1万4千キロ以上換えてなかったので、今回の序に交換させて頂き全ての作業を終えました。
20181006_03 20181006_04
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月 5日 (金)

LIVEディオ 加速不良!

20181005_02_2当店で3年前に中古車として販売した「Live DIO J」です。

18年も前の古い車両でしたが、あれから3年はノートラブルで乗って頂いたようです。

ところが最近になって急に加速しなくなったらしく、3年振りの来店で修理の依頼となりました。

状態を確認すると訴えのあった加速不良に加え、停車時にも車体が前進してしまう症状があったので、先ずは一番にクラッチ回りの不具合と考え、早速エンジンカバーを開けて駆動系内部を点検してみました。
20181005_01_3 20181005_03_2
その結果やはり「クラッチスプリング」が1本折れいるのが分かりました。
20181005_04_220181005_05
折れているだけなら良かったのですが、その折れた「クラッチスプリング」がプーリーの間に挟まり、プーリーが開きっ放しの状態になっておりました。
20181005_06 20181005_09
20181005_07_220181005_08
これで加速不良の原因も分かったのですが、折れた「クラッチスプリング」の針金先端が、20181005_10「ドライブベルト」内側の全周をなぞるように裂いておりました。

この針金先端がプーリー内側の「ドライブベルト」接触面にもキズを付けてましたが、こちらは軽く磨いてキズを落とす程度に留めました。

修理は折れた「クラッチスプリング」と裂けた「ドライブベルト」に、念のため減り始めの「ウエイトローラー」と「スライドピース」も交換する事にしました。

20181005_11エンジンカバーを開けた序だったので、動きの悪くなっていたキツクスターターも分解清掃した後、給油してスムーズに作動するようにして修理は完了でした。

最後に充電も受付なくなり寿命となっていた「バッテリー」の交換と、接触の悪くなていたスタータースイッチの接点清掃を行い、キックでもセルでもエンジン一発始動できるようにして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

TZR250SPRタイヤ交換

今日は午後から「TZR250SPR」の「タイヤ」交換でした。

<ウミ坊主様>のバイクですが、あの片肺状態からも一先ず脱出し約1ヶ月半経ちました。

術後の経過も良いようなので「タイヤ」交換を勧めてみました。

「タイヤ」は先週入荷して今日が交換の予定日でした。

ところが!・・・・予定通り事前に連絡が入り、これから来店を頂くとの連絡が有りましたが、その後暫くしてまた連絡が入り・・・嫌な予感です。

20181004_01心配が的中したのか!??走行中にエンストしてしまい再始動不能のようでした。

また片肺状態のようなので「キャブレター」の詰まりが再発したかと思いましたが、どうも話を伺うと今回は少し違うような感じでした。

最初エンジンは一発で掛かり、その後も10キロ程度は快調に走ったそうですが、徐々に低速不調となりエンストしたそうです。

直ぐにエンジンは再始動するも調子は悪いままで、2~3キロ走ったところで再びエンストした後は、全くエンジンは掛からなくなったと言う事ででした。

これってガス欠でしょう?
燃料タンク内を覗いてもらうとタンクの底の方に油面が見えると仰るので、目の前のGSで燃料補給をして頂いたところ、なんと12.4Lも入ったようでした。

このバイクの燃料タンク容量は15Lで予備タンは3.5Lです。

前回の燃料補給からも100キロくらいは走っているようなので、どうも今回はガス欠だったようです。

無事に店に辿り着き本題の「タイヤ」交換となりました。
20181004_02 20181004_03
また最近バイクに乗るようになった<ウミ坊主様>ですが、こちらの「TZR250SPR」の方は数年殆ど乗らずに放置していた期間があり、もう一台大きいバイク「ZZR1100」を持っているので、なかなか距離が伸びておりませんでした。

前回の「タイヤ」交換からは5年6ヶ月ほど経っておりますが、その間に走った距離は非常に少なく2千キロ程度でした。
20181004_04 20181004_05
なので3年経っても4年経っても「タイヤ」が減らなかったので、あえて今までは強く勧めてなかったのですが、流石に6年近く経って古くなってきた「タイヤ」は危険と判断し、今回はお勧めして交換して頂く事となりました。

今後も「タイヤ」の減るのを待ってると平気で5年~6年経っちゃいそうで、そうなると劣化(硬化)して性能の落ちた「タイヤ」で走り続ける事になりかえって危ないので、今回は前回より更にコンパウンドが柔らか目で交換サイクルの早い「タイヤ」をお勧めしてみました。
20181004_0620181004_07
<ウミ坊主様>もライフよりグリップ重視の「タイヤ」を希望だったので、今回は今までの「MICHELIN」から「PIRELLI」に銘柄を換えて、レーシングタイヤ「DIABLO SUPERCORSA V2」直系のトレッドパターンと構造が採用された「DIABLO ROSSOⅢ」をお勧めしてみました。

https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/motorcycle/all-tyres/sheet/diablo-rosso-3

いろいろ有りましたが、毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2018年10月 3日 (水)

GIVEトップケース セールのご案内

人気の定番商品「GIVI TOUR E30TN(無塗装ブラック)」特価セール!

下記対象20%OFF! 平成30年10月28日まで!!
12,000円 → 9,600円

商品仕様:奥行400mm×幅410mm×高さ300mm
重量 ベース込2.8Kg 最大積載量 3Kg
無塗装タイプのため、表面はザラザラしております。
20181002_01
容量はタップリ30L!フルフェイスヘルメットも収納可能!
(ヘルメットのタイプにより、収納できない場合もございます)

■表示価格は消費税抜き価格です。
■交換工賃は含まれません。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
ご注文はお早めに!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年10月 2日 (火)

BT防風パワーストレッチシリーズSALE

風を打ち砕け!!防風コンプレッションウエア
OTAFUKU GLOVE 「BT防風パワーストレッチ」シリーズ特価セール!
http://www.otafuku-glove.jp/

こちらの商品は季節商品の為、在庫が無くなり次第販売終了となりますので、ご容赦をお願いします。

寒さ・冷たい風から体温を保持!着るもののパフォーマンスを最大限に発揮。
寒い外での作業をする際のインナーにも大活躍。
1サイズ上の選択で作業着の上からも使えます。!

生地の表面はポリウレタンコーティングを施した防風仕様にし、裏面は肌触りの良く保温性に優れたレイズドファブリック(微細裏起毛)を使用した2層構造。
コーティング部分もストレッチ性に優れ、更に動き易いように設計されたハイブリッド仕様。

OSSFW-JW192(JW-192)BT防風パワーストレッチ ベスト
20181003_01 20181003_02
◆カラー : 22.シルバー/41.ブラック×イエロー
◆サイズ:S,M,L,LL,3L
特別価格20%OFF
\3,800 特価→\3,040

0SS-FWJW193(JW-193)BT防風パワーストレッチ ロングタイツ
20181003_03 20181003_04
◆カラー : 22.シルバー/41.ブラック×イエロー
◆サイズ:S,M,L,LL,3L
特別価格20%OFF
\3,300 特価→\2,640

「素材」
防風部分:ポリエステル90%/ポリウレタン10%(ポリウレタンコーティング)
その他の部分:ポリエステル90%/ポリウレタン10%

サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。
20181003_05
■表示価格は消費税抜き価格です。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定に付きメーカー在庫が無くなり次第終了させて頂きます。
ご注文はお早めに!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »