« CRF450L新発売! | トップページ | KX85-Ⅱチューニングパーツ入荷! »

2018年8月24日 (金)

TZR250SPR片肺!

<ウミ坊主様>の「TZR250SPR」再入院でした。

またエンジン片肺のようでした。

この車両は3ヶ月前に3年振りの点検を行いましたが、実はその時から同様の症状が出ておりました。

この3年くらいは殆ど乗らずに放置していたようで、「燃料タンク」内には水が溜まって中はサビサビでした。

20180824_01本来ならば「ヒューエルコック」も外して、「燃料タンク」内を念入りに洗浄したかったのですが、「ヒューエルコック」の「ガスケット」がダメなようで燃料が滲んでいたため、その段階ではその処置ができませんでした。

仕方なく「タンキキャップ」の方から腐ったガソリンを吸い上げられるだけ抜いて、サビで詰まっていた「キャブレター」を分解掃除し、その時は症状が回復したので一旦退院して頂きました。

今後もこの「燃料タンク」内のサビが原因して同様の症状を繰り返しそうでしたが、やはり今回も右エンジンが爆発してないようで、右「キャブレター」からはオーバーフローもしていました。

なので今回は「ガスケット」類を事前に準備しておいて「ヒューエルコック」を外し、可能な限り「燃料タンク」内から剥がれ落ちたサビを取り除いてみました。
20180824_02_2
↑ 1回目の「燃料タンク」上の「タンキキャップ」からシュポシュポで吸い上げたサビ。
20180824_03
↑ 今回行った「燃料タンク」下の「ヒューエルコック」を外して出したサビ。
20180824_05 20180824_04
↑ 「ヒューエルコック」の中もサビで詰まってました。
20180824_06_2
在庫が無くて前回は交換してなかった「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換し、「キャブレター」の方はドレンを排出してあげただけで、今回は片肺症状も回復し調子を取り戻したようですが、「燃料タンク」のサビは完全には取り除けないので、今後も継続して経過観察とさせて頂く事になりました。

最後に劣化した「ハンドルグリップ」も交換して全ての作業を終えました。
20180824_0820180824_09
毎度有り難う御座いました。

|

« CRF450L新発売! | トップページ | KX85-Ⅱチューニングパーツ入荷! »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CRF450L新発売! | トップページ | KX85-Ⅱチューニングパーツ入荷! »