« R1200GSアドベンチャー車検! | トップページ | NC750X 12ヶ月点検! »

2018年8月29日 (水)

GT125 ベルト粉砕!

当店で’12年に販売した「GT125」です。

20180829_01_2「ドライブベルト」が切れたようで、連絡が入りました。

走行中に異音の発生直後、駆動不能に陥ったようで、翌日ロードサービスに運ばれ車両が入庫しました。

早速エンジンカバーを開けて診たところ、やはり「ドライブベルト」は切れていたのですが、切れていると云うよりはバラバラに粉砕してケース内に散らばっておりました。

この車両は3年近く前にも一度「ドライブベルト」を換えた事が有ります。

20180829_02_2その時も3万キロ以上走っていて何時切れるか分からない状態だったので、切れる前に交換するよう促し促し、やっと交換させて頂いた経緯があり、その時も「ドライブベルト」は間一髪で切れる寸前だった事を思い出します。

今回、新車から6年近く走った車両は、メーター読みは4万キロくらいですが、一昨年くらいに「メーターケーブル」が切れたまま2万キロくらい走っていた過去があるので、実際の走行距離は6万キロ以上走っていると思われます。

なので前回の交換から3万キロ以上は走っているようなので、今回も「ドライブベルト」は切れるべくして切れたような感じでした。

その切れた「ドライブベルト」の一部は繊維状になり、前後のプーリーにガッチリ巻き付き噛み込んでおりました。
20180829_03 20180829_04
残りの「ドライブベルト」も跡形なく粉々になってました。
20180829_05 20180829_06
普通に「ドライブベルト」だけを交換する作業とは違い、噛み込んだ「ドライブベルト」をプーリーから抜き取ったり、エンジンケース内に飛び散った「ドライブベルト」の破片やダストの掃除で大変でした。

「ドライブベルト」はゴム部品の性質上、距離や時間の経過で劣化が進み、今回のように最後には必ず切れてしまいます。

「ドライブベルト」はタイヤみたいに溝が減ってきたので気をつけて乗ろうとかは出来ませんし、切れてしまうとパンク修理みたいに応急修理はできないので、今回のように出先で「ドライブベルト」が切れて走行不能の立ち往生は大変困ると思います。

スクーターにお乗りの方は切れる前の予防整備として、必ず定期的(2万キロ前後又は4年毎)な「ドライブベルト」の交換をお勧めいたします。

心当たりの方!早めに交換してくださいネ!

|

« R1200GSアドベンチャー車検! | トップページ | NC750X 12ヶ月点検! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R1200GSアドベンチャー車検! | トップページ | NC750X 12ヶ月点検! »