« 2018WCT日本GP | トップページ | シグナス ブレーキパッド交換! »

2018年6月 6日 (水)

フォーサイト点検整備!

「Foresight EX」にお乗りのお客様から、諸々の点検や整備を頼まれました。

2ヶ月前にも遠く埼玉県から来て頂いた方で、今回は始動性の問題や「タイヤ」交換などの依頼でした。

始動性の問題は「キャブレター」のOH(分解清掃)や、二次エアを吸い込んでいた「インシユレーター」の交換と、真っ黒に汚れていた「エアフィルター」を交換して改善いたしました。
20180606_01_2 20180606_02
「タイヤ」に関しては、スリップサイン(磨耗限度表示)も消えて、溝も殆ど無くなり掛けておりました。
20180606_04 20180606_03
製造年月日を見ると3年以上も前の「タイヤ」のようで、経年劣化によるクラック(ヒビ割れ)も酷かったので、前後とも新品に交換させて頂きました。
20180606_06 20180606_05
スリップ・サイン(磨耗限度表示)とは、法律で決められた「タイヤ」の使用限度を示すサインで、「タイヤ」トレッド周上に6ヶ所位有るどれか1つでもスリップサインが現れた場合、そのタイヤは法的にも使用不可となります。(整備不良で違反キップ&車検にも通りませんヨ!)

最後に「エンジンオイル」の交換を行い、今回の全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

ゴムで出来ているタイヤは、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて固く硬化して行き、次第に亀裂などが発生し劣化が進んで行きますので、タイヤ溝が残っていても一般的に3年毎の交換が推奨されてます。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« 2018WCT日本GP | トップページ | シグナス ブレーキパッド交換! »

修理(燃料系)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018WCT日本GP | トップページ | シグナス ブレーキパッド交換! »