« 井上堯之バンド | トップページ | レッツ4 サービスキャンペーン »

2018年5月 8日 (火)

グラストラッカー加速不良!

GWに入った先月末の事ですが、加速不良の訴えで「GrassTracker」の修理を頼まれました。

当店には初めての方でしたが、直ぐ近所にお住まいのようで、最近引っ越されて来たのでしょうか?他県ナンバーの車両でした。

伺うと去年の秋頃にもバイクを放置してしまいエンジン始動できなくなり、その時は他店で「キャブレター」のOH(分解・清掃)と「バッテリー」の交換をしたらしいのですが、その後また3ヶ月ほど放置したところ、今度は加速不良で高速道路でも速度が60キロ以上出なくなったそうです。
20180508_01
受け入れの段階では始動性も良くアイドリングも極めて安定しているし、軽く空吹かしした感じも悪くありませんでした。

「キャブレター」はプロのバイク屋さんで整備しているようなので、少なくとも「キャブレター」等の燃料系の不具合では無いだろうと考え車両を預かりしました。

一度他のバイク屋さんでちゃんと整備しているバイクなので、その先入観が働き当初は「クラッチ」滑りなんじゃないかとも考え試乗もして診ましたが、どうもそんな感じでもありませんでした。

中古車で買ったらしい「GrassTracker」は、当然うちで売ったバイクでは無いので、これ以上の過去の整備歴も分らず、不思議な症状に何処から手を付けて行って良いやら・・・・一から診て行くことにしました。

「点火プラグ」は新品に近いものが付いており、「エンジン圧縮」も正常値でした。

次に「エアフィルター」を調べたところ劣化して穴が開いておりました。
20180508_02 20180508_03
初っ端これが原因とも考えましたが、「キャブレター」をOHしておいて「エアフィルター」を見逃すバイク屋さんに少し疑いが出てきました。

やはり「キャブレター」をOHした時に何かミスってるんじゃないかと、発生している症状と重ね合せてみて「スロットルバルブ」に問題ありそうなので調べたら、案の定「スロットルバルブ」の「ダイアフラム」がちゃんとハマっておりませんでした。
20180508_0420180508_05
お客様曰く、60キロ以上出ないと気付いたのは最近らしいのですが、確かに「キャブレター」OH後から加速は悪かったそうです。

「ダイアフラム」をちゃんと付け直し、穴の開いた「エアフィルター」も交換して修理完了の筈でしたが、お預かりしてる間にもう一つ問題が発覚しました。
20180508_06
「ドライブチェーン」が引き代限界まで来て外れる寸前まで伸びて遊んじゃってました。

2005年式の18年も前の古い車体の割に遠目は新車に見違えるほど綺麗な「GrassTracker」で、距離もメーター読みで6千キロ台と少なかったのですが、ここまでの車両状態から推測すると、少なくとも4~5万キロは走ってる車両である事が明らかになりました。

追加で「ドライブチェーン」と同様に損耗している「スプロ20180508_07ケット」と、へたってガタの出ちゃっていた「ハブダンパー」も交換させて頂きましたが、ここでも1ヵ所ミスってる所を見つけました。

フロントの「スプロケット」が裏表逆に付いておりました。  

メーカー「SUZUKI」や問屋が連休明けの今日やっと部品が揃い、全ての作業を終えました。

また何か有ればご相談下さい。

有り難う御座いました。

|

« 井上堯之バンド | トップページ | レッツ4 サービスキャンペーン »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井上堯之バンド | トップページ | レッツ4 サービスキャンペーン »