« VOXタイヤつるつる! | トップページ | ディオ110 駆動ベルト交換 »

2018年4月25日 (水)

アドレスV100 加速不良!

加速不良の訴えで修理の依頼でした。

積算系が4桁の頃のバイクなので正確な走行距離は不明ですが、1999年式の20年近く前の「AddressV100」なので、恐らく数万キロは走ってる感じの車両でした。

当初は駆動系の不具合と想定しておりましたが、始動性も悪くスロットルを開け気味でないと、なかなかエンジンが始動しないので、左のエンジンカバーを開けて駆動系を診ながらも、クランクシャフトの「オイルシール」を診てみたら、やはり「オイルシール」が抜けておりました。
20180425_01_220180425_02
ついでに右のエンジンカバーも外してみたら、こちらの「オイルシール」も抜けておりました。
20180425_0320180425_04
クランクケースの一次圧縮が抜けてることが分かったので、左右共「オイルシール」の打ち換えを行いました。

加速も始動性も良くなりましたので、これで修理を終えました。

有り難う御座いました。

|

« VOXタイヤつるつる! | トップページ | ディオ110 駆動ベルト交換 »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VOXタイヤつるつる! | トップページ | ディオ110 駆動ベルト交換 »