« GT125 整備! | トップページ | PCX125 7万キロ整備! »

2018年3月10日 (土)

ズーマーX ブレーキ整備!

20180310_01当店で’14年に販売した「ZOOMER X」です。

8ヶ月振りに来店され、「エンジンオイル」の交換を頼まれました。

ついでに「ブレーキパッド」も怪しいので診て欲しいと頼まれました。

お客様の言う通り「ブレーキパッド」の摩擦材は無くなっておりました。

暫く前から自覚症状があったようで、ブレーキタッチに違和感と音も出始めていたようです。

そろそろ1万キロに到達する車両ですが、「ブレーキパッド」は新車から初めての交換となりました。
20180310_02 20180310_03
ついでに調べると「ブレーキ液」も酷く汚れていたので、一緒に交換させて頂きました。
20180310_0420180310_05
20180310_06
20180310_08
こちらも新車から3年8ヶ月で初めての交換となりました。

毎度有難う御座いました。

「ブレーキ液」は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

|

« GT125 整備! | トップページ | PCX125 7万キロ整備! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GT125 整備! | トップページ | PCX125 7万キロ整備! »