« MXGP 開幕! | トップページ | ギア ホイールベアリング交換! »

2018年3月 6日 (火)

レッツ2 始動困難!

20180307_05始動性が悪くエンスト多発の修理依頼でした。

積算系が4桁の頃のバイクなので正確な走行距離は不明ですが、2007年式の10年以上も前の「Let's2」なので、恐らく数万キロは走ってる感じの車両でした。

新車から乗ってるらしいのですが、今までまともな整備はしてないらしいので、一先ず「キャブレター」のドレンを抜いてみて、中に溜まってそうな水やゴミを排出してあげてから、一応「点火プラグ」と「エアフィルター」を交換してみました。

この作業でエンストの症状は回復したようですが、相変わらず始動性が悪くスロットルを開け気味でないと、なかなかエンジンが掛かかりませんでした。
20180307_01_220180307_03
もう一段だんかい突っ込んで診ることにして、左右のエンジンカバーを外してクランクシャフトの「オイルシール」を診てみたら、やはり「オイルシール」が抜けておりました。
20180307_0220180307_04
クランクケースの一次圧縮が抜けてることが分かったので、左右共「オイルシール」の打ち換えを行いました。
20180307_06 20180307_07
始動性も抜群に良くなり、これで修理を終える筈でしたが、エンジンカバーを開けた時に「ドライブドライブ」の劣化が酷く、ボロボロに砕け初めていたので、これも序に交換させて頂き全ての修理を終えました。

有り難う御座いました。

|

« MXGP 開幕! | トップページ | ギア ホイールベアリング交換! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MXGP 開幕! | トップページ | ギア ホイールベアリング交換! »