« F1 2018 開幕! | トップページ | プレスカブ タイヤ亀裂! »

2018年3月27日 (火)

シグナス タイヤ・カーカス露出!

20180327_03若いお客様から「パンク」修理の事で問い合わせがありました。

穴の大きさや形状、開いてる場所によってや、「タイヤ」自体が減って薄くなってる場合などは、修理が不可能な事を説明して来店頂く事になりました。

うちには初めてのようでしたが、すぐ近所に住んでる少年のようで、バイクは’05年式のちょっと古い「CYGNUS」でした。

早速「パンク」したと言う後輪を診させて頂いた20180327_01ところ、「タイヤ」は久し振りに見る凄い状態でした。

何かの異物が刺さって空気抜けしたパンクではなく、予想はしていたのですが、「タイヤ」自体が磨り減り過ぎて無くなってしまい、「タイヤ」の一番奥の部分にあるコード層(カーカス)まで露出して、表と裏が貫通し空気が抜けておりました。

もちろん新品「タイヤ」に交換となりましたが、こんな凄20180327_02_2い状態のタイヤは、お巡りさんに見られたら整備不良で違反切符です。

罰金も高いけど、こんな状態で走るとスリップ事故起こして、もっと高いもん付きます。

また、こんな状態でバイクに乗り続けると、何よりもバーストが一番怖いです。

バーストはタイヤの構造が一気に破壊される状態となるため、バイクが突然コントロール不能になったり、後続車を巻き込んだ多重衝突の原因となる事も多いので、こんなタイヤで乗り続けている方は、危険ですので早めにタイヤ交換してください。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« F1 2018 開幕! | トップページ | プレスカブ タイヤ亀裂! »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2018 開幕! | トップページ | プレスカブ タイヤ亀裂! »