« 第40回ダカールラリー | トップページ | ECUアップデート »

2018年1月23日 (火)

ベンリー エンジン始動不能

20180123_01’12年式「BENLY PRO」です。

信号停車時にエンストし再始動不能の連絡があり、現場まで車両を引き取って来ました。

当店で約6年前に販売した車両で、走行距離は7千キロ程度しか走っておりませんでした。

1年程前にも類似した症状が出て来店頂いた事が有りましたが、その時は直ぐに再始動出来たようで、エンジ20180123_06ン圧縮も正常値だったので、バイクの使用方の注意点と燃料添加剤(洗浄剤)の注入をお勧めして、様子を見て頂いておりました。

このモデルは加速中にスロットル開閉を頻繁に行うと燃焼状態が悪化し、カーボンがバルブシートに噛み込み、圧縮圧力不足となり始動不良となる事が有ります。

やはり今回はエンジン圧縮が3.6Kしか無く、いろいろ試してみましたが、何をやっても圧縮が上がらず、エンジンは全く始動出来ませんでした。
20180123_0220180123_03
20180123_04
20180123_05
この場合エンジンを分解して内部を掃除し、堆積したカーボンを取り除く必要が有りますが、今回はインレットバルブをエキゾーストバルブと同様のダブルスプリングに変更して、カーボンの噛み込みを緩和する対策キットが出ていたので、そちらに交換する事となりました。
20180123_0720180123_08
20180123_0920180123_10
吸排気「バルブ」に「バルブスプリング」や「カムシャフト」を含む「シリンダーヘッド」ごとを交換するキットです。
20180123_1120180123_12
「ピストン」だけはキットに入って来なかったので、綺麗に磨いて再使用しました。
20180123_1420180123_13
指定の値にバルブクリアランスを調整して出来上がりです。
20180123_15
この後、PGM-FIユニット(ECU)のプログラムアップデート(書き換え)を行い完了となります。

続く・・・・

|

« 第40回ダカールラリー | トップページ | ECUアップデート »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(リコール・保証修理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第40回ダカールラリー | トップページ | ECUアップデート »