« '17第4回オフロード走行会 | トップページ | フォルツァ 始動不能! »

2017年12月17日 (日)

セロー250 リヤサスリンクOH

20171217_01「SEROW250」のお客様方から、リヤサスリンク周りのOH(オーバーホール)を頼まれました。

1年と4ヶ月ほど前からお越し頂くようになったお客様で、3ヶ月前にはフロント「タイヤ」を交換した「SEROW250」です。

今年になってからも7回目の来店で、すっかり常連のお客様です。

20171217_02あれから3千キロ以上走り今回は、リヤサスからキコキコ鳴るとの訴えで来店されました。

2014年式の「SEROW250」ですが、走行は2万キロに達しているので、ここらで一発リヤサスリンク周りのOHをお勧めしました。

リヤの「スイングアーム」や「サスペンション」、「リンク」周りを分解して、回転軸部分の古いグリスを洗い流し、新しいグリスに入れ替える作業です。

「スイングアーム」の「ピボットシャフト」や、「リンク」の3ヵ所ある回転軸のうち「サスペンション」下端が付く部分には、元々「ベアリング」が入ってないので、グリスはとっくに抜けてサビサビになっておりました。
20171217_0320171217_04
古いグリスを綺麗に洗い流してから、サビた「ピボットシャフト」や「スリーブ」を磨いてあげて、新しいグリスを封入して終わりました。
20171217_0520171217_07

20171217_0620171217_08
作業終了後「サスペンション」が驚くほど柔らかく、物凄くスムーズに動くようになり、その変化に少し笑っちゃうほどでした。
20171217_09 20171217_10
今回は部品交換を伴わないOH(分解・清掃・給油)だけを行いましたが、この次やる時には20171217_11サビサビだった「スリーブ」や「ブッシング」も減って来てましたし、「ベアリング」なんかも含めて一緒に交換する事をお勧めします。

最後にハンドルの「グリップ」がツルツルに減っちゃってたので、それの交換も追加で頼まれました。

換えた「グリップ」は、手の平の当たる部分は平で衝撃が少なく、指のかかる部分は格子(ワッフル)状で滑り難いハーフワッフルのタイプです。

20171217_12当店ではモトクロッサーなどのオフロード車用に、常時在庫している「グリップ」で、純正タイプと違いワイヤリングできる溝も3ヵ所付いてて、ハードな使用にもお勧めな製品です。

また何かあれば宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

|

« '17第4回オフロード走行会 | トップページ | フォルツァ 始動不能! »

修理(足回系/サスペンション)」カテゴリの記事

修理(ハンドル・シート・ステップ)」カテゴリの記事

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« '17第4回オフロード走行会 | トップページ | フォルツァ 始動不能! »