« MotoGP決勝! | トップページ | ZZR1100燃料漏れ! »

2017年10月17日 (火)

GT125バルブクリアランス調整

「GT125」エンジン不調の訴えです。

約2ヶ月ほど前から始動性が悪くなり、エンストも多発するようです。

20171017_01ご自身で「点火プラグ」や「バッテリー」も換えて診たそうですが、それでも改善されずに徐々に悪化しているようで、現時点では殆ど始動不能のようでした。

今回は始動までに30分ほど掛かったそうですが、奇跡的にエンシンが掛かり来店されたようです。

車両は当店で’12年に販売した「GT125」で、新車から約5年で4万3千キロ以上走行しておりました。

年間8~9千キロは走る方なのですが、「エンジンオイル」の交換などは自分でやる方なので、当店にも時々こうして故障した時などに来る方です。

20171017_02今回の来店も約1年8ヶ月振りで、前回の来店からは1万キロ以上は走行しておりました。

自分でやれるメンテナンス以外の事は全く行ってないようなので、走行距離などを念頭に必要な点検を実施して行きました。

「点火プラグ」は最近換えてるようでしたが、念の為に締まり具合やスパークの状態を点検し、「プラグキャップ」、「プラグコード」、「IGコイル」などの点火系を調べて診ました。

点火系に不具合は無さそうでしたので、「点火プラグ」を外した序に「エンジン圧縮」を測定して診ました。

20171017_03少し低いようでしたが始動性に関わる程ではなかったので、次にエンジンの「バルブクリアランス」を測定して診ました。

原因が判りました。

「バルブクリアランス」(弁隙間)が全く有りませんでした。

基準を外れているどころか測定不能で、完全に突い20171017_04ちゃってるようで圧縮上死点でも「バルブ」が開いてる状態でした。

これじゃ圧縮抜けしちゃうのでエンジン掛かる訳がありません。

メーカー指定では6千キロ毎となってますが、遅くとも2~3万キロくらいで調整しないとこうなります。

正規の「バルブクリアランス」に調整して修理完了しました。

この後1万キロ以上交換してない真っ黒く汚れた「エアフィルター」を交換し、つるつるに減ったリヤ「タイヤ」を交換しました。
20171017_0520171017_06
最後に去年の9月頃から動いてないらしい「メーター」の修理をしました。

これは「ホイール」側の「メーターギヤ」を駆動する「レシーバー」が壊れてました。

この「レシーバー」を交換して今回の全ての修理&整備を終えました。
20171017_0720171017_08
毎度有り難う御座いました。

|

« MotoGP決勝! | トップページ | ZZR1100燃料漏れ! »

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

修理(燃料系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MotoGP決勝! | トップページ | ZZR1100燃料漏れ! »