« Honda Riding Assist-e | トップページ | Hondaエコマイレッジチャレンジ2017 »

2017年9月30日 (土)

パンク!?

パンクの修理かと思いきや、「タイヤ」交換になってしまったケースが2件続きました。

2件とも当店には初めてのお客様で、後輪「タイヤ」のパンクを訴えて来店されましたが、ともに以前パンク修理したところからのエア漏れでした。

その「タイヤ」もかなり減って交換時期を超えており、修理は不可能な状態でした。
20170930_01_2 20170930_02
1件目のバイクは「CYGNUS」で、「タイヤ」のセンター溝は完全に無くなりツルツルで、しかも過去に修理をしたシール剤の部分から2ヵ所もエアもれを起こしてました。
20170930_03 20170930_04
2件目のバイクは「LEAD125」でしたが、こちらもパンクした「タイヤ」はスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消えて無くなり、交換時期を超えた「タイヤ」で、同じくシール剤の部分からエアもれを起こしてました。
20170930_05 20170930_06
どちらも当然パンク修理は無理なので新品の「タイヤ」に交換させてもらいました。
20170930_07 20170930_08
一般的に行われる「タイヤ」のパンク修理(「タイヤ」外側から修理材を打ち込む方式)は、応急修理の一つなので100%完全に治る修理では有りません。
20170930_09
こうして「タイヤ」が減ってくると修理材が抜けちゃう事もあり、少なくとも普通に「タイヤ」交換時期まで持てばラッキーな方なので、一度パンク修理した「タイヤ」は早めに交換する事をお勧めします。

また厚みの薄く成った「タイヤ」は異物を貫通し易くなる為パンクする確立が上がり、実際にパンクの多発する「タイヤ」は減った「タイヤ」に多いです。

パンク修理代の何回か分で「タイヤ」交換出来ちゃいますので、「タイヤ」交換を節約して先送りしても結果的に損している事の方が多いと思います。

こう言った意味でも危ないですし「タイヤ」交換は早めにやるのが得策ですネ。

只今!「タイヤ」交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用「タイヤ」の殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無い「タイヤ」でも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

|

« Honda Riding Assist-e | トップページ | Hondaエコマイレッジチャレンジ2017 »

修理(駆動系/タイヤ・チェーン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンク!?:

« Honda Riding Assist-e | トップページ | Hondaエコマイレッジチャレンジ2017 »