« リード125 納車 | トップページ | ディオ 10年1万キロ整備 »

2017年7月 1日 (土)

アドレス110 メインスイッチ交換?

お得意様からの依頼で、「メインスイッチ」が壊れたので、交換して欲しいと頼まれました。
20170701_01
本人のバイクではなく、ご友人のバイクと云う事でした。

「メインスイッチ」が入らないようで、エンジン始動が出来ないらしいです。

通常は理由の判らない部品交換は受けないのですが、ご友人が近所のバイク店で診断してもらっているようなので、それを信じて「メインスイッチ」を取り寄せ交換してみる事にしました。

「メインスイッチ」の入荷に合わせて、バイクを入庫してもらい作業にかかりました。
20170701_02
バイクは’03年式「ADDRESS110」でしたが、後付けの電装部品が幾つも付いていて、この段階でかなり怪し気なバイクでした。

早速「メインスイッチ」を交換するためフロントカバーから開けてみたところ、やはり後付けの「ホーン」や「ランプ」類などの配線が、何本も所狭しと押し込んでありグチャグチャでした。

本当に「メインスイッチ」が原因でエンジン始動できないのか??ちょっと疑問でしたが、ご依頼通り「メインスイッチ」交換の作業にかかりました。
20170701_03
結果的に「メインスイッチ」を交換してもエンジン始動できませんでした。

原因はメインハーネスから「メインスイッチ」間の配線が、予想通り切った貼ったされていて、全く回路が成立していませんでした。

頼んだ「メインスイッチ」は返品できないので交換させて頂きましたが、入り組んだ配線を処理しながら切断された配線を作り直したりして、なんとか無事にエンジン始動できるように修理をしました。

|

« リード125 納車 | トップページ | ディオ 10年1万キロ整備 »

修理(カスタム・加工・特殊)」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リード125 納車 | トップページ | ディオ 10年1万キロ整備 »