« R1-Zエンジン始動不能 | トップページ | 追悼 ニッキー・ヘイデンを振り返る »

2017年6月 4日 (日)

XT250Xエンジン始動不能!

20170604_01閉店間近に「XT250X」にお乗りと云うお客様から、エンジンが始動不能の訴えで修理の依頼がありました。

電話の問い合わせで明日中に直して欲しいとの事です。

この「XT250X」も当店では珍しいバイクなので、直ぐに思い出したのですが、丁度1年前にも1度お越しを頂いた事のあるお客様でした。

20170604_02どうしても緊急らしく初めてのお客様でもないので、他に優先する仕事に割り込んで診てあげる事にしました。

翌朝「JAF」に運ばれて来た「XT250X」は、伺うと1年近く乗らずに放置していたようです。

状態としては火も飛ぶしコンプレッションもあるので、キャブのドレンを抜いてみたら、案の定!強烈!!な腐敗臭とともに緑色のガスが出てきました。

キャブ詰まりが決定的となったので、分解・清掃を行いました。
20170604_03 20170604_04
分解したキャブ内部は腐ったガスの残留物とサビなどで、もの凄く汚れていました。
20170604_0520170604_06
キャブ内の通路も殆ど詰まっているようで、M/Jの大きな穴まで完全に塞がっておりました。
20170604_0720170604_08
キャブレターは精密で繊細な部品なので、少しでも汚れが残っていると性能が出ません。
20170604_1120170604_12
ジェット類など細かい部品を全て取り外し、隅々まで完璧にクリーニングするのに丸一日かけて、オーバーホール(分解清掃)を行いました。
20170604_0920170604_10
無事にエンジンも掛かるようになり、元気を取り戻したようなので、最後にパイロットやアイドリングの調整を行い作業を終えました。

依頼通りにその日の夕方には完成してバイクをお渡しいたしました。

また何かあればご相談ください。

毎度有り難う御座いました。

|

« R1-Zエンジン始動不能 | トップページ | 追悼 ニッキー・ヘイデンを振り返る »

オフロード(モトクロス・モタード)」カテゴリの記事

修理(エンジン・マフラー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« R1-Zエンジン始動不能 | トップページ | 追悼 ニッキー・ヘイデンを振り返る »