« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

GT125タイヤ交換

20170430_01当店で去年の1月に中古で販売した「GT125」です。

1月に丁度1年が経ったので、保険の継続手続きで来店されましたが、その再にお勧めしておいたリヤ「タイヤ」の交換依頼で、今回はお越しを頂きました。

その時には既にスリップ・サイン(磨耗限度表示)も消え掛かるほど減っていたので、当初は翌月にも「タイヤ」交換に来店して頂く筈でしたが、あれから4ヶ月近く経ち千キロ以上20170430_02走ってしまったので、「タイヤ」の溝は完全に無くなりツルツルになっていました。

このバイクはワパーもあるので、「タイヤ」は概ね8~9千キロで交換時期になります。

次回からはもう少し早めの交換をお勧めします。

最後に「エンジンオイル」の交換も行い、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

PCX150 マフラー交換

今年1月の終わり頃に納車させて頂いた「PCX150」です。
20170429_01
このお客様もバイク購入の段階からカスタムを希望されていて、既に「トップボックス」の取り付けや「ステップボード」の交換など少しずつオプションパーツの取り付けやカスタムを施して来ております。

先月末に約2ヶ月かかりましたが、やっと千キロほど走られたようで、初回点検に来店されました。

そして今回は、当初より慣らしの終わるタイミングで予定していた、「マフラー」交換を頼まれました。

選んで頂いたマフラーは「モリワキ」のチタンサイレンサーだったのですが、たまたまメー20170429_02カー欠品中で、納期に1ヶ月ほど要してしまいましたが、先日無事に入荷してまいりました。

チタンサイレンサーの「アノダイズド」処理された外観は、虹色に輝きお客様も大変満足できるマフラーで、大変喜んでお帰り頂きました。

また宜しくお願いします。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

SPADA始動不良!

先月の走行会でも発生した症状なのですが、<マル2さん>の「SPADA」が、時々エンジンの始動不良を起こします。

チョークを引かないとエンジン掛からず、ちょっとでもアクセルあおるとエンストしてしまう。

時々片肺でリヤエンジンが爆発してない時もあり、チョークを引いてないとアイドリング打たずなので、当初はスロー系(キャブレター)の詰まりとも考えましたが・・・・

ちょっと見たら後キャブのフロートチャンバー合わせ面周りが湿っているので、やはりオーバーフローもしているようなので、キャブレターが決定的のようでしたが・・・・
20170424_01
ひとつ解せないのは、キャブレターのドレーンを抜いても、ガスが出てこない時があったとの証言もあったので、キャブレターをばらす前に今一度タンクなどを外して更に深く診ていったところ、何か所かでエアベントチューブが潰れたり折れ曲がっている事が判りました。

これはキャブレターのフロート室を大気圧に保つための換気用のエアベントチューブで、通常はエンジン下の方へ垂れ下がっているのですが、このレサー「SPADA」に関しては、転倒時などにガソリンが外へ流れ出さないように、チューブの先は新設したキャッチタンクに導かれています。

このチューブの取り回しが悪かった事と、純正のホースのように肉厚で固いチューブじゃないので、時間が経って潰れたり折れ曲がったりしちゃったようです。

始動不良の原因が分かったので、チューブの取り回しを変更して対処しました。

大事にならずに済んだので、今回の序にブレーキ液などの交換を行い、作業を終えました。

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

中古車「DIO」 各タイプ入荷!

ホンダの原付スクーター「ディオ」の中古車が入荷しました。

「DIO」は1998年の発売以来、スポーティでスタイリッシュなデザインと充実した装備で人気の原付スクーターです。

今回はシリーズで初めて4サイクル・エンジンを搭載した4スト「DIO」を、各年式、各色入荷しましたのでご紹介です。

①「DIO」2004年式、型式:BA-AF62、ブラック、走行距離:9,709km
20170427_01
②「DIO」2005年式、型式:BA-AF62、ブルー、走行距離:1,427km
20170427_03
③「DIO」2011年式、型式:JBH-AF68、ブラウン、走行距離:10,453km
20170427_04
④「Smart DIO」2004年式、型式:BA-AF56、シルバー、走行距離:4,182km
20170427_02

①は「DIO」シリーズで初めて空冷の4ストエンジンを搭載した2年目のモデルで、燃費は、リッター当たり65Km(30km/h定地走行テスト値)になりました。

②は①の翌年のモデルです。

③は2007年空冷エンジンの「DIO」に、初めて電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を搭載し、更に改良し熟成を図った4スト「DIO」で、燃費は更に伸びて、73Km/L(30km/h定地走行テスト値)も走るモデルです。

④は「DIO」シリーズで初めて水冷の4ストエンジンを搭載した3年目のモデルで、燃費は、なんと!リッター当たり75Km(30km/h定地走行テスト値)になりました。

価格も手頃な中古車をお考えの方に是非お勧めの「DIO」です。

詳しくは当店HP「中古車情報」をご覧ください。

20150319_03_3
スプリングセール開催中!

| | コメント (1)

2017年4月26日 (水)

ファイター150消耗部品交換!

20170425_01この車両は当店で販売したものではありませんが、初めて来店された2010年頃から、ずっと当店でメンテナンスをやらせて頂いております。

走行3千キロくらいから診させて頂いておりますが、あれから7年近く経って距離は4万8千キロを突破いたしました。

今回は先月に実施させて頂いた「エンジンオイル」交換の際にお勧めしておいた、「点火プラグ」と「エアフィルター」に、「ミッションオイル」と「ブレーキ液」の交換依頼でお越しを頂きました。
20170425_0220170425_03
「ブレーキ液」は通常2年毎に交換をお勧めしてますが、当店で行うのは2年5ヶ月振りの220170425_04回目の交換でした。

ちょっと交換時期を延ばしてしまったので、「ブレーキ液」はかなり汚れておりました。

「点火プラグ」や「エアフィルター」、「ミッションオイル」などは通常1万キロ毎の交換をお勧めしてますが、前回の交換から1万3千キロを走り、当店で行うのは今回が3回目の交換でした。
20170425_0720170425_08
こちらも交換時期が少し遅れたので、もう少し早めの交換が良かったように思いました。
20170425_05 20170425_06_4
毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

ホンダ シャリー 

この数年古いバイクの修理が増えてます。

20170428_01ネットオークションなんかが普及したからなのか?こんなに古いバイクでも普通に入手出来る時代です。

今回も超!古い1997年式の「Chaly」でした。

特にマニアと云う訳でもなさそうな?今回も普通に一般の方からの依頼でした。

辛うじてエンジンは掛かるようですが、1年ほどバイクを放置してしまったので、点検だけして欲しいとの依頼でした。

20170428_02お受けした当初はボロボロなのかと思っておりましたが、想定していたより状態は良いようで、24ヶ月点検を行いながらエンジンオイルを交換してあげて、あとはバッテリーを新品に交換する程度で、特に深刻な不具合は発見されませんでした。

珍しいバイクなので、これからも大事に乗ってあげてください。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

フュージョン つるつるタイヤ!

20170423_01「FUSION」にお乗りのお客様からリヤ「タイヤ」の交換を頼まれました。

どうも後輪がパンクしているようなのですが、既にお客様ご自身でも自覚しているようで、「タイヤ」はツルツルに減っていて、もはやパンク修理どころの騒ぎじゃないようです。

初めて来店のお客様かと思ったら、去年の夏頃にも1度来店され、フロント「タイヤ」を交換した方でした。

ツルツルに減った「タイヤ」には、クギのような細い金属が刺さって裏に貫通しておりました。
20170423_02 20170423_03
何れにしてもパンク修理は無駄なので、ご依頼通りに新品「タイヤ」に交換させて頂きました。

20170423_04厚みの薄く成ったタイヤは異物を貫通し易くなる為パンクする確立が上がり、今回のように実際パンクするタイヤは減ったタイヤに多いです。

パンク修理代の何回か分でタイヤ交換出来ちゃいますので、タイヤ交換を節約して先送りしても結果的に損している事の方が多いと思います。

こう言った意味でも危ないしタイヤ交換は早めにやるのが得策ですネ。

只今!タイヤ交換特価セール中です。(足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

シグナス ドレーンプラグ破損

20170426_01オイル交換を頼まれたのは、5万4千キロ越えの2004年式「CYGNUS」でした。

エンジンオイルを抜くところの「ドレーンプラグ」は問題なく緩んだのですが、ストレーナの入ってる方の「ドレーンプラグ」を緩めようとしたところ、ポッキリ折れてしまいました。

軽く力を入れただけで簡単に折れてしまったのですが、この鋳物で出来てる「ドレーンプラグ」は、時々あるようです。

当店では初めてでしたが、今回は運悪くはずれクジを引いてしまったようです。
20170426_02
仕方ないので新品の「ドレーンプラグ」を取り寄せ交換しました。

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

VTR250後タイヤ交換

20170421_01「VTR250」の「タイヤ」交換を頼まれました。

丁度2年前から来るようになった方で、それ以降は頻繁に来店をして頂き、走行距離などを目安に整備をやらせて頂いております。

この度は前回1月の「フロント・タイヤ」交換の際にお勧めしておいた、「リヤ・タイヤ」の交換でお越し頂きました。

20170421_02当店で行う「リヤ・タイヤ」の交換は今回で2回目で、あれから1年と9ヶ月で1万キロ少々を走り交換となりました。

今まで履いてたPIRELLIには満足されてるようなので、今回も同じ「SPORT DEMON」を取り寄せ交換いたしました。

それと今回は「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換させて20170421_05頂きました。

この方の過去の整備歴は判りませんが、少なくとも当店に来るようになってからは1万2千キロ近く走っているので、この序に「点火プラグ」と「エアフィルター」も交換をお勧めいたしました。

やはり交換して良かったようで、若しかしたら新車から一度も交換してなかったのか?外した「点火プラグ」は中心電極が減って丸くなり、「エアフィルター」に関しては久し振りに見る凄い状態で、超真っ黒に汚れておりました。
20170421_0320170421_04
最後にエンジンオイルとオイルフィルターも交換して全ての作業を終えました。
20170421_0720170421_06_2
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

メッシュ・ジャケット/パンツ特価!

下記対象《Honda Riding Gear》20~30%OFF!4月28日まで!!
在庫数に限りがあります。品切れの際は、ご容赦ください。

HRC フラッシュ メッシュジャケット 
・HRCを纏うレーサーメッシュジャケット。
・立体裁断とクールマックスで軽快なライディングを実現。
20170422_01
特別価格30%OFF
S・M・L・LL \19,800 特価→\13,860
カラー:トリコロール、ブラック、プラチナ

Honda メッシュブルゾン H36 
・大人も着やすいデザイン、ジージャンタイプのメッシュジャケット
20170422_02
特別価格30%OFF
M・L・LL \21,500 特価→\15,050
3L・4L \22,500 特価→\15,750
カラー:ブラック、グレー

Honda エアスルーライデインングパンツ 
・ハイサマーでも快適なライディングを実現する通気性抜群のオールメッシュパンツ。
20170422_03
特別価格20%OFF
S・M・L・LL \12,500 特価→\10,000
3L・4L \13,500 特価→\10,800
カラー:グレー、ブラック

Honda プロテクトライディングメッシュパンツ
・CE企画ハード膝プロテクターを装備した通気性の高い夏用本格ライディングメッシュパンツ。
20170422_04
特別価格30%OFF
S・M・L・LL \14,000 特価→\9,800
カラー:ブラック

上記以外の「ホンダ・ライディング・ギヤ」についても、特価になるものがあります。
サイズを確認の上、ご注文お願い申し上げます。

■表示価格は消費税抜き価格です。
■在庫は御座いませんので、全て取寄せとなります。
■数量限定に付きメーカー在庫が無くなり次第終了させて頂きます。
ご注文はお早めに!宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

PCX125冷却液交換!

20170419_04このお客様も当店で何台もバイクをお乗り換え頂き、もう9年以上もお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「PCX125」に関しては、それまで乗って頂いていた「LEAD110」からの乗り換えで、2013年に購入を頂いたものです。

この度は今年1月に実施させて頂いた「12ヶ月点検」の際にお勧めしておいた、「リヤ・タイヤ」と「ブレーキ液」に「冷却液」の交換依頼でお越しを頂きました。

2万8千キロくらい走ってる車両で、「フロント・タイヤ」に関しては過去に1度だけ交換してますが、「リヤ・タイヤ」に関しては今回で3回目の交換になりました。
20170419_01 20170419_02
新車から履き続けて来たOEMの「SS560」が廃盤となったので、今回はその後継モデルの20170419_03「SCT-001」を取り寄せ交換いたしました。

新しいタイヤは「耐摩耗性」を維持しつつグリップ力がUPしているようで、ブレーキテストの結果ではドライ8%、ウエットでは10%も制動性能がUPしているそうです。

その違いを体感出来るほど、操縦性、乗り心地、安定性がUPしているらしいので、「PCX125」にお乗りの方は一度試されては如何でしょうか?

新車から2年毎に実施して来ている「ブレーキ液」は、今回で2回目の交換でした。
20170419_0520170419_06
20170419_07
20170419_08
最後に「冷却液」を交換しましたが、こちらは新車から4年で初めての交換でした。
20170419_09
毎度有難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

CBR250RR 登場!

新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
20170418_01
ニュースリリース
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/news/2017/2170418-cbr250rr.html

製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/CBR250RR/

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

XLディグリー ブレーキオーバーホール!

20170416_01「XL-Degree」にお乗りの方から、ケーブル類やゴムホース類の交換を頼まれました。

珍しいバイクなので直ぐに思い出したのですが、丁度2年前にも1度お越しを頂いた事のあるお客様でした。

1993年式の古いバイク「XL-Degree」なのですが、こう云った部分の交換や整備は今まで一度も行った事が無いらしく、流石に不安のようで交換を頼まれたようです。
20170416_02
ご要望を整理して打ち合わせした結果、ケーブル類は「スロットル」の引き戻しと、「クラッチ」に「チョーク」までの全てを交換して、ゴムホース類は「ラジエター」回りの全てと「フューエル」ホースを換える事になりました。

ブレーキ関係に関してはホースは換えずに、「マスターシリンダー」と「キャリパー」側のゴム部品を含むインナーパーツ類を交換の、フルオーバーホールを実施する事になりまし20170416_03た。

ところが流石に24年も経ってるクラッシックバイクなので、交換したくても既に部品の殆どが販売終了になっておりました。

確か2年前の来店の際にも似たような部品交換を頼まれましたが、あの時も幾つかの部品が販売終了で交換出来なかった事を思い出しました。
20170416_04
仕方がないのでケーブル類は「チョーク」だけの交換に留め、ゴムホース類は辛うじて「フューエル」ホースは有りましたが、「ラジエター」に関しては全て揃わず1本だけの交換となりました。

ブレーキ関係に関しては専用部品でも無いことから、全ての部品が揃ったので予定通りにオーバーホールに着手しました。

24年目にして初めて行う整備だけあり、全てのゴム部品は経年劣化で固く硬化し、亀裂と変形、ヒビ割れが多発しておりました。
20170416_06_2 20170416_07
同時にブレーキ液や冷却液の交換となりましたが、これら油脂類も24年分の垢が溜まり酷く汚れておりました。

分解したパーツ洗浄とエア抜きに時間が掛かりましたが、その日のうちに全ての作業を無事に終え納車させて頂きました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

セロー250 ブレーキ液交換

20170415_01「SEROW250」の「エンジン・オイル」交換を頼まれました。

8ヶ月ほど前から頻繁にお越し頂くようになったお客様で、バイクは2014年式の「SEROW250」です。

当店にお越し頂くようになってからは、走行距離などを目安にお勧め出来る整備はやらせて頂いております。

今回も新車からお乗りのバイクらしいので、恐らく今年で3年近く経っている事でしょうから、「ブレーキ液」の交換もお勧めさせて頂きました。
20170415_0220170415_03
流石に3年も経っていると「ブレーキ液」は真っ黒でした。

20170415_04「エンジン・オイル」と前後の「ブレーキ液」を交換して作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

ブレーキ液は空気中の水分を徐々に吸収し沸点が下がります。

沸点の低いブレーキ液を使用しハードなブレーキングを続けると、ブレーキ液の一部が気体に変化して、ブレーキが利かなくなるベーパーロック現象を引き起こし大変危険です。

またブレーキは吸湿すると粘土が増加しブレーキの操作性を悪くすると共に、その水分がブレーキ各部に使用されている各種金属を腐食します。

その結果、ピストンの戻りが悪くなったり、引きずりの原因にもなります。

通常は2年毎くらいに行えばOKですが、ブレーキ・タッチに違和感があったり液が汚れて来たら時間に拘らず早めの交換が望ましいです。

特にハードにブレーキングする方などは、早めにお願い致します。

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

REBEL 登場!

新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売

ニュースリリース
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/news/2017/2170414-rebel.html

「レブル500」 製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/Rebel500/
20170414_01
「レブル250」 製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/Rebel250/
20170414_02

| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

X-ADV 登場!

新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
20170413_01
ニュースリリース
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/news/2017/2170413-x-adv.html

製品情報
↓↓↓
http://www.honda.co.jp/X-ADV/

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

レッツ2 24ヶ月点検

半年ほどバイクを放置してしまい、その後エンジンが掛からなくなったとの訴えで修理を頼まれました。

予約の1週間後に予定通り来店されましたが、何故か?この時点でエンジンは正常に始20170412_01動出来るようになっておりました。

何れにしても暫く乗ってなかったので、点検だけして欲しいとの希望だったので、そのままバイクをお預かりする事にしました。

中古で購入したと云う’04年式の古い「Let’s2」でしたが、今まで全く何もやった事が無いと云う事でしたので、24ヶ月点検と「ミッション・オイル」の交換をお勧めして作業を進めて行きました。

点検の結果は数か所に不具合が認められましたが、予算的に全ての部位を修理出来ませんでした。

なので予算内で優先順位を付けさせて頂き、今回は「フロント・タイヤ」と「エアーフィルター」だけ交換させて頂く事となりました。

「フロント・タイヤ」に関しては、新車当時からの13年前のタイヤが装着されており、減りも然る事ながら硬化が進みヒビ割れだらけになっておりました。
20170412_02 20170412_03
「エアーフィルター」に関しても恐らく新車当時のままのようで、劣化したスポンジがボソボソに崩れかけておりました。
20170412_04 20170412_05
最後に「ミッション・オイル」も交換して、全ての作業を終えました。

有り難う御座いました。

タイヤは材質であるゴムの性質上、空気中のオゾンや紫外線の影響を受けて、距離だけでなく時間の経過でも劣化が進んで行き徐々に固く硬化して行きます。

そして柔軟性が無くなり亀裂が発生したり、内部からも劣化が進みますので、タイヤ溝が残っていても通常は3年毎の交換が推奨されています。

危険ですので古いタイヤは早めの交換をお願いします。

只今!タイヤ交換特価セール中です。 (足回りの総合点検サービス付きです。)
スクーター用タイヤの殆どのサイズ在庫あります。
在庫の無いタイヤでも、注文翌日には入荷しますので、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年4月11日 (火)

CBR250RR Race Base

HRCは「CBR250RRレースベース車」を5月下旬より供給開始!

CBR250RR Race Base Model
http://www.honda.co.jp/HRC/products/machine/cbr250rr/
20170411_01
「CBR250RR」は、既に「ARRC」アジアロードレース選手権「AP250」クラスで、
デビュー戦を飾りHondaの1-2でした。

http://www.honda.co.jp/ARRC/race2017/rd01/ap250.html

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

JMX

「MFJ全日本モトクロス選手権」が開幕しました。

20170409_01第1戦は九州大会ですが、たまたま社員研修で熊本入りした家の<リョウくん>が、宿舎のすぐ隣りに「HSR九州」があったらしく、休みの今日は朝からモトクロス観戦に行ったようです。

現地は超マッドなコンデションのようで、観ている方も泥々で、急遽長靴を調達しての観戦のようでした。

第1ヒートは「Honda」がワンツーのようでした。

さて今晩の「モトGP」決勝が楽しみです。

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

MT-09フェンダーレス!

20170408_01「MT-09」に「フェンダーレスキット」の取り付けを頼まれました。

また輸入品だったので取り寄せに2ヶ月くらい掛かりました。

届いた箱の中には部品以外に取説のようなものは、一切入っておりませんでした。

20170408_02部品の形を見て想像しながら組み立てるしかありませんでした。

コネクターの配線が逆に組まれていたので、ウインカーを付けるとテールランプが点滅しました。

これは配線を正規に組直し問題を解決しました。

それからナンバープレートを付ける穴が全く合わなかった20170408_03ので、これもドリルで穴を開け直し問題を解決しました。

ナンバー灯は付属しておりませんでしたが、ナンバープレートをテールランプに寄せて装着する事で、問題なくナンバープレートを照射するようにしました。

リフレクターも付属していませんでしたので、後付けで別途リフレクターを装着しました。

全ての作業に二人がかりで約3時間ほど掛かりましたが、なんとか全ての作業を完了しました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金)

PCX125 2万キロ整備

20170407_01このお客様も当店で何台もバイクをお乗り換え頂き、もう9年以上もお付き合いを頂いてる大のお得意様です。

この「PCX125」に関しては、それまで乗って頂いていた「LEAD110」からの乗り換えで、2014年に購入を頂いたものです。

この度は「エンジン・オイル」の交換でお越し頂きましたが、距離がそろそろ2万キロに到達するので、ついでに駆動系の点検と整備もしておく事となりました。
20170407_0220170407_03
駆動系は2万キロ毎の定期交換部品として、「ドライブ・ベルト」を交換する前提で他の部分も細かく診て行きました。
20170407_0420170407_05
「ウエイトローラー」や「スライドピース」が若干減り始めていたので、こう云う所を開ける事もなかなか無いので、この機会に合わせて交換させて頂きました。
20170407_06     20170407_07
次に1万キロ毎の定期交換部品として、「点火プラグ」と「エアフィルター」に「ミッション・オイル」を交換し、最後に「エンジン・オイル」を交換して、今回の作業を全て終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

GPZ900R冷却液交換!

20170406_01「GPZ900R」の車検を頼まれました。

2~3年前に近所に引越して来た方で、それ以降は頻繁にお越しを頂いてる常連様です。

「GPZ900R」と云えども最終型の逆輸入車なので、そんなに年式(2003)も古くなく距離も2万8千キロを超えたくらいです。

20170406_02その上このお客様も愛車を大切にしている方なので、当店で受ける車検も2回目となりますが、今回もタイヤの交換と油脂類の交換程度で、特に問題となる不具合は見つかりませんでした。

強いて云えばリヤ側の「ブレーキ・キャリパー」で、点検と清掃をしている時に「キャリパー・ブーツ」が伸びてブーツの役目を果たしてなかったのと、同様にゴム部品の宿命なのですが、フロント側で「ブリーザー・キャップ」が切れかかっていたので、それらゴム部品の交換をさせて頂きました。

タイヤはホイールを換装してワイド化してありますので、選択肢が豊富で現行のラインナップから最新のものを選べますが、特に銘柄の指定はなく、最近は峠に走りに行く機会も減り、そんなにハイグリップは必要ないとの事だったので、今まで履いていた「PIRELLI」より幾分安価な「MICHELIN」をお勧めして、交換をさせて頂きました。
20170406_03 20170406_04

20170406_05 20170406_06
油脂類としては車検毎(2年毎)に実施している「前後ブレーキ液」と「クラッチ液」を交換し、「エンジン・オイル」に関しては前回の交換から2千キロも走ってませんでしたが、換えてから丁度1年は経つので交換するよう頼まれましたので、「オイル・フィルター」と共に交換させて頂きました。

20170406_07「冷却液」の交換も頼まれましが、これも4年以上は交換した事がないと云う事でしたので、「ラジエター」の点検や水路の洗浄を行いながら、新しい「LLC」へ交換させて頂きました。

最後にサスペンションのリンク周りなど、各部シャシーの可倒部や摺動部をグリスUPして全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

冷却液について
冷却液には不凍液(エチレングリコール)と防錆剤(リン酸塩系物質)の入った、LLC(ロングライフクーラント)と云うものを使用しています。

エンジンは真水で冷やしている訳では有りませんヨ!

真水は摂氏0度以下になると凍結し始め氷となり、真水が固体化すると体積が膨張してしまうため、ラジエーターやエンジンなどの破裂に繋がります。

このため不凍液を使用して凍結を防止しています。

また、この冷却液の循環する冷却通路には鉄やアルミの金属製品が使われています。

このため防錆剤使用して腐食を防止しています。

更には冷却効率を高める消泡剤(泡立ち防止剤)などが使用されいます。

このLLCも3~5年で劣化して、その効能は失われます。

また、ラジエター含む冷却通路には、錆や溜まった不純物が堆積して行き、ラジエターそのものの冷却効果を奪って行きますので、大事な愛車のエンジンを守る為にも定期的な冷却液の交換が必要になります

新車で買って今まで一度も交換した事が無い!
中古で買ったバイクだから過去の整備暦が判らない!
など、思い当たる方は早めに交換お願いします。

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

アドレスV125 ホイール交換!

20170405_01「AddressV125」にお乗りのお客様から「フロント・タイヤ」の交換を頼まれました。

初めて来店のお客様かと思ったら丁度1年前にも1度来店され、「リヤ・タイヤ」を交換された方でした。

受付の時にお客様から質問があり、「フロント・タイヤ」を交換すればフロントのブレは直りますか?と言われました。

どうも走行中にハンドルが取られるらしく、それで「フロント・タイヤ」の交換を依頼されたようなのですが、更に詳しく伺うと最近どこかにフロントを強くぶつけたらしく、それからハンドルがブレるようになったそうです。
20170405_02 20170405_03
確かに「フロント・タイヤ」は交換時期ではありましたが、これは違うなと思いフロント周りを点検させて頂いたところ、「フロント・ホイール」が酷く歪んじゃってました。
20170405_04
「フロント・ホイール」の曲がりがブレの原因になっている事を説明して、今回はこの「フロント・ホイール」と「フロント・タイヤ」に、追加で頼まれた「ブレーキ・パッド」も交換して、全ての作業を終えました。

毎度有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

CB1100RS納車!

20170404_01<テッちゃん>から注文の「CB1100RS」ですが、入荷から11日目にして本日無事に納車となりました。

納車までに時間が掛かったのは、ちょうど年度替わりだったので「軽自動車税」の節税を目的に、少し登録のタイミングを調整したからです。

<テッちゃん>とは30年近い付き合いになりますが、古くは「ZEPHYR400」に始まり「ZEPHYR750」、「CB750」、「CB1300SF」と長きに渡りご贔屓を頂いております。
20170404_04
前回も1年8ヶ月足らずで乗り換えて頂きましたが、今回も’15年に買って頂いた前のバイク「NC750X」から、たった2年しか経ってないのに新車に乗り換えて頂きました。

この11年でも「SPACY100」、「PCX125」、「NC700X」、「NC750X」とお買い上げを頂き、今回の「CB1100RS」で5台目のお買上げでした。

私もこの「CB1100」が発売の当初から、<テッちゃん>が興味を持っていたのは知っていましたが、こんなに早く軽い感じで注文していったのに正直驚きました。
20170404_02
ご本人も衝動買いと言っておりましたが、やはり今回のモデルチェンジと「RS」の追加で飛躍的に向上した製品魅力には、衝動を抑えきれなくなったようです。

<テッちゃん>は年齢と共に少しずつ排気量を下げて来ている感じもあったので、こんなに早く乗り換えるのもビックリでしたが、排気量を上げての乗り換えも予想外でした。

ただ衝動買いと言ってもそこは大人なので、ちゃんと実車を見に行って大きさを見たり跨ったりして来ておりました。
20170404_03_2
その上でむしろこの年代が落ち着いて乗れるバイクのようで、実車「CB1100RS」の完成度と品質の高さに惚れ込んで購入を決めたようでした。

今後も愛車のアフターサービスとバイクライフのサポートに努力してまいりますので、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

毎度!毎度!本当に、ありがとうございました。

詳しい商品情報は→こちら「CB1100RS

20150319_03_3
スプリングセール開催中!

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

カブ90エンジン始動不能!

エンジン始動不能の訴えで修理を頼まれました。

当店には始めて来店の方で、数年前に中古で購入したと云うバイクは、これまた古い1997年式の「Cub 90 Custom」でした。
20170402_01
エンジンの動く最低条件をセオリー通りに、「燃料、圧縮、点火」の順で診て行く事にしました。

キャブレターまでは燃料が来ていて、水の混入とかも無さそうでしたので、燃料系はOKのようでした。

シリンダーヘッドから「点火プラグ」を外し、エンジン・コンプレッション(圧縮)を測って診たところ、これも基準値内に収まっていたので、エンジン圧縮もOKのようでした。

最後の条件として「点火プラグ」がスパーク(火花)しているか診たところ、全く火が飛んでおりませんでした。

「点火プラグ」は電極も損耗して交換しても良いくらいでしたが、火が全く飛ばない程では無さそうでしたので、「プラグ・キャップ」、「プラグ・コード」、「イグニッション・コイル」、「C.D.I」の順で調べましたが、ここまでは全て正常でした。
20170402_0220170402_03
最後に「ジェネレーター」を調べたところ、全く発電しておりませんでした。
20170402_0420170402_05
これが原因で火が飛んで無い事が判明したので、この「ジェネレーター」を新品に交換する作業を実施して修理を終えました。

有り難う御座いました。

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

NM4 for GHOST IN THE SHELL

http://www.honda.co.jp/NM4/
20170401_02
http://www.honda.co.jp/NM4/GITS/
20170401_01

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »