« NEW CBR1000RR Coming Soon・・・ | トップページ | WSB開幕! »

2017年2月25日 (土)

フュージョン ブレーキディスク交換!

「FUSION」にお乗りのお客様が来店され、前ブレーキのパッドと後ブレーキのシュー交換を頼まれました。

2年くらい前から年に1~2回のペースで来店される方で、去年の夏には前後のタイヤを交換させて頂いております。
20170225_01
確かブレーキは既にその時点で前後とも限界だったので、早期の交換を強く促してはおりましたが、その状態でなんと6千キロ近くも乗り続けてしまい、案の定「ブレーキ・ディスク」もガリガリに削れちゃっておりました。

っと云う訳で今回はリヤの「ブレーキ・シュー」と、フロントは「ブレーキ・パッド」に加え、「ブレーキ・ディスク」も交換する事になってしまいました。

リヤの「ブレーキ・シュー」は前回のタイヤ交換時に、ホイールを脱着する序でで一緒に交換の方が工賃が節約できたのですが、もう今回はこれ以上は先延ばしに出来ないくらい磨耗が酷かったのでまたホイールを外して交換する事になりました。
20170225_02   20170225_03
「ブレーキ・パッド」は摩擦材が完全に無くなり、台座の地金まで出ちゃっておりました。
20170225_04   20170225_05
この摩擦材の無くなった鉄板の状態で長い間ブレーキしていたため、その結果は相手のブレーキ・ディスクの方も痛めてしまい、使用限度を遥かに越えて薄く磨耗し、表面はギザギザになっちゃってました。
20170225_06   20170225_07
もう少し早めにパッドを交換するようにしてたら、ブレーキ・ディスクまで交換になる高額な修理代は掛からなかったのですが・・・・
次からは、もう少し早めに交換してくださいネ!

ブレーキ・パッドの使用限度は一般にパッドの摩擦材表面に刻まれた「磨耗限度溝」までで、摩擦材の残量で2mm以下になったら交換と云われてますが、実際にはパッドは片減りしますので、見た目は2mm以上あっても見えない反対側が1mm以下と云う事もありますので、3mmくらいになったら早めに交換しちゃた方が安心に思います。

ブレーキから<カシャカシャ>と異音が出始めてからでは遅いので、皆さんも定期的にブレーキの点検を行うようにして下さい。

|

« NEW CBR1000RR Coming Soon・・・ | トップページ | WSB開幕! »

修理(ブレーキ系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEW CBR1000RR Coming Soon・・・ | トップページ | WSB開幕! »