« GF250オーバーヒート? | トップページ | ライブディオJサービスキャンペーン »

2017年2月17日 (金)

JAZZ灯火類故障?

これも数日前にネットオークションで落札し、届いたばかりのバイクのようです。
20170217_01
また古い30年以上前の「JAZZ」でした。

ヘッドライトやウインカー、ブレーキ灯あたりまでは点くらしいのですが、テールランプにナンバー灯とメーターが点かないらしいです。

これも良くあるノクレーム、ノーリターンって云う奴で、かなり安く買った現状売りのバイクなので、買ったところでは面倒みてもらえないパターンのようでした。

20170217_02まともに店頭売りできないものがネット通販に流れる訳で、大体の場合がとんでもない壊れ方をしています。

古いバイクなのでサービス資料なんてありませんので、配線図などの入手から行い、故障診断を始めました。

テールランプとナンバー灯やメーターは、1本の同じ色の線で繋がっているようで、左のハンドルスイッチの所から始まり、ヘッドライトケース内で分岐しているようなので、先ずはその辺から調べていったところ、その色の線が1本ヘッドライトケース内で遊んでいる事が判りました。

20170217_03何処と繋がってないのか調べて行ったところ、左のハンドルスイッチから本来は出ている筈の線が1本出てない事が判りました。

これじゃ電気が流れないので点くわけないのですが、ここで一旦よく解らなくなり、入手した配線図が間違っているのか?診方が間違っているのか?頓挫してしまいました。

何れにしろ電気が流れない理由は判ったので、一旦試しにハンドルスイッチを経由せず、直接その遊んでいる線に電流を流してみました。

20170217_04これで少なくとも全部点くようになる筈ですが、ところがこれでもナンバー灯しか点きませんでした。

まだ何か有るのかと先ずはメーターから診て行ったところ、ここは単純にメーター球がソケットに付いなかっただけで、やはり電気は来ているので電球を付けて問題解決しました。

次にテールランプですが、これはテールランプの配線コネクターの1本が、リヤフェンダー内のハーネスの通る穴の中で外れていたのが判り、これも正規にコネクターを接続して問題解決しました。

20170217_05そうこうしている内に判ったのですが、どうもハンドルスイッチ自体が機種の違うものが付いているようで、結論として線が1本出ていないのは当たり前という事になりました。

このハンドルスイッチは「JAZZ」のものには間違いないのですが、この初期型の「JAZZ」のものではなく、その後のモデルのもののようで、今更入手できる部品の筈もなく販売終了でした。

仕方がないので別ルートからバイパスさせ電流を導く事にして、新規でハーネスとカプラーを制作し、今回も大苦戦しましたが全ての修理を終えました。

|

« GF250オーバーヒート? | トップページ | ライブディオJサービスキャンペーン »

ネットオークション」カテゴリの記事

修理(電装系)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GF250オーバーヒート? | トップページ | ライブディオJサービスキャンペーン »